FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2009年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

#078 お前と俺の小さなピンクの家。

2009.01.30

category : John Mellencamp

1月18日のオバマ大統領就任記念コンサート①でもしっかり歌っていたメレンキャンプ・・・。

歌ってたのは懐かしのこの曲。。



古き友に捧げよう。。





#078 PinkHouses
John Cougar Mellencamp

黒人の男が座ってる…黒い猫といっしょに
Theres a black man with a black cat
隣近所にも黒人が住んでる
Living in a black neighbourhood
彼の家の前に広がる庭には州境が走ってる
He’s got an interstate runnin through his front yard
分かるだろ?彼はそれをとても気に入ってるんだ
You know, he think, that he’s got it so good
台所には夕食の片付けをしている女がいる
And there’s a woman in the kitchen
cleanin up the evening slop
そして男は女を見てこう言うのさ、“ヘイ、ダーリン
And he looks at her and says: hey darling,
今でもお前が時を止めたあの懐かしい瞬間を思い出すよ。“
I can remember when you could stop a clock

Chorus:
オー、でもこれがアメリカじゃないか お前や俺の
Oh but ain’t that america for you and me
これがアメリカなのさ 期待する何かがある
Ain’t that america someting to see baby
これがアメリカさ 自由の国…
Aint that america, home of the free
小さなピンク・ハウス…お前と俺の。
Little pink houses for you and me

若いヤツがいる…Tシャツ姿に
Well theres a young man in a t-shirt
ラジオでロックン・ロールを流して
Listening to a rockin rollin station
油っぽい髪型と油っぽい笑いで
He’s got a greasy hair, greasy smile
ヤツは言う、“神様、これが俺の運命に間違えない!”って。
He says: lord, this must be my destination
だってガキの頃、みんなが俺に言ったんだ
cuz they told me, when I was younger
“ボーイ、お前は大統領になるぞ”って。
Boy, youre gonna be president
だけど今となっては、全て夢のような昔話
But just like everyting else, those old crazy dreams
どこかへ消えてなくなっちまった…。
Just kinda came and went

Chorus:
オー、でもこれがアメリカじゃないか お前や俺の
Oh but ain’t that america for you and me
これがアメリカなのさ 期待する何かがある
Ain’t that america someting to see baby
これがアメリカさ 自由の国…
Aint that america, home of the free
小さなピンク・ハウス…お前と俺の。
Little pink houses for you and me

人々がいる…本当にたくさんのひとたちが
Well there’s people and more people
でも彼らは何を知ってるっていうのか
What do they know know know
高層ビルで働いて
Go to work in some high rise
休暇はメキシコ湾で過す
And vacation down at the gulf of mexico
Ohhh yeah
勝ち組もいれば、負け組もいる
And there’s winners, and there’s losers
でもだからって、大したことじゃあないさ
But they ain’t no big deal
だってたいていの人間は、安心を求める代わりに
cuz the simple man baby pays for the thrills,
お金を払い、退屈に過すのだから
The bills and the pills that kill

オー、でもこれがアメリカじゃないか お前や俺の
Oh but ain’t that america for you and me
これがアメリカなのさ 期待する何かがある
Ain’t that america someting to see baby
これがアメリカさ 自由の国…
Aint that america, home of the free
お前と俺の小さなピンク・ハウス…。
Little pink houses for you and me

Uh-HuhUh-Huh
(2005/03/29)
John Mellencamp

商品詳細を見る








アコースティック弾き語りヴァージョンも。

スポンサーサイト



comment(2)  trackback(0)

収穫☆

2009.01.29

category : 栽培

たいして大きくならないので芽キャベツを収穫

あとは小松菜とほうれん草もおひたしにして食べました


スーパーのとはまったく違う味・・・

甘くてやわらかい

DSCN0622_s.jpg


DSCN0624_s.jpg


DSCN0625_s.jpg


DSCN0623_s.jpg

水菜とチンゲン菜はまだですね。。

DSCN0626_s.jpg


DSCN0627_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

ニューアルバム発売!!

2009.01.28

category : Bruce Springsteen

本日、ブルース・スプリングスティーンの24作目のアルバム“WORKING ON A DREAM”が発売されました。

通して聞いてみた最初の印象は・・・「お!?おおお???」

っていう感じ?(まったくわからないですね。。)



なんだか馴染みはあるのだが、初めてのような・・・。(そりゃそうだ!馴染みのあるアーティストの曲を初めて聞くのだから。)

でもアルバム全体トータルの印象が、今までにはなくライトにポップに仕上がっていて非常に綺麗な感じ。

いわゆるギターやサックス、ドラムなどのライブ感覚に欠けたスタジオ録音のイメージがしました。
(そこらへんが賛否両論ある理由でしょうか?)



・・・まあ、でもボスはボスなのでね


これから耳が馴染んでくれば、それぞれの曲たちに味が出てくるでしょう!



それにしても毎度のことですが、新譜を聞くときのドキドキ感はたまらないですねぇ。。




519jdIfTCTL.jpg

1. Outlaw Pete
2. My Lucky Day
3. Working On a Dream
4. Queen of the Supermarket
5. What Love Can Do
6. This Life
7. Good Eye
8. Tomorrow Never Knows
9. Life Itself
10. Kingdom of Days
11. Surprise, Surprise
12. The Last Carnival
13. The Wrestler (Bonus Track


ワーキング・オン・ア・ドリーム デラックス・エディション(DVD付)ワーキング・オン・ア・ドリーム デラックス・エディション(DVD付)
(2009/02/18)
ブルース・スプリングスティーン

商品詳細を見る

comment(0)  trackback(0)

開花!!

2009.01.23

category :

DSCN0612_s.jpg


庭の梅が開花しました~

春が近づいていることを教えてくれます。。




DSCN0613_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

オバマ大統領就任演説・・・日本語字幕付動画

2009.01.20

category : 未分類

2009.1.20 PM12:00

ワシントン連邦議会議事堂前












オバマ大統領就任演説の日本語字幕付動画(NHK特番)です。

動画は内容が伝わりやすいように意訳になっているようなので、英語・日本語訳の全文スクリプトも載せておきます。



市民の皆さん
My fellow citizens:

私は今日ここにこうして立ち、直面する責務を前に身が引き締まる思いです。
I stand here today humbled by the task before us,
そして同時に、皆さんが託してくださった信頼に感謝し、
grateful for the trust you have bestowed,
先祖たちの犠牲に思いを致しています。
mindful of the sacrifices borne by our ancestors.
私はブッシュ大統領がこの国のために尽くしてくれたその献身に感謝し、
I thank President Bush for his service to our nation,
さらにこの移行期を通じて示してくださった思いやりと協力に感謝します。
as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.
これで44人のアメリカ人が大統領の宣誓をしました。
Forty-four Americans have now taken the presidential oath.
大統領の宣誓はこれまで、繁栄の波が高まる中で、そして平和という穏やかな海の中で、繰り返されてきました。
The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace.
しかしこの宣誓は時折、暗雲かき曇り嵐が吹きすさぶ中でも、繰り返されてきたのです。Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms.
こうした時でもアメリカは歩き続けてきた。それはただ単に、高位高官にある者たちの才覚やビジョンによってではなく、
At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office,
「We the People (私たち)」が、祖先たちの理想を大事に守り続け、建国の文書に忠実であり続けたからです。
but because We the People have remained faithful to the ideals of our forbearers, and true to our founding documents.

これまでずっとそうでした。
So it has been.
そして今の世代のアメリカ人にとっても、そうでなくてはなりません。
So it must be with this generation of Americans.
私たちが危機の最中にあることは今や、周知のことです。
That we are in the midst of crisis is now well understood.
この国は、暴力と憎しみを掲げる大規模ネットワークを相手に、戦争を戦っています。
Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred.
また、私たちの経済はひどく弱体化してしまった。一部の人の強欲と無責任のせいではあるが、
Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some,
私たちみんなが全体として、新時代に向けて厳しい選択をして国を準備してこなかったせいでもあります。
but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age.
おかげで人々は家を失い、職を失い、事業は閉ざされてしまった。
Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered.
私たちの医療保険は高過ぎる。この国の学校はあまりにあちこちで破綻しすぎている。
Our health care is too costly; our schools fail too many;
そして私たちのエネルギーの使い方は、敵を勢いづけて、この惑星を脅かしている。その新しい証拠が、連日のようにあがってくる。
and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.

どれもこれも危機の指標として、データや統計で計れるものです。
These are the indicators of crisis, subject to data and statistics.
それに比べて、数字では計りにくいが同じくらい重大なのが、国中にはびこる自信の喪失です。アメリカの衰退は避け難いものだという、いかんともしがたい恐怖。そして次世代の国民は期待の水準を下げなくてならないという不安。こういう自信の喪失のことです。
Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land - a nagging fear that America’s decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.
私は今日、みなさんにはっきり言います。私たちが直面する課題は、本物です。
Today I say to you that the challenges we face are real.
課題は深刻で、たくさんあります。
They are serious and they are many.
簡単に解決できないし、短期的に解決できるものでもありません。
They will not be met easily or in a short span of time.
けれどもアメリカよ、これは知っておいてもらいたい。課題は、解決します。
But know this, America - they will be met.

私たちが今日のこの日、ここに集まったのは、恐怖よりも希望を選び、対立と不和よりも、目的を一つにして団結することを選んだからです。
On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.
今日のこの日に私たちは、つまらないいさかいや偽りの約束はもう終わりだと、そう宣言するためにやってきました。
On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises,
この国の政治をあまりにも長い間、身動きできなくしてきた非難中傷合戦や使い古されたドグマはもう終わりだと。
the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.

私たちはまだ若い国です。
We remain a young nation,
けれども聖書の言葉を借りるなら、子供っぽいことはもうやめるべき時です。
but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things.
今こそ、私たちの不屈の精神を再確認する時です。
The time has come to reaffirm our enduring spirit;
自分たちのより良い歴史を選びとり、
to choose our better history;
世代から世代へと受け継がれてきたあの貴重な財産、あの崇高な理想を、さらに前へ掲げて推進すべき時です。
to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation:
私たちの貴重な財産、崇高な理想とは、あらゆる者は平等で、全ての人が自由で、誰もが最大限の幸福を追求する機会を与えられる権利をもっているのだという、あの神から与えられた約束のことです。
the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.
この国がいかに偉大な国か再確認するにあたって、
In reaffirming the greatness of our nation,
私たちは、何をしなくても当然のこととして偉大な国などないのだと承知しています。
we understand that greatness is never a given.
偉大さとは、努力して獲得しなくてはならないものです。
It must be earned.
長い旅路を歩んできたこの国は、これまでも決して近道をしたり、適当なところで妥協したりしなかった。
Our journey has never been one of short-cuts or settling for less.
私たちの旅は、気の弱い人たちには不向きな道中だった。気の弱い人たち。働くよりも楽をしたい人たち。富や名声の楽しみだけ求める人たち。そういう人たちは、私たちの旅路には向かない。
It has not been the path for the faint-hearted - for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame.
それよりも、長く険しい道を登って、私たちのこの国を繁栄と自由に向けて引き上げてくれたのは、危険を恐れない人たち、実行力ある人たち、ものを自分の手で作る人たち、そういう人たちでした。中には功績を賞賛された人たちもいますが、多くの場合は、決して名声を得ることなく地道に働き続けた人たちなのです。
Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things - some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.
そういう働く人たちが私たちのために、ほんのいくらかの持ち物を荷物にまとめて、新しい生活を求めて、様々な大海を渡ってきた。

For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.
そういう人たちが私たちのために、ひどい環境と低賃金の工場で働き、そして西部を開拓してくれたのです。そういう人たちが私たちのために、むち打たれても耐えて、固い大地を耕してくれたのです。
For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.
そういう人たちが私たちのために、コンコードやゲティスバーグやノルマンディーやケサンといった戦場で戦い、そして死んでいったのです。
For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn.
こういう男たち、女たちは繰り返し繰り返し、私たちがより良い生活を送れるようにと、苦闘し、自らを犠牲にし、自分の手がボロボロになるまで働いてくれたのです。
Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life.
その人にとってアメリカとは、個人個人の希望の単純な総和よりも大きいものだった。一人一人の生まれや財産や所属の違いよりも、もっと大きな偉大なものだった。
They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

そしてその同じ旅を、私たちも続けているのです。
This is the journey we continue today.
この国は依然として、この地球上で最も豊かな、最強な国です。
We remain the most prosperous, powerful nation on Earth.
この国の労働者は危機が始まった時と比べて、決して生産性が落ちたわけではない。
Our workers are no less productive than when this crisis began.
私たちの創造性が低下したわけでもなければ、先週や先月や去年に比べてこの国の製品やサービスに対する必要性が減ったわけでもない。
Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year.
私たちの能力は衰えていない。
Our capacity remains undiminished.
けれども、何もせずに済む時代は終わりました。つまらない利益を死守したり、不愉快な決断を先送りしたり、そんなことをしていられる時間は、確実に終わったのです。
But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions - that time has surely passed.
今日から私たちは、自力で立ち上がり、埃を払って、アメリカを再生するため再び働き始めなくてはなりません。
Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

なぜなら、どこに目をやっても、やらねばならない仕事だらけだからです。
For everywhere we look, there is work to be done.

この国の経済状態は大胆で素早い行動を必要としています。そして私たちはただ新しい雇用創出のためだけでなく、新しい成長の基盤づくりのために行動します。
The state of our economy calls for action, bold and swift, and we will act - not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth.
商業を支えて私たちを結びつける、道路や橋、送電網やデジタル回線を作ります。
We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together.
科学を本来のあるべき地位に復権させ、医療の質向上と価格引き下げのために最新技術を駆使していきます。
We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost.
私たちは、自動車を走らせ工場を動かすために、太陽と風と大地のエネルギーを活用していきます。
We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories.
そして私たちは、新時代の要求に応えるよう、学校や大学を改革していきます。
And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age.
どれもできることばかりです。
All this we can do.
どれも、これから実現していくのです。
And all this we will do.

私たちは野心的すぎるのではないかと懸念する人もいます。大計画ばかり立てても、国のシステムはそれを受け付けないと。
Now, there are some who question the scale of our ambitions - who suggest that our system cannot tolerate too many big plans.
そう言う人たちは、最近のことしか覚えていないのです。
Their memories are short.
この国がこれまでにどれだけのことを実現してきたか忘れてしまっているのです。
For they have forgotten what this country has already done;
共通の目的に想像力が結び付き、勇気に必要性が結び付いたとき、自由な人々にどれほどのことができるのか。
what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.
シニカルで懐疑的な人たちには分からないのです。足下の地面が、とっくに動いてしまったことを。
What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them
私たちをずっと巻き込んでいた中身のない政争は、もう意味がないのだと。
- that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply.
今日のこの日に私たちが問いかけているのは、政府が大きすぎるか小さすぎるかではなく、
The question we ask today is not whether our government is too big or too small,
政府がきちんと機能しているかどうかです。
but whether it works –
国民がまともな給料の仕事を見つけられるよう、政府が協力しているかどうか。
whether it helps families find jobs at a decent wage,
高すぎない医療サービスが提供できているかどうか。尊厳ある引退生活を提供できているかどうか。
care they can afford, a retirement that is dignified.
「イエス」と言える分野についてはこのまま続行するし、
Where the answer is yes, we intend to move forward.
「ノー」と言う分野についてはその政府事業は終わりにします。
Where the answer is no, programs will end.
そして国民の税金を扱う我々は、賢明に使い、悪い習慣を改善し、透明性の高い形で仕事をするよう、責任を負う。
And those of us who manage the public’s dollars will be held to account - to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day –
そうしなければ、国民と政府の間に不可欠な信頼を回復できないからです。
because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

同様に、問われるべきは市場の善悪ではありません。
Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill.
富を作り出し自由を拡大するためのものとして、市場ほど強力なものはない。
Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched,
けれども今回の危機で、きちんとした監督がなければ、市場は無軌道で野放図な動きをしてしまうと、改めて思い知らされました。
but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control
さらには、富める者しか厚遇しない国は、あまり長いこと繁栄できないのだということも、今回改めて分かりました。
- and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous.
昔からそうだったが、この国の経済がうまく行くために大事なのは、国内総生産の規模だけではなく、
The success of our economy has always depended not just on the size of our Gross Domestic Product,
その繁栄がどこまで届いているかなのです。
but on the reach of our prosperity;
大事なのは、やる気のある全ての人に私たちがいかにチャンスを提供できるかです。
on our ability to extend opportunity to every willing heart
慈善でそうするのではなく、その方が確実に国民全員の利益にかなうからこそ、広くチャンスを提供できるかどうか。
- not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

国民の防衛について言えば、
As for our common defense,
安全と理想は両立できないという主張は嘘だと断言し、拒絶します。
we reject as false the choice between our safety and our ideals.
この国の建国の父たちは、私たちには想像もできないような困難を前に、法の支配と人権を保障する章典を起草しました。
Our Founding Fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man,
そしてその後の世代が血を流して戦って、権利章典の中身を拡大してきました。
a charter expanded by the blood of generations.
そこで掲げられた理想はいまだに世界を照らしています。
Those ideals still light the world,
単なる便宜性を理由に、この理想を手放すつもりなど全くない。
and we will not give them up for expedience's sake.
なので、今日この日を見守っているほかの国々の人たちや政府に申し上げたい。
And so to all other peoples and governments who are watching today,
壮麗な首都の住民から、私の父が生まれた小さな村の人たちにまで。
from the grandest capitals to the small village where my father was born:
皆さんに申し上げます。アメリカは、平和と尊厳ある未来を求める全ての国とあらゆる男女や子供の友人です。
know that America is a friend of each nation and every man, woman, and child who seeks a future of peace and dignity,
そしてさらに。私たちは再び、世界をリードする用意ができています。
and that we are ready to lead once more.

昔の人たちは、ファシズムや共産主義と戦うにあたって、ただミサイルや戦車に頼ったのではなく、強固な同盟関係や、揺るぎない確信を拠り所にしていたものです。それを思い出してみてください。
Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions.
先達たちは、自国の力だけで自分たちを守れるものではないと理解していたし、いくら自分たちに力があるからといって好き勝手をしていいというものではないとも理解していた。
They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please.
その代わり先達たちは、力というのは賢明に使えばこそ育つものだと理解していました。
Instead, they knew that our power grows through its prudent use;
国の安全は、国の主張の正当性や、規範としての説得力から生まれるものだと、謙遜と自制という穏やかな資質から生まれるものだと。
our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.
この伝統を守っていくのが、私たちです。
We are the keepers of this legacy.
改めてこの行動規範に導かれ、私たちはもっとさらなる努力と協力と国家間の理解を必要とする新しい脅威に立ち向かって行くことができる。
Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort -even greater cooperation and understanding between nations.
私たちは責任をもって、イラクをイラクの人々に託していく、そのプロセスを開始します。
We will begin to responsibly leave Iraq to its people,
そして私たちは責任をもって、努力して勝ち取った平和をアフガニスタンに築き上げていきます。
and forge a hard-earned peace in Afghanistan.
古い友人たちやかつての敵対国と共に、私たちは核の脅威を軽減するために不屈に努力し、温暖化する惑星という恐怖を巻き返して行きます。
With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet.
自分たちのライフスタイルを言い訳して謝るつもりはないし、
We will not apologize for our way of life,
ライフスタイルを守るのに何を臆するつもりもない。
nor will we waver in its defense,
そして恐怖を広め、無実の人々を惨殺することで目的を果たそうとする連中には、今ここで言う。お前たちよりも我々の心は強く、決してくじけたりしない。お前たちが私たちよりもしぶとく生き残るなどありえず、我々はお前たちを打ち砕く。
and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.

なぜなら私たちは、この国のつぎはぎな伝統が決して弱点などではなく、むしろ長所だと知っているから。
For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness.
この国はキリスト教徒とイスラム教徒と、ユダヤ教徒とヒンズー教徒と、そして信仰をもたない人たちが集まった国です。
We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus, and non-believers.
地球上のあらゆる場所からもたらされた、あらゆる言語とあらゆる文化で形作った国です。
We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth;
そして私たちは、南北戦争という内戦や人種隔離という苦汁をなめた末、前よりも強くなり団結して暗い時代からはい出た。
and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united,
その過去があるからこそ私たちは、古い怨恨はいつか必ず乗り越えられるものだと信じずにはいられないのです。
we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass;
部族の壁はいつか近いうちになくなり、そして世界がどんどん狭くなるに連れて、人類共通の人間性が表面に浮上してくるだろうと。
that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself;
新しい平和の時代を呼び込むため、アメリカも自分たちの役割を果たさなくてはならないと。そう信じずにはいられないのです。
and that America must play its role in ushering in a new era of peace.


ムスリム世界に対しては、相互利益とお互いを尊敬し合う気持をベースに、新しく前に進む方法を探しています。
To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect.
対立を広め、自分たちの社会の問題を欧米のせいにしたい指導者たちには、こう申し上げる。
To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West,
国民は、あなたが何を滅ぼすかで指導者を評価しない。何を作り上げるかで、指導者を評価するのだ。
know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy.
腐敗と不正と批判意見の圧殺によって権力を死守する人々に申し上げる。
To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent,
あなたたちは、歴史に断罪される側にいる。
know that you are on the wrong side of history,
しかしもし握っている拳を緩める気持ちがあるのなら、私たちは手を差し伸べるだろう。
but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

貧しい国の人たちへ、誓います。
To the people of poor nations,
みなさんの畑を豊かにし、清潔な水が流れるようにし、飢えた人々を満たし、知識を求めてやまない頭脳に栄養を与えるよう、私たちはみなさんと一緒に働きます。
we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow, to nourish starved bodies and feed hungry minds.
そして私たちのこの国と同じように比較的豊かだと言える国には、こう申し上げます。
And to those nations like ours that enjoy relative plenty,
私たちの国境の外で苦しんでいる人々に、もうこれ以上無関心でいるわけにはいきません。
we say we can no longer afford indifference to suffering outside our borders,
またこれ以上無思慮に、世界の資源を使い続けるわけにもいきません。
nor can we consume the world's resources without regard to effect.
世界は変わったのだから、私たちもそれに合わせて変わっていかなくてはならないのです。
For the world has changed, and we must change with it.

目の前に広がる道を眺めながら、
As we consider the road that unfolds before us,
まさに今このとき、遠い砂漠やはるかな山岳で警備にあたっている勇敢なアメリカ人たちを思い、謙虚に感謝します。
we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains.
今の兵士たちは多くのことを教えてくれるし、アーリントンの国立墓地に眠る戦死者たちは時を超えて囁き続けています。
They have something to tell us, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages.
兵士たちを称えるのは、私たちの自由を守ってくれるからだけではなく、奉仕の精神を体現しているからです。
We honor them not only because they are the guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service:
自分たちよりも大きな何かに意味を見出そうという、その意欲のことです。
a willingness to find meaning in something greater than themselves.
そして今この時、私たちの時代を決定付けようというまさにこの瞬間、私たち全員に求められてるのは文字どおり、この奉仕の精神なのです。
And yet, at this moment - a moment that will define a generation - it is precisely this spirit that must inhabit us all.

なぜなら、確かに政府は多くのことができるし、多くのことをしなくてはならないわけですが、
For as much as government can do and must do,
この国が究極的に頼みにしているのは、アメリカ国民の信念と決意のほどなのですから。
it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies.
それはたとえば、防波堤が決壊したときに赤の他人を自分の家に迎え入れる優しさだったり。
It is the kindness to take in a stranger when the levees break,
仲間が職を失うのを見るよりは自分の勤務時間を減らした方がいいという無私な労働者の思いやりだったり。真っ暗な時代を私たちが乗り越えていくには、国民のそういう心持ちが必要なのです。
the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours.
私たちの運命を最後に決めるのは、煙が充満した階段に飛び込んでいく消防士の勇気もそうですし、あるいは子供を育てようという親のやる気でもあるのです。
It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

私たちは新しい課題に直面するかもしれません。
Our challenges may be new.
取り組むための道具も、新しいものかもしれません。
The instruments with which we meet them may be new.
しかし私たちが成功するには、勤勉や正直、勇気や公平、寛容と好奇心、忠誠と愛国心といった価値観が必要なのです。
But those values upon which our success depends - honesty and hard work, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism
昔からの古い価値観です。
- these things are old.
真実の、本物の価値観です。
These things are true.
そういう価値観こそが、私たちの歴史をずっと静かに前進させてきたのです。
They have been the quiet force of progress throughout our history.

今何が求められているかというと、こういう真実に立ち返ること。
What is demanded then is a return to these truths.
私たちに今求められているのは、新しい責任の時代に入ることです。
What is required of us now is a new era
全てのアメリカ人が、自分たち自身への責任と、国への責任と、世界への責任を認識することが必要です。
of responsibility, a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world,
嫌々、不承不承に責務を担うのではなく。難しい仕事に全身全霊を尽くすことほど、心が充実し、人格を作り上げてくれるものはないのだとしっかり認識した上で、進んで喜んで責任を受けれいることが、今必要なのです。
duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

それこそが、市民社会の負担と約束です。
This is the price and the promise of citizenship.
私たちの自信も、そこから来るのです。不確かな運命を自ら作り上げていくよう、私たちひとりひとりに神が求めてくださっているという、その認識に支えられているのです。
This is the source of our confidence, the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.
私たちの自由と、私たちの信念には、そういう意味があるのです。
This is the meaning of our liberty and our creed,
なぜあらゆる人種と信仰の人々が、男性も女性も子供もみんなこの素晴らしいナショナル・モールにこうして集まり、一緒に祝うことができるのか。
why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall,
60年にもならない昔だったら、この近所のレストランで注文さえさせてもらえなかったはずの父をもつ男が、なぜ今こうして皆さんの前で最も崇高な誓いをたてることができたのか。
and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant, can now stand before you to take a most sacred oath.

なのでぜひ今日のこの日、自分たちが何者で、どれだけ進歩してきたか改めて心に刻んで、記念としましょう。
So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled.
アメリカが誕生した年の、極寒の月のことです。凍てつく川辺で消えてしまいそうな焚き火を囲んで、いくばくかの愛国兵たちが身を寄せ合っていた時のことです。
In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river.
首都は見捨てられ、
The capital was abandoned.
敵軍は前進していた。
The enemy was advancing.
雪は血で染まっていた。
The snow was stained with blood.
独立戦争の行方がもっとも疑わしかったその瞬間に、この国の建国の父は、兵士たちにこの言葉を読み聞かせるよう指示したのです。
At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

「未来の世界に伝えるべし。
"Let it be told to the future world...
希望と善行しか生き残れないような厳冬の極寒の中、
that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...
共通するひとつの危険に危機感を抱いた街と国は、危険に立ち向かうべく乗り出したのだ」
that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet it."

アメリカよ。
America!
困難ひしめくこの冬にあって、共通するひとつの危険を前にした今、時代を超越したこの言葉を覚えておきましょう。
In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words.
希望と善行をもって、氷浮く凍てついた激流に再び挑んで、どんな嵐がやってこようとも耐えしのぎましょう。
With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come.
子供たちの子供たちが語り継いでくれるように。
Let it be said by our children's children
試練に遭って私たちは、この旅路の中断を受け入れなかったと。
that when we were tested we refused to let this journey end,
後戻りもしなかったし、ふらつきもしなかったと。
that we did not turn back nor did we falter;
そして地平線をしっかり見据え、神の恩寵を身に受けて、自由という偉大な賜物を携えて前に進み、それを未来の世代に無事に伝えていったのだと。
and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.
ありがとう。
Thank you.
神の祝福がありますように。
God bless you.
そして神がアメリカ合衆国を祝福くださいますように。
And God bless the United States of America.

comment(0)  trackback(0)

オバマ大統領就任記念コンサート・・・②

2009.01.19

category : Bon Jovi

A Change is Gonna Come / Bon Jovi & Bettye Lavette


Pink Houses / John Mellencamp



One Love / WILL.. I. AM & Herbie Hancock & Sheryl Crow



Pride, City Of Brilliant Lights / U2



American Pie / Garth Brooks



This Land is Your Land / Pete Seeger & Bruce Springsteen



America The Beautiful / Beyonce

comment(0)  trackback(0)

#078 THE RISING

2009.01.19

category : Bruce Springsteen

民主党候補選の時期からずっとオバマを支持し、誰よりも熱心に応援活動をしてきたスプリングスティーン。その強い信念のもと念願がかない、ついにオバマ大統領就任式が目前にせまってます。アメリカおよび全世界が異様な盛り上がりを見せてますね。
やはりこれは歴史的な出来事なのでしょう。

明後日20日に正式に大統領就任式を控えてますが、その前の昨日18日に祝賀イベントの記念コンサートがワシントンD.C.のリンカーン・メモリアルにて行われました。

picture1.jpg


その出演アーティストが凄い

歌ではブルース・スプリングスティーン、メアリーJ.ブライジ、ボン・ジョヴィ、ジェームス・テイラー、ジョン・メレンキャンプ、シェリル・クロウ、スティーヴィー・ワンダー、U2、ビヨンセなどそうそうたる顔ぶれ。

俳優ではトム・ハンクスやデンゼル・ワシントンなどもスピーチでお祝いをしていました。

(それにしても日本のメディアではまずビヨンセ→スティーヴィー・ワンダー→U2→ブルース・スプリングスティーンとういう序列で放送している感じでした。。)

400_bspringsteen_090118_mngan_84348961.jpg

83125_bono-serenades-the-american-people-and-president-elect-obama-at-the-event.jpg

090118concert1.jpg

281x211.jpg


#078 THE RISING
Bruce Springsteen

前方には何も見えない 
Can't see nothin' in front of me 
背後に何があるかもわからない 
Can't see nothin' coming up behind 
この暗闇の中を俺は突き進むが 
I make my way through this darkness 
俺を縛るこの鎖しか感じられない 
I can't feel nothing but this chain that binds me 
どのくらい進んだのかもわからない 
Lost track of how far I've gone 
どのくらい進んだのか、どのくらい登ったのか 
How far I've gone, how high I've climbed 
背中にあるのは60ポンドの石 
On my back's a sixty pound stone 
肩の上には半マイルもある鋼 
On my shoulder a half mile line 

さあ、立ち上がるんだ 
Come on up for the rising 
君の両手を俺の手の上に置くんだ 
Com on up, lay your hands in mine 
さあ、立ち上がろう 
Come on up for the rising 
立ち上がるんだ、今夜! 
Come on up for the rising tonight 

今朝、家を出ると 
Left the house this morning 
あたりに非常ベルが鳴り響いた 
Bells ringing filled the air 
自分の使命の十字架を背負って 
Wearin' the cross of my calling 
俺はこの場に転がりやって来た、消防車に乗り込んで。 
On wheels of fire I come rollin' down here 

さあ、こっちへ来て立ち上がるんだ 
Come on up for the rising 
君の両手を俺の手の上に置くんだ 
Come on up, lay your hands in mine 
さあ、立ち上がろう 
Come on up for the rising 
立ち上がるんだ、今夜! 
Come on up for the rising tonight 

Li Li Li Li Li Li Li  
Li Li Li Li Li Li Li  

俺の頭の上や背後にいくつもの霊が 
Spirits above and behind me 
顔がなく目だけが輝いている 
Faces gone, black eyes burnin' bright 
彼らの貴重な血が俺を縛ってくれますように 
May their precious blood forever bind me 
神様の輝く光の前に立ち祈る 
Lord as I stand before your fiery light 

Li Li Li Li Li Li Li  
Li Li Li Li Li Li Li  

メアリー、お前を庭で見かけたよ 
I see you Mary in the garden 
ため息ばかりついて庭にいるのを 
In the garden of a thousand sighs 
子供達の聖なる写真も見える 
There's holy pictures of our children 
光り輝く幻の中で踊りながら 
Dancin' in a sky filled with light 

俺を抱くお前たちの腕を感じたい・・・ 
May I feel your arms around me 
お前たちの血が俺の血と混ざるのを感じたい・・・ 
May I feel your blood mix with mine 
奇跡の命が俺にやどる 
A dream of life comes to me 
絶対絶命の中で踊るナマズみたいに 
Like a catfish dancin' on the end of the line 

暗黒と悲しみの空 
Sky of blackness and sorrow ( a dream of life) 
愛の空、涙の空 
Sky of love, sky of tears (a dream of life) 
栄光と悲しさの空 
Sky of glory and sadness ( a dream of life) 
慈悲の空、恐怖の空 
Sky of mercy, sky of fear ( a dream of life) 
思い出と影の空 
Sky of memory and shadow ( a dream of life) 
お前の燃える風が俺の両腕を満たす 
Your burnin' wind fills my arms tonight 
あこがれと空虚の空 
Sky of longing and emptiness (a dream of life) 
欠けたところのない空、祝福された人生の空 
Sky of fullness, sky of blessed life ( a dream of life) 

さあ、こっちへ来て立ち上がるんだ 
Come on up for the rising 
君の両手を俺の手の上に置くんだ 
Come on up, lay your hands in mine 
さあ、こっちへ来て立ち上がろう 
Come on up for the rising 
立ち上がるんだ、今夜! 
Come on up for the rising tonight 

Li Li Li Li Li Li Li・・・ 
Li Li Li Li Li Li Li・・・  











comment(0)  trackback(0)

#077 She was hot

2009.01.18

category : The Rolling Stones

昨日に続いてストーンズ特集第2弾

この映像は昨年の暮れに見に行ったマーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリー映画「Shine a Light」から。

さすが劇場で見たので大迫力でした。
キースはクールだし、ミックはとても65歳には思えないくらいの激しい動き

コラボしたクリスティーナ・アギレラの迫力とバディ・ガイの眼力が意外にも心象に残りました。。



SHE WAS HOT
(M. Jagger/K. Richards)

ニューヨークは寒くてやる気がでない 
New York was cold and damp  
テレビもくだらないものばかり 
TV is just a blank  
いつものつまらない週末の日曜日 
Looks like another dead end Sunday  
まだ早い晩に何したらいい? 
What about an early night  
月曜日なんてクソ食らえだ 
Monday never feels so bright  
そしてベッドは冷たく寂しいまま 
Ooh the sheets feel cold and lonely  

雨の中わざわざ、外出なんて誰がするかって? 
Who wants to brave the pouring rain
一杯のシャンパン目当てに 
For a glass of French champagne?
タクシーを捕まえて、コンドームとオンナを速攻でゲットした 
Well grab a cab, grab a cap and baby, come right by  

彼女は最高にイカしてるーオレのクチに唇を重ねた 
And she was hot - as she kissed my mouth  
彼女は最高にイカしてるーオレは彼女の汗をぬぐう 
She was hot - as I wiped her brow
彼女は最高にイカしてるー彼女はオレを押し倒した 
She was hot - she pinned me to the ground
彼女はさすがだーどうしたらいいのかよく知っている 
She was quick - she knew her way around
彼女は最高にイカしてるーオレは服を引き剥がされた 
She was hot - as she tore my clothes
彼女は最高にイカしてるーいく当てのない女 
She was hot - she had no place to go
彼女は最高にイカしてたー寒い雨の夜のこと・・・ 
She was hot - on a cold and rainy night

デトロイトは曇り空 
Detroit was smoky grey
昔が懐かしく思えるが 
Nothing like the good old days
今は闘っていることに夢中 
Well I got a fever that I'm fighting

オマエと別に付き合おうなんて思っちゃないぜ 
I don't need your company  
惨めなオレをほっといてくれ 
Leave me in my misery
オレは稲妻のような復活を遂げるのさ 
I can take the rebound just like lightning

彼女は最高にイカしてるー50年代のドレスに身を包み 
And she was hot - in a 50's dress
彼女は最高にイカしてるー紅く光る唇 
She was hot - her lips were flashing red
オレは夢中ー彼女の燃えるような肌に 
I was lost - in her burning flesh
オレは興奮してー汗びっしょりだ 
I was hot - I was dripping sweat
彼女は最高にイカしてるーデトロイトの雪の中 
She was hot - in the Detroit snow
彼女は最高にイカしてるーいく当てのない女 
She was hot - she had no place to go
彼女は最高にイカしてたー寒い雨の夜のこと・・・ 
She was hot - on a cold and rainy night

道を踏み外して 
I think I'm going off the rails
楽しみだけに走っちまいそうだ 
Riding down the pleasure trails
オマエが見つけてくれたものに燃えてるんだ 
I was taking passion where you find it

オマエが若くてイカしてて 
Honey when you were young and fresh
その肌に触れて欲しいなら 
And you need the touch of your flesh
見つけた宝物を大事にするんだ 
Go take the treasure where you find it

彼女は最高にイカしてるー溶けた雪の中で 
And she was hot - in the melted snow
彼女は最高にイカしてるーとろけるような心地のよさ 
She was hot - in the molten glow
彼女は最高にイカしてるー彼女は生まれつき心得てる 
She was hot - she got it in the blood
彼女は最高にイカしてるー溢れたダムみたいに 
She was hot - like the dam that bursts
路地を抜けて
Through the avenue
昔の埋め立てられた入江へ 
into the lost bayou
竹のようなビルに入って
Into the tall bamboo,
オレは人間動物園に戻った 
back to the human zoo
お前の幸運を願ってるよ 
I wish you all the best 
また会おうぜ!
I hope we meet again
冷たいシカゴの夜に・・・ 
On a cold Chicago night

She was hot
She was hot
She was hot hot hot
She was hot hot hot.........

冷たいシカゴの夜に・・・ 
On a cold Chicago night

Shine a Light: Original SoundtrackShine a Light: Original Soundtrack
(2008/04/01)
The Rolling Stones

商品詳細を見る


comment(0)  trackback(0)

#076 Jumping Jack Flash

2009.01.14

category : The Rolling Stones

1963年デビュー・・・なんと46年間も第一線で活躍する、泣く子もだまる最強のロック・バンド・・・

それがザ・ローリング・ストーンズ。

あのビートルズが1962年デビューで1970年に解散。
たったの8年しかもたなかったのを考えると、長続きしない性質のあるロックバンドを46年も続けることの凄まじさははかりしれない。

ストーンズの魅力は何と言ってもクールなギターリフだろう。(ギターを弾かない人は分かりにくいと思いますが)
ワルの雰囲気を漂わせたリフをこれでもかっ、と一切の妥協なしに徹底的にやり続けてきた最強のギターバンド。

ブルースという音楽からロックという音楽への橋渡しをしたストーンズの奏でる音色はどこまでも黒っぽく、最高にクールです。


#076 Jumping Jack Flash / The Rolling stones

One Two!

俺はハリケーンのど真ん中で生まれた 
I was born in a cross-fire hurricane 
豪雨の中、俺はママに泣きわめいた 
And I howled at my ma in the drivin' rain 
でももはやどうでもいいぜ 
But it's alright now 
むしろ最高だぜ 
In fact it's a gas  
もう関係ねえ 
But it's alright 
俺は最高にぶっ飛んだ野郎 
I'm Jumping Jack Flash 
冗談みたいに最高だぜ! 
It's a gas , gas , gas 

俺は髭の生えた歯のない婆さんに育てられ 
I was raised by a toothless bearded hag 
ムチを打たれてしつけられた 
I was schooled with a strap right across my back 
でももはやどうでもいいぜ 
But it's alright now 
むしろ最高だぜ 
In fact it's a gas  
でももうそんなの関係ねえ 
But it's alright 
俺はジャンピング・ジャック・フラッシュ 
I'm Jumping Jack Flash 
冗談みたいに最高だぜ! 
It's a gas , gas , gas 

俺は溺れかけて、浜に打ち上げられ 
I was drowned , I was washed up 
死んだも同然と捨てられた 
And left for dead
倒れこみ、血だらけの足に気づく
fell down to my feet and I saw they bled ,
しけたパンの耳のくずどもにはうんざりだ 
And I frowned at the crumbs of a crust of bread
俺はず太い釘を頭にぶっ刺し、王冠を授かった
I was crowned with a spike right through my head ,

right through my head
でももはやどうでもいいぜ
But it's alright now
むしろ最高だぜ
In fact it's a gas
でももうそんなの関係ねえ 
But it's alright
俺は最高にぶっ飛んだ野郎
I'm Jumping Jack Flash
冗談みたいに最高だぜ!
It's a gas , gas , gas

俺はジャンピング・ジャック・フラッシュ 最高だぜ!
I'm Jumping Jack Flash , it's a gas
俺は稲妻のようにハイな野郎 最高だ!
I'm Jumping Jack Flash , it's a gas






とにかくキースのギターの弾き方は

・・・誰もマネできない

comment(0)  trackback(0)

#075 Real Gone

2009.01.12

category : Sheryl Crow

2009年の第1弾は・・・超クールなR&Rナンバー、シェリル・クロウの“Real Gone”。

映画「カーズ」のサントラに収録されていますが、めちゃカッコイイ



#075 Real Gone
Sheryl Crow

生まれはアメリカ バドワイザー仕様のシボレー 
I'm American made, Bud Light Chevrolet
ママがボクに善悪を教えてくれた 
My momma taught me wrong from right. 
南部生まれだから  
I was born in the South 
ときどき大口をたたくけど 
Sometimes I have a big mouth 
気に入らないことがあったらイヤだって 
When I see something that I don't like 
言わなくちゃ! 
I gotta say it. 

この道を長年ずっと走ってるから 
Well, we've been driving this road for a mighty long time 
標識なんて気にしない 
Paying no mind to the signs 
この辺りもすっかり変わってしまった 
Well, this neighborhood's changed 
昔のような姿はもうない 
It's all been rearranged 
あの集団をぶっちぎってやった 
We left that team somewhere behind. 

スピードを落とせ、クラッシュするぞ 
Slow down, you're gonna crash, 
すごいスリルに叫びたくなる、最高の気分 
Baby you're a-screaming it's a blast, blast, blast 
気をつけな、周りをよく見て 
Look out babe, you've got your blinders on 
みんなが狙ってる、最高にハイになるやり方を 
Everybody's looking for a way to get real gone 
最高にイカすぜ! 
Real gone.  
最高の気分! 
Real gone. 

町に現れた新参者 
But there's a new cat in town 
彼には老いぼれたベテランの仲間がつき 
He's got high-faded friends 
彼こそ歴史を変えてくれる 
Thinks he's gonna change history 
すばらしい男に違いない 
You think you know him so well 
彼がイケてると思ってるでしょう 
Yeah, you think he's so swell 
でも彼は永遠の預言者に過ぎない 
But he's just perpetuatin' prophecy. 

スピードを落とせ、クラッシュするぞ 
Slow down, you're gonna crash, 
すごいスリルに叫びたくなる、最高の気分 
Baby you're a-screaming it's a blast, blast, blast 
気をつけな、周りをよく見て 
Look out babe, you've got your blinders on 
みんなが狙ってる、最高にハイになるやり方を 
Everybody's looking for a way to get real gone  
最高にイカすぜ! 
Real gone. 
最高の気分! 
Real gone. 
Uhh. 

好きなように言ってもいいけど 
Well you can say what you want 
このあたりで言ってはダメ 
But you can't say it 'round here 
捕まえられて、お仕置きをされちゃうよ 
'Cause they'll catch you and give you a whippin' 
そっちが間違ってると言ったときの自分は今でも正しかった信じてる 
Well, I believe I was right when I said you were wrong 
そっちはどうも気に入らなかったようだけど 
You didn't like the sound of that 
そうなんでしょう? 
Now, did ya? 

スピードを落とせ、クラッシュするぞ 
Slow down, you're gonna crash, 
すごいスリルに叫びたくなる、最高の気分 
Baby you're a-screaming it's a blast, blast, blast 
気をつけな、周りをよく見て 
Look out babe, you've got your blinders on 
みんなが狙ってる、最高にハイになるやり方を 
Everybody's looking for a way to get real gone  

さあ、どきな!ちっとも怖くなんかない 
Well here I come and I'm so not scared, 
アクセル全開 両手を高くあげて 
Got my pedal to the metal, got my hands in the air 
注意して、目隠しをはずして 
Look out, you take your blinders off 
みんなが狙ってる、最高にハイになるやり方を 
Everybody's looking for a way to get real gone 
最高にイカすぜ! 
Real gone. 
最高の気分! 
Real gone. 
最高にイカすぜ! 
Ooh! Real gone. 
最高の気分! 
Real gone. 


Cars [Original Soundtrack] [Collector's Edition]Cars [Original Soundtrack] [Collector's Edition]
(2006/06/06)
Thomas Cochrane、

商品詳細を見る


comment(2)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.