FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2008年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

#055 Thinly Veiled Disguise

2008.10.28

category : Ron Sexsmith

Ron Sexsmith ロン・セクスミス・・・・

デビューアルバムをエルビス・コステロから「この先20年は聴き続けられるアルバム」と賞賛された、元郵便配達人という経歴をもつ異色のシンガー・ソング・ライター。

木々の葉が色づくこの時期は、きまって彼の歌を聴きたくなる。

落ち葉の舞う公園やキラキラ光る噴水、すっかり黄色に彩られたいちょう並木・・・このような優しい景色にぴったりと合うロンのギターと歌声。

勝手な想像だが、すぐそこらへんで鼻歌を歌いながら自転車に乗り、のんびり郵便を配達しているロンの姿が目に浮かんでしまいます。。


#055 Thinly Veiled Disguise
Ron Sexsmith

明るい色をしたどんな青空の下にも
Under every sky of baby blue
その奥には雨がかくれている
Is an undercurrent of rain
人生がキミに与えるどんな試練にも
Under every trial life puts you through
その陰にはよくなる兆しが必ずかくれてる
Is an undercurrent of change
太陽は今、灰色の布で覆われてしまい
Though the sun now is shrouded in grey
ボクの目をくらませてしまっているけど
It's pulling the wool over my eyes
どうしていいか分からなくなるとき
ボクは自分に言い聞かせるんだ
When it looks like hell I tell myself
その状態は見え見えのにせもの、本物じゃないんだ・・・
It's a thinly veiled disguise

ボクの髪の中を暗い風が吹き抜け
I feel a dark wind blowing through my hair
夜には夢の中にも風が吹いている
Blowing through my dreams at night
ボクが大事に守ってるものから、引きはがそうとするんだ
It's tearing me from all that I hold dear
大切な人生を守ろうと頑張っているというのに
As I hold on for dear life
闇に覆われた時間の中、ボクらはつまずき倒れ
Through the dark hours we stumble and fall
明かりを探してぶざまに這いずり回る
And fumble around for the light
ボクが分かった限りでは、暗闇もまた
As far as I can tell, the dark as well
見え見えのにせもの、本物じゃないってこと。
Wears a thinly veiled disguise

明るい色をしたどんな青空の下にも
Under every sky of baby blue
その奥には雨がかくれている
Is an undercurrent of rain
人生がキミに与えるどんな試練にも
Under every trial life puts you through
その陰にはよくなる兆しが必ずかくれてる
Is an undercurrent of change
いい加減なおしゃべりや悪意に満ちた言葉が
Through the noise and the poisonous words
ボクらをたぶらかせて、信じ込ませようとしている中
ボクにはその一方で
That lead us to believe otherwise
高らかに響きわたる真実の鐘の音が聞こえるよ
I can hear the bells, they're ringing out
薄っぺらな偽ものを通り越えて・・・
Through a thinly veiled disguise

Other SongsOther Songs
(1997/06/17)
Ron Sexsmith

商品詳細を見る




スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

芽キャベツとウィンターコスモス

2008.10.27

category : 栽培

はじめて芽キャベツを植えました。

・・・実(芽?)ができたらまた画像をお楽しみに!






毎年秋に咲くウィンターコスモスも咲き出しました

DSCN0342_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

#054 People Get Ready

2008.10.26

category : Rod Stewart

ロッド・スチュワートとジェフ・ベックが共演する豪華な85年の作品。
オリジナルは65年カーティス・メイフィールド率いるインプレッションズによるソウルナンバー。

超大物のこの二人は、60年代にジェフ・ベックグループで一緒に活動していた。そして17年の時を経ての共演となったこの曲のPVもロッドがジェフに「久し振りにやらないか?」と手紙を出し、列車に乗ってやって来たジェフと再会・・・というもの。


#054 People Get Ready
Jeff Beck & Rod Stewart

みんな、支度はできたかい
People get ready
そろそろ列車がやって来る
There's a train a-coming
荷物なんかいらないよ
You don't need no baggage
からだひとつで乗ればいい
You just get on board
素直な心があればいいんだ
All you need is faith
ディーゼルのうなりに耳を傾ける
To hear the diesels humming
乗車券なんかなくても平気
Don't need no ticket
ただ、神様への感謝の心を忘れずに
You just thank the Lord

みんな、支度はできたかい
People get ready
ヨルダンヘ向かう人々の群れ
For the train to Jordan
思い思いに集まって
Picking up passengers
西から東から
From coast to coast
神様を信ずることこそ
Faith is the key
無為に過ごす日々を脱する鍵
Open the doors and board them
だれでも温かく迎えられるんだ
There's room for all
いま、神様への愛に心動かされ
among the loved the most

迎えるわけにはいかないよ
There ain't no room
愚かで罪深い者は
for the hopeless sinner
すべての人の心を踏みにじるだろう
Who would hurt all mankind just
きっと、ただのわがままから
To save his own
あわれみの心をもって
Have pity on those
不幸な巡り合わせの人たちには
whose chances are thinner
お見通しなんだから
Cause there's no hiding place
神様はこの世のすべてを
From the Kingdom's Throne


さあ、みんな旅立とう
So people get ready
そろそろ列車がやって来る
for the train a-comin'
荷物なんかいらないよ
You don't need no baggage
からだひとつで乗ればいい
you just get on board !
素直な心があればいいんだ
All you need is faith
ディーゼルのうなりに耳を傾ける
to hear the diesels humming
乗車券なんかなくても平気
Don't need no ticket
ただ、神様への感謝の心を忘れずに……
you just thank, you just thank the Lord


Yeah
Ooh

Yeah
Ooh

オレも旅立とう
I'm getting ready


FlashFlash
(2008/04/01)
Jeff Beck

商品詳細を見る


comment(0)  trackback(0)

#053 明日なき暴走ーBorn To Run!

2008.10.21

category : Bruce Springsteen

さて今回はついに・・・熱烈なリクエストに答えて(笑)、この曲の登場です!
邦題『明日なき暴走』…“Born To Run”

1975年に発表されたのブルースの3枚目のアルバム“Born To Run”のタイトル曲。
レコードのB面の1曲目でした!(笑)

ブルースやバンドのメンバーの間では “Born To Run”の頭文字をとり“BTR”と呼ばれ、30年以上ほぼ全てのライブでのクライマックスに演奏される、泣く子もだまるロックの名曲…

ドライブ感溢れるパワー爆発のこの曲をどうぞ。。


#053 Born To Run
Bruce Springsteen & the E Street Band

昼間は路上でどうしようもないアメリカンドリームを待ちわび
In the day we sweat it out on the streets of a runaway American dream
夜は自殺マシンに乗って栄光の館を走り抜ける
At night we ride through the mansions of glory in suicide machines
ハイウェイ9で檻から飛び出し
Sprung from cages out on highway 9,
クロームのホイールをはき、ガソリンを入れて
Chrome wheeled, fuel injected,
ラインを越えて一歩を踏み出す
and steppin' out over the line
ベイビー、この街はお前の背骨を剥ぎ取っちまうぜ
Oh-oh, Baby this town rips the bones from your back
それは死のワナ 自滅のワナだ
It's a death trap, it's a suicide rap
俺たち若いうちに抜け出さないと
We gotta get out while we're young
俺たちのような流れ者は ベイビー、走るために生まれてきたんだから
`Cause tramps like us, baby we were born to run

ウェンディー、家に入れてくれ お前と友達になりたいんだ
Wendy let me in I wanna be your friend
お前の夢と将来を守ってやりたいんだ
I want to guard your dreams and visions
このベルベットのリムにお前の足を巻きつけ
Just wrap your legs 'round these velvet rims
お前の手で俺をしっかりつかまえておくんだ
and strap your hands 'cross my engines
そうすれば、一緒にこのワナを突破できるだろう
Together we could break this trap
落ちるまで走るんだ、ベイビー 二度と戻るつもりはない
We'll run till we drop, baby we'll never go back
ワイヤーの上を俺と一緒に歩いてくれるかい
Will you walk with me out on the wire
なぜなら、俺は憶病で孤独なライダーだから
'Cause baby I'm just a scared and lonely rider
だけど、どんな感じかわかるだろう
But I gotta find out how it feels
俺はお前の愛がワイルドか知りたい
I want to know if love is wild
愛が本物かどうか知りたいんだgirl
I want to know if love is real

俺に見せてくれ
Oh can you show me

パレスの向こうでは426ヘミ・エンジンの爆音が大通りに響き渡っている
Beyond the Palace hemi-powered drones scream down the boulevard
少女たちはバックミラーに向かって髪にくしをいれ
The girls comb their hair in rearview mirrors
少年たちはいきがって見せようとする
And the boys try to look so hard
アミューズメント・パークが、ネオンに浮かび上がる
The amusement park rises bold and stark
子供たちはもやのなかを浜辺に放り込まれてる
Kids are huddled on the beach in a mist
ウェンディ、俺は今夜 通りでお前と死にたい
I wanna die with you Wendy on the streets tonight
永遠に続くキスをしながら…
In an everlasting kiss

ハイウェイは傷付いたヒーロー達でひしめきあっている
The highway's jammed with broken heroes
パワー・ドライブの最後のチャンスに
on a last chance power drive
今夜は誰もが走り出す|Everybody's out on the run tonight
だけど、隠れる場所はどこにもない
but there's no place left to hide
一緒に、ウェンディ、俺たちは悲しみを抱えながら生きていくんだ
Together Wendy we'll live with the sadness
俺は全身全霊でお前を愛してやる
I'll love you with all the madness in my soul
いつになるのか俺にはわからない
Someday girl I don't know when
俺たちがそこへたどりつける日が
we're gonna get to that place

俺たちが本当に行きたい場所がどこなのか
Where we really want to go
やがて、太陽の中を歩くんだ
and we'll walk in the sun
だけど、それまで俺たちのような流れ者は
But till then tramps like us
ベイビー、俺たちは走るために生まれてきたんだから
Baby we were born to run
俺たちのような流れ者は、走るために生まれてきたんだ
Tramps like us,baby we were born to run
俺たちのような流れ者は、走るために生まれてきたんだ・・・
Tramps like us,baby we were born to run


Born to RunBorn to Run
(1988/05/19)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る



comment(0)  trackback(0)

#052 I'm Yours

2008.10.17

category : Jason Mraz

ジェイソン・ムラーズJason Mraz ...

ナチュラルな癒し系さわやかアコースティック・サウンドが持ち味の新人アーティストだそうな。

とっても楽しげなPV

それにしても滝飛び込み、やってみたいな



#052 I'm Yours
Jason Mraz

君に完全にやられてしまったよ
Well you done done me and you bet I felt it
クールを装っても、君はあまりにもホットで溶けそう
I tried to be chill but you're so hot that I melted
深みにハマってたけど
I fell right through the cracks
今は這い上がろうとがんばってるんだ
and now I'm trying to get back
クールさが尽きてしまう前に
Before the cool done run out
最高のベストをつくすよ
I'll be giving it my bestest
もうこの僕を止められるのは神様だけ
Nothing's going to stop me but divine intervention
またなにかを得たり、学んだりできる僕の出番がきた
I reckon it's again my turn to win some or learn some
もう二度とためらわないよ、これ以上
I won't hesitate no more, no more
もう待てない 僕は君のものさ
It cannot wait, I'm yours

さあ、ココロを開いて僕みたいに見てごらん
Well open up your mind and see like me
ココロを解き放てば、君は自由さ
Open up your plans and damn you're free
自分の心をのぞいたら、そこにあるのは愛・・・。
Look into your heart and you'll find love love love love
ひとびとが踊ったり歌ったりする大切な音楽に耳を傾けて
Listen to the music of the moment people dance and sing
僕らはみんな大きな一家族みたいに
We're just one big family
僕らにはみんな、忘れさられてた愛される権利があるのさ
And It's our God-forsaken right to be loved love loved love loved

だからためらわないよ、もう二度と
So I won't hesitate no more, no more
もう待てないよ、絶対に
It cannot wait I'm sure
難しく考える必要なんかない
There's no need to complicate
人生は短いんだ
Our time is short
これが僕らの運命だから、僕は君のもの
This is our fate, I'm yours

こっちに来いよ
Scooch closer dear
君の耳をかじってみたいんだ。。
and i will nibble your ear

ずっと鏡で自分のことばかり見て、無駄に過ごしすぎたんだ
I've been spending way too long checking my tongue in the mirror
よりはっきり見ることだけに、全力を尽くして
And bending over backwards just to try to see it clearer
自分の息でガラスも曇るくらいに
My breath fogged up the glass
だから曇りガラスに顔を描いて笑っちゃった
And so I drew a new face and laughed
つまり言いたいことは、そんなことは意味ないから
I guess what i be saying is there ain't no better reason
見栄なんてはらないで、ただ自然体でいこうよ
To rid yourself of vanity and just go with the seasons
それが僕らが目指してること
It's what we aim to do
そんなところが僕らのいいところ
Our name is our virtue

だからためらわないよ、もう二度と
I won't hesitate no more, no more
もう待てないよ、僕は君のもの
It cannot wait I'm yours

さあ、ダメだよ。ココロを開いて僕みたいに見てごらん。
Well no no, well open up your mind and see like me
ココロを解き放てば、君は自由さ
Open up your plans and damn you're free
自分の心をのぞいたら、空も君のものだと分かるよ。
Look into your heart and you'll find the sky is yours
難しく考える必要なんかないんだから
Please, don't please, don't please, don't there's no need to complicate
だって人生は短いんだから
Coz’ our time is short
これが僕らの運命だから 僕は君のもの・・・。
This This This This This is our fate, I'm yours



We Sing, We Dance, We Steal ThingsWe Sing, We Dance, We Steal Things
(2008/05/13)
Jason Mraz

商品詳細を見る



comment(0)  trackback(0)

   贈り物。。

2008.10.16

category : 栽培








毎年この時期の恒例の・・・贈り物。

庭に一斉に咲きます。。

クロッカスなのかな?


DSCN0331.jpg




バジルのさわやかな香りもそろそろ嗅ぎおさめ。


DSCN0333_s.jpg




先日完全に枯れてしまったオクラ。

英語でも“okra”というようです。“ガンボgumbo”とも言う・・・。

ガンボスープの季節だあ

DSCN0336_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

#051 今夜ストリートで答えを見つけられるかも、ベイビー。

2008.10.12

category : Bruce Springsteen

ボスの2ndアルバム、“青春の叫び/The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle”から。
初期のボス作品はストリートを舞台にし、あふれんばかりの言葉を駆使したドラマチックな内容が多いが、10分近い長さのこの曲もその中の一つ。
若く情熱的なスパニッシュ・ジョニーとプエルトリカン・ジェーンのニュー・ヨーク57番街を舞台にした物語。

この時期のかすれた声が一番イイ。。


#051 Incident on 57th street
Bruce Springsteen & the E street band

スパニッシュ・ジョニーが昨晩、闇の世界から戻ってきたよ
Spanish Johnny drove in from the underworld last night
腕には傷を負い、狂ったリズムのおんぼろビュイックに乗って
With bruised arms and broken rhythm in a beat-up old Buick
しかし服はバッチリきめて、まるでダイナマイトみたいに。
But dressed just like dynamite

奴はイージー・ストリートできつい女にハートを売ろうとしたんだが
He tried sellin' his heart to the hard girls over on Easy Street
彼女たちは言った“ジョニー、簡単に離れちまうから最近じゃハートも安いのよ”
But they sighed "Johnny it falls apart so easy and you know hearts these days are cheap"
そして客引きもギターを弾きながら、“ジョニー、おめえは詐欺師だぜ”
And the pimps swung their axes and said "Johnny you're a cheater."
そこて客引きもギターを弾きながら、“ジョニー、おめえはうそつきだよ”
Well the pimps swung their axes and said "Johnny you're a liar"
すると影から若い女の子の声がする、“ジョニー、泣かないで”
And from out of the shadows came a young girl's voice said: "Johnny don't cry"

プエルトリコ人のジェーン・・・ああ、名前を教えてくれないか
Puerto Rican Jane, oh won't you tell me what's your name.
街のむこうのパラダイスへお前を車で連れて行きたいんだ、それほど混んじゃいないし
I want to drive you down to the other side of town where paradise ain't so crowded,
今夜はシャンティ・レインで一儲けするのさ
there'll be action goin' down on Shanty Lane tonight
金色のハイヒールをはいた妖精みたいな娼婦達のいる店で38口径をちらつかせ
All them golden-heeled fairies in a real bitch fight
Pull .38s
ブツをいただいて、おやすみのキス。
and kiss the girls good night

おやすみ。大丈夫だから、ジェーン。
Oh good night, it's alright Jane
ソウルの炎を燃やすためにブラックボーイ達も仲間に入れてやろう
Now let them black boys in to light the soul flame
俺たちは今夜ストリートで答えを見つけられるかも、ベイビー
We may find it out on the street tonight baby
あるいは夜明けまで歩くことになるかも、ひょっとしたらな。
Or we may walk until the daylight maybe

クールなロミオみたいに奴は身をこなし、彼女の方もうまくやった
Well like a cool Romeo he made his moves, oh she looked so fine
晩年のジュリエットみたいに彼女は決して誠実じゃなかったけど気にしない
Like a late Juliet she knew he'd never be true but then she really didn't mind
店の2階ではバンドが演奏し、歌手がなにやら「故郷へ帰る」とか何とかって歌っていたのをうっすら記憶している
Upstairs a band was playin', the singer was singin' something about goin' home
彼女は“スパニッシュ・ジョニー、今夜私を放っておいてもいいけど、ただ独りだけ置いていかないで”とささやいた
She whispered, "Spanish Johnny, you can leave me tonight but just don't leave me alone"
するとジョニーがこう叫んだ“プエルトリコのジェーン、サツに見つかっちまった!”
And Johnny cried "Puerto Rican Jane, word is down the cops have found the vein"
はだしの少年たちは店から一目散に森へ逃げる
Oh them barefoot boys left their homes for the woods
はだしのストリートの少年たちは言う、ここはもうヤバイ!
Them little barefoot street boys they say homes ain't no good
彼らは街角を去り、とび出しナイフを投げ捨て
They left the corners, threw away all their switchblade knives
おたがいにさよならのキスをした。
and kissed each other good-bye

ジョニーは外の非常階段に座って仲間どもが通りで遊ぶのを見てる
Johnny was sittin' on the fire escape watchin' the kids playin' down the street
そして下に向かって言った“ヘイ、ちっちゃなヒーロー達!夏はまだ続くが、このあたりじゃもういいヤマはなさそうだぜ”
He called down "Hey little heroes, summer's long but I guess it ain't very sweet around here anymore"
ジェニーは汗でしみたシーツの中で眠り、ジョニーは彼女が怖い夢を見ないように見守る
Janey sleeps in sheets damp with sweat, Johnny sits up alone and watches her dream on, dream on
それは失われた魂のためにシスターが祈り、みんないなくなって教会の中で泣き崩れるという夢
And the sister prays for lost souls, then breaks down in the chapel after everyone's gone
ジェーンは枕を一緒に使うよう少し目を開くと、ジョニーが起きて服を着ているのに気づく
Jane moves over to share her pillow but opens her eyes to see Johnny up and putting his clothes on
彼女は言う“あの情熱的な男達って
She says "Those romantic young boys
ただ戦いたいだけなのよ“
All they ever want to do is fight"
Those romantic young boys
ヤツらが窓越しに呼びかけてくる
They're callin' through the window
“よう、スパニッシュ・ジョニー、今晩少しばかり金を稼がねえか?”
"Hey Spanish Johnny, you want to make a little easy money tonight?"
そしてジョニーはささやく“おやすみ。ぐっすり寝ろよ、ジェーン。”
And Johnny whispered: Good night, it's all tight Jane
明日の晩 ラヴァーズ・レインで待ち合わせよう、約束だ
I'll meet you tomorrow night on Lover's Lane
俺は今夜ストリートで答えを見つけられるかも、ベイビー
We may find it out on the street tonight baby
あるいは夜明けまで歩くことになるかも、ひょっとしたらな。
Or we may walk until the daylight maybe


The Wild, the Innocent & the E Street ShuffleThe Wild, the Innocent & the E Street Shuffle
(1988/06/15)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る






追記 2011年11月11日

最近のボスの活動がめっきりない・・・と思っていたらこんなライブをやっていました。
今から1週間前の映像です!(2011.11.4)

comment(0)  trackback(0)

#050 ボージャングルのおじさん。

2008.10.04

category : Nitty Gritty Dirt Band

アメリカのカントリーロックバンド、“ニッティ・グリッティ・ダート・バンド”の代表アルバム、“アンクル・チャーリーと愛犬テディ(UNCLE CHARLIE AND HIS DOG TEDDY)”収録の彼らの代表曲。

この曲はいろいろな人にカバーされているが、オリジナルはJerry Jeff Walkerという人。

ちなみに“ニッティ・グリッティ・ダート・バンド”には一時的にジャクソン・ブラウンがいたり、若きころのケニー・ロギンスが曲を提供したりしていたそうです。



#050 Mr. Bojangles (1970)
Nitty Gritty Dirt Band

ボクが知っているボージャングルさんはみんなのために踊るような人だった。
I knew a man Bojangles and he danced for you
擦り切れた靴でね。
in worn-out shoes
白髪とボロボロのシャツとダブダブのスボン。
Silver hair and ragged shirts and baggy pants
古いタップダンスの靴。
The old soft shoes
おじさんは高く跳んだ, 高く。
Jumped so high, jumped so high
そして軽やかに着地した。
Then he lightly touched down
おじさんとはニューオリンズの留置所で会ったんだ。
I met him in a cell in New Orleans,
ボクはどん底だった。
I was down and out
おじさんは年季の入った目で世の中を見ているようだった。
He looked to me to be the eyes of age
堂々と意見を言ったりすると。
as he spoke right out

おじさんは人生を語ってくれたんだ。 人生を。
He talked of life, talked of life
笑ったり,脚をぴしゃりと叩いたり,ステップを踏んだりして。
He laughed, slapped his leg and stepped

「名前はボージャングル」と言うとおじさんはちょっと踊った。
He said his name, Bojangles, then he danced a lick
留置所の端から端までね。
across the cell
ズボンをつまみ,立ち位置を変えると 今度は高く跳び
He grabbed his pants, a better stance, oh, he jumped so high
それから踵と踵をカチッと合わせた。
Then he clicked his heels
おじさんは声を上げて笑った。 声を上げて。
He let go a laugh, he let go a laugh
そして乱れた服を後ろに払った。
Shook back his clothes all around
ボージャングルさん,
Mr. Bojangles
ボージャングルさん, 踊って。
Mr. Bojangles, dance
ボージャングルさん,
おじさんは旅芸人のショウや郡の祭りに来る人たちために踊ったんだ。
He danced for those at minstrel shows and county fairs
南部じゅうでね。
throughout the South
そして涙ながらに話したんだ 15年間の犬とおじさんの
He spoke with tears of fifteen years how the dog and him
旅回りの暮らしを。
had traveled about

愛犬が突然死んだんだ。 突然。
His dog up and died, up and died
20年経ってもおじさんはまだそのことを悲しんでいる。
After twenty years he still grieves
おじさんは言った。「安い酒場で機会があれば踊っているよ。
He said, "I dance now at every chance in honky-tonk
飲み代やチップ 目当てさ。
for drinks and tips
でもほとんど郡の留置所にいるけどね。
But most time I spent behind these county bars
ちょっと飲みすぎるんだよ。」
'Cause I drink a bit ."
おじさんは頭を横に振った。 そうしたら
He shook his head, and as he shook his head
だれかがこう頼むのが聞こえた。 「どうかお願いだから
I heard someone ask him "Please, please,

ボージャングルさん, ボージャングルさん, ボージャングルさん, 踊ってよ。
Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, dance."

Uncle Charlie & His Dog TeddyUncle Charlie & His Dog Teddy
(2003/01/24)
The Nitty Gritty Dirt Band

商品詳細を見る



comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.