FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

#224 YOU'RE A FRIEND OF MINE / Clarence Clemons & Jackson Browne

2011.06.15

category : Jackson browne

“ザ・ビッグマン”ことクラレンス・クレモンズが脳卒中で倒れたというニュースが入りました。スプリングスティーンのバンドであるEストリートバンドの要であるSAX奏者“ザ・ビッグマン”。他のメンバーも同様ではあるが、彼がいないEストリートバンドはどうしても考えれられない。
一時は危篤状態ともいわれてましたが、少し快方に向かっているとのこと。
何としてももう一度復活し、再びステージであの雄姿を見せて欲しいです。

この曲は1985年のクラレンスのソロアルバムからのシングルでジャクソン・ブラウンとのデュエット。当時ジャクソン・ブラウンと付き合ってた女優のダリル・ハンナも出ています。







#224 YOU'RE A FRIEND OF MINE / Clarence Clemons & Jackson Browne

うまく行ってないのかい?
Striking out?
僕を当てにしなよ
Well count me in
何があったって僕は君の味方だよ
I'm gonna stand right by your side through thick or thin
本当だよ
Ain't no doubt
うまく行くって
Gonna win
この修羅場も昔の俺たちに比べれば大したことはないさ
A walk through hell ain't bad compared to where we've been

僕を頼っていいよ
Oh you can depend on me
何度だって 
Over and over... over and over
しっかり覚えていてくれよ
Know that I intend to be
涙を流すほど君を笑わせるからな
The one who who always makes you laugh until you cry
僕を当てにしてくれよ 君が生きてる限りね
And you can call on me until the day you die

年月は過ぎてゆくだろうけど
Years may come and go
はっきりしてることがひとつある
Here's one thing I know
生涯を通して
All my life
君は僕の友達さ
You're a friend of mine

あの時やりあった議論
That argument
今でも忘れてないよ
I can't forget
そうとう激しくやりあったから、まだ修復できてるとは思えないけど
We fought so hard I don't think I've recovered yet
二人が知ってる女の子たち
The girls we knew
君のことをカッコいいと思ってたから
Who thought you were cool
君には僕のお気に入りの女の子は絶対紹介しなかったよ
I never introduced my favorite ones to you

僕を頼っていいよ
Oh you can depend on me
何度だって 
Over and over... over and over
しっかり覚えていてくれよ
Know that I intend to be
涙を流すほど君を笑わせるからな
The one who who always makes you laugh until you cry
僕を当てにしてくれよ 君が生きてる限りね
And you can call on me until the day you die

年月は過ぎてゆくだろうけど
Years may come and go
はっきりしてることがひとつある
Here's one thing I know
生涯を通して
All my life
君は僕の友達さ
You're a friend of mine

僕を頼っていいよ
Oh you can depend on me
何度だって 
Over and over... over and over
しっかり覚えていてくれよ
Know that I intend to be
涙を流すほど君を笑わせるからな
The one who who always makes you laugh until you cry
僕を当てにしてくれよ 君が生きてる限りね
And you can call on me until the day you die

年月は過ぎてゆくだろうけど
Years may come and go
はっきりしてることがひとつある
Here's one thing I know
生涯を通して
All my life
君は僕の友達さ
You're a friend of mine
僕を頼っていいよ 
Oh you can depend on me 
僕は大丈夫 
I'll be fine 
だって君が僕の友達だから 
cause you're a friend of mine 

スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

#104 Birds of St. Marks

2009.10.17

category : Jackson browne

秋はジャクソン・ブラウンの優しくせつない歌声が似合います。。


#104 Birds of St. Marks
Jackson Browne

ああなんて悲しげに響くのだろう
Oh how sadly sound the songs
女王が歌わねばならない死についての歌たち
the queen must sing of dying
女王の座に囚われて
A prisoner upon her throne
憂鬱がため息をつく
of melancholy sighing
もし彼女が今、鏡を見ることができたなら
If she could see her mirror now
彼女にお辞儀をしたりする人々から自由になれるのに
She would be free of those who bow and
彼女の足下の土をならしたりする人々から
Scrape the ground beneath her feet

彼女は静かに歩き
Silently she walks among her
しおれていく真夜中の薔薇の間を
dying midnight roses
一瞬一瞬の時間がじっと見つめる
Watches as each moment goes
僕らの事など知る由もなく過ぎていく中
that never really know us
彼女もまるで気にしていないよう
And so it seems she doesn't care
誰もいなくなることを夢見ているのかどうか
If she has dreams of no one there
彼女の部屋の暗がりの中で
Within the shadows of her room

でも僕の凍り付いた言葉もそう思うんだ
But all my frozen words agree,
今こそ呼び戻す時だと
and say it's time to call back,
城壁のむこうに飛ぶよう放った鳥たちをみな
all the birds I sent to fly behind her castle walls,
僕はもう見て来た幾晩もの夜にうんざりしていのさ
and I'm weary of the nights I've seen
これらの虚しい広間の中で・・・
Inside these empty halls

木のように無表情な淑女よ くるくる回れ
Wooden lady turn and turn
くたびれた僕の秘密の間で
among my weary secrets
そして過ぎた時間の中ですり減ってしまえ
And wave within the hours past
もう一つの空っぽのポケット
and other empty pockets
もしかしたら僕らは無くしたものを見つけたのかもしれない
Maybe we've found what we have lost
重なり合い解きほどいた時
When we've unwound so many crossed
絡み合ったいくつもの誤解を
entangling misunderstandings

でも僕の凍り付いた言葉もそう思うんだ
But all my frozen words agree,
今こそ呼び戻す時だと
and say it's time to call back,
城壁のむこうに飛ぶよう放った鳥たちをみな
all the birds I sent to fly behind her castle walls,
僕はもう見て来た幾晩もの夜にうんざりしていのさ
and I'm weary of the nights I've seen
これらの虚しい広間の中で・・・
Inside these empty halls



Solo Acoustic, Vol. 1Solo Acoustic, Vol. 1
(2005/10/31)
Jackson Browne

商品詳細を見る




comment(0)  trackback(0)

#063 Late for the Sky

2008.11.22

category : Jackson browne

本日、まさに今頃大阪公演中のジャクソン・ブラウン

月曜日の東京公演のチケット、ヤフオクで手に入らないかな


1974年のアルバム“Late for the Sky”のアルバムタイトル曲。

映像は2006年のライブでギターはもちろん朋友デヴィッド・リンドレー。。



#063 Late for the Sky (1974)
Jackson Browne

言いたいことはすべて言い尽くした筈なのに
The words had all been spoken
心のどこかにすきまがある
And somehow the feeling still wasnt right
それでも、そっと
And still we continued
夜の静寂に身を寄せ合うふたり
on through the night
共に歩んできた足跡をたどっても
Tracing our steps from the beginning
どこかで空しく消えてしまう
Until they vanished into the air
僕たちふたり
Trying to understand
いつからこうなってしまったのだろう
How our lives has led us there

きみの瞳のなかを探してみても
Looking hard into your eyes
僕の知っているひとはそこにはいない
There was nobody Id ever known
ひとりぼっちの自分を感じるのは
Such an empty surprise
なんて空しい驚きなのだろう
To feel so alone

愛の言葉をこんなのにもたやすく口に出せるのに
Now for me some words come easy
それはもう何の意味も持っていないかのよう
But I know that they dont mean that much
恋人たちがそっと触れ合いながら交わしあう
Compared with the things
愛の言葉とはどこか違ってしまう
That are said when lovers touch
なぜ、きみを愛してしまったのかも
Never knew what I loved in you
きみが僕のどこを好きになったのかも、もうわからない
I dont know what you loved in me
多分、きみが愛していたのは
Maybe the picture of somebody
きみの創りあげた理想の僕の姿
You were hoping I might be

また目が醒める──もう偽りの心に耐えられそうにない
Awake again I cant pretend
僕はただひとり
And I know Im alone
僕たちが分かち合ったあの愛も もう終わりに近づいたようだ
And close to the end of the feeling weve known
僕はどのくらい眠っていたのだろう
How long have I been sleeping?
どのくらい漂っていたのだろう
How long have I been drifting
夜のなかを・・・たった一人で・・・
Alone through the night

僕は長いこと、夢見ていただけなのだろうか
How long have I been dreaming I could make it right
目を閉じて きみの愛する男になろうと努力すれば
If I closed my eyes and tried with all my might
いつか、きっとうまくいくと・・・
To be the one you need

また目が醒める──もう偽りの心に耐えられそうにない
Awake again I cant pretend
僕はただひとり
And I know Im alone
僕たちが分かち合ったあの愛も もう終わりに近づいたようだ
And close to the end of the feeling weve known
僕はどのくらい眠っていたのだろう
How long have I been sleeping?
どのくらい漂っていたのだろう
How long have I been drifting
夜のなかを・・・たった一人で・・・
Alone through the night

僕はもう、どのくらい求めつづけてきたことだろう
How long have I been running
ベッドに二人、横たわりながら
For that morning flight
移り変わる光を見つめ 陽が昇るまで 
Through the whispered promises and the changing light
愛の言葉を囁きあった
Of the bed where we both lie
あの朝の幸せを・・・・・・
Late for the sky

Late for the SkyLate for the Sky
(1990/10/25)
Jackson Browne

商品詳細を見る




comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.