FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

バイクのうしろのあの娘

2019.10.18

category : 浜田省吾


本日は…恥ずかしながら、数少ない学生時代の恋の話でもしよう。

元々の性格もある上に高校3年間男子校に通ったというのが決定打となり、彼女いない歴が次々に更新され…気がつけば男同士の絆だけが深まるばかり。。

そうなると妄想は膨らむが、例えチャンスが来ても、上手く話すことすらできない。

もう、ダメダメの連鎖🙅‍♂️でガッツも失い、本当にダサダサの青春時代だった。


出会いもないので、コンビニの店員さんに恋したこともあった。たしか退院後松葉杖で買い物をしたときに、優しく言葉をかけられたんだったか。そんな程度だろうけど、勝手に盛り上がって何度かその娘に会いにコンビニ通い。思い切って声をかけようと勇気を振り絞ったけど…タイミング遅く、その娘がバイトを辞めてたなんて事もあったな。

大学のキャンパスでは、いわゆるJD…女子大生も周りにいたにはいたのだけど、俺と相棒は孤立無援、まったく絡みのない状況。


でもそんな中…突然!

まるで映画のワンシーンのような出来事が訪れた。

名前も忘れてしまったけど、韓国からの留学生…日本人気質にはない自由奔放な彼女が、キャンパスの中庭5人くらいでフリスビーに興じる俺たちの中に、突然たったひとりで入ってきたのだ。いきなり我々の輪の中に入って天真爛漫にはしゃぎながらフリスビーを投げる彼女は、まるで映画のワンシーンのように美しくキラキラと輝いていて、一瞬でそこにいる野郎たちの心をとらえた。当然俺ごときは瞬殺だった。そんな自由でフランクな彼女と、俺自身はそのときに会話らしいことは一言も交わさず、ただ一緒にフリスビーをした5人のなかの一人だった。ところが、その数日後…キャンパスの駐車場に座り込む彼女に偶然出会ったのだ。彼女の様子がちょっとおかしい…とよく見るとなんと泣いているじゃない!俺はちょうど駐車場にバイクを停めて校舎に行こうかというところ。そんな俺のところにやってきて、涙を拭きながら彼女はこう言った。

「バイクでどこでもいいから連れてって!!」

な、なに、このドラマみたいな展開〜

「え!?で、でもヘルメットが1つしかないけど。」

すると悲しそうな表情の彼女。

いくらバカな俺でもこの場面での正解はコレだと分かる。

「よし、わかった!行こう!」


どうせノーヘルでお巡りさんに捕まるなら俺もいいや…と彼女をバイクの後ろに乗せ、2人してノーヘルでアクセルスロットルを回した。

確か偶然にも二人とも白いTシャツにジーンズだったので、それはもうまさに”青春映画”のワンシーンそのものだった。(多分)

あくまでイメージだけど、こんな感じ。↓(もちろん実物はまったく違います)

写真 2019-10-04 21 42 35



勢いよくバイクで走り出すと、いきなり彼女は大声で「ワー!!!」と絶叫。

「바카야로우!!でも気持ちいい~最高!!」

ワケが分からないが、そんなようなことを風を切るバイクの後部座席から叫んでいる。

いきなりでビビったけど、どうやらイヤなことがあって、そのストレスを思いっきり発散してるのだということくらいは、バカな俺でもわかった。

はたから見たら完全にカップルのような俺たちは、10分ほど走ったところでバイクを停めた。

大学のキャンパスの周りは自分の庭のように知っていたので、これまたドラマのような多摩湖畔の土手でエンジンをとめる。

ちょうどこんな感じ↓

写真 2019-10-17 11 21 39


バイクを降りて手すりに座る俺を残し、彼女は土手を降りて湖のほとりまで行き座りこんでまた…泣き出した。

湖面がキラキラと光り、笑えるほどに絵になるシーンだ。


今なら、分かるよ。

そっと彼女の横に行って何があったのか、とりあえず話を聞いてあげる。全部吐き出させてとにかく元気づけるのが、この場面の正解だってことは。


しかし…本当に情けなく残念なその当時の俺には、それは不可能なことだった。。

とにかく女性と話ができない、会話のキャッチボールすらできない人間が、いきなり最高の舞台…映画のようにお膳立てされたバッターボックスで打てるワケないじゃない。。

そう、経験値も勇気もなにもなかったのだ。


ひとしきり泣いた彼女は涙を拭いて、ただ上で何もせずに待っていた俺のいる土手の上に戻って来た。

ただ無口なバイク乗りの俺を彼女がどう思ったのか…冷たい人と思ったか、あるいは何も思わなかったかもしれない。


とにかく行きとは明らかに違うテンションで二人はバイクに乗り、大学のキャンパスに戻った。

彼女は「ありがとう。おかげでスッキリしたわ。」と笑顔を振り絞り、去って行った。


まあ、映画やドラマと違い現実はこんなモンだろう。

情けなく悲しい結末だが・・・これがホントの青春ってやつだろっ!!


往復の20分ほどノーヘルで走ったけど、その間にお巡りさんに出会わなかったことだけが唯一の救いで、この話は続きもなく終わります。。

瞬間的に突発的に主演のチャンスが訪れたと錯覚したが、すぐに幕は閉じ、役を降ろされた…こんなような残念な青春ストーリーですが、まだ他にもあることを思い出しちまった

それはまた今度~




さて、ここで曲紹介♪

久しぶりですが”俺が聴いた邦楽”シリーズの続きで、ノスタルジックに浜省の”恋に落ちたら”をどうぞ!



#606 恋に落ちたら / 浜田 省吾

「恋するなんて おろかなことさ」
君の口ぐせ だけど あの娘の 瞳の奥
覗く時君はまた ため息

Woh 言い出せなくて 今夜も眠れない
言い出せなくて 心せつなくて
真夜中 バイクを走らせながら
あの娘の面影 探してる

あの娘も今夜 眠れない
内気な娘だから君に微笑む ことも出来ず
レコードを聴きながら ため息

Woh 言い出せなくて 今夜も眠れない
言い出せなくて 心せつなくて
真夜中 ストーブの炎見つめて
君への想いを燃やしてる

恋に落ちたら
愛にたどり着くまで
抱きしめて 離さないで

今夜あの娘をどこかに 連れ出しなよ
そして恋してることを うちあけなよ
冷たい風の中を寄り添って
二人の心が 凍えないように

Woh 言い出せなくて 今夜も眠れない
言い出せなくて 心せつなくて

Woh...
Everybody need somebody
Woh...
Everybody love somebody
Woh...
Everybody need somebody
Woh...
スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

俺が聴いた邦楽 ⑥

2019.09.10

category : 浜田省吾


本日も浜省・・・”初恋”という曲を紹介します。

浜田省吾を紹介するにあたって、それまでそんなに曲を知らなかったので、この度初めていろいろ聴いてみました♪

この”初恋”も最近知ったばかりの曲なのですが、恋愛ラブソングではありません(笑)


浜省の自伝的な内容で、10歳の頃から影響を受けたミュージシャンの名前が順に出てきます。

ビートルズやボブ・ディラン、ビーチボーイズ。

70年代ではジャクソン・ブラウンにブルース・スプリングスティーン…とはっきりボスの名を歌っています。



浜田省吾の詞は難解な比喩などなく、シンプルかつストレートで分かりやすく好感が持てます♪


ドーナツ盤に刻まれた3分間の物語 少年と世界を繋いでた
オレの初恋はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけている


まったくその通り!!




#598 初恋 / 浜田 省吾

海辺の田舎町 10歳の頃
ラジオから流れてきた"The Beatles"
一瞬で恋に落ちた
教室でも家にいても 大声で歌ってた
"I wanna hold your hand"
"please please me""Can't buy me love"

"Bob Dylan""The Young Rascals"
"The Beach Boys""The Motown & The Memphis Sound"
仲間とバンド組んで 髪を長く伸ばして
時代は60年代"Love Peace & Rock'n Roll"
「未来は明るい」と信じていた
1974年21歳になった年「旅の暮らし」が始まった
オレの初恋はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけている

迷いと混乱の中 沈んでいた70年代
救ってくれたのは"Bruce Springsteen & Jackson Browne"
鐘が鳴るように蘇る"Old time Rock'n Roll"
心の中 叫んだ"Bringing it all back home"
「アメリカ生まれのRock'n Rollやっているオレは誰だ・・・?」
自分を探した「J-Boy」in 1986
オレの恋人はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけてる

ドーナツ盤に刻まれた3分間の物語 少年と世界を繋いでた
オレの初恋はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけている
オレの恋人はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけてる


comment(0)  trackback(0)

俺が聴いた邦楽 ⑤

2019.09.04

category : 浜田省吾


80年代巷で流行っていた邦楽は…ユーミン、サザンオールスターズ、それにバンドブームが始まってブルーハーツやBOØWYなんかを周りのみんなは聞いていたかな。

でもすでにボスに出会ってしまっていた俺は、そういったアーティストに興味が持てず、ボスっぽい日本人アーティストを聞いていました。

その中の一人が浜田省吾。

音楽的にはそこまで似ていないけど、サックスを取り入れたバンド構成やライブパフォーマンスなどを参考?にしてるみたい。

ファッションも真似てるけど・・・ちょっとダサいのがいいのです!!

ダウンロード


74d6bea7-c623-4349-ab4d-d8b00510f56c.jpg


『明日なき世代』や『終わりなき疾走』なんて曲がありますが、これも『明日なき暴走』からきてる・・・よね??






#595 終りなき疾走 / 浜田省吾

15の時 通りのウインドウに
飾ってあったギターを見たとき
稲妻が俺の体駆け抜け
全ての夢が走りだし
貧しさも恋の辛さも
受け止めた真っ直ぐに

嵐のような拍手とざわめき
フラッシュライトヒットチャートはNo.1
サクセスストーリー 罠に満ちたゲームに
奪われて見失い
お前から遠く離れた
でも今夜、戻ってく

俺は見つけたい 金で買えない物を
Oh もう一度…

ねえ 寒くはないかい?
君の夜をおくれよ
俺の朝をあげるから
俺達に残された時間
あともう残り少ない
分かち合えるのは愛だけ拒まないで…

立ち上がって踊ろう 俺の肩に
もたれていいよ 倒れやしない
吹き飛ばせ きつい日々の暮らしを
吹き飛ばせ すりかえられた夢
駆け抜けろ 闇と光の狭間で揺れる時の流れを
乗り越えて…



comment(0)  trackback(0)

俺が聴いた邦楽 ④

2019.09.02

category : 浜田省吾


さて、俺が聴いた邦楽 シリーズ…尾崎豊に続き、本日から”ハマショー”こと浜田省吾を何曲かご紹介します。


1986年発表の『J.BOY』で名実共に日本の音楽シーンを代表するトップ・アーティストになった浜田省吾。


J.BOY
J.BOY
posted with amazlet at 19.08.29
浜田省吾
ソニー・ミュージックレコーズ (1999-09-29)
売り上げランキング: 4,548



2枚組のこのアルバムはやはり兄がレコードを持っており聞いていたので、久しぶりに聞くととても懐かしい感じがします。

また取引先のイトウさんが今でもハマショー・ファンなので、スナックではカラオケで毎回ハマショーを歌いまくります。(笑)


予備校に通ったことはないし、こんな”青春”の思い出もないですが…

甘ずっぱい気持ちになるね~
(ネットの動画を利用したので、石原さとみファン・・・というワケじゃありません~)



#594 19のままさ / 浜田省吾

予備校の湿っぽい廊下で
あの娘を見つけた
放課後の図書館のロビーで
思い切って声をかけた

夏が終る頃にはもう二人 
すり切れたスニーカーはいて
恋を追いかけてた

いつまでも忘れない
今でも目をこうして閉じれば
19のままさ
でも僕等 もう二度と
あの日のきらめき 
この腕に取り戻せない

受験日はそこまで来ているのに
何も手につかず
二人でいるとせつなくて
理由もなく喧嘩ばかり

春になればすべてうまくゆくさと
別れたよ 映画の後 
クリスマスの夜…

いつまでも忘れない
今でも目をこうして閉じれば
19のままさ
でも僕等 もう二度と
あの日のきらめき 
この腕に取り戻せない

今もあの娘 長い髪のままかな
僕はほら ネクタイしめて
僕が僕じゃないみたい

いつまでも忘れない
今でも目をこうして閉じれば
19のままさ
でも僕等 もう二度と
あの日のきらめき 
この腕に取り戻せない



comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.