FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

まるで 僕の夢を映しだす鏡のよう…

2019.04.25

category : Elvis Costello

34222fab92.jpg



ブルース・スプリングスティーン5年振りの新作『ウェスタン・スターズ』6/14緊急発売決定!
「宝石箱のようなアルバムなんだ。」(by Bruce Springsteen)

2019.04.25

ロック界のBOSS、ブルース・スプリングスティーンの2014年『ハイ・ホープス』以来5年振り、通算19作目となるオリジナル・ニュー・アルバム『ウェスタン・スターズ』が 6月14日に発売となることが決定した。全13曲スプリングスティーンの書下ろし新曲で、 ‘60年代終わりから’70年代初めにかけてのサザン・カリフォルニア・ポップ・レコードにインスパイアされた、彼の音楽を新たな境地へと誘う作品となる。同作はニュージャージーにあるスプリングスティーンの自宅スタジオで主に録音され、追加録音はカリフォルニアとニューヨークで行われた。

「このアルバムは、キャラクター主導型の曲と、大胆でシネマチックなオーケストラのアレンジを特徴としていた僕のソロ作品への回帰なんだ」とスプリングスティーンは語る。
「宝石箱のようなアルバムなんだ」


『ウェスタン・スターズ』収録の13曲はハイウェイ、荒廃した空間、孤立感、コミュニティ、そして家庭や希望の不変性といったアメリカ的なテーマを広範囲に網羅している。

スプリングスティーンとともにプロデュースを手がけたのはロン・アニエロ(2014年『ハイ・ホープス』のプロデューサー)。ベース、キーボード、その他の楽器も演奏している。サウンド的にはストリングス、ホーン、ペダル・スティールでアレンジされ、ジョン・ブライオン(チェレスタ、モーグ、ファルフィッサ・オルガンを演奏)をはじめ20人のミュージシャンが参加しており、元Eストリート・バンドのデヴィッド・サンシャスや、現Eストリート・バンドのパティ・スキャルファ、チャーリー・ジョルダーノ、スージー・タイレルもゲストとして参加している。アルバムのミキシングはグラミー賞受賞歴13回のトム・エルムハーストが手がけた。

ブルース・スプリングスティーンのレコーディング・キャリアは1973年の『アズベリー・パークからの挨拶』にはじまり45年以上に及ぶ。グラミー賞を20回、アカデミー賞とトニー賞を各1回受賞、ロックの殿堂入りを果たし、ケネディ・センター名誉賞を受賞、2013年にはミュージケアーズのパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。スプリングスティーンの自伝『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝(Born To Run)』 (米サイモン&シュスター社刊、日本は早川書房)と、同著に合わせたアルバム『チャプター・アンド・ヴァース』は2016年9月に発売され、2016年11月にはスプリングスティーンはアメリカ文民最高位の勲章となる大統領自由勲章も受章した。236公演の歴史的なロングランとなった『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』は2017年10月から2018年12月にかけてNYブロードウェイのウォルター・カー・シアターで上演され、それに伴いサウンドトラック・アルバムとNetflixの特番も生まれている。

|商品情報|
ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen
『ウェスタン・スターズ』 Western Stars



2019年6月14日発売予定 ■CD: SICP6183 ¥2,400+税 / ■LP:SIJP86~7(2枚組) 輸入盤国内仕様 限定カラーヴァイナル ¥5,800+税 解説・歌詞・対訳付






突然のニュースで動揺しすぎて、めちゃくちゃな記事になってる!!!!!



でもでもそんなボスのニュースより、夢のように素敵すぎた1日…


ウッドデッキで夜風に当たり飲みながら、幸せで楽しすぎの凝縮された数時間を反芻しています。。

彼女… まるで 僕の夢を映しだす鏡のよう…
She may be the mirror of my dreams






#565 She / Elvis Costello

彼女… 忘れることはできないその面影は
She/ May be the face I can't forget
きらめく残像…それとも悔恨…
The trace of pleasure or regret
僕の宝物…それとも つぐない…
May be my treasure or the price I have to pay

彼女… 夏が奏でる爽やかなさざめきのよう
She/ May be the song that summer sings
秋がもたらす冷たい風のよう
May be the chill that autumn brings
まるで1日のうちに 
May be a hundred different things
いくつもの違った顔を見せる・・
Within the measure of a day

彼女… 美しき人 それとも野獣
She/ May be the beauty or the beast
はかなき幻影 それとも至福の宴
May be the phantom or the feast
これからの日々は天国 それとも地獄
May turn each day into a heaven or a hell

彼女… まるで 僕の夢を映しだす鏡のよう…
She may be the mirror of my dreams
水面に映しだされる清らかな笑顔のよう…
The smile reflected in a stream
でも彼女の心の奥の想いは誰にも見えない…
She may not be what she may seem inside her shell

彼女… いつも多くの人に囲まれ幸せそう
She/ Who always seems so happy in a crowd
自信と誇りに満ちたその瞳…けれど
Whose eyes can be so private and so proud
涙を流す姿は 誰にも見せることはない
No one's allowed to see them when they cry

彼女… 永遠を望めない儚い愛かもしれない
She/ May be the love that cannot hope to last
でもいつか暗い過去から抜け出して僕のもとへきてほしい…
May come to me from shadows of the past
僕は死が訪れるまで君をずっと覚えているから
That I'll remember till the day I die

彼女… それは僕が生き続ける理由かもしれない
She/ May be the reason I survive
僕が生きるためのすべて この想いを胸に抱いて
The why and wherefore I'm alive
どんな時も彼女のためだけに人生を歩みたい
The one I'll care for through the rough in ready years

僕は… 彼女の笑顔も涙を見つめ
Me / I'll take her laughter and her tears
そのすべてを僕だけの思い出にして
And make them all my souvenirs
彼女がどこへ向かおうと いつも僕がそばにいる
For where she goes I've got to be
そう彼女こそ 僕の生きる望み…
The meaning of my life is
彼女…彼女.. oh... 彼女
She She, oh she

スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.