FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (3)

#227 GROWIN' UP / Bruce Springsteen & The E.street Band

2011.06.29

category : Bruce Springsteen

曲間に長い寸劇を含むこのバージョンは“GROWIN' UP ”の中でも有名ですが、ビッグマンとの出会いの物語はこうしてライブの間にいくつか紹介されています。

いずれも面白おかしく脚色がしてありますが、運命的であり奇跡的な出会いであることは間違いなく、ブルースとクラレンスや他のバンドのメンバーたちはこのように出会い、“血を分けた兄弟(ブラッドブラザーズ)”の誓いを交し合ったのでしょう。








#227 GROWIN' UP (story) / Bruce Springsteen & The E.street Band

これは今日ここにいる古いファンのための曲だ。 
だってほら 昔むかしの話・・・ 

真夜中、俺の体は石になったみたい 
I stood stone-like at midnight  
他人の振りをして窒息しそうなくらいに 
suspended in my masquerade 
だから俺はカッコよくキマるまで髪にクシをいれ 
I combed my hair till it looked just right  
夜の軍団に命令を下した 
and commanded the night brigade, hey! 
痛みにさらされ、雨に邪魔されながら 
I was open to pain and crossed by the rain,  
俺は曲がった杖をついて歩いた 
I walked on a crooked crutch 
危険地帯にたった一人で入り込んだけど 
I strode all alone into a fallout zone,  
なんとか魂は汚されずに脱出できた 
came out with my soul untouched 
群集の混乱した怒りの中に身を隠したけど 
I hid in the clouded wrath of the crowd,  
連中の“座れ!”の声に俺は立ち上がった! 
when they said "sit down" I stood up 
ああ 大人になるっていうのは・・・ 
Ooh, ooh, growin' up, yeah 

俺の船のマストからは、海賊の旗がはためき 
Now the flag of piracy flew from my mast,  
帆は翼のようにセットされた 
my sails were set wing to wing 
一等航海士にはジュークボックスがいる 
I had a jukebox graduate for first mate,
上手に船は操れないが、歌は得意さ 
she couldn't sail but she sure could sing 
俺はB52をブルーズで爆撃し 
Well I pushed B-52, bombed 'em with the blues,  
俺のギアを不屈の心に切り替える 
with my gear set stubborn on standing 
ルールはすべて破り、母校を狙い撃ちした 
I broke all the rules, strafed my old high school,
もう一度着陸しようなんて考えもしなかった 
never once gave thought to landing 
群集の混乱した怒りの中に身を隠したけど 
Hid in the clouded wrath of the crowd,
連中の“降りてこい!”の声に俺はツバを吐きかけた 
when they said "come down" I threw up! 
俺の運動靴に  
On my school shoes! 
ああ 反抗するってことは・・・  
Growin' up 

Come on Big Man! 

[Spoken:] Now there I was. I was still in high school, but I wasn't doing too good. I was doing bad in my studies and they sent me down to see the guidance counselor, and I walked in and he said, "Mr. Springsteen, what seems to be your problem?" So I said, "Well, Sir, it's like, you see, I don't have any interest in anything, I don't know what I want to do with myself, I don't care what's going on around me, I ain't got any faith, I don't have any hope in anything, I don't have any close interpersonal relationship with a member of the opposite sex, I don't have, uh..." He said, "Oh, that's, that's too big a problem, you better go home and talk to your folks about it." So I went home and I went in the kitchen and my Pop was in there and I said, "Pop, man, I got sent home from school, I been in a lot of trouble lately and, I really gotta talk to you about something. I don't know what's gonna happen with me, I don't, I don't have any interest in anything, I daydream in class all the time and I don't have any faith in anything, in myself, I don't have any hope in anything," and he said, "Will you get me another beer out of the icebox?" So that was it. I decided I was gonna do myself in. I was gonna end it all. I was gonna say, "Goodbye cruel world." Yeah! So I got out and I hitchhiked down to Asbury Park, I was gonna jump in the ocean and drown myself. I was sitting there on the boardwalk, contemplating the water temperature, when all of a sudden, in the distance, this big handsome dude came walking. He kind of sat down next to me, I started saying my prayers, but we kind of got talking. I was telling him all about my problems, then he started telling me all about his problems, then we cried on each other's shoulder for a while. But we decided that we'd make a good team and we became partners. That's right, that's right, that's right. [Clarence: That's right] And Clarence, he said that he knew a gypsy lady that could help us out with our troubles, so over to the gypsy we went. It was late at night, the boardwalk was deserted. We walked in. We paid our 2.50 each, I had to loan Clarence his 2.50, and she looked into the crystal ball and she said, "You boys are in a lot of trouble." Paid another 2.50. I didn't get it back yet, either. [chuckles] And we looked, she looked into the crystal ball and then she said, "You boys are gonna go on a real long trip. You're gonna seek out new forms of life. You're gonna explore new worlds. You're gonna go where no men have ever gone before, and stay twice as long, and have a lot of fun doing it too." And she gave us a map to the secret of the world and she said if we followed that map at midnight, we'd find the answers to all our troubles. So that night we got into Clarence's Oldsmobile and we started driving south down Route 9, south through the rain, down through Lakewood, down through Freehold, down through Toms River, and a hurricane hit, and then a tornado blew across the highway, and then a blizzard hit, and then a heat wave broke, and then the, the roof flew off the car, and then we got two flat tires, and then the fenders flew off, and then the engine block cracked, and then the carburetor went, and then the windows blew out, and then and then and then....the radio broke! You know what that's like! But there we were, on the side of this dark dirt road, and according to the map what we were looking for was just on the other side of those woods. So into the forest we went. It was spooky in there. There were sounds coming from all over the place, sounded like werewolves. Sounded like homicidal cows. Sounded like mad dogs barking. Sounded like the Jersey Devil out there! And, now, Big Man, I ain't ever heard of no killer beasts, like, in New Jersey or nothing, did you? No? I heard of, like, killer hamburgers, but I didn't know killer beasts. I think we're safe out here, don't you? Yeah. We're alright. I think I hear something behind us. I think I hear something behind us. I think I hear something behind us. Clarence, oh, Clarence. [Bruce and Clarence whimper] Whooa! And all of a sudden up behind us came these two big man-eating bears, but instead of jumping on us and making us their dinner, they were acting kind of friendly, and they said that they weren't mean, but that they were just lonely, and that they'd been out in the woods for a long time by themselves after they escaped from the circus 'cause they got tired of living in them cages, and they say that if we'd be their friends, that they'd help us find what we were looking for. And so back into the forest we went. And all of a sudden the clouds pulled away from the moon, and there in a clearing we saw the answer to our quest. And then we said goodbye to the bears for the last time. And as we stood there in the moonlight we knew that everything was gonna be alright, because, because, when we touched...

成層圏で俺はひと月の休暇をとった 
I took month-long vacations in the stratosphere,  
息をするのも大変なところだぜ 
you know it's really hard to hold your breath  
俺はそれまで愛し恐れたものを全て失った 
I swear I lost everything I ever loved or feared,
俺は宇宙で暮らす子供だったんだ 
I was the cosmic kid 
俺の両足はやっと地球に着陸し根を生やしたけど 
My feet they finally took root in the earth,
星々にはちょっとした素敵な場所も手に入れた 
well I got me a nice little place in the stars 
宇宙へのカギを見つけたんだ 
I swear I found the key to the universe  
停めてあった古い車のエンジンルームに 
in the engine of an old parked car 
群集の混乱した怒りの中に身を隠したけど 
We hid in the clouded wrath of the crowd,
連中の“降りてこい!”の声に俺たちは・・・ 
when they said "come down," we said...
ああ 自分らしく生きるっていうことは・・・ 
Ooh, ooh, growin' up
成長するってことは・・・
Growin' up 

あばよ、ニュージャージー! 
俺たちは空を行く・・・ 
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

#226 Blood Brothers / Bruce Springsteen & The Estreet band

2011.06.23

category : Bruce Springsteen

将来への不安を抱えながら、同じ夢を目指し誓い合うバンドメンバーたちは世の中にいくらでもいる。

しかし多くのバンドは、世の中からの容赦のない現実をつきつけられ、やがてあきらめてゆく。

そこには堅く強い信頼と結束が必要とされるからだ。

まるで嵐の中の兵士たちが互いの手をとり合いながら戦うときのような・・・。


いくつもの困難を互いに助け合い、乗り越えた者たちだけが知っている絆・・・


40年近くも長きに渡って共に活動してきたブルース・スプリングスティーンとそのバンド、Eストリートバンドにはまさにその絆があり、彼らこそが“血を分けた兄弟(ブラッド・ブラザーズ)”なのだろう。



















こちらは“Blood Brothers ”alternativeヴァージョンで、二人のEストリーター、クラレンスとダニーに捧げられています。




#226 Blood Brothers / Bruce Springsteen & The Estreet band

俺たちはお山の大将を気取っていた 町の外れで 
We played king of the mountain out on the end 
でも丘まで現実の世界が勢いよく駆け上がってきて 
The world come chargin' up the hill,  
いつまでも子供じゃいられなくなった 
and we were women and men 
今じゃ、日々の時間に追われ 
Now there's so much that time,  
あの頃の思い出は少しずつ薄れてゆく 
time and memory fade away 
俺たちには進むべき道があったし 
We got our own roads to ride  
チャンスをつかまなきゃならなかった 
and chances we gotta take 
俺たちはお互いのために戦い、並んで立ち続けた 
We stood side by side each one fightin' for the other 
そして誓い合った、俺たちは死ぬまで 
We said until we died we'd always be  
“血を分けた兄弟(ブラッドブラザーズ)”だと… 
blood brothers 

この世の中の厳しさが、少しずつ夢を砕いてゆく 
Now the hardness of this world slowly grinds your dreams away 
誓った約束は、愚か者の戯言とされ 
Makin' a fool's joke out of the promises we make 
かつては白黒はっきりとしていたものが 
And what once seemed black and white  
薄い灰色に変わっていき 
turns to so many shades of gray 
俺たちは自分自身を見失ってゆく 
We lose ourselves in
やらなければならない仕事や請求書のために 
work to do and bills to pay 
とにかく走り続けた、助けもないままに 
And it's a ride, ride, ride, and there ain't much cover 
共に走ってくれる者もいない 俺と血を分けた兄弟よ 
With no one runnin' by your side my blood brother 

道の途中で破れた死者の館を通り抜け 
On through the houses of the dead
past those fallen in their tracks 
いつも前だけを向き、決して後ろを振り返らなかった 
Always movin' ahead and never lookin' back 
俺は自分が分からなくまっちまってる 
Now I don't know how I feel,  
今夜の気分さえ分からない 
I don't know how I feel tonight 
俺は車輪の下敷きになっちまったのかどうかも 
If I've fallen 'neath the wheel,  
視力を失ってしまったのか得たのかも 
if I've lost or I've gained sight 
なぜだか分からないんだ 
I don't even know why,  
なぜこんな電話をしたのか・・・ 
I don't know why I made this call 
今やってることに意味があるのかどうかさえも 
Or if any of this matters anymore after all 
でも星が明るく輝いている 
But the stars are burnin' bright  
なにかの謎が解けたかのように 
like some mystery uncovered 
俺は暗闇の中を歩き続ける、お前のことを心に思いながら 
I'll keep movin' through the dark with you in my heart 
俺の“血を分けた兄弟(ブラッドブラザー)”よ・・・ 
My blood brother 

comment(0)  trackback(0)

Last but not least・・・

2011.06.20

category : Bruce Springsteen

“ビッグマン”が死んじゃった・・・。

・・・し、信じられない。

あんなにも山のように大きく、川のように流れるメロディを奏で、岩のようにロックしていた唯一無二のサックスプレイヤー、“ビッグマン”クラレンス・クレモンズ。

またいつの日か、あの姿をステージの上で見せてくれ・・・その願いも届かず6月18日午後7:00.享年69歳で亡くなってしまった。

しかし世界中の人の胸の中で、クラレンスのサックスの音はいつまでも鳴り響いています。

ブルース・スプリングスティーンは6月18日に亡くなったクラレンス・クレモンズについて、下記の追悼コメントを発表しました。

「クラレンスは素晴らしい人生を生きました。彼は人びとへの愛情に満ちた心の持ち主で、そんな彼だからこそ人びとが愛したのです。彼は実に素晴らしい大家族を築きました。彼はサックスを愛し、ファンを愛し、毎晩舞台に立つと自分の持つすべてを捧げました。彼の死は測り知れない損失ですが、僕らは彼と知り合って、約40年間もそのそばに立つ機会を得られたことを名誉に思い、感謝しています。彼は僕の最高の友人であり、パートナーであり、彼が隣に居てくれたおかげで、僕のバンドと僕は自分たちの音楽の中にある物語をはるかに深く語ることができました。彼の人生、彼の思い出、彼の愛情はその物語の中と僕らのバンドの中で永遠に生き続けます」
-- ブルース・スプリングスティーン

以下原文
Clarence lived a wonderful life. He carried within him a love of people that made them love him. He created a wondrous and extended family. He loved the saxophone, loved our fans and gave everything he had every night he stepped on stage. His loss is immeasurable and we are honored and thankful to have known him and had the opportunity to stand beside him for nearly forty years. He was my great friend, my partner, and with Clarence at my side, my band and I were able to tell a story far deeper than those simply contained in our music. His life, his memory, and his love will live on in that story and in our band.
-- Bruce Springsteen



あまりにも突然で、まだまだ信じられない気持ちで一杯ですが
せいいっぱいご冥福をお祈りいたします。


1_20110620173126.jpg














comment(0)  trackback(0)

#225 The Promised Land / Bruce Springsteen & The E.Street Band

2011.06.17

category : Bruce Springsteen

fff_20110617123138.jpg

ステージに仁王様のように立ち、サックスを奏でる“ザ・ビッグマン”、クラレンス・クレモンズ。
この圧倒的な存在感。

CLARENCE-CLEMONS.jpg

そして彼のサックスのメロディはファンなら皆歌えるであろう・・・そのくらい心に残っています。
メインのメロディを壊さずに引き立てながら、時にそれを越えてしまう素晴らしさ。

世界中が彼の回復、そして復活を願っています。

And I believe in the recovery of his・・・

Super+Bowl+XLII+Halftime+Show+DbvYCRJ7KIEl.jpg



2003年のバルセロナでのLIVE





1988年のパリ クラレンスと二人だけのアコースティック演奏。





#225 The Promised Land / Bruce Springsteen & The E.Street Band

ユタの砂漠のガラガラヘビが出るサーキットで 
On a rattlesnake speedway in the Utah desert 
俺は賞金を手にして、町へと戻って行く 
I pick up my money and head back into town 
ウェインズボロの郡境を車で越え 
Driving cross the Waynesboro county line 
俺はラジオをつけ、ただ時間をつぶしてる 
I got the radio on and I'm just killing time 
昼間は親父の修理工場で働き 
Working all day in my daddy's garage 
夜は幻影を追い求め一晩中車を転がす 
Driving all night chasing some mirage 
もう間もなくさ、ダーリン 俺はこんな生活から抜け出してやる 
Pretty soon, little girl, I'm gonna take charge 

メイン・ストリートの犬達が遠吠えしている 奴等には分かってるんだ 
The dogs on Main Street howl 'Cause they understand 
ほんの一瞬だけでもこの手につかむことができるなら 
If I could take one moment into my hands 
ミスター 俺はもうガキじゃない、俺は一人前なんだ 
Mister, I ain't a boy, no I'm a man 
そして俺は“約束の地”を信じている 
And I believe in a promised land 

俺は真っ当に生きようと精一杯がんばってきた 
I've done my best to live the right way 
毎朝きっちり起きて、仕事に出かける 
I get up every morning and go to work each day 
けどいつの間にか周りが見えなくなり、血が冷めてゆく 
But your eyes go blind and your blood runs cold 
時々俺はくじけそうになり、爆発してしまいたくなっちまう 
Sometimes I feel so weak I just want to explode 
爆破して引き裂きたくなるんだ、この街ごと全部 
Explode and tear this whole town apart 
ナイフを手に取り、心臓からこの苦痛を切り取ってしまいたい 
Take a knife and cut this pain from my heart 
何かをおっ始めたくてウズウズしてる誰かに出会いたいんだ 
Find somebody itching for something to start 

メイン・ストリートの犬達が遠吠えしている 奴等には分かってるんだ 
The dogs on Main Street howl 'Cause they understand 
ほんの一瞬だけでもこの手につかむことができるなら 
If I could take one moment into my hands 
ミスター 俺はもうガキじゃない、俺は一人前なんだ 
Mister, I ain't a boy, no I'm a man 
そして俺は“約束の地”を信じている 
And I believe in a promised land 

砂漠の地表から黒い雲が巻き上がっている 
There's a dark cloud rising from the desert floor 
俺は荷物をまとめ、嵐のど真ん中へと突っ込んでいく 
I packed my bags and I'm heading straight into the storm 
竜巻となり、何もかも吹き飛ばしてやる 
Gonna be a twister to blow everything down 
しっかりと地に足がついていなく信念を持ってない奴らを 
That ain't got the faith to stand its ground 
吹き飛ばすんだ お前を苦しめる悪い夢を 
Blow away the dreams that tear you apart 
吹き飛ばすんだ お前の心を引き裂いてしまう悪い夢を 
Blow away the dreams that break your heart 
吹き飛ばすんだ お前に空しさと絶望感しかもたらさない嘘を 
Blow away the lies that leave you nothing
but lost and brokenhearted 

メイン・ストリートの犬達が遠吠えしている 奴等には分かってるんだ 
The dogs on Main Street howl 'Cause they understand 
ほんの一瞬だけでもこの手につかむことができるなら 
If I could take one moment into my hands 
ミスター 俺はもうガキじゃない、俺は一人前なんだ 
Mister, I ain't a boy, no I'm a man 
そして俺は“約束の地”を信じている 
And I believe in a promised land 
そして俺は“約束の地”を信じている 
And I believe in a promised land 
そして俺は“約束の地”を信じている 
And I believe in a promised land 


comment(0)  trackback(0)

#224 YOU'RE A FRIEND OF MINE / Clarence Clemons & Jackson Browne

2011.06.15

category : Jackson browne

“ザ・ビッグマン”ことクラレンス・クレモンズが脳卒中で倒れたというニュースが入りました。スプリングスティーンのバンドであるEストリートバンドの要であるSAX奏者“ザ・ビッグマン”。他のメンバーも同様ではあるが、彼がいないEストリートバンドはどうしても考えれられない。
一時は危篤状態ともいわれてましたが、少し快方に向かっているとのこと。
何としてももう一度復活し、再びステージであの雄姿を見せて欲しいです。

この曲は1985年のクラレンスのソロアルバムからのシングルでジャクソン・ブラウンとのデュエット。当時ジャクソン・ブラウンと付き合ってた女優のダリル・ハンナも出ています。







#224 YOU'RE A FRIEND OF MINE / Clarence Clemons & Jackson Browne

うまく行ってないのかい?
Striking out?
僕を当てにしなよ
Well count me in
何があったって僕は君の味方だよ
I'm gonna stand right by your side through thick or thin
本当だよ
Ain't no doubt
うまく行くって
Gonna win
この修羅場も昔の俺たちに比べれば大したことはないさ
A walk through hell ain't bad compared to where we've been

僕を頼っていいよ
Oh you can depend on me
何度だって 
Over and over... over and over
しっかり覚えていてくれよ
Know that I intend to be
涙を流すほど君を笑わせるからな
The one who who always makes you laugh until you cry
僕を当てにしてくれよ 君が生きてる限りね
And you can call on me until the day you die

年月は過ぎてゆくだろうけど
Years may come and go
はっきりしてることがひとつある
Here's one thing I know
生涯を通して
All my life
君は僕の友達さ
You're a friend of mine

あの時やりあった議論
That argument
今でも忘れてないよ
I can't forget
そうとう激しくやりあったから、まだ修復できてるとは思えないけど
We fought so hard I don't think I've recovered yet
二人が知ってる女の子たち
The girls we knew
君のことをカッコいいと思ってたから
Who thought you were cool
君には僕のお気に入りの女の子は絶対紹介しなかったよ
I never introduced my favorite ones to you

僕を頼っていいよ
Oh you can depend on me
何度だって 
Over and over... over and over
しっかり覚えていてくれよ
Know that I intend to be
涙を流すほど君を笑わせるからな
The one who who always makes you laugh until you cry
僕を当てにしてくれよ 君が生きてる限りね
And you can call on me until the day you die

年月は過ぎてゆくだろうけど
Years may come and go
はっきりしてることがひとつある
Here's one thing I know
生涯を通して
All my life
君は僕の友達さ
You're a friend of mine

僕を頼っていいよ
Oh you can depend on me
何度だって 
Over and over... over and over
しっかり覚えていてくれよ
Know that I intend to be
涙を流すほど君を笑わせるからな
The one who who always makes you laugh until you cry
僕を当てにしてくれよ 君が生きてる限りね
And you can call on me until the day you die

年月は過ぎてゆくだろうけど
Years may come and go
はっきりしてることがひとつある
Here's one thing I know
生涯を通して
All my life
君は僕の友達さ
You're a friend of mine
僕を頼っていいよ 
Oh you can depend on me 
僕は大丈夫 
I'll be fine 
だって君が僕の友達だから 
cause you're a friend of mine 

comment(0)  trackback(0)

#223 It’s Raining / Irma Thomas (1962)

2011.06.14

category : Irma Thomas

#221 Break-A-way / Irma Thomas(1962)に続いて、アーマ・トーマスをもう1曲。

梅雨のこの時期なので、雨の曲をどうぞ。
しぶーい名曲です・・・












#223 It’s Raining / Irma Thomas (1962)

drip-drop drip-drop

雨が激しく降っている… 
it’s raining so hard 
一晩中降り続きそう 
looks like it’s gonna rain all night 
まさにこんな夜ね 
this is the time 
あなたをきつく抱きしめたくなる 
I’d love to holding you tight 
でも受け止めなければならないわ 
But I guess I’ll have to accept 
あなたがここにいない事実を 
The fact that you’re not here 
ああ、早く寂しい夜が終わって欲しい あなた・・・ 
I wish the night would hurry up and end, My dear 

雨が激しく降っている 
It’s raining so hard, 
本当に激しく降り続いている 
It’s really coming down 
窓辺に座り 
Sitting by my window 
雨が地面に落ちるのを見ている… 
Watching the rain fall to the ground 
まさにこんな夜よ 
this is the time 
あなたをきつく抱きしめたくなる 
I’d love to holding you tight 
でも今夜は頭がおかしくなりそう 
But I guess I’ll just go crazy tonight 

雨が激しく降っているわ 
It’s raining so hard, 
あの時の記憶がよみがえる 
it brings back memories of the time 
あなたが私といた頃のことを 
when you were here with me 
雨粒を全部数えながら 
counting every drop 
気を紛らわそうとしてる 
about to blow my top 
早く雨なんか止んで欲しい 
I wish the rain would hurry up and stop 

ひどくブルーな気持ち・・・ 
I’ve got the blues so bad 
ひと休みもできない 
I can hardly catch my breath 
雨が激しくなればなるほど 
The harder it rains 
辛く、どんどん辛くなるわ 
The worse, the worse it gets 
まさにこんな夜ね 
this is the time 
あなたをきつく抱きしめたくなるのは 
I’d love to holding you tight 
でも今夜は頭がおかしくなりそう 
But I guess I’ll just go crazy tonight 

drip-drop drip-drop

comment(0)  trackback(0)

#222 They Don't Know / Tracey Ullman

2011.06.11

category : Tracey Ullman

前回の“Break-A-way”をカバーしたトレイシー・ウルマンのヒット曲を紹介します。
この曲もカバーで、オリジナルのカースティ・マッコールのバージョンも載せました。
カースティ・マッコールはクリスマス・ソング「Fairytale of New York」でポーグスと共演しています。

トレイシー・ウルマンは歌手で女優でコメディアンとのこと。
ドラマ『アリーmyラブ』にも出演してました。
このPVの最後にポール・マッカートニーが出演してます。

オールディーズ風の切ないメロディがグッ













#222 They Don't Know / Tracey Ullman

あなたとは長い間ずっと近くにいて 
You've been around for such a long time now 
あなたと離れることもできたけど、どうしていいか分からなくて 
Oh maybe I could leave you but I don't know how. 
なんで毎晩さびしい思いをしてたんだろう? 
And why should I be lonely ev'ry night 
あなたが一緒にいてくれたら 
When I can be with you 
そう、そんな気持ちを忘れさせてくれる 
oh yes you make it right. 

私はあの男たちの言うことなんて聞かないわ。 
「あなたは私には似合わない。」とか 
And I don't listen to the guys who say that you're bad for me 
「あなたを振るべきだ。」って言うけど 
And I should turn you away – 
だって彼らは私たち二人のことを分かってないわ 
'Cause they don't know about us 
そして彼らは愛のこと何も分かってないのよ 
and they've never heard of love. 

私はあなたを見てるとこんな風に思うの 
I get a feeling when I look at you  
あなたが行くところはどこへでも私も行きたいって 
wherever you go now I wanna be there too. 
みんなは私たちがおかしいって言うけど気にしない 
They say we're crazy but I just don’t care 
彼らがそう言い続けても 
And if they keep on talking 
全然へっちゃらなんだから 
still they get nowhere 

だから彼らがどう思おうと気にしない 
So I don't mind if they don't understand 
あなたを見つめてあなたが私の手をにぎってくれるから 
When I look at you and you hold my hand
だって彼らは私たち二人のことを分かってないわ 
'Cause they don't know about us 
そして彼らは愛のこと何も分かってないのよ 
and they've never heard of love. 


彼らが賛成しないことがなぜ問題なの? 
Why should it matter to us if they don't approve? 
ダメかもしれないけど私たちは二人にかけるの 
We should just take our chances while we've got nothing to lose.

Baby! 
過去にしばられて生きることはないわ 
there's no need for living in the past 
本当の恋だけが続くと私は分かったの 
Now I've found good loving gonna make it last. 
私はみんなに教えるわ 
I tell the others 
私にかまわないで 
don't bother me 
彼らはあなたを見るとき 
'Cause when they look at you 
私には見えるあなたをみんなには見えない 
they don't see what I see 
 
彼らの無駄話には耳を貸さないの 
No I don't listen to their wasted lines 
目を大きく見開いて合図を見てるの 
Got my eyes wide open and I see the signs  
だって彼らは私たち二人のことを分かってないわ 
'Cause they don't know about us 
そして彼らは愛のこと何も分かってないのよ 
and they've never heard of love. 

彼らの無駄話には耳を貸さないの 
No I don't listen to their wasted lines 
目を大きく見開いて合図を見てるの 
Got my eyes wide open and I see the signs  
だって彼らは私たち二人のことを分かってないわ 
'Cause they don't know about us 
そして彼らは愛のこと何も分かってないのよ 
and they've never heard of love. 

comment(0)  trackback(0)

現在の庭。

2011.06.08

category : 栽培

トマトの実が徐々に大きくなってきました。

DSCN3652.jpg


キュウリも花が咲き、ちびっちゃいのが少しづつ大きく長くなってます。

DSCN3582.jpg


DSCN3653.jpg



今年は豊作だったエンドウマメ。

DSCN3578.jpg

いっぱい食べて、ついに終わりを迎え・・・

DSCN3577.jpg

これが最後です!

DSCN3650.jpg



今年もキウイの花が咲きましたが・・・

相変わらず雌花が咲かないので、いよいよ別の雌花を植え直します!

DSCN3584.jpg


ブルーベリーも実になってきた。

DSCN3579.jpg


梅も収穫どきです。

DSCN3654.jpg


アスパラもそろそろ終わり・・・。

DSCN3572.jpg

comment(0)  trackback(0)

#221 Break-A-way / Irma Thomas(1962)

2011.06.05

category : Irma Thomas

今日はガールズポップのNo1ソングだと思っているアーマ・トーマスの“Break-A-way”。

確か『ひらけ!ポンキッキ』でも流れてたような・・・幼稚園のときの記憶なので定かではないですが

この曲、ニューオーリンズのソウル・クイーン (Soul Queen Of New Orleans)であるアーマ・トーマスがオリジナルかと思ってたら、ジャッキー・デシャノンという人の作品とのこと。
また83年のトレイシー・ウルマンのカバーも載せました!














#221 Break-A-way / Irma Thomas(1962)

「もう予約決めたから明日、町をでるわ」
I made my reservation, I'm leaving town tomorrow
「新しい誰かを見つけるから、もう悲しまなくて済むの」
I'll find somebody new and there'll be no more sorrow
毎回そうしようとするけど、結局できないの
That's what I do each time, but I can't follow through

あなたからは離れられないわ、あなたは私を泣かすけれど
I can't breakaway, though you make me cry
あなたから離れられない さよならって言えないの
I can't breakaway, I can't say goodbye
あなたからは絶対にぜったいに離れられない…
No I'll never never breakaway from you, no, no
No, no, no, no, no,
No, no, no, no, no
No, no, no, no, no.

「私は固く心に決めたの、あなたと私はもう終わり」
I'll make that vow to myself, you and I are through
「何も私の心を変えられないし、後悔もないわ」
Nothing can change my mind; I'm sorry won't do
毎回そんな風に言うけど、結局できないの
That's what I'll say each time, but I can't follow through

あなたからは離れられないわ、あなたは私を泣かすけれど
I can't breakaway, though you make me cry
あなたから離れられない さよならって言えないの
I can't breakaway, I can't say goodbye
あなたからは絶対にぜったいに離れられない…
No I'll never never breakaway from you, no, no
No, no, no, no, no,
No, no, no, no, no
No, no, no, no, no.

あなたは私をひどく扱い、たくさんのひどい言葉も言うけれど
Even though you treat me bad and many cruel words are spoken
あなたは私に決して解けない魔法を私にかけた
You have got a spell on me that just can't be broken, no, no

でも私はあなたの写真を壁からはずして、すてることにするわ
I'll take your picture down and throw it away
毎日あなたに電話をかけるベイビーもいなくなるのよ
There'll be no baby now, for you to call each day
そんなふうにいつも言うけれど、結局できないの
That's what I'll say each time, but I can't follow through

あなたからは離れられないわ、あなたは私を泣かすけれど
I can't breakaway, though you make me cry
あなたから離れられない さよならって言えないの
I can't breakaway, I can't say goodbye
あなたからは絶対にぜったいに離れられない…
No I'll never never breakaway from you, no, no
No, no, no, no, no,
No, no, no, no, no
No, no, no, no, no.

comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.