FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2009年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (3)

#092 Getcha Back

2009.07.31

category : The Beach Boys

夏といえば、ビーチ・ボーイズ

…1年前も同じようなこと書いていた気がしますが(笑)

この曲は60年代のものではなく、1985年の作品。

PV映像は、当時よくあったようなコメディ青春映画のよう。

海の上を歩く巨大透明ビーチ・ボール(?)、やってみたい



#092 Getcha Back
The Beach Boys

Bow bow bow bow oop
Ahh ooo oohh waaa oooo

こないだの夜僕ら二人の曲が流れてきた
The other night they were playing our song 
ずっと長いこと聞いていなかったけれど 
Hadn't heard it for oh so long 
一瞬で僕のクルマの中での出来事を思い出した 
Took me back darlin' to that time in my car 
君は一晩中泣き明かしたね 僕らはずっと一緒だったから
When you cried all night cause we'd gone too far 

君を取り戻すこと、できるかな 
Can I ever getcha back 
君を取り戻したいよ ベイビー、君を 
Gonna getcha back getcha back 
今になって君を取り戻すことはできるだろうか  
Can I ever getcha back 

一晩中ここで悶々としてるのに疲れちゃったよ 
I'm getting tired laying around here at night 
どこかの誰かが君を抱きしめてると思うと 
Thinkin' 'bout some other guy holding you tight 
奴は金持ちで新車も持ってるかも知れないし 
He may have money and a brand new car 
君を映画スターみたいに扱ってくれるだろうけど  
May even treat you like a movie star 
奴が君にどんなことをしようとも 
And no matter what he ever do for you 
僕以上に愛することなどできるもんか 
He can never love you like I can do 
だからもし僕が彼女と離れ、君が奴と別れれば 
So if I leave her and you leave him 
僕らはもう一度、愛を取り戻せるだろうか 
Can we ever get it back again 

Bow bow bow oop

僕が彼女と別れて  
(Getcha back) I'll leave her 
君が奴と別れるんだ  
(Getcha back) and you leave him 
僕たちふたりで  
(Getcha back) can we baby 
もう一度愛を取り戻そうよ 
(Getcha back) get it back again 


スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

いろいろ野菜☆

2009.07.30

category : 栽培

じゃがいもと茎ブロッコリときゅうり。

DSCN1091.jpg

じゃがいもの実もとりました!
DSCN1092.jpg

きゅうり、トマトなど。。

DSCN1162.jpg

DSCN1160.jpg

DSCN1161.jpg

DSCN1173.jpg


DSCN1176.jpg

あまり育たなかった枝豆。

DSCN1159.jpg

ラディッシュ、トマトなど。

初の試み、“おかひじき”♪

DSCN1199_s.jpg

20090729122245.jpg


モロッコ・インゲンなど。。

なぜかここのところアスパラがまたニョキニョキと出てきた

DSCN1200_s.jpg

ブルーベリーも毎日いっぱい

DSCN1202_s.jpg

今年ついに・・・・

気がついたら、“すだち”の実がなってて驚いた

・・・たった1個ですが

DSCN1100.jpg

comment(0)  trackback(0)

Lizard~トカゲ~

2009.07.24

category : 未分類

それにしても、ウチの庭には、コイツがたくさんいる。。



よく見るとカワイイ顔してるねえ


DSCN1139.jpg


DSCN1141.jpg


DSCN1142.jpg

comment(0)  trackback(0)

ブルーベリー収穫期☆

2009.07.23

category : 栽培

DSCN1022.jpg


毎日たくさんのブルーベリーが採れます

まあまあ大きいのも

DSCN1175.jpg


DSCN1147_s.jpg


DSCN1167_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

庭の木

2009.07.21

category : 栽培

植えたときは30cmくらいしかなかったコニファーがもう2m近くに

エレガンティシマ
Elegantissima
DSCN1164.jpg

ムーングロウ
Moonglow
DSCN1163.jpg

ボールバード
Boulevard
DSCN1158.jpg

これはもう5mくらいまで伸びてしまって届かない

DSCN1157.jpg

こちらも剪定してもすぐに繁ってしまうオリーブ。

DSCN1156.jpg

今収穫期のブルーベリー。
秋は真っ赤に紅葉するし、最高の庭木です

DSCN1165.jpg

山もみじ?っていうのかな。。

DSCN1183_s.jpg

葉っぱと樹形は気に入っているのですが、あんまりきれいに紅葉しません

DSCN1184_s.jpg


DSCN1185_s.jpg


特にはな~んに手入れしてないのですが、順調に年々成長してマス。。

comment(0)  trackback(0)

いろいろ塗装し直し☆

2009.07.20

category : 未分類

DSCN1051_s.jpg

かなりの年代ものになってしまった古い下駄箱とドアをキレイに塗装

DSCN1180_s.jpg



DSCN1179_s.jpg



DSCN1111_s.jpg



DSCN1112_s.jpg



DSCN1186.jpg

部屋の扉も計8枚、塗装

この塗料はお気に入り渋い色、"チャコールブラック”

DSCN1058_s.jpg



DSCN1194.jpg



DSCN1148_s.jpg

庭のテーブルもサンダーがけしてキレイに再塗装

こちらは同じ塗料“ニッペ 水性ウッディガード”の色は“ウォルナット”

DSCN1149_s.jpg



DSCN1169_s.jpg



DSCN1195_s.jpg



DSCN1196_s.jpg

あと数年は使いたいですっ

DSCN1177_s.jpg

comment(0)  trackback(0)

#091 IN THESE ARMS

2009.07.19

category : Bon Jovi

#091 IN THESE ARMS
BON JOVI

君は確約を求めているんだね。
 You want commitment.
この瞳を見れば分かるだろう。
 Take a look into these eyes.
君だけのために燃え続けている、
 They burn with fire, just for you now
いつまでも。
 Until the end of time.
僕は何でもするよ。
 I would do anything.
物乞いも、盗みも、死さえも厭わない。
 I'd beg, I'd steal, I'd die.
今夜、この腕に君を抱けるなら。
 To have you in these arms tonight.
薔薇が雨を求めるように
 Baby I want you like the roses want the rain,
僕は君を求める。
 You know I need you.
苦悩なしには詩人になれないのと同じ。
 Like a poet needs the pain.
何でもあげるさ。
 I would give anything.
僕の血も、僕の愛も、僕の生命さえも。
 My blood, my love, my life.

もし、今夜、君をこの腕に抱けるなら、
 If you were in these arms tonight,
君を抱きしめ、
 I'd hold you,
君を求め、
 I'd need you,
君のために跪き、
 I'd get down on my knees for you,
すべてをうまくいかせてみせる。
 And make everything alright.
もし、君をこの腕に抱けるなら、
 If you were in these arms
君を愛し、
 I'd love you,
君を悦ばせ、
 I'd please you,
もう二度と君を放さないと、
 I'd tell you that I'd never leave you
時の果てまで、愛し続けると言いたい。
 And love you till the end of time
もし、今夜、君をこの腕に抱けるなら。
 If you were in these arms tonight.

太陽を見つめ、
 We stared at the sun
約束をした僕たち。
 And we made a promise.
この世界が僕たちを決して盲目にしないという約束
 A promise this world would never blind us
それらは僕たちの言葉。
 These were our words
僕たちの言葉は僕たちの歌
 Our words were our songs
僕たちの歌は僕たちの祈り
 Our songs are our prayers
祈りが僕に力を与えてくれるんだ。
 These prayers keep me strong
僕はそう信じているよ。
 It's what I believe
もし、今夜、君をこの腕に抱けるなら。
 If you were in these arms tonight.

君を抱きしめ、
 I'd hold you,
君を求め、
 I'd need you,
君のために跪き、
 I'd get down on my knees for you,
すべてをうまくいかせてみせる。
 And make everything alright.
もし、君をこの腕に抱けるなら、
 If you were in these arms
君を愛し、
 I'd love you
君を悦ばせ、
 I'd please you
もう二度と君を放さないと、
 I'd tell you that I'd never leave you
時の果てまで、愛し続けると言いたい。
 And love you till the end of time
もし、今夜、君をこの腕に抱けるなら。
 If you were in these arms tonight.

君の服がまだ部屋中に散らばっている。
 Your clothes are still scatteder all over our room.
二人の古巣には
 This old place still smells like
まだ君の安物の香水の匂いが漂っている。
 Your cheap perfume.
何を見ても、君を思い出してしまうんだ。
 Everything here reminds me of you and there's nothing that,
君の腕に抱かれるためなら、僕はどんなことだってするよ。
 I wouldn't do to be in your arms.

彼らは、それらは僕たちの言葉。
 And these were our words.
それらは僕を強くしてくれる。
 They keep me strong.
君を抱きしめ、
 I'd hold you,
君を求め、
 I'd need you,
君のために跪き、
 I'd get down on my knees for you,
すべてをうまくいかせてみせる。
 And make everything alright.
もし、君をこの腕に抱けるなら、
 If you were in these arms
君を求め、
 I'd want you,
君を悦ばせ、
 I'd please you,
もう二度と君を放さないと、
 I'd tell you that I'd never leave you
時の果てまで、愛し続けると言いたい。
 And love you till the end of time.
もし、今夜、君をこの腕に抱けるなら。
 If you were in these arms tonight.

Keep the FaithKeep the Faith
(1999/02/09)
Bon Jovi

商品詳細を見る


comment(2)  trackback(0)

#090 These Days

2009.07.11

category : Bon Jovi

今日はボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラのバースデイ(ちょうど50歳)


95年のアルバム“These Days”からタイトル曲。

東京ドーム公演でのリッチーのボーカルによるヴァージョン①とジョンのアルバム・ヴァージョン②の2つをUPしました。

①のリッチーのボーカルはソウルフルでかっちょええです。

②のジョンのヴァージョンはあの有名な空耳、「I've got to try」が「ママ、ありがっと チャーハン♪」に聞こえます(2分46秒ころ)


#090 These Days
Bon Jovi

人込みに紛れ
雨をよけながら彷徨い歩いていた
I was walking around, just a face in the crowd,
trying to keep myself out of the rain
浮浪者が発砲スチロールの王冠をかぶっていた
自分もあのようになってしまうのだろうか
Saw a vagabond king wear a styrofoam crown,
wondered if I might end up the same
街角では、男が世の中の移り変わりについて歌っていた
There's a man out on the corner, singing old songs about change
誰もが、逃れられない苦難を抱えて生きている
Everybody's got their cross to bare,
近頃は・・・
these days

彼女は、スーツケースにいっぱいの夢を詰め
She came looking for some shelter with a suitcase full of dreams
居場所を求めて大通りのモーテルにやってきた
ジェームズ・ディーンみたいにスターになろうと
To a motel room on the boulevard, guess she's trying to be James Dean
もう数限りないジェームズ・ディーン気取りを見てきた
She's seen all the disciples and all the "wanna be's"
最近は、自分自身でいたい人はいない
No one wants to be themselves these days
それでもこうした日々にしがみつくしかない
Still there's nothing to hold on to but these days

近頃は、夢が遠のいてくような気がするよ
These days - the stars seem out of reach
近頃じゃ、夢に続く階段も見当たらない
These days - there ain't a ladder on the streets
毎日があっと言う間に過ぎていき、この無節操な時代には愛なんて続かない
These days are fast, love don't last in this graceless age
近頃じゃ、自分たち以外何も残ってないよ…
There ain't nobody left but us these days

ジミー・シューズは両脚を折った 空を飛ぶ練習をしようとして
Jimmy shoes busted both his legs, trying to learn to fly
二階の窓から、目をつぶってジャンプした
From a second story window, he just jumped and closed his eyes
ジミーのママは、頭がどうかしてる、って怒ったけど、ジミーはこう言ったんだ
「ぼくはやらなくちゃ」って
His mamma said he's crazy ,he said mamma "I've got to try"
俺のヒーローはみんな死んじまったけど
Don't you know that all my heroes died
忘れられて消えていくくらいなら死んだ方がマシさ
And I guess I'd rather die than fade away

近頃は、夢が遠のいてくような気がするよ
These days - the stars seem out of reach
近頃じゃ、夢に続く階段も見当たらない
These days - there ain't a ladder on the streets
毎日があっと言う間に過ぎていき、この無節操な時代には愛なんて続かない
These days are fast, love don't last in this graceless age
無垢な心でさえ、夜行列車に乗ってどこかへ行ってしまった
Even innocence has caught the midnight train
近頃じゃ、自分たち以外何も残ってないよ…
There ain't nobody left but us these days

まだローマは燃えたままなんだ
I know Rome's still burning
時代は移り変わっていくけど
Though the times have changed
地球は回り続けてるんだ、このごろだって・・・
This world keeps turning round and round and round and round, these days

近頃は、夢が遠のいてくような気がするよ
These days - the stars seem out of reach
近頃じゃ、夢に続く階段も見当たらない
These days - there ain't a ladder on the streets
毎日があっと言う間に過ぎていき、この無節操な時代には愛なんて続かない
These days are fast, love don't last in this graceless age
無垢な心でさえ、夜行列車に乗ってどこかへ行ってしまった
Even innocence has caught the midnight train
近頃じゃ、自分たち以外何も残ってないよ…
There ain't nobody left but us these days

These DaysThese Days
(1999/02/09)
Bon Jovi

商品詳細を見る







comment(2)  trackback(0)

ウインブルドン2009 ロジャー・フェデラーが死闘を制す!!

2009.07.06

category : tennis



いや~  長かった長かった。。

5-7、7-6、7-6、3-6ときて最終セット・・・

16-14でアンディ・ロディック(アメリカ)を破り、2年ぶり6度目の優勝を果たしました。

それにしてもロディックの粘りとがんばりは凄かったです。

総ゲーム数も最多記録の77ゲーム

どちらが勝ってもおかしくない、ホント死闘と呼べる名勝負でした!

フェデラーは4大大会通算優勝回数を15とし、ピート・サンプラス(米国)を抜いて歴代単独最多となりました。

恐るべしフェデラー



b_13_roddickfederer_01_getty_c_brunskill.jpg



federer_empics_large.jpg



m_013_roddick_104_getty_c_brunskill.jpg



b_13_federer_20_epa_j_finney.jpg



comment(0)  trackback(0)

#089 7月4日のアズベリー・パーク(サンディの歌)

2009.07.04

category : Bruce Springsteen

今日は7月4日なので、この曲を。

ブルース・スプリングスティーンの2枚目のアルバム、” 青春の叫び“に収録されている
“7月4日のアズベリー・パーク(サンディの歌) 4th of July, Asbury Park (Sandy)“

副題にある”サンディ”と呼ばれるこの曲を聴くと、若かりしボスやバンドのメンバーが地元アズベリー・パークの海沿いで過した青春時代の風景を想像させてくれます。。

ブルースやバンドのメンバー達の中にも、この曲にはそういった思い出がつまってるようです。

今は亡き、ダニー・フェデリーシが最後にステージで演奏した曲もこの曲です。
以下がそのときのブルースとダニーのやりとりです。

「数週間前、ダニーと一緒に演奏する最後となってしまったインディアナポリスでのライブでステージに上がる前に俺はダニーに何を演奏したいか訊いたら、ダニーは『サンディ』だと答えた。アコーディオンを抱えて、もう1度訪れたかったんだと思う。若い頃、夏の夜に俺達が歩き続けた海沿いの板道を。」

ダニーが奏でるアコーディオンのメロディーは・・・キラキラと光る夏の夜の海のように響いてきます


#089 7月4日のアズベリー・パーク(サンディの歌)
4th of July, Asbury Park (Sandy)
Bruce Springsteen & The E.Street Band

[Spoken intro:] All right!
サンディ、花火がすごくきれいだよ 今夜リトル・エデンでは…
Well, Sandy, the fireworks are hailin' over Little Eden tonight
酔っぱらい達の顔にも花火の光が照らされている
Forcin' a light into all those stoned-out faces
この7月4日に行くところもない連中
left stranded on this fourth of July
街のサーキットは飛び出しナイフのような恋人達でいっぱい
Down in town the Circuit's full with switchblade lovers,
とても素早く 輝きを放ち 切れ味の鋭いナイフのように…
so fast, so shiny, and sharp
名人たちがピンボールに興じてる
And them wizards play down on Pinball Way
ボードウォーク脇のアーケードでは
on the boardwalk way past dark
カジノから出てきた少年たちはシャツの胸を開けて踊る 
And the boys from the casino dance with their shirts open
まるで海辺のラテン系の恋人たちのように 
like Latin lovers along the shore
ニューヨークの軽い女の子を追いかけながら・・・ 
Chasin' all them silly New York girls

おぉ、サンディ オーロラが背後に昇ってゆく・・・ 
Oh, Sandy, the aurora is rising behind us
カーニバルのような俺たちの毎日を、桟橋のキラキラとした光が永遠に照らす 
The pier lights our carnival life forever
今夜俺を愛してくれ だって二度とお前には会えないかもしれないから 
Love me tonight, because I, I may never see you again
おお、サンディー・ガール・・・ 
Whoa, Sandy, girl

街のチンピラ達 通りをうろついたり、警察にパクられてるよ
Well, now, the greasers, they tramp the streets or get busted
ビーチで一晩過ごそうとして…
for trying to sleep on the beach all night
かかとの高いクツをはいた少年たち 
And them boys in their spiked high heels,
ああサンディ、ヤツらの肌はすごく白いんだ
ah, Sandy, their skins are so white
俺はもう埃っぽいゲームセンターで過ごすのはうんざりだ
And me, well, I just got tired of hangin' in them dusty arcades,
夢中にマシーンをバンバン叩いたりして 
bangin' them pleasure machines
ファクトリー・ガールをボードウォークの下まで追いかけるのも
Chasin' the factory girls underneath the boardwalk,
ジーンズを脱いでくれる約束の場所さ
where they all promise to unsnap their jeans
サウスビーチにある遊園地の乗り物、知ってるだろ?
You know that tilt-a-whirl way down on the south beach drag
昨日の夜それに乗ったら、シャツが引っかかちまった
Well, I got on it last night and my shirt got caught
ジョーイが回し続けるから
And that Joey kept me spinnin'
二度と降りれないかと思ったよ。
I didn't think I'd ever get off

おぉ、サンディ オーロラが背後に昇ってゆく・・・ 
Oh, Sandy, the aurora is rising behind us
カーニバルのような水辺の毎日を、桟橋のキラキラとした光が永遠に照らす 
The pier lights our carnival life on the water
夜の浜辺を走ったのを思い出すよ 
Now, I remember runnin' down the beach at night
ボスの娘と一緒に
with my old boss's daughter
彼はもう俺のボスじゃないぜ、サンディ。 
Well, he ain't my boss no more, Sandy

サンディ、あのエンジェル達はもう俺達への情熱は失ったようだよ 
Now, Sandy, the angels have lost their desire for us
昨夜彼女達と話したんだ 
You know, I spoke to 'em just last night
もう俺達には燃えないと言ってた 
and they said they won't set themselves on fire for us anymore
毎年夏になって暖かくなってくると
Every summer when the weather gets hot
ヤツらは天国からやってくるんだ
They ride that road down from heaven,
ハーレーに乗り込みやって来る
on their Harleys they come and they go
スターみたいに着飾って飲んでる奴らもいる
And you can see 'em dressed like stars
みんな海沿いの小さいバーでだけど
in all the cheap little seashore bars
駐車した車の中で愛し合う恋人たち…ココモあたりでは
And parked making love with their babies out on the Kokomo
警察がついにマダム・マリーを逮捕したらしいな
Well, the cops finally busted Madame Marie
実際よりも良すぎる未来を占った容疑で
for tellin' fortunes better than they do
このボードウォークの生活ももう終わりさ… 
This boardwalk life for me is through
お前だってもうこんな生活、卒業だって思ってるだろ 
You know, you ought to quit this scene too

サンディ オーロラが背後に昇ってゆく・・・ 
Oh, Sandy, the aurora is rising behind us
カーニバルのような俺たちの毎日を、桟橋のキラキラとした光が永遠に照らす 
The pier lights our carnival life forever
聞いてくれ!今夜俺を愛してくれ そして俺は約束するよ、お前を永遠に愛し続けることを 
Now listen! Love me tonight and I promise that I'll love you forever
誓うよ!
Swear!

Whoa, oh, oh, oh, oh, oh, oh
How about it?



The Wild, the Innocent & the E Street ShuffleThe Wild, the Innocent & the E Street Shuffle
(1988/06/15)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る




The live 31 Dec 1980 version




The live 18 Nov 1975 version

comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad