FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (5)

無印のキャンプ場で初キャンプ

2019.10.10

category : Stereophonics


先週の土曜日、無事息子の運動会が行われました。

その模様は後ほどアップするとして、本日は運動会の翌日から行って来たキャンプのことを書きたいと思います。


写真 2019-10-09 8 27 04

今回は前から行ってみたいと思っていた”無印良品”が運営しているキャンプ場”カンパーニャ嬬恋(つまごい)キャンプ場”に初めて行ってきました。


しかし・・・出発早々事件が!!

それまで元気だった息子の様子がおかしい。


関越自動車道を北上、30分くらい走ったあたりで・・・突然気持ち悪いと言い出した。

普段まったくと言っていいほど車に酔わない息子が、今にも吐きそうな青ざめた顔になってる!!


慌てて車線を変更し、急いで高速道路の路肩に車を停め、助手席のドアを開けた途端・・・「うえ~っ!」

間一髪・・・というか、普段吐きなれてないので、若干車のシート横にもかかってる~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


そしてさらに…

変な場所の路肩に急遽駐車したため、気が付けばパトカーがサイレンとともに近づき我々の前に停まったではないか!

テレビで”警察24時”を見たばかりの我々(特に息子)は、警察にパクられてしまうのではないか?とビビリまくり。。


ところが、子供が吐いてしまったと伝えると親切に対応してくれ、「見てますから、慌てないでゆっくりと子供さんを見てやってください!」と発煙筒をたいて危険な目にあわないように対処してくれるじゃない!

交通警ら隊の皆さま、誤解してました!市民を守ってくれてありがとう~


さて、吐いて多少すっきりとした息子に横になって寝るように言い、目的地へ先を急ぐ。

しかし、車酔いと言っても山道などではなく真っすぐの高速道路しか走ってないので、一体どうしたのだろう?

まあ、体調があまりよくないのは確かなようだ。(普通ならキャンプをやめて引き返すのかな?


その後高速を降りたあとは、やはり山道を1時間ほど走らねばならず、また車酔いが再発。。

目的地まであと10分…といったところで、ついに仕方なく奥の手を使用~(今の時代はちょっと書けない)


すると今までのテンションがまるで別人になったよう♡

完全に気持ち悪さもなくなり、無事キャンプ場へ到着しました♪


さて、初めての無印良品のキャンプ場。

日・月の宿泊なので、広大なキャンプ場がガラガラ状態。

事前のWEB予約もできるのだが、実際にサイトを見てから決めたかったので、あえて当日受付にしました。


とにかく1区画が広々としっかりスペースが確保されていて、しかもプライベート感もバッチリ。どのサイトを選んでも大満足なキャンプ場!

林間サイトも魅力的でしたが、このキャンプ場にせっかく来たので、ここはやはり憧れの”草原サイト”にしました!


写真 2019-10-08 17 32 07


風を心配していましたが、結果的には大正解!!

眺望もよく最高に気持ちのいいサイトでした~

トイレなどのサニタリー棟も近くにあり、人気のキャンプ場なのが納得。

まあ、空いてたのがよかったな。広大な草原も貸切状態だったしね。

標高が高いので、少し肌寒く紅葉も始まってました。


また是非行きたいキャンプ場…夏が涼しそうでいいかも。

目の前のバラギ湖という湖が、持ち込みカヤック禁止でなければもっといいのだけど~










本日動画のBGM曲、ステレオフォニックスの”ダコタ”をどうぞ!!



#604 Dakota / Stereophonics

君のことを考えながら、思い返してる
Thinkin' 'bout thinkin' of you
夏の頃…確か6月
Summertime think it was June
そう、あれは6月だった
Yeah, I think it was June

芝生の上に寝転がって
Layin' back head on the grass
チューインガムを噛みながら笑った
Chewing gum havin' some laughs
そう、楽しい話をしたよな
Yeah, havin' some laughs

君は僕に感じさせた “運命の人”だと
You make me feel like the one
大切な存在だと感じさせた
Make me feel like the one
特別な存在だと…
The one

飲み直した 二人の出会いを祝して
Drinkin' by drinkin' for two
君と一緒に
Drinkin' with you
新しい酒が来たら
When drinkin' was new

僕の車の後部座席で眠った
Sleepin' in the back of my car
僕らは遠くへなんて行かなかった
We never went far
行く必要がなかったんだ
We didn't need to go far

君は僕に感じさせた “運命の人”だと
You make me feel like the one
大切な存在だと感じさせた
Make me feel like the one
特別な存在だと…
The one

君は僕に感じさせた “運命の人”だと
You make me feel like the one
大切な存在だと感じさせた
Make me feel like the one
特別な存在だと…
The one

分からない 今僕らがどこへ向かっているかなんて
I don't know where we are going now
分からないよ 僕らがどこへ行こうとしてるのかなんて
I don't know where we are going now

モーニングコール コーヒーとジュース
Wake up call coffee and juice
君のことを思い出す…
Remembering you
君に何があったの?
What happened to you?
また君と会うことは出来るだろうか?
I wonder if we'll meet again
お互いの近況を話して
Talk about life since then
何故別れてしまったのか話すことがあるのだろうか?
Talk about why did it end

君は僕に感じさせた “運命の人”だと
You make me feel like the one
大切な存在だと感じさせた
Make me feel like the one
特別な存在だと…
The one

君は僕に感じさせた “運命の人”だと
You make me feel like the one
大切な存在だと感じさせた
Make me feel like the one
特別な存在だと…
The one

分からない 今僕らがどこへ向かっているかなんて
I don't know where we are going now
分からないよ 僕らがどこへ行こうとしてるのかなんて
I don't know where we are going now

だから今こそ僕のことをちゃんと見てくれよ…
So take a look at me now



アコースティック・ヴァージョンもいいね♪