FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

今日から新年度!!

2018.04.02

category : Van Morrison


昨日は4月1日。

無事なにごともなく、平和に過ごし1日を終えることができました。

なぜそんなことを言うのかは・・・過去4月1日には様々な事件が起きているので。↓(昨年の記事)

http://bobbyjean.blog17.fc2.com/blog-entry-1003.html


そう言えば”Broken Leg ”のシリーズもまだ完結していなかった

またそのうち連載しよ~っと。




そして本日4月2日の月曜日は、いよいよ息子の初登校の日。

小学校の入学式は来週9日なのですが、入学前に今日から学童に通い始めます。




IMG_6875.jpg


明日から1日学童なので、初日の今日は半日のみの慣らし運転。

人見知りの息子ですが、どうやら楽しく過ごすことができたようで、一安心です。。


先週の金曜日まで保育園に通い、月曜から学童なので息子の春休みは土日の2日間。

土曜日は昨年に引き続き、茨城県の福岡堰で花見カヤックをしてきました。

DSCN2058.jpg



そして日曜日、午前中は自宅の庭でのんびり過ごし、午後から隣町「金山緑地公園」で花見をしてきました♪


あと今年も我が家の巣箱にシジュウカラが帰ってきました。

これで3年連続ですが、数日前から巣箱を見に来ていたつがいが、どうやら気に入ってくれたようです。

去年と同じ夫婦なのか、それともこの巣箱で産まれ巣立ったヒナが成長しお嫁さんを見つけ、この巣箱を新居にしたのかは不明ですが、いずれにしてもまた今年も命のドラマを間近で見られることに感謝です


なぜだか今年は数日前から花粉症の症状が落ち着いてきた。。


そうなればこっちのモノ!!

・・・春最高だなあ。。








それでは、本日の1曲~

最近ヴァン・モリソンよく聞いてます♪



#033 Brown Eyed Girl
Van Morrison

俺たち二人、どこへ行ったっけ?
Hey where did we go,
雨が降ってる時
Days when the rains came
渓谷の奥で
Down in the hollow,
新しい遊びをしたり
Playin' a new game,
笑ったり走ったり
Laughing and a running hey, hey
スキップしたり跳んだり
Skipping and a jumping
朝の霧とともに
In the misty morning fog with
俺たち…二人の心臓がドキドキ
Our hearts a thumpin' and you
お前は茶色い目をした女の子
My brown eyed girl,
お前は俺の“ブラウン・アイド・ガール”
You my brown eyed girl.

火曜日に何が起きようとも
Whatever happened to Tuesday and so slow
ラジオを聴きながら俺の古い愛車でゆっくり走った
Going down the old mine with a transistor radio
笑ってるお日様の代わりに
Standing in the sunlight laughing,
虹の壁にかくれて
Hiding behind a rainbow's wall,
お前と一緒にずっとすべり落ちる
Slipping and sliding all along the water fall, with you
俺の茶色い目をした女の子
My brown eyed girl,
お前は俺の“ブラウン・アイド・ガール”
You my brown eyed girl.
覚えているかい?よく歌ったあの歌を…
Do you remember when we used to sing,
シャラララ ララララ ラララディダ
Sha la la la la la la la la la la te da

どうしたらいいのか分からないよ
So hard to find my way,
今では俺はずっと一人
Now that I'm all on my own.
この間お前をお見かけたよ
I saw you just the other day,
ずいぶんかわっていたよな・・・
My how you have grown,
昔の記憶が甦ってきちまったよ
Cast my memory back there, Lord
時々考えてしまうのをなんとか克服しようとしてるんだ・・・
Sometime I'm overcome thinking 'bout
二人で笑ったり走ったりしたのを
Laughing and a running hey, hey
競技場の裏で
Behind the stadium with you
茶色い目をしたお前と
brown eyed girl
お前は俺の“ブラウン・アイド・ガール”
You my brown eyed girl

Do you remember when we used to sing
Sha la la la la la la la la la la te da.



ちょっと合ってないけど、ボスちゃんも楽し気にカバーしてマス♪

スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

#184 Tupelo Honey / Van Morrison

2011.02.02

category : Van Morrison

本日は孤高のヴォーカリスト、ヴァン・モリソンです。
“ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー”のうちの1人であるヴァン・モリソン1971年のアルバム『Tupelo Honey』からのタイトル曲。
テュペロという木の蜜・・・とのことですが、どんだけ甘いのでしょうか??

とにかくこのアルバムはいいです!


Tupelo HoneyTupelo Honey
(1997/06/03)
Van Morrison

商品詳細を見る






#184 Tupelo Honey / Van Morrison

お前は中国にある全ての茶を運ぶことだってできる
You can take all the tea in China
僕のために 大きな茶色のバッグにつめておくれ 
Put it in a big brown bag for me
七つの海を 航海して回り 
Sail right around the seven oceans 
深く青い海に それをまっすぐ沈めておくれ 
Drop it straight into the deep blue sea 
彼女は甘い テュペロ・ハニーみたいに 
She's as sweet as tupelo honey 
彼女は一等級の天使さ 
She's an angel of the first degree 
彼女は甘い テュペロ・ハニーみたいに 
She's as sweet as tupelo honey 
まるで蜜バチのハチミツのよう 
Just like honey from the bee 

止めることはできない 自由への道を辿る俺たちを 
You can't stop us on the road to freedom
俺たちを捕まえておけない 俺たちの目は見開いているから
You can't keep us 'cause our eyes can see
洞察力のある男たち 花崗岩の中の男たち
Men with insight, men in granite
騎士道への決意という鎧を着た騎士たち
Knights in armor bent on chivalry
彼女はとってもスウィート テュペロ・ハニーみたいに
She's as sweet as tupelo honey
彼女はとびっきりの天使
She's an angel of the first degree
彼女はとってもスウィート テュペロ・ハニーみたいに
She's as sweet as tupelo honey
まるで蜜バチが運ぶハチミツのよう
Just like honey from the bee

止めることはできない 自由への道を辿る俺たちを 
You can't stop us on the road to freedom
俺たちを捕まえておけない 俺たちの目は見開いているから
You can't keep us 'cause our eyes can see
洞察力のある男たち 花崗岩の中の男たち
Men with insight, men in granite
騎士道への決意という鎧を着た騎士たち
Knights in armor bent on chivalry
彼女はとってもスウィート テュペロ・ハニーみたいに
She's as sweet as tupelo honey
彼女はとびっきりの天使
She's an angel of the first degree
彼女はとってもスウィート テュペロ・ハニーみたいに
She's as sweet as tupelo honey
まるで蜜バチが運ぶハチミツのよう
Just like honey from the bee

何しろ、彼女は申し分ないんだ 
You know she's alright 
本当に彼女は僕にピッタリなんだ 
You know she's alright with me 
彼女は申し分ない バッチリなんだよ 
She's alright, she's alright (she's an angel) 

お前は中国にある全ての茶を運ぶことだってできる
You can take all the tea in China
僕のために 大きな茶色のバッグにつめておくれ 
Put it in a big brown bag for me
七つの海を 航海して回り 
Sail right around the seven oceans 
深く青い海のど真ん中に それをまっすぐ沈めておくれ 
Drop it smack dab in the middle of the deep blue sea 
だって 彼女はスウィートなんだから テュペロ・ハニーみたいに 
Because she's as sweet as tupelo honey 
とびっきりのエンジェルなんだ 
She's an angel of the first degree 
彼女はとってもスウィート テュペロ・ハニーみたいに 
She's as sweet as tupelo honey 
まるで蜜バチが運ぶハチミツのよう 
Just like honey from the bee 
彼女はとってもスウィート テュペロ・ハニーみたいに 
She's as sweet as tupelo honey 
彼女はとびっきりの天使 
She's an angel of the first degree 
彼女はテュペロハニーみたいにスウィートなんだ 
She's as sweet as tupelo honey 
まるでハチミツのよう ベイビー、蜜バチが運くれる 
Just like the honey, baby, from the bee 
彼女は僕のベイビー わかってるだろう、彼女はバッチリなんだ 
She's my baby, you know she's alright..... 

comment(0)  trackback(0)

#033 Brown Eyed Girl

2008.07.29

category : Van Morrison

"孤高のシンガー"…

ヴァン・モリソンVan Morrisonにはなぜか必ずこの枕詞がつきまとう。

常にわが道を行くライフスタイルや完全主義者で偏屈と言われるヴァンの性格に由来
するものかも知れない。

しかしアイルランド出身の彼のソウルフルなヴォーカルは他の誰にもまねできないような味があります。。

この”Brown Eyed Girl”はなんと彼の1stアルバムの1曲目。

ところがこの曲を初めて耳にしたのは1990年のジュリア・ロバーツ主演“愛がこわれるときSleeping With The Enemy” というサスペンス映画のワンシーンでした。

・・・その動画に字幕をつけてみました♪


#033 Brown Eyed Girl
Van Morrison

俺たち二人、どこへ行ったっけ?
Hey where did we go,
雨が降ってる時
Days when the rains came
渓谷の奥で
Down in the hollow,
新しい遊びをしたり
Playin' a new game,
笑ったり走ったり
Laughing and a running hey, hey
スキップしたり跳んだり
Skipping and a jumping
朝の霧とともに
In the misty morning fog with
俺たち…二人の心臓がドキドキ
Our hearts a thumpin' and you
お前は茶色い目をした女の子
My brown eyed girl,
お前は俺の“ブラウン・アイド・ガール”
You my brown eyed girl.

火曜日に何が起きようとも
Whatever happened to Tuesday and so slow
ラジオを聴きながら俺の古い愛車でゆっくり走った
Going down the old mine with a transistor radio
笑ってるお日様の代わりに
Standing in the sunlight laughing,
虹の壁にかくれて
Hiding behind a rainbow's wall,
お前と一緒にずっとすべり落ちる
Slipping and sliding all along the water fall, with you
俺の茶色い目をした女の子
My brown eyed girl,
お前は俺の“ブラウン・アイド・ガール”
You my brown eyed girl.
覚えているかい?よく歌ったあの歌を…
Do you remember when we used to sing,
シャラララ ララララ ラララディダ
Sha la la la la la la la la la la te da

どうしたらいいのか分からないよ
So hard to find my way,
今では俺はずっと一人
Now that I'm all on my own.
この間お前をお見かけたよ
I saw you just the other day,
ずいぶんかわっていたよな・・・
My how you have grown,
昔の記憶が甦ってきちまったよ
Cast my memory back there, Lord
時々考えてしまうのをなんとか克服しようとしてるんだ・・・
Sometime I'm overcome thinking 'bout
二人で笑ったり走ったりしたのを
Laughing and a running hey, hey
競技場の裏で
Behind the stadium with you
茶色い目をしたお前と
brown eyed girl
お前は俺の“ブラウン・アイド・ガール”
You my brown eyed girl

Do you remember when we used to sing
Sha la la la la la la la la la la te da.

Blowin' Your Mind!Blowin' Your Mind!
(2008/08/18)
Van Morrison

商品詳細を見る


comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.