FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

#018 I wish I were blind

2008.06.30

category : Bruce Springsteen

“ザ・ボス”ことブルース・スプリングスティーンの美しいラヴ・ソング。
せつな過ぎる・・・曲。


#018 I wish I were blind
Bruce Springsteen

初夏に咲く綿の花を見るのが好きだ
I love to see the cottonwood blossom in the early spring
青い鳥が運ぶ愛のメッセージを見るのが好き
I love to see the message of love that the bluebird brings
でもお前が彼と浜辺を歩くのを見る時
But when I see you walkin' with him down along the strand
目が見えなければよかったと思う
I wish I were blind
お前が恋人といるのを見る時
When I see you with your man

長い夏の陽差しを浴びて光り輝くお前の髪を見るのが好きだ
I love to see your hair shining in the long summer's light
夏の夜、満天の星を見るのが好きだ
I love to watch the stars fill the sky on a summer night
でも音楽が流れ、お前が彼の手を取り
The music plays you take his hand
彼の身体に触れ、踊り始めるのを見る時
I watch how you touch him as you start to dance
目が見えなければよかったと思う
And I wish I were blind
お前が恋人といるのを見る時
When I see you with your man

愛は求めても求めきれないもの
We struggle here but all our love's in vain
かつてお前の美しさで満たされた目は
And these eyes that once filled me with your beauty
今や苦痛で満たされている
Now fill me with pain
差していた陽の光は奪われ
And the light that once entered here is banished from me
俺の心が見ることができるのは暗闇だけ
And this darkness is all baby that my heart sees
世界は満ち溢れている
And though the world is filled
神の御手によって作られた美しさに
With the grace and beauty of God's hand
目が見えなければよかったと思う
And I wish I were blind
お前が恋人といるのを見る時
When I see you with your man
目が見えなければよかったと思う
And I wish I were blind
お前が恋人といるのを見る時・・・。
When I see you with your man


Human TouchHuman Touch
(2008/02/01)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る


スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

#017 ちょっとぐらいの雨は誰も傷つけない・・・。

2008.06.29

category : Tom Waits

梅雨ですね。。

#017 A Little Rain (for Clyde)
Tom Waits  

バーの外にアイスマンのヤクが置いてある
The Ice Man's mule is parked outside the bar
店の中では何本か指のない男が 不思議なギターを弾いている
Where a man missing fingers plays a strange guitar
肉屋の息子と踊っているのはドイツ人の小人
And the German dwarf dances with the bucher's son
ちょっとぐらいの雨で傷つく奴なんかいないさ
And a little rain never hurt no one
ちょっとぐらいの雨で傷つく奴なんかいないさ
And a little rain never hurt no one

やつらは屋根の上で踊っている
They're dancing on the roof
天井はミシミシいまにも落ちてきそう
And the ceiling's coming down
おかげで俺は枕もとにシャベルと革手袋を置いて眠りにつくってわけさ
I sleep with my shovel and my leather globes
ちょっとぐらい問題があったほうが人生を生きる楽しさがあっていいってことよ
A little trouble makes it worth the going
ちょっとぐらい降ったって別に誰かが傷つくってもんでもないしよ
A little rain never hurt no one
    
世界は丸いんだからあたしもぐるぐるまわっていくわ
The world is round And so I'll go around
賭ける時は少しぐらいの危険はおかさなきゃ
You must risk something that matters
あたしの手には無限の力
My hands are strong
ここらの男なら誰だってお手のもの
I'll take any man here
人生に意味があるのならやっぱり冒険の旅が一番よね
If it's worth the going It's worth the ride

彼女は15才で
She was 15 years old
それまで海を見たことがなかった
And never seen the ocean
おんぼろヴァンに乗りこむと
She climbed into a ban
どこかの風来坊と一緒に去っていったよ
With a vagabond
彼女が最後に残した言葉は
 アイ ラブ ユー、ママ
And the last thing she said
Was "I love you mom"
 
今夜は ちょっと涙雨
And a little rain
でも誰かが それで傷つくわけでもないだろう
Never hurt no one
And a little rain
Never hurt no one

Bone MachineBone Machine
(1992/09/08)
Tom Waits

商品詳細を見る




comment(0)  trackback(0)

#016  Rhythm Of The Rain 悲しき雨音

2008.06.26

category : Cascades

雨の歌シリーズ

#016  Rhythm Of The Rain 悲しき雨音
Cascades

あの落ちてくる雨音のリズムを聞いていると
Listen to the rhythm of the falling rain
「お前はなんて愚かなんだ」って僕に言ってるみたいだ
Telling me just what a fool I've been
頼むからほっといて、独りで泣かせてくれ
I wish that it would go and let me cry in vain
そしてまた独りにしてくれ
And let me be alone again

大切にしているたった一人の女の子が行ってしまい
The only girl I care about has gone away
新しく再出発しなくちゃ
Looking for a brand new start
でも少しぐらい彼女は知っているかな、あの日去った時に
But little does she know that when she left that day
一緒に僕のハートを持って行った事を
Along with her she took my heart

雨よ、どうか教えて ねえ、あれはフェアなの?
Rain please tell me now does that seem fair
僕のハートを盗み去ったのに彼女は知らんぷり
For her to steal my heart away when she don't care
僕のハートはどこか遠くにへ行ってしまった、だから僕はもう他の人を好きにはなれない…
I can't love another when my hearts somewhere far away

大切にしているたった一人の女の子が行ってしまい
The only girl I care about has gone away
新しく再出発しなくちゃ
Looking for a brand new start
でも少しぐらい彼女は知っているかな、あの日去った時に
But little does she know that when she left that day
一緒に僕のハートを持って行った事を
Along with her she took my heart

雨よ、彼女に伝えて 僕がとても愛してると
Rain won't you tell her that I love her so
どうか太陽に頼んで 彼女のハートをほてらせてって
Please ask the sun to set her heart aglow
彼女のハートに雨を降らせて、僕らが分かち合った愛をまた育てて
Rain in her heart and let the love we knew start to grow

あの落ちてくる雨音のリズムを聞いていると
Listen to the rhythm of the falling rain
「お前はなんて愚かなんだ」って僕に言ってるみたいだ
Telling me just what a fool I've been
頼むからほっといて、独りで泣かせてくれ
I wish that it would go and let me cry in vain
そしてまた独りにしてくれ
And let me be alone again

Oh 落ちてくる雨音を聞いて
Oh, listen to the falling rain
ピチピチチャプチャプ…
Pitter pater, pitter pater Oh,

悲しき雨音~ザ・ベスト・オブ・カスケーズ悲しき雨音~ザ・ベスト・オブ・カスケーズ
(1998/06/25)
ザ・カスケーズ

商品詳細を見る



comment(0)  trackback(0)

梅ジュース!!

2008.06.24

category :

梅ジュースをつけました!!

8Lビンを2つ。
1つのビンに冷凍しておいた梅約3kgに砂糖は2kg弱。

・・・とりあえず10日から2週間ほっといたらジュースができます~。

s-DSCN0137.jpg

comment(1)  trackback(0)

#015 雨が降ってきやがった。 太陽のヤツ、仕事をさぼりやがって・・・。

2008.06.19

category : B.J. Thomas

梅雨なので雨の歌を。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード主演の映画"明日に向かって撃て!"でこの曲が流れる自転車のシーンはいつまでも心に残ります。


#015 Raindrops Keep Falling On My Head(雨に濡れても)~B.J. Thomas

雨粒が落ちてきた
Raindrops are falling on my head
ちょうどベッドに収まるには足が長すぎる男みたいに
and just like the guy whose feet are too big for his bed,
すべてが上手くいかない。
nothing seems to fit
雨粒が俺に降ってきやがる、ついてない俺に
those raindrops are falling on my head, they keep falling
だから俺は太陽に話しかけることにした。
so I just did me some talking to the sun,
どうもお前のやりかたは気に入らない、と文句を言ってやった。
and I said I didn't like the way he got things done,
仕事をさぼりやがって
sleeping on the job

雨粒が落ちてくるよ、うまくいかない俺に
those raindrops are falling on my head they keep falling
でもわかってることがひとつある
But there's one thing, I know
やつらがよこした憂鬱(ブルーズ)なんかに負けはしない
the blues they sent to meet me won't defeat me.
もうすぐ幸せが俺に挨拶しにやって来るんだから
It won't be long 'till happiness steps up to greet me

雨はまだどしゃ降り
Raindrops keep falling on my head
でも別に目が赤くなっているわけじゃないさ
but that doesn't mean my eyes will soon be turning red.
泣くのは俺の性に合わない
Crying's not for me, 'cause
だって文句を言ったって雨は止まないし
I'm never gonna stop the rain by complaining
なぜって俺は自由だし
because I'm free
何にも心配なんてないよ
nothing's worrying me

もうすぐ幸せが俺に挨拶しにやって来るんだから
It won't be long 'till happiness steps up to greet me

雨はまだどしゃ降り
Raindrops keep falling on my head
でも別に目が赤くなっているわけじゃないさ
but that doesn't mean my eyes will soon be turning red.
泣くのは俺の性に合わない
Crying's not for me, cause
だって文句を言ったって雨は止まないし
I'm never gonna stop the rain by complaining
なぜって俺は自由だし
because I'm free
何にも心配なんてないよ
nothing's worrying me

明日に向かって撃て! ― オリジナル・サウンドトラック明日に向かって撃て! ― オリジナル・サウンドトラック
(2002/05/02)
サントラB.J.トーマス

商品詳細を見る







comment(0)  trackback(0)

梅酒 第2弾♪

2008.06.17

category :

今回は日本酒で漬けました。
梅2kg 氷砂糖600g、アルコール度数の高いやつ(15度と20度)を2本入れました!

なぜ違う銘柄かというと・・・

意味ないです。テキトーです。

というか、同じのがなかったのです。。

s-DSCN0100.jpg

s-DSCN0101.jpg

s-DSCN0103.jpg

s-DSCN0105.jpg

s-DSCN0085.jpg

ジャンボな梅子とジャンボなイチゴ
s-DSCN0087.jpg

comment(0)  trackback(0)

#014 Somewhere Only We Know

2008.06.14

category : KEANE

なぜだかちょっと切なくなるメロディーのこの曲。Keane(キーン)というバンドの1stアルバムに収録されているらしいが、You TubeでLIFEHOUSEを見てたらたまたま知った曲です。
キアヌ・リーブスと、サンドラ・ブロック主演の『イルマーレ』(The lake house)の予告編で使われてたとのことで、映像は映画のもの。LIFEHOUSEヴァージョンとともにどうぞ♪

#014 Somewhere Only We Know
KEANE

何もない森の中を歩いた
I walked across an empty land
その小道は自分の手のように昔からよく知っている
I knew the pathway like the back of my hand
足の下に大地を感じ
I felt the earth beneath my feet
川辺に腰掛けると、僕は満たされた気持ちになる
Sat by the river and it made me complete

ああ 単純なことってどこへ行ってしまったんだろう?
Oh simple thing where have you gone
僕もだんだん歳をとってきたし、何か頼るものが必要なんだ
I'm getting old and I need something to rely on
だから教えて いつになったら君は僕を受け入れてくれるの
So tell me when you're gonna let me in
僕はそろそろくたびれてきて、再出発する場所が必要なんだ
I'm getting tired and I need somewhere to begin

ふとある倒木が目に入った
I came across a fallen tree
その小枝が僕を見ているのを感じた
I felt the branches of it looking at me
ここが僕たちが大好きだった場所なのかな?
Is this the place we used to love?
ここが僕がずっと夢見てきた場所なのかな?
Is this the place that I've been dreaming of?

ああ 単純なことってどこへ行ってしまったんだろう?
Oh simple thing where have you gone
僕もだんだん歳をとってきたし、何か頼るものが必要なんだ
I'm getting old and I need something to rely on
だから教えて いつになったら君は僕を受け入れてくれるの
So tell me when you're gonna let me in
僕はそろそろくたびれてきて、再出発する場所が必要なんだ
I'm getting tired and I need somewhere to begin

もしちょっとでも時間があるなら一緒に行ってみないか
And if you have a minute why don't we go
僕らだけが知ってる場所で話そう
Talk about it somewhere only we know?
これがすべての終わりなのかもしれない
This could be the end of everything
だから一緒に行ってみよう
So why don't we go
僕らだけが知ってる場所に・・・
Somewhere only we know?





comment(0)  trackback(0)

#013 ロックの殿堂 - Bossのスピーチ!

2008.06.11

category : Bruce Springsteen

ロックの殿堂 - ロックンロール・ホール・オブ・フェイム(The Rock and Roll Hall of Fame)はロック・ミュージックの発展に大きく貢献した人物を選びその人達を殿堂入りさせることで、その人の業績を讃えようと1983年にロックンロール・ホール・オブ・フェイム財団により設立された。既に23回の受賞式が行われ、これまで音楽界に多大なる貢献を果たしてきた、選び抜かれたアーティストたちを表彰してきている。25年以上の経歴を持つアーティストたちが受賞の対象となっている。殿堂入りを果たすアーティストは、受賞に先駆け、特別パフォーマンスを行うことになっている。

ボスことブルース・スプリングスティーンは1999年にロックの殿堂入りを果たし、授賞式ではステージに招き上げるプレゼンテーターをU2のボノが務めた。そのお返しに2005年のU2の殿堂入りではプレゼンテーターをブルースが務め、今回の映像はその時のスピーチ映像です。長いですが、これでも合間あいまをカットされているようです。そしてそのあと彼らがいっしょに演奏したU2の"I still haven’t found what I’m looking for"のパフォーマンスもどうぞ。。

3年前のまったくタイムリーではないこの映像が・・・お気に入りです。普段からステージで客席に向かって語りかけているボスなので、とってもナイスなスピーチ。 (客席にはボノの奥さん、ブルースの奥さん、エリック・クラプトン、リチャード・ギアなどがたまに写ってます)
またこのスピーチの日本語訳はずいぶん前になりますが・・・3年前の“U2 Japan.com”さんのBBSに掲載されていたものを許可を得て作成しました。訳者のKyokoさん、そしてU2 Japan.comのkeiさんのご協力に感謝いたします!ありがとうございました!3年前PCに保存しておいてよかったデス。。









#013 I Still Haven't Found What I'm Looking For (終りなき旅) / (1987)
U2

俺は登ってきた 一番高い山を
I have climbed highest mountain
俺は走ってきた 荒野の中を
I have run through the fields
ただお前のそばにいるため
Only to be with you
ただお前のそばにいるため
Only to be with you
俺は走った
I have run
俺は這うようにしてきた
I have crawled
俺はよじ登ってきた いろんな町の壁を
I have scaled these city walls
いろんな町の壁を
These city walls
ただお前のそばにいるため
Only to be with you

でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
でもまだ探し求めているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for

俺はキスした 愛しい唇
I have kissed honey lips
癒しを感じた 彼女の指先に
Felt the healing in her fingertips
それは炎のように燃え上がった
It burned like fire
この燃える欲望
This burning desire

俺は喋った 天使の言葉で
I have spoke with the tongue of angels
悪魔の手をにぎった
I have held the hand of a devil
 夜は暖かかったが
It was warm in the night
俺は石のように冷たかった
I was cold as a stone

でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
でもまだ探し求めているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for

俺は信じている 神の国が現れると
I believe in the kingdom come
その時あらゆる色は 滲んでひとつになるだろう
Then all the colors will bleed into one
滲んでひとつに
Bleed into one
でも、そう 俺はまだ走り続けている
Well yes I'm still running

あなたはかせを壊し
You broke the bonds
そして鎖を外してくれた
and you loosed the chains
十字架を担ってくれた 俺の恥のために
Carried the cross of my shame
Oh 俺の恥のために
Of my shame
あなたはわかってくれている、俺が信じているということを
You know I believed it
でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
でもまだ探し求めているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
でもまだずっと探しているものが見つからないんだ
But I still haven't found what I'm looking for
まだ探し求めているものが見つからない・・・
But I still haven't found what I'm looking for

The Joshua TreeThe Joshua Tree
(2007/12/10)
U2

商品詳細を見る




comment(0)  trackback(1)

梅酒 第1弾♪

2008.06.10

category :

まずは黒糖梅酒から作ってみました。

梅1kgにホワイトリカー1.8L。黒糖300gになんとなく氷砂糖も100gまぜました。

去年が甘すぎたので砂糖の分量を少なめに、テキトーに・・・

さて、どんなもんでしょうかね。。



・・・うまくできることを想像しながら、今夜も一杯♪

    いい音楽でも聞きながら・・・。


               乾杯!

s-DSCN0077_s.jpg


s-DSCN0078_s.jpg


s-DSCN0081_s.jpg


s-DSCN0075.jpg


s-DSCN0074.jpg

comment(0)  trackback(0)

5年目のオリーブの木に・・・

2008.06.10

category : 栽培

つ、ついに花が咲きました!

これでピクルス食べれるかなっ♪

って思ったけど・・・・

横に植えた多品種2本のどちらかと受粉しないと実がつかないとのこと。

しかも塩漬けはかなり手間かかるらしい・・・けど楽しみ♪

あと何年後かな??

s-DSCN0065.jpg


s-DSCN0067.jpg

comment(0)  trackback(0)

#011 #012… ロックンロールの未来を見た!                             その名はブルース・スプリングスティーン! …

2008.06.08

category : Bruce Springsteen

"今夜は、誰にはばかることなくありのままの気持ちで書いていた昔のように、あるミュージシャンについて書くことができる。
Tonight there is someone I can write of the way I used to wri te, without reservations of any kind.
先週の木曜日ハーヴァード・スクエア劇場で、僕は自分のロックンロールの過去が一瞬のうちに目の前を通り過ぎていくのを見た。
Last Thursday, at the Harvard Square theatre, I saw my rock'n'roll past flash before my eyes.
そして僕は大変なものを見たのだ。
And I saw something else:
僕はロックンロールの未来を見た。
その名はブルース・スプリングスティーン!
I saw rock and roll future and its name is Bruce Springsteen.

僕が若い気分でいることが必要だった夜に、彼はまるで僕が初めて音楽を聴いたときのような気分にさせてくれた。
And on a night when I needed to feel young, he made me feel like I was hearing music for the very first time.”


1974年5月9日ハーヴァード・スクエア劇場の客席のなかにローリング・ストーン誌のライターだったジョン・ランドウがいた。そしてボニ-・レイットの前座だったブルースのライブを目の当りにしたランドウは"リアルぺ-パー誌"のコラムにこのあまりにも有名なレビューを載せる。その後アルバム“明日なき暴走 Born to Run”が発売され、大ヒットし一気にスターダムへとのし上がることになる。

動画の“サンダー・ロード”はDVD化された伝説の75年のロンドン、ハマースミス・オデオンでのライブ映像で、ランドウが見たライブの約1年後。若くほとばしるほどの情熱とギラギラした感じが最高にクールだ。

下の“ダンシング・イン・ザ・ダーク”・・・それからおよそ10年後の1984年・・・
わたくし、Bobby Jeanは“Best Hit USA”という番組を見てジョン・ランドウと同じ経験をしたのだ。家族が寝静まった暗い部屋のブラウン管からこの“ダンシング・イン・ザ・ダーク”のPVが流れ・・・・
その興奮以来25年ちかく“ザ・ボス”、ブルース・スプリングスティーンを追いかけ続けています♪








#011 Thunder Road
Bruce Springsteen & The EStreet Band

網戸が風でばたつき
The screen door slams
マリーのドレスがゆれる
Mary's dress waves
ラジオが流れると彼女は幻のようにポーチで踊る
Like a vision she dances across the porch As the radio plays
ロイ・オービソンが孤独な人のために歌ってる
Roy Orbison singing for the lonely
ヘイ、それは俺のことさ。そして俺が欲しいのはお前だけ
Hey that's me and I want you only
だから俺を家に帰さないでくれ
Don't turn me home again
また一人孤独なんて俺は耐えられないよ
I just can't face myself alone again
家の中へ戻らないでくれよ
Don't run back inside
ダーリン、俺がどうしてここにいるか分かるだろ
darling you know just what I'm here for
お前は臆病になって、もうそんなに若くはないからなんて考えてるかもしれないけど
So you're scared and you're thinking That maybe we ain't that young anymore
ほんの少しだけ俺を信じてくれ、そしたら魔法が起こるよ
Show a little faith, there's magic in the night
お前は美人じゃない けど素敵だよ
You ain't a beauty, but hey you're alright
うん、俺にピッタリなんだ
Oh and that's alright with me
お前は自分の殻に閉じこもって、過去の傷にとらわれることだってできる
You can hide 'neath your covers and study your pain
昔の恋人たちの十字架をつくり、雨の中で薔薇を投げることだってできる
Make crosses from your lovers Throw roses in the rain
むなしく祈りながら夏を無駄にしてしまうつもりなのか
Waste your summer praying in vain
このストリートから救い出してくれる誰かを待つだけで
For a savior to rise from these streets
俺はもうヒーローなんかじゃない、それは承知してる
Well now I'm no hero That's understood
俺が果たせる約束は全部この汚れたボンネットの真下にあるんだ
All the redemption I can offer, girl Is beneath this dirty hood
なんとかうまくやれるかもしれないチャンスと一緒にね
With a chance to make it good somehow
他に俺たちにできることなんてあるかい?
Hey what else can we do now
窓を全開にしてぶっ飛ばし、お前の髪をなびかせること以外に
Except roll down the window And let the wind blow back your hair
夜が破裂して、この2車線の道が俺たちをどこへでも連れて行ってくれるさ
Well the night's busting open These two lanes will take us anywhere
俺たちは実現させる最後のチャンスを手に入れた
We got one last chance to make it real
この車輪を翼に換えるチャンスを
To trade in these wings on some wheels
うしろに乗り込みな!
Climb in back
天国がこの道の先に待っているんだから
Heaven's waiting DOWN ON the tracks
さあ、俺の手をとりなよ
Oh oh come take my hand
約束の地を求めて、今夜走り出す
Riding out tonight to case the promised land
オー、雷鳴の轟く道よ
Oh oh Thunder Road, oh Thunder Road
オー、サンダー・ロード
oh Thunder Road

太陽の殺人者みたいにそこに横になり
Lying out there like a killer in the sun
遅れをとってるのは分かってるけど、まだ走ればきっと間に合う
Hey I know it's late we can make it if we run
オー、サンダー・ロード さあ、しっかりつかまれ!
Oh Thunder Road, sit tight take hold
サンダー・ロード
Thunder Road

俺はこのギターってヤツを手に入れて
Well I got this guitar
世の中に思いをぶつける術を得た
And I learned how to make it talk
そして俺の愛車は人里離れた場所にあるけど
And my car's out back
もしお前が俺と一緒に長い旅に出かける準備ができているなら
If you're ready to take that long walk
お前の家のポーチから俺の隣のシートへ
From your front porch to my front seat
ドアは開けてある、がしかしタダでは乗れないぜ
The door's open but the ride it ain't free
お前が孤独なのは分かってる 俺が口にしていない言葉のせいで
And I know you're lonely For words that I ain't spoken
でも今夜俺たちは自由で
But tonight we'll be free
すべての約束は破られるだろう
All the promises'll be broken
お前が追い払った過去の男たちの目玉のゴーストたちが
There were ghosts in the eyes Of all the boys you sent away
焼け焦げてフレームだけの廃車になったシボレーの中で
They haunt this dusty beach road In the skeleton frames of burned out Chevrolets
やつらは夜道でお前の名前を呼ぶ
They scream your name at night in the street
お前の卒業式のガウンはやつらの足元でボロボロになっている
Your graduation gown lies in rags at their feet
夜明け前の孤独な冷気の中で
And in the lonely cool before dawn
やつらのエンジンのうなり声をお前は聞くだろう
You hear their engines roaring on
でもお前の家のポーチまで戻ってくれば、やつらはかぜに消えていなくなる
But when you get to the porch they're gone On the wind,
だからメアリーが助手席に乗り込み
so Mary climb in
そこは負け犬たちの町
It's a town full of losers
そして俺は勝利を求めてここを出てゆくんだ…
And I'm pulling out of here to win

Born to RunBorn to Run
(2008/06/24)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る


#012 Dancing in the Dark
Bruce Springsteen & The EStreet Band

夕方に目が覚める 
I get up in the evening 
言うことは何もない 
and I ain't got nothing to say 
朝になって家に戻る 
I come home in the morning 
毎日同じ気分でベッドに入る 
I go to bed feeling the same way 
体の疲れだけじゃなく 
I ain't nothing but tired 
俺は自分自身に疲れ、うんざりしてるんだ 
Man I'm just tired and bored with myself 
ヘイ、ベイビー、俺にはちょっとの助けが必要なんだ 
Hey there baby, I could use just a little help 

火をつけることもできない 
You can't start a fire 
発砲することもできない、火花がなければ 
You can't start a fire without a spark 
誰かこの銃を使ってくれ 
This gun's for hire 
たとえ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても  
even if we're just dancing in the dark 

メッセージはだんだんはっきりしてくる 
Message keeps getting clearer 
ラジオが鳴り、俺は部屋の中を回っている 
radio's on and I'm moving 'round the place 
鏡に映る自分の姿を確かめ 
I check my look in the mirror 
俺は自分の服と髪型と顔を変えたいと思う 
I wanna change my clothes, my hair, my face 
何もなんないぜ 
Man I ain't getting nowhere 
こんなシケた所で暮らしてちゃ 
I'm just living in a dump like this 
どこかで何かが起こっている 
There's something happening somewhere 
ベイビー、知っているよ、確かに起こってるってことを 
baby I just know that there is 

火をつけることもできない 
You can't start a fire 
発砲することもできない、火花がなければ 
You can't start a fire without a spark 
誰かこの銃を使ってくれ 
This gun's for hire 
たとえ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても
even if we're just dancing in the dark 

何もしないうちに年を取ってしまう 
You sit around getting older 
これは何かの悪い冗談で、からかわれているんだろ 
there's a joke here somewhere and it's on me 
俺の肩にのっかってる世界を振り落としたい 
I'll shake this world off my shoulders 
カモン、・ベイビー、お笑い草だね 
come on baby this laugh's on me  
この町の通りをうろついてばかりいたら 
Stay on the streets of this town 
切り刻まれてしまうだろう 
and they'll be carving you up alright 
ハングリーでなくちゃと彼らは言うけど 
They say you gotta stay hungry 
ヘイ・ベイビー、俺は今夜飢え死にしそうだよ 
hey baby I'm just about starving tonight 
俺が欲しいのは何かのアクション 
I'm dying for some action 
もううんざりだ、こんな本を書こうといたずらに時を過すのは 
I'm sick of sitting 'round here trying to write this book 
俺が必要なのは愛のリアクション 
I need a love reaction 
カモン、ベイビー、こっちを向いてよ、一度でいいから 
come on now baby gimme just one look 

火をつけることもできない 
You can't start a fire 
破れた夢に対していくら泣き叫んでも
sitting 'round crying over a broken heart
誰かこの銃を使ってくれ 
This gun's for hire 
たとえ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても  
even if we're just dancing in the dark 
火をつけることもできない 
You can't start a fire 
自分の世界が崩れていくのをいくら心配しても
worrying about your little world falling apart
誰かこの銃を使ってくれ 
This gun's for hire 
たとえ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても  
even if we're just dancing in the dark 
たとえ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても…  
even if we're just dancing in the dark 
ヘイ、ベイビー!
Hey, baby!


ボーン・イン・ザ・U.S.A.(紙ジャケット仕様)ボーン・イン・ザ・U.S.A.(紙ジャケット仕様)
(2005/07/20)
ブルース・スプリングスティーン

商品詳細を見る

comment(0)  trackback(0)

ロックンロールの創始者…Bo Diddley

2008.06.05

category : Bo Diddley

ボ・ディドリー(Bo Diddley, 1928.12.30―2008.6.2)

ボ・ディドリーが亡くなった。チャック・ベリーやリトル・リチャードと並び称されるロックンロールのパイオニア、ボ・ディドリー。心臓麻痺のためフロリダ州の自宅にて79歳で死去した。サングラスに四角いギターがトレードマークのボ・ディドリーは55年に「Bo Diddley」でR&Bチャートのトップを飾って以来、「Who Do You Love」「Before You Accuse Me」「Mona」などのヒットを生み出し、その独自のリズムは“ボ・ディドリー・ビート”と呼ばれ、ローリング・ストーンズ、バディ・ホリー、ブルース・スプリングスティーン、U2らに多大な影響を与えた。1987年には、ロックンロールの殿堂入りも果たしている。

ご冥福をお祈りいたします。

comment(0)  trackback(0)

#010 These arms of mine

2008.06.03

category : Otis Redding

オーティス・レディング(Otis Redding, 1941.9.9-1967.12.10)

60年代に活躍した魂のソウル・シンガー。この世に存在した最高のヴォーカリストのひとりとも言われ、26歳という若さで、飛行機事故で亡くなる。短い生涯であったが、その後の黒人ソウル・ミュージックに多大な影響を与える。この“ジーズ・アームズ・オブ・マイン”は62年に発表した彼の最初のシングルです。


#010 These arms of mine
Otis Redding

この俺の2本の腕が
These arms of mine
とても寂しくて、さびしくて、ブルーな気分
They are lonely, lonely and feeling blue
この二つの腕が
These arms of mine
恋しがってる、恋しがってる、お前が欲しくて
They are yearning, yearning from wanting you

もしも君を抱きしめさせてくれるなら
And if you would let them hold you
どれだけ感激するだろうか
Oh, how grateful I will be
この俺の2本の腕が
These arms of mine
情熱的に燃えている、もえている、君が欲しくて
They are burning, burning from wanting you
この二つの腕が
These arms of mine
お前を抱きしめたがってるんだ…
They are wanting, wanting to hold you

もしも君を抱きしめさせてくれるなら
And if you would let them hold you
どれだけ感激するだろうか
Oh, how grateful I will be
こっちへ来ておくれ、ベイビー
Come on, come on baby
俺のかわいい女になってくれ ただ俺の恋人になってくれ
Just be my little woman, just be my lover, oh
誰かが必要なんだ 俺によくしてくれる誰かが
I need me somebody, somebody to treat me right, oh
俺をきつく抱きしめてくれるお前の愛にあふれた腕が必要なんだよ
I need your woman's loving arms to hold me tight
そして俺には…俺には…お前の…
And I...I...I need...I need your...
お前の優しい唇が必要…
I need your tender lips

Pain in My HeartPain in My Heart
(1999/07/28)
Otis Redding

商品詳細を見る


comment(0)  trackback(0)

#009 Martha

2008.06.03

category : Tom Waits


この曲ほど味わい深い曲があるだろうか?

歳をとればとるほど染みてくる歌・・・



悲しみなんかはしまい込んで
we'd packed away our sorrows
雨の日にとっておいた
And we saved them for a rainy day.



この2行は秀逸です。。





#009 Martha / Tom Waits

交換手、この番号を頼む
Operator, number, please:
随分と久しくなる
it's been so many years
彼女はこの懐かしい声を思い出してくれるだろうか
Will she remember my old voice
俺が涙をこらえている間に
while I fight the tears?
もしもし、マーサかい
Hello, hello there, is this Martha?
昔なじみのトム・フロストだよ
this is old Tom Frost,
遠くからかけてるんだ
And I am calling long distance,
でも電話代は心配いらないよ
don't worry 'bout the cost.
40年以上たつなあ
'Cause it's been forty years or more,
マーサ、思い出してくれ
now Martha please recall,
外でコーヒーでも飲んで
Meet me out for coffee,
色々話そうぜ
where we'll talk about it all.

あれはばら色のような日々だった
And those were the days of roses,
詩のような小説のような日々
poetry and prose and Martha
マーサ、俺にはお前がいて、お前には俺がいた
all I had was you and all you had was me.
明日なんてなかった
There was no tomorrows,
悲しみなんかはしまい込んで
we'd packed away our sorrows
雨の日にとっておいた
And we saved them for a rainy day.

俺もすっかり年をとった
And I feel so much older now,
お前もそうだろう?
and you're much older too,
旦那は元気かい?
How's your husband?
子供たちも元気か?
and how's the kids?
俺も結婚したのは知ってるだろう?
you know that I got married too?
いい人が見つかってよかったな
Lucky that you found someone
安らげる相手が見つかって
to make you feel secure,
二人とも若くてバカだった
'Cause we were all so young and foolish,
でも今は大人だ
now we are mature.

あれはばら色のような日々だった
And those were the days of roses,
詩のような小説のような日々
poetry and prose and Martha
マーサ、俺にはお前がいて、お前には俺がいた
all I had was you and all you had was me.
明日なんてなかった
There was no tomorrows,
悲しみなんかはしまい込んで
we'd packed away our sorrows
雨の日にとっておいた
And we saved them for a rainy day.

俺は感情が激しかった
And I was always so impulsive,
今だってそうかも
I guess that I still am,
あの時本当に問題だったのは
And all that really mattered then
俺が男だってことなのさ
was that I was a man.
俺たちが一緒になることは
I guess that our being together
意味をなさなかった
was never meant to be.
でもマーサ、マーサ
And Martha, Martha,
愛してるんだ、わからないかい?
I love you can't you see?

あれはばら色のような日々だった
And those were the days of roses,
詩のような小説のような日々
poetry and prose and Martha
マーサ、俺にはお前がいて、お前には俺がいた
all I had was you and all you had was me.
明日なんてなかった
There was no tomorrows,
悲しみなんかはしまい込んで
we'd packed away our sorrows
雨の日にとっておいた
And we saved them for a rainy day.

あの静かな夜を思い出しているんだ
And I remember quiet evenings
お前のそばで震えている...
trembling close to you...


Closing TimeClosing Time
(1994/06/16)
Tom Waits

商品詳細を見る


comment(5)  trackback(0)

トマト&キュウリ Baby-☆

2008.06.01

category : 栽培

春菊の花
DSCN0012_s.jpg

ベビーキュウリ
DSCN0011_s.jpg

ベビートマト
DSCN0017_s.jpg

ビッグオニオン!!(お父作。  実力の差がでてます。。)
DSCN0029_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

梅 収穫第1弾!

2008.06.01

category :

とりあえず落ちちゃいそうなのだけ収穫!

まだ小さいので・・・もっと大きくすることにしました!





DSCN0010_s.jpg


DSCN0023_s.jpg


DSCN0027_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.