FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (5)

君は満天の星…

2017.02.16

category : Coldplay


この季節は空気が澄んでいて星が綺麗に見えますね。

最近子供と一緒に星の本を読んで学んだので、今日は星について書いてみたいと思います。

今の時期、冬の星座でまず見つけやすいのがオリオン座。

”リボンの形”のオリオン座です。(砂時計ともいいます)

6922-450x337.jpg


夜の9時頃に南の空に出ているらしいのですが、時間にこだわらず空を見上げ少し探すと、同じような明るさで等間隔にきれいに並ぶ三ツ星が見つかるはず。

そしてそれを囲むように位置する四つの明るい星をたどるとリボンの形のオリオン座が見つけられるでしょう。

さらに三ツ星の下(南)に赤くボーと光る星とはちょっと違ったものがもしも見えれば、それはオリオン大星雲とのことです。

1356316912_orion1.jpg


また、オリオン座のベテルギウスとおおいぬ座シリウス、こいぬ座のプロキオンを結ぶと大きな「冬の大三角」ができます。


3a258cac0876f6b4ebb84d34d162bdc0.jpg



winter_img02_l.png


さらにこの三角形の右上から左下へ流れるように淡く見えるのが、冬の天の川とのことですが、これは光のない山などに行かないと見えないとのことです。

2017_01_26_001_S.jpg




またオリオン座の三ツ星の右方向一直線上に赤い色をしたおうし座のアルデバランが見つかります。


さらに直線を伸ばすと星がごちゃごちゃと集まっている部分…これがプレヤデス星団、いわゆる昴(すばる)です。

肉眼では6、7個ほどの星しか見えない「すばる」ですが、望遠鏡で見るともっとたくさんの星が集まっているらしく、星の総数は100個とも200個ともいわれているらしいです。

CcIwNFGUYAA-QvL.jpg


ここでオリオン座の神話です。

オリオンは海の神ポセイドンの息子で、人気のある伝説上の人物としていくつかの物語が伝えられています。
 オリオンは、巨人のように背が高く、また美男子で腕の良い狩人でした。ある時仲間達と酒を飲んで酔っぱらい、みんなに煽てられて上機嫌になったオリオンは、つい「天下に自分ほどの腕の良い猟師は居ない。たとえ逃げ足の速い鹿だって、自分に掛かれば、亀も同然だし、熊やライオンだって、赤ん坊のようなものだ。」と自慢げに話しました。  
それを聞かされた神々達は、余りにの思い上がりの激しいオリオンに怒りました。  
特に大地の女神の怒りは激しく、「毎日獲物が捕れるのは、私が与えてやっているからだ。それなのに、なんという思い上がりなんだろう。」とカンカンになりました。  
怒りのおさまらない大地の神は、一匹のサソリを呼んで、「オリオンを刺し殺しておしまい」と命令しました。
 サソリは密かにオリオンに忍び寄ると、その猛毒の針を突き刺したのです。
さすがのオリオンもサソリの毒にはかないません。ばったりと倒れると、息絶えてしまいました。 この手柄で、サソリは星座となり天に上げられました。
オリオン座も星座になりましたが、今でもオリオンはサソリを恐れて、東の空からさそさそり座が現れるとオリオン座は西の地平線に逃げ隠れ、さそり座が西の地平線に沈むとオリオン座は安心して東の空へ昇ってくるといいます。

sasori1.gif




さらに日本でのお話。

今から1000年以上前の雅な平安時代に女流作家”清少納言”によって書かれた『枕草子』の一節に

”星はすばる、彦星、夕筒。よばい星、少しをかし。尾だになからましかば、まいて。”

というものがあります。現代風に訳すと

”星といえばすばるが最高よね。あと彦星と宵の明星の金星もいい感じ。流れ星もちょっと興味深いわ。でも流れ星のしっぽがなければもっといいのに。”

当たり前なのですが、夜空を見上げると1000年前の清少納言さんと同じ星が見え、同じような心持ちになることにロマンを感じ、なんだか感動しますね。。

”流れ星のしっぽがなければもっといいのに…”の部分は現代人の我々には?…という感じですが、古来、流れ星(彗星)は妖星で災いをもたらす不吉なものとされいたからでは?という説があります。
あるいは、流れ星を意味する「よばひぼし」は当時の男女間では当然のお約束「夜、女性の寝所にしのび込むこと」の夜這いという解釈。

「しっぽなど残して派手に流れていたら,せっかくのデートが人目についてしまうじゃないの」と言ったという説があるようです~

329551a56d25dfdae4e041904db81a92.jpg





しつこいですが、こちらはオマケの豆知識~

自動車メーカーのスバルは星6つです。

これは日本ではプレアデス星団のことを昔から「六連星」と呼ばれていました。

そして富士重工業が旧・中島飛行機系5社を吸収合併するという形で誕生したことから、この「6社を統合する」という意思が込められこのエンブレムマークになったそうです。。

car-brand-emblem-SUBARU-02.jpg




ちょっと寒いですが、この季節しか見えない星空を少しの間だけでも眺めてみてはいかがでしょう。。






本日は話が大変長くなってしまいましたが、ここで星関連の曲を探したところ・・・

見つかったのが、コールドプレイのこの曲です。

まずはYouTubeで様々な曲をカバーしているBoyce Avenue(ボイスアベニュー)のカバーヴァージョンから。

めちゃかっこイイです


A Sky Full Of Stars - acoustic cover 日本語 from BobbyJean on Vimeo.




#404 A sky full of stars / Cold Play

君は空なんだ 空いっぱいに輝く星だから
Cause you're a sky, cause you're a sky full of stars
この僕の心を捧げるよ
I'm gonna give you my heart
君は空なんだ 空いっぱいに輝く星なんだ
Cause you're a sky, cause you're a sky full of stars
君の光は僕の行く手を明るく照らしてくれる
Cause you light up the path

気にしないよ、僕をひっかきまわしてくれ
I don't care, go on and tear me apart
君がそうしたいなら、受け入れる
I don't care if you do
だって空の中で  満天の星空の中で
Cause in a sky, cause in a sky full of stars
僕は君に出会ったんだ…
I think I saw you

君は空なんだ 空いっぱいに輝く星だから
Cause you're a sky, cause you're a sky full of stars
君の腕に抱かれながら死にたいんだ
I want to die in your arms, arms
暗くなればなるほど君は眩しい輝きを放つから
Cause you get lighter the more it gets dark
君にこの僕の心を捧げるよ
I'm going to give you my heart

気にしないよ、僕をひっかきまわしてくれ
I don't care, go on and tear me apart
君がそうしたいなら、受け入れる
I don't care if you do
だって空の中で  満天の星空の中で
Cause in a sky, cause in a sky full of stars
僕は君に会えたんだ
I think I see you
僕は君に会えたんだ
I think I see you

君は空となって満天の星を輝かせている
Because you're a sky, you're a sky full of stars
まるで天国にいるような眺め
Such a Heavenly view
君はまるで美しい天国のような眺め…
You're such a Heavenly view





こちらが本家、コールドプレイのライブです

スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.