FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (6)

それが俺にできることのすべて…。

2019.12.17

category : U2


先週ついにU2の来日公演が行われた。(残念ながら日本のニュースで見なかったけど、ニュースになってたのかしら?)

main_pc.jpg

チケットが手に入れば・・・なんて甘い考えでいたので、結局観ることができなかった~

1987年の名盤”The Joshua Tree ”を公演の中盤からアルバム全曲を演奏する・・・というボスと同じようなライブを全世界で展開しているヨシュア・トゥリー・アジアツアーの日本公演…

さっそくYou Tubeにアップされていました。


ただ映像と音質がイマイチだったので、同じヨシュア・トゥリー・ツアーでの海外公演の映像をアップしました♪


個人的にはカッコよさでいうと世界ナンバーワンの曲・・・それがこの”Where The Streets Have No Name ”と断言する!!





#617 Where The Streets Have No Name / U2

俺は走り出したい
I want to run
俺は隠れたい
I want to hide
壁をぶっ壊してやりたい
I want to tear down the walls
俺を閉じ込めるこの壁を
That hold me inside
手を伸ばして
I want to reach out
あの炎に触れたい
And touch the flame
名もなき通りで…
Where the streets have no name

俺は感じたい
I want to feel
この頬に降り注ぐ太陽の光を
sunlight on my face
砂塵の雲が消えるのを見る 
I see the dust cloud disappear
跡形もなく
Without a trace
身を守りたい
I want to take shelter
毒の雨から
from the poison rain
名もなき通りで…
Where the streets have no name

名もなき通りで
Where the streets have no name
名もなき通りで
Where the streets have no name
俺たちは今でもまだ愛を築き出す 愛を燃やし尽くしても
We're still building, then burning down love
愛を燃やし尽くす  
Burning down love
                  
そして俺がそこへ行く時は
And when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do                    

都会の洪水のせいで
The city's a flood
俺たちの愛は錆ついちまった
And our love turns to rust
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We're beaten and blown by the wind
埃の中で踏みつけられたけど
Trampled in dust
お前にいい場所を教えるよ
I'll show you a place
砂漠の平原を越えたところに
High on a desert plain
名もなき通りがある
Where the streets have no name

名もなき通りで
Where the streets have no name
名もなき通りで
Where the streets have no name
俺たちは今でもまだ愛を築き出す 愛を燃やし尽くしても
We're still building, then burning down love
愛を燃やし尽くす  
Burning down love
                 
そして俺がそこへ行く時は
And when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do                    

名もなき通りで
Where the streets have no name
名もなき通りで
Where the streets have no name
俺たちは今でもまだ愛を築き出す 愛を燃やし尽くしても
We're still building, then burning down love
愛を燃やし尽くす  
Burning down love
                 
そして俺がそこへ行く時は
And when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do    
俺たちの愛は錆ついちまった
And our love turns to rust
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We're beaten and blown by the wind

俺たちの愛は錆ついちまった
Our love turns to rust
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We’re beaten and blown by the wind          
風に吹きさらされる 
Blown by the wind                     
ああ、俺には愛が見える
Oh, and I see love                    
俺たちの愛が錆ついていくが見える
See our love turn to rust                 
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We’re beaten and blown by the wind          
風に吹きさらされる 
Blown by the wind      
ああ、俺がそこへ行く時は
Oh, when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do 




さて、昨日のこと・・・毎年恒例、年内最後の大仕事である”恐怖の忘年会”に行って来ました

自宅から3時間ほどかけて電車で神奈川県の小田原にある会社へ年末の挨拶。


そちらを済ませたあとは、小田原のおでん屋さんで呑みスタートが午後四時半。2時間ほど飲んで、そろそろ新宿歌舞伎町にあるいつのもスナックへ移動・・・のはずが、なぜか路地裏の地下にある場末のスナックへ吸い込まれる我々。。

結局新宿には行かず、そのまま小田原でぎりぎりまで飲み続け、PM11時前に新幹線に飛び乗り品川経由で西武線へ。一時は家に帰れないかも?と思いましたが、ちゃんと深夜1時前に自宅のある最寄り駅に到着し、寒く小雨の降る中、へとへとになりながら自転車で家に辿り着きました~。

これで”恐怖の忘年会”はとりあえず終了・・・のはずが、今回新宿に行かなかったのでまさかの来週新宿スナック・・・ということになってしまいました

・・・それにしてもスナックとは怪しげで謎な世界である。。



そんなこんなで忙しく、随分とUPが遅れてしまいましたが、今月のはじめにあった2つのイベント・・・空手の昇級審査と持久走の動画をようやくアップします!

空手教室を移動したタイミングで息子と始めたので、今回は親子そろって白帯からの初審査会。動画にもありますが、それに向けて半月前から朝練を頑張り本番に臨みました。

最初は雑でいい加減だった形を1つひとつ丁寧に練習し、段々と精度が高まってる様子が動画に写っています♪

そして空手審査が終わるとすぐさま持久走の練習へ。

結局、朝練している割には・・・という順位の結果でしたが、それでも一生懸命努力したことに本人は誇りを持ち大満足な様子
頭の中で逆算して、「来年は8月から朝練する!」・・・と豪語してましたが、果たしてどうなることやら~


それと、空手審査の結果もでました。

白帯 無級 から 
息子 10級 黄色帯へ。
父  8級  オレンジ帯へ。

なんとか飛び級でオレンジ帯になれたので、父親としての面目を保つことができました(^^;)
息子も素直に「お父さん、スゴイ!!」って言ってくれました
息子も上手だったのですが、ひとつだけ・・・気合いの声が小さかったのです。
それは本人が一番分かっているので、今度からは大きな声を出そうと思ったようです。
やはり、このような試練の1つひとつが人を成長させるのですね。
自分も発表のとき、子供たち同様ドキドキし、喜んじゃいましたモン

そして今までは息子からすると、「お父さんより僕の方が長く空手を習っているのだから、お父さんには注意されたくない!」ってな部分もあったのですが、この度息子より上の帯になったのでもう文句は言わせません!!空手の世界は帯の色が絶対の世界なのでね

それでは動画↓です!

BGMが世界一かっこいい曲なので、どんな動画でもかっこよく仕上がってしまう~(審査の様子は撮影厳禁なので、関係ない動画を挿入しています













スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

夢の共演?

2019.11.18

category : U2


先日11月4日に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンのフールー・シアターでベネフィット・イベント<Stand Up for Heroes 2019>が行われた。

そこでブルース・スプリングスティーンとシェリル・クロウのライヴ共演が実現…というニュースが飛び込んできました。

ボスは毎年参加しているこのチャリティ・イベントですが、2人はこのイベントでそれぞれのライヴを行い3〜5曲を演奏。そのシェリル・クロウのステージで、スプリングスティーンがゲスト参加して「Redemption Day」を一緒に演奏しています。

さっそく動画がアップされてたので、観てみましたが・・・


正直んんん???って感じです。

いいコラボレーションは1+1が2ではなく、3にも4にもなるのだけど、今回はキーが合ってないのか、リハをしてないのか・・・惜しいしいところで盛り上がりに欠け、ボスの良さが全く出ていません(涙)

まあ、この二人のカッコいい絵を見れただけでもいいのだけどね~








もともとボスはボスの歌い方しかできないのですが、それでも見事にハマると素晴らしいコラボになります(たまに)

このU2との共演は抑えつつも熱いボスのボーカルが見事にマッチングしていて、何度見てもカッコいい




#013 I Still Haven't Found What I'm Looking For (終りなき旅) / U2

俺は登ってきた 一番高い山を
I have climbed highest mountain
俺は走ってきた 荒野の中を
I have run through the fields
ただお前のそばにいるため
Only to be with you
ただお前のそばにいるために
Only to be with you
俺は走った
I have run
俺は這うようにしてきた
I have crawled
俺はよじ登ってきた いろんな町の壁を
I have scaled these city walls
いろんな町の壁を
These city walls
ただお前のそばにいるため
Only to be with you

でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
まだ探し求めているものが見つからないんだ…
But I still haven't found what I'm looking for

俺はキスした 愛しい唇に
I have kissed honey lips
癒しを感じた 彼女の指先に
Felt the healing in her fingertips
それは燃え上がった 炎のように
It burned like fire
この燃える欲望…
This burning desire

俺は喋った 天使の言葉で
I have spoke with the tongue of angels
悪魔の手をにぎった
I have held the hand of a devil
夜は暖かかったが
It was warm in the night
俺は石のように冷たかった
I was cold as a stone

でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
まだ探し求めているものが見つからないんだ…
But I still haven't found what I'm looking for

俺は信じている 神の国が現れると
I believe in the kingdom come
その時あらゆる色は 滲んでひとつになるだろう
Then all the colors will bleed into one
滲んでひとつに
Bleed into one
でも、そう 俺はまだ走り続けているぜ
Well yes I'm still running

お前はかせを壊し
You broke the bonds
そして鎖を外してくれた
and you loosed the chains
十字架を担ってくれた 俺の恥のために
Carried the cross of my shame
Oh 俺の恥のために
Of my shame
お前はわかってくれている、俺が信じているということを
You know I believed it

でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
まだ探し求めているものが見つからないんだ…
But I still haven't found what I'm looking for
でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
まだ探し求めているものが見つからないんだ…
But I still haven't found what I'm looking for

comment(0)  trackback(0)

冒険者たちの夏②

2019.08.21

category : U2


キャンプから帰った翌日午後、休む暇もなく息子をふくめ仲良し3人組の”夏の思い出”作りのお手伝い~

巾着田の河原で遊び、メッツアビレッジでプラネタリウム見て、宮沢湖温泉に入り、食事して帰りました♪


息子や親友Tに比べ、少し大おとなし目のRくん。

まっさきに服のまま川の水につかる二人に対して、なかなか勇気が出ないRを誘うシーンが微笑ましい~











さて、本日の1曲は動画BGMとは関係なく、U2です。

今年の12月に13年ぶりの来日公演するU2。

main_pc.jpg


行きたい~と思いながら、チェックするとチケットはもうほぼ完売。。

また直前で頑張ろうと思うが、果たして手に入るだろうか??



ボーカル・ギター・ベース・ドラムという最小限の4ピース・バンドなのになんとダイナミックでスリリングなサウンド…

さらにドラマチックで感動的なパフォーマンス。


もちろんEストリートバンドを贔屓しているが、それにおいても世界最高のロックバンドと言わざるを得ないカッコよさ。

このライブ映像も感動の演出と観客との一体感が伝わってきます。


しかしながら、詞は難解と言われているU2なので、本日の”With Or Without You”も単純なラブソングではなく、歴史・宗教・政治などを踏まえた様々な解釈があるらしい。

ネットでも様々な見解・解釈でそれぞれ違った訳詞がUPされています。

・・・でもそれでいいのではないのでしょうか。


とくに母国語ではない洋楽の詞であるし、最終的には書いたボノ本人にしか分からないことなので、聞き手がそれぞれの解釈で聴くのが正しい聴き方だと・・・こうでなければいけないということはないハズ。


…ということで、こちらではあえてできるだけシンプルかつ深読みのない訳でいっていました。。

いずれにせよ、神曲であること間違いない1曲です。



#590 With Or Without You / U2

君の瞳の中に浮かぶ冷たいものが見える
See the stone set in your eyes
君をがんじがらめにしているトゲが見える
See the thorn twist in your side.
僕は待っている 君のことを…
I wait for you.

巧妙な手品と運命のいたずらか
Sleight of hand and twist of fate
つらい状況で僕を待たせる彼女
On a bed of nails she makes me wait
それでも僕は待つ 君なしで…
And I wait without you

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても…
With or without you.

嵐を乗り越えて、僕らは岸辺に辿り着く
Through the storm, we reach the shore
君はすべてをくれるけど、僕はもっと欲しいんだ
You gave it all but I want more
そして僕は君を待っている…
And I'm waiting for you

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても
With or without you.

そして君はすべてをさらけ出す
And you give yourself away
君自身をさらけ出すんだ
And you give yourself away
君は 君は…
And you give, you give
すべてをさらけ出す君…
You give yourself away.

僕の手は縛られ
My hands are tied,
僕の体は傷だらけ、君を思い悩む
my body bruised she got me with
未来などない そして失うものも何もない
Nothing to win and nothing else to lose.

そして君はすべてをさらけ出す
And you give yourself away
君自身をさらけ出すんだ
And you give yourself away
君は 君は…
And you give, you give
すべてをさらけ出す君…
You give yourself away.

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても
With or without you.
僕は生きていけない…
I can't live with or without you.

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても
With or without you.
僕は生きていけない…
I can't live with or without you.

君がいても 君がいなくても…
With or without you


comment(0)  trackback(0)

#290 Where The Streets Have No Name (約束の地)/ U2

2014.08.07

category : U2

ああ、なんという疾走感。。












#290 Where The Streets Have No Name / U2

俺は走り出したい
I want to run
俺は隠れたい
I want to hide
壁をぶっ壊してやりたい
I want to tear down the walls
俺を閉じ込めるこの壁を
That hold me inside
手を伸ばして
I want to reach out
あの炎に触れたい
And touch the flame
名もなき通りで…
Where the streets have no name

俺は感じたい
I want to feel
この頬に降り注ぐ太陽の光を
sunlight on my face
砂塵の雲が消えるのを見る 
I see the dust cloud disappear
跡形もなく
Without a trace
身を守りたい
I want to take shelter
毒の雨から
from the poison rain
名もなき通りで…
Where the streets have no name

名もなき通りで
Where the streets have no name
名もなき通りで
Where the streets have no name
俺たちは今でもまだ愛を築き
We’re still building                   
そして愛を燃やし尽くす
Then burning down love                 
愛を燃やし尽くす  
Burning down love                   
そして俺がそこへ行く時は
And when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do                    

都会の洪水のせいで
The city's a flood
俺たちの愛は錆ついちまった
And our love turns to rust
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We're beaten and blown by the wind
埃の中で踏みつけられたけど
Trampled in dust
お前にいい場所を教えるよ
I'll show you a place
砂漠の平原を越えたところに
High on a desert plain
名もなき通りがある
Where the streets have no name

名もなき通りで
Where the streets have no name
名もなき通りで
Where the streets have no name
俺たちは今でもまだ愛を築き
We’re still building                   
そして愛を燃やし尽くす
Then burning down love                 
愛を燃やし尽くす  
Burning down love                   
そして俺がそこへ行く時は
And when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do                    

名もなき通りで
Where the streets have no name
名もなき通りで
Where the streets have no name
俺たちは今でもまだ愛を築き
We’re still building                   
そして愛を燃やし尽くす
Then burning down love                 
愛を燃やし尽くす  
Burning down love                   
そして俺がそこへ行く時は
And when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do    
俺たちの愛は錆ついちまった
And our love turns to rust
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We're beaten and blown by the wind

俺たちの愛は錆ついちまった
Our love turns to rust
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We’re beaten and blown by the wind          
風に吹きさらされる 
Blown by the wind                     
ああ、俺には愛が見える
Oh, and I see love                    
俺たちの愛が錆ついていくが見える
See our love turn to rust                 
俺たちは打ちのめされ、風に吹かれて
We’re beaten and blown by the wind          
風に吹きさらされる 
Blown by the wind      
ああ、俺がそこへ行く時は
Oh, when I go there                   
お前と一緒に行く
I go there with you                    
それが俺にできることのすべて…
It’s all I can do 

                  

comment(0)  trackback(0)

#247 In A Little While / U2

2011.08.20

category : U2


なんてクールな歌。


パンクバンド、ラモーンズのフロントマン、ジョーイ・ラモーンは入院先の病室で、この曲を聴いた直後に死亡したという。












#247 In A Little While / U2

もうちょっとで 
In a little while
君は僕のもの 
Surely you'll be mine
あとちょっとでそっちに着くから 
In a little while I'll be there
もう間もなく 
In a little while
この苦痛に苦しめられることもなくなる 
This hurt will hurt no more
家に帰るよ、愛しい人… 
I'll be home, love!

夜が深く息をしすぎて 
When the night takes a deep breath
昼間の酸素が足らないくらいさ 
And the daylight has no air
這ってでも、這ってでも家に辿り着いたら 
If I crawl, if I come crawling home
君はそこにいてくれるかな… 
Will you be there

あともうちょっとさ 
In a little while
ちょっとした風なんかには吹き飛ばされない 
I won't be blown by every breeze
金曜の夜が走っている 
Friday night running
日曜日に向かって 倒れそうになりながら 
To Sunday on my knees

あの娘は あの娘は 
That girl, that girl
僕のものなのさ 
She's mine
ずっと前から知ってるんだ 
And I've know her since

彼女が小さい頃から 
Since she was a little girl
スペイン風の瞳の彼女 
With Spanish eyes
ああ、彼女を見かけたのは 
Oh, when I saw her
ベビーカーの中で押されてたころ 
In a pram they pushed her by
それがこんなにも大きくなり 
My, how you've grown
そう、本当にあっという間だった 
Well it's been, yeah It's been a little while

抑えるんだ、この胸の高鳴りを 
Slow down my beating heart
いつか飛ぶのを夢見て 
Man dreams one day to fly
空に宇宙船に乗って飛び立つ男 
A man takes a rocketship into the skies
暗闇に消えそうな星に住み 
He lives on a star that's dying in the night
ほうき星を追いかけるんだ 
And follows in the trail
星屑を集めて 
The scatter of light
照らしてくれ 
Turn it on
照らしてくれよ 
Turn it on
僕のことを明るく照らしておくれ 
You turn me on

この胸の高鳴りよ 抑えるんだ 
Slow down my beating heart
ゆっくり あわてないで 
Slowly, slowly love
この胸の高鳴りよ 抑えるんだ 
Slow down my beating heart
ゆっくり あわてないで 
Slowly, slowly love
この胸の高鳴りよ しずまるんだ… 
Slow down my beating heart
ゆっくり あわてないで・・・ 
Slowly, slowly love

comment(0)  trackback(0)

Old |  to Blog Top
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.