FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

Mockin’Bird Camp in 道志村 2018

2018.09.13

category : アウトドア


ちょうど1ヵ月ほど前になりますが、真夏のお盆に毎年恒例のキャンプに行ってきました。

思えば毒の実事件から早2年…友人一家との山梨県道志村のキャンプ場ネイチャーランドオムでのキャンプも今年で3年目を迎えました。

例年通り我が家は2連泊なので2日目から友人一家が合流、去年のキャンプからまる一年ぶりの再会となりました。

大人たちは老いる一方だけど、子供たちの一年の成長は目覚ましくそれぞれ去年とは違った姿を見せてくれました。

最初は照れていましたが、息子と同じ一年生になった末っ子の孝汰とベイブレードで打ち解け、そこからは早かったな。

4年生になった有紀ちゃんは相変わらずお姉ちゃんのように息子を可愛がってくれたお陰で、いつのまにか「みんな、散歩に行くぞ!」と息子がお兄ちゃんお姉ちゃんを率いてました(笑)

長男の佑汰は6年生になり体格も立派でまさに野球少年。焚き火を前にして日課の素振りを欠かさない姿に感動~

どうやら大人の仲間入りしたい年頃らしく小さい子たちより、大人と遊んでたなあ。

ファイヤースティッカーでの火起こしを伝授するとDNAに潜んでいる原始人の地が蘇ったのか、ずっと火起こしに夢中になっていました

やっぱ男の子は火遊びが大好きなんだよね♪



それにしてもとにかく3人ともいい子

俺はもちろん気心知れた朋友なので、楽しくないワケないのだが、子どもたちも気が合うようでみんなめちゃくちゃ楽しそうでした♪


最後別れ際に寂しそうに佑汰の手を引っ張って離れない息子…

そんなふうに別れを惜しむ姿は初めて見たので、よほど楽しかったのだと思います。



来年は佑汰が中学生になり忙しくなりそうなので

「来年は来れるか?」と尋ねると

「絶対来る!」と言ってくれました。


相当気に入ってたようなのでファイヤースティッカーをあげたのですが、大事に机にしまってあるとのこと。

来年はさらにレベルアップで木をこすって火を起こすキットをさっそくAmazonでゲットしちゃいました


教えられるように、練習しとかなかきゃだな。



ところで、なぜ1か月もUPが遅れたのかというと、理由があるのです。

あまり写真を撮らず、素材がなかったので動画編集ができませんでした。

そこで朋友に写真を送るように頼み、「了解、あとで送るね~」という返事が来てから梨の礫…

いつまでたっても写真がこないので、諦めて少ない素材で編集しました。↓

朋友・・・そんなヤツなのです。。



ちなみに動画最後の夜空の写真はイメージ写真です

でもここまではっきりではありませんが、確かに”天の川”見えました♪





ちなみにロックバランシングとかかっこつけて言いましたが、単なる石積みです。

でも石積アートとして本格的にやってる人が多いとのこと。

意外に面白かったです~

27e9d35106e746b8bbc07766cf427bae.jpg



スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

Mockin’Bird Camp in 名栗 2018

2018.05.07

category : アウトドア


さて今年のGW。

前半はのんびり過ごし、後半3日~5日で例年通りキャンプ場で過ごす予定で予約していました。

ところが3日の天気が怪しかったので、急遽4日~6日に変更!

おかげで3日間、無事天気にも恵まれ最高のキャンプ日和♪


今回も1泊だけもうひと家族が参加、2歳と4歳の可愛いおチビちゃんたちと一緒に過ごしました。。

しかしながら…車からサイトまでの距離が尋常じゃないこのキャンプ場.

荷運びだけでもうヘトヘト…

ついに年老いたのか、全般的にお疲れモードの今回のキャンプでした


去年とあまり変化ない動画になってしまいましたが、とりあえずのUP。↓


来年こそはもっとラクなキャンプ場にしよっと~

comment(0)  trackback(0)

BBQとカヤック・キャンプ

2017.09.13

category : アウトドア


さてこの前の日曜日はBBQ、月曜日と火曜日はキャンプと忙しくしておりました~


どちらも遊びですが


BBQは我が家にて息子の保育園のお友達とその親御さんたちで総勢20名くらい・・・だんだん増えてきてます。。












そして月曜日はKさん、Mくんと共に西伊豆カヤックキャンプに行ってきました!!

6月にも同じメンバーで西伊豆の松崎のあたりでキャンプしましたが、今回はその手前の”キャンプ黄金崎”というキャンプ場でキャンプ。

今回こそは、「魚を釣るぞ~!」と掛け声をあげましたが・・・コレ、毎回言ってます。。(笑)


その6月以来カヤックに乗っていなかったのですが、組み立てようとしてびっくり!!

カヤックのフレームが1本足りないのです。

ファイル 2017-09-13 17 09 34


今回乗るのは無理か~と思いましたが、1本足りない状態でもなんとか組み立てられ、無事出航することができてよかった~。


キャンプ場は平日ということもあり、我々以外誰もおらず貸し切り状態♪


月曜日は暑いくらいの天気で海水も温かくカヤックを漕いだり釣りをしたり潜ったりで充分楽しめました。

しかし夜から急に雨が降り出し、テントで寝ているとまるで台風のように強風が吹き始めました


今にもタープやテントが吹っ飛んでしまいそうでしたが、なんとか朝を迎え早めの撤収。

せっかくなので沼津漁港で鮮魚を堪能し帰ってきました~

こちらが動画です↓


海のギャング、ウツボの撮影に成功☆したのでご覧下さい!






comment(0)  trackback(0)

カヤック・キャンプ in 西伊豆 2017

2017.06.01

category : アウトドア


数年前から計画をしていた西伊豆カヤック・キャンプ。

天候にも恵まれこの度やっと実行することができました♪



毎回ながら朝まで飲んでいたバー・マスターのKさん。

30分くらいだけらしいが仮眠をして10時ぴったりに迎えに来てくれた。

その後Kさんのカヤックをルーフに積んだりして出発は11時。

Kさんには休んでもらい自分が運転して高速をひた走り、3時間半ほどでスーパーAOKI 西伊豆店に到着。


そこには先発隊で早朝に到着していたM君が待っていた。

そのスーパーで夕食と翌朝の食料や水、酒などを買ってすぐ裏手の大浜海水浴場へ・・・。


ファイル 2017-06-01 9 06 35



無料の駐車場とトイレ、シャワーまであるこの場所でカヤックを組み立て早速出艇

目指すはその夜のキャンプ地・・・萩谷崎へ。


ファイル 2017-06-01 9 32 56


たどりついたその地はまるでプライベート・ビーチのようなところで、屋根つきの休憩所のような場所もある。


20170531233654166.png



しかし、驚いたことに・・・そんな無人島のようなところに、たったひとりでたたずむ先客が・・・

洋書を傍らに寝そべりながら何かをビデオで撮影している外国人がいたのだ。


俺はあえてこう声を掛けた。

「(日本語で)こんにちは~」

すると「(英語で)すみません、日本語が全然分からないのです。」

とかえってきた。どうやらフランスからきたフランス人とのこと。

「なるほど、ここで何を撮影しているのですか?」と英語で尋ねるとどうやら鳥を撮影してるとか。

「船でどれくらい漕いできたのか?」と聞いてきたので「1時間ほどさ。」と答え、彼は自転車できて海岸まで降りてきたという。(かっこよく流暢な英語で会話をしているように聞こえるが、実際には・・・そんなにはずまない会話~)

フランス人をよく知らないが、彼はちょっと内気でもの静か、やや哲学的な雰囲気を醸し出している。

そして相当日本が、それも伊豆の自然が気に入ったのか、近くの小さな町である松崎になんと1ヶ月も滞在しているという。。

憂い顔の彼は我々のような元気なアウトドア野郎たちとはあまり関わりたくないようだったので、「また会おう!」とか言って我々は自分たちのキャンプ地に戻った。


日が沈むと急に冷えてきたので、落ちている流木で焚き火をたいて宴会が始まった。

ちなみに雲があったので今回は見れなかったが、西伊豆といえば美しいサンセットで有名。

運がよければこのような夕日が見れるんだって~(残念!)

20130918_photo_01.jpg
(イメージ写真です)


今回滞在のここはキャンプ場ではないので電気・水道・トイレもないところ。

しかもカヤックできたので荷物は必要最小限。無駄なものなど積めるスペースはないのだ。

このサバイバル感とプライベート感がたまらない最高の場所だったな~



写真 2017-05-29 17 38 20



そして夜も更けると、さきほどまで雲がかかっていた空には落ちてきそうなほどの満天の星々が


静かな波の音と星降る空・・・

どんな5つ星ホテルにもまさる最高に贅沢な空間を独りで味わいました~(仲間は早々と夢の中)


129797915182916215278.jpg
(イメージ写真です)




さて、翌朝…アウトドア野郎たちの朝は早い。早朝に漁船も動き出すのでAM4:30にはみな起床し、簡単にカップラーメンで朝食をすます。

荷物をすべて撤収し船に積んでAM6:00には出発した。

Kさんだけは昼食用の魚を大量に釣り上げるとのことで別れ、われわれは6、7キロほど先の堂ヶ島を目指した。(しかし結果は残念、一匹も釣れなかったのだそうです



堂ヶ島の天窓洞 (てんそうどう)…

これをみたくて西伊豆に来たようなもの。他の二人は既に見ているのでわざわざ自分に付き合ってのキャンプ、大感謝ですね。。

天井から降り注ぐ幻想的な光に照らされた水の美しさに感動。

また大自然が織りなす、まるで彫刻のような洞窟も素晴らしかったな。


写真 2017-05-30 18 04 20



そのあとはのんびりゆっくりクルーズ♪

岸にあがって乙女チックにおじさん二人で貝殻拾い~


写真 2017-05-30 8 35 45


息子のお土産にしたら、思いのほか喜んでくれました

写真 2017-05-31 16 16 47



毎度のまとめ動画です↓


カヤック・キャンプ in 西伊豆 2017 from BobbyJean on Vimeo.






早朝からの行動で充分遊んでもまだAM9:00くらい。早めの撤収で船を積み、新鮮でおいしい漁師飯を食べてAM11:30には帰途につきました。

しかし、この日はこれで終わりませんでした。。


我が街に戻り、PM4:00くらいにKさんと別れ、やれやれと仕事場のイスに腰をおろすとほどなくして1本の電話が鳴った。


なんとその日PM7:00から新宿で打ち合わせ&飲み会の声がかかったのだ。

じつは風邪をひいたのか、帰りの車で鼻水がとまらずヘトヘトな体を一刻も早く休めたくて仕方ない俺。


しかし大事な仕事相手からの誘いなので二つ返事で「了解、行きます~!」と返答した。

急いで帰宅しシャワーをあびて風邪薬を飲みバスと電車で新宿へ向かった。


もうこのパターンは毎度予測通り、終電まで5時間以上飲んで帰宅がAM1:30ころ。

ようやくベッドにもぐりこんだのはAM2:00・・・その日の朝AM4:30にビーチで起床してから21時間半もフル活動してるぢゃない~


フラフラのへとへとでやっと眠りについたとさ~~



し、しかし…

3時間ほど眠ると横で声がするぢゃない。。

「おとうさん。おとうさん♡」

まだAM5:00だというのに横で寝ていた息子が起こしてきた。

どうやら1泊でも父がいなくて寂しかったのに突然の飲み会で2日目の夜も帰れずで、首を長くして父の帰りを待っていたというではないか~(普通の家庭はこんなの当たり前でしょうけどねえ)

ふと目を覚ますと横に父が寝ていたので思わず嬉しくて起こしてしまったようなのだ。

「もう起きて一緒に仮面ライダー見ようよぉ。あと段ボールで作ったアイアンマンも見せたいからぁ。」


まだ寝ていたかったけど…こ、こんなカワイイことされたら起きるしかないよねえ。


そして寝ぼけながら仮面ライダーを見ている俺に息子はこう言った…



「…おとうさん。…かえってきてくれてありがとっ!」



ばっきゅ~~ん




以上、長いリポートでした。。


comment(0)  trackback(0)

Mockin’Bird Camp in 名栗 2017

2017.05.06

category : アウトドア


さて、今年もGWは毎年恒例になっている名栗へキャンプに行ってきました。

家から1時間ちょいくらい、GWなのにまったく渋滞なく行けるので、毎年名栗の同じキャンプ場に行ってるのですが、ここは1つ大きな難点があるのです。
それは車からキャンプサイトまでのアクセスが最悪。
大量のキャンプ荷物を持って、丸太の橋を渡り山道を登ってしばらくの距離を何往復もして運ばなければならないのです。
サイトのロケーションは最高なのですが、毎年この荷物運びにヘトヘト。。
それでも早めに着いたので、サイトの中で一番いい場所を確保することができました~。

我々は例年通り2泊キャンプだが、今年は1泊づつもうひと家族が参加。しかも両家族ともキャンプ・デビューということで、一緒にテントを設営したり、荷運びを手伝ったり。
異常に疲れましたが、子供たちが楽しそうにしてたので、それがなによりでした~

とにかく今年のキャンプは風もなく天気が最高によかったので、3日間事故もなくフル活動で遊ぶことができました~♪



My Movie 65 from masaru99 on Vimeo.




comment(0)  trackback(0)

Old |  to Blog Top
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.