FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (5)

#238 Summer Day / Sheryl Crow

2011.07.27

category : Sheryl Crow

完全な夏の歌です(笑)

昨年の2010年発売、シェリル・クロウ7枚目のアルバム“100 Miles from Memphis ”収録で70年代フレーバーたっぷりのゆるやかな曲です。

愛は日常のあらゆるところに溢れてるという
そのような相手に出会うと・・・

そんな歌詞ですが、PVを見ると夫婦や恋人以外に、子供がたくさん出ている。

シェリルを調べてみると、エリック・クラプトンや俳優などとの交際を経て、自転車選手と婚約するが破局。
その後、2007年に生後2ヶ月の男児を養子にしたという。(名前はワイアット・スティーヴン・クロウ)
また2010年にも男児を養子にし、リーヴァイ・ジェイムズ・クロウと名付けたようです。

つまりこの歌は彼らのことを歌ってるのだと考えるのは、間違えではなさそうですね~


間もなく生まれるわが子にもこの歌を捧げよう。

















#238 Summer Day / Sheryl Crow

私がその日感じたどんな些細なことも 
Every little thing that I felt that day 
決して忘れない 愛の気配が漂っていた 
Never will forget, there was love in the air  
愛は私のもとにやって来ると信じて待っていた 
I wasn't looking for love to come my way 
ああベイビー でもそんな時、あなたはそこにいたの 
Ooh baby baby but then I saw you there 

思い出す あの夏の日 
That Summer day that I recall 
あなたが私の人生に入り込み あなたは私に希望と愛を与えてくれた
You came into my life And you gave me hope and love 
あなたの望む場所にただ私はいたいの 
I just want to be where you want me to 
全てを変えてしまったあの夏の日 
That Summer day that changed it all 
あなたが私の人生に入り込み あなたは私の心を奪ったの
You came into my life And you let me fall in love 
私のベイビー ただあなたと一緒にいたいの 
My baby I just want to be with you 

ただ愛を輝かせたいだけ 
I just want to let it shine
ただ愛を輝かせたいだけ 
I just want to let it shine
ただ愛を輝かせたいだけ 
I just want to let it shine

あなたは全部分かってるって考えたことある? 
Did you ever think you knew everything? 
あなたは全てお見通しだってこと、考えたことある? 
Did you ever think you had it all figured out? 
ああ、ベイビー あなたはすっかり変えてしまう 
Ooh baby baby You know things can change 
誰かが疑いもなくあなたに恋したら 
When someone loves you with no doubt 

思い出す あの夏の日 
That Summer day that I recall 
あなたが私の人生に入り込み あなたは私に希望と愛を与えてくれた
You came into my life And you gave me hope and love 
あなたの望む場所にただ私はいたいの 
I just want to be where you want me to 
全てを変えてしまったあの夏の日 
That Summer day that changed it all 
あなたが私の人生に入り込み あなたは私の心を奪ったの
You came into my life And you let me fall in love 
私のベイビー ただあなたと一緒にいたいの 
My baby I just want to be with you 

あなたには聞こえる?私の言うこと 
Can you hear me, baby? 
私はあなたの味方だってこと 
When I say I'm for you
私たちならうまく行くって分かってた 
I knew we could make it 
あなたが私の人生に入り込んで来た瞬間 
The moment you came into my life 
あなたが私を輝かせ続けてることが分からないの? 
Don't you know that you keep me shinin’ 

思い出す あの夏の日 
That Summer day that I recall 
あなたが私の人生に入り込み あなたは私に希望と愛を与えてくれた
You came into my life And you gave me hope and love 
あなたの望む場所にただ私はいたいの 
I just want to be where you want me to 
全てを変えてしまったあの夏の日 
That Summer day that changed it all 
あなたが私の人生に入り込み あなたは私の心を奪ったの
You came into my life And you let me fall in love 
私のベイビー ただあなたと一緒にいたいの 
My baby I just want to be with you 

私はこの愛を輝かせるわ 
And I'm gonna let it shine 
私はこの愛を輝かせるわ 
Yeah, I'm gonna let it shine
私はこの愛を輝かせるわ 
Yes, I'm gonna let it shine

私はただこの愛を輝かせたいだけ 
I just want to let it shine 
私はただこの愛を輝かせたいだけ 
I just want to let it shine
スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

#237 6th Avenue Heartache / The Wallflowers

2011.07.26

category : The Wallflowers

今日はジェイコブ・ディラン率いるザ・ウォールフラワーズの2ndアルバム“Bring Down The Horses”収録曲を紹介します。

トム・ウェイツの『Closing Time』
ジョン・クーガーの『American Fool』
などと同様にアルバムの1・2曲目にベストの曲をもってくるあたりが憎い~

このアルバムでグラミー賞を獲ったウォールフラワーズ。

渋くてかっこいいです。。






アコースティックヴァージョン





#237 6th Avenue Heartache / The Wallflowers

サイレンが響き 銃声がこだまする 
Sirens ring, the shots ring out
見知らぬ人が泣き 大声で叫ぶ声が聞こえる 
A stranger cries screams out loud 
俺は自分の世界を この背中にくくりつけて 
I had my world strapped against my back 
手を握り締めた どうすればいいのかも分からず 
I held my hands, never knew how to act 

お前の上にひかれた 同じ黒いラインが 
And the same black line that was drawn on you 
俺の上にもひかれたのさ 
Was drawn on me 
そして俺をひきずりこんじまった 
And now it's drawn me in 
6番街の哀しみ… 
6th Avenue heartache 

眼下にホームレスの男がひとり 
Below me was a homeless man 
俺が完璧に知っている歌を歌ってる 
Singin' songs I knew complete 
階段の上で独り、ギターを手にし 
On the steps alone, his guitar in hand 
生きてきた50年の歳月をとなりに立たせて 
It's fifty years, stood where he stands 

お前の上にひかれた 同じ黒いラインが 
And the same black line that was drawn on you 
俺の上にもひかれたのさ 
Was drawn on me 
そして俺をひきずりこんじまった 
And now it's drawn me in 
6番街の哀しみ… 
6th Avenue heartache 
お前の上にひかれた 同じ黒いラインが 
And the same black line that was drawn on you 
俺の上にもひかれたのさ 
Was drawn on me  
そして俺をひきずりこんじまった 
And now it's drawn me in 
6番街の心の痛み… 
6th Avenue heartache 

歩いて家へ帰る あの通りを 
Now walkin' home on those streets 
川からの風が 俺の足を動かしていく 
The river winds move my feet 
地下鉄からの蒸気が 夢の中のシルエットのように 
Subway steam, like silhouettes in dreams 
俺のそばに立つ 
They stood by me,  
月明かりのように 
just like moonbeams 

お前の上にひかれた 同じ黒いラインが 
And the same black line that was drawn on you 
俺の上にもひかれたのさ 
Was drawn on me 
そして俺をひきずりこんじまった 
And now it's drawn me in 
6番街の哀しみ… 
6th Avenue heartache 
お前の上にひかれた 同じ黒いラインが 
And the same black line that was drawn on you 
俺の上にもひかれたのさ
Was drawn on me 
そして俺をひきずりこんじまった
And now it's drawn me in 
6番街のハートエイク…
6th Avenue heartache 


窓の下を見下ろした 
Look out the window, down upon that street 
あの男はまるで真夜中みたいにいなくなっていた 
And gone like a midnight where was that man 
でもヤツの古いギターが壁にもたれかけてあった 
But I see his six strings laid against that wall 
ヤツの持ち物はホントにちっぽけに見えた 
And all his things, they all look so small 
でも俺は指をクロスし、流れ星に祈った 
I got my fingers crossed on a shooting star 
俺と同じように やつも次の場所へ行っただけさ 
Just like me just moved on 

お前の上にひかれた 同じ黒いラインが 
And the same black line that was drawn on you 
俺の上にもひかれたのさ 
Was drawn on me 
そして俺をひきずりこんじまった 
And now it's drawn me in 
6番街の哀しみ… 
6th Avenue heartache 
お前の上にひかれた 同じ黒いラインが 
And the same black line that was drawn on you 
俺の上にもひかれたのさ 
Was drawn on me 
そして俺をひきずりこんじまった 
And now it's drawn me in 
6番街の心の切なさ… 
6th Avenue heartache 

comment(0)  trackback(0)

#236 Key West Intermezzo (I Saw You First) / John Mellencamp

2011.07.23

category : John Mellencamp

メレンキャンプにしては、スタイリッシュで爽やか~な、優しいメロディの曲です。
題名がキーウェストなので、曲もフロリダ・マイアミのトロピカルリゾート風な雰囲気が漂っています。

いい曲です~。。


PVには友人で俳優のマシュー・マコノヒーが出ています。



で久々にメレンキャンプの情報を検索してたら・・・



な、なんと


2度の離婚のあとスーパーモデルと結婚して合計で5人の子供がいたのですが、最近3回目の離婚が成立しそうだとのこと。

そして4度目の結婚の噂の相手は、あのメグ・ライアンだというではありませんか

これは意外でした~








#236 Key West Intermezzo (I Saw You First) / John Mellencamp

描くことも出来ないほどの美しい夜に 
ジプシーのスコッティーと俺はパートナーを組み 
In a hand painted night, me and Gypsy Scotty are partners 
ホテルフラミンゴで会うことにしたんだ 
ニ人とも偶然黒の安物の靴を履いている 
At the Hotel Flamingo, wearin black market shoes 
うるさいキューバ出身のバンドが 
ジョン・レノンをひやかす曲を歌っている 
This loud Cuban band is crucifying John Lennon 
誰も寂しい思いはしたくないし 
誰もブルースなんて歌いたくないさ 
No one wants to be lonely, no one wants to sing the blues 
その時あの子が小鳥のようにタキシードの男の肩へ 
寄りかかるのが見えた 
She's perched like a parrot on his tuxedo shoulder 
神様、なんで彼女はあんな男と一緒なんだ? 
俺と踊ることだってできるのに… 
Christ, what's she doing with him she could be dancing with me 
彼女は上品な指先でグラスの氷を混ぜる 
She stirs the ice in her glass with her elegant finger 
俺は彼女の飲んでいるものになりたい… 
そう、ただそれだけでいいんだ 
I want to be what she's drinking, yeah I just want to be 

最初に君に目をつけたのは俺だぜ 
 I saw you first 
今夜は俺が一番最初だよな 
 I'm the first one tonight 
最初に君に目をつけたのは俺なんだから 
 I saw you first 
権利は俺にあるはずなんだ 
Don't that give me the right 
君のハートを動かす権利は俺のもの 
To move around in your heart 
 確かに他の奴らも君をねらっている 
 Everyone was lookin 
でも俺が一番最初に君を見つけたんだ… 
But I saw you first 

月が照らしだす道のりに彼女も一緒についてきた 
On a moon spattered road in her parrot rebozo 
ジプシーのスコッティーが 
大きく長いイエローの愛車を運転する 
Gypsy Scotty is driving his big long yellow car 
次第に彼女はスコッティーの肩に寄りかかり小鳥のように 
She flies like a bird over his shoulder 
耳もとでそっと呟いた 
“あなたは私のスターよ”
Se whispers in his ear, boy, you are my star 

でも最初に君に目をつけたのは俺だぜ 
But I saw you first 
今夜は俺が一番最初だよな 
I'm the first one tonight 
そうさ、最初に君に目をつけたのは俺なんだから 
Yes I saw you first 
権利は俺にあるはずなんだ 
Don't that give me the right 
君のハートを動かす権利は俺のもの 
To move around in your heart 
 確かに他の奴らも君を見ている・・・ 
Everyone was lookin..... 

冷たい夜明けの中 
俺とジプシーのスコッティーは歌を口ずさみなから車を走らせる 
In the bone colored dawn, me and Gypsy Scotty are singin' 
ラジオが流れる後部座席には、彼女が忘れていった靴 
The radio is playin, she left her shoes out in the back 
ヤツは俺にケンタッキーでもいい女を 
ものにしたなんて話しを始めやがった 
He tells me a story about some girl he knows in Kentucky 
そんなのは作り話だろ?そんな女なんていないはずさ 
He just made that story up, there ain't no girl like that 

でも最初に君に目をつけたのは俺だぜ 
But I saw you first 
今夜は俺が一番最初だよな 
I'm the first one tonight 
そうさ、最初に君に目をつけたのは俺なんだから 
Yes I saw you first 
権利は俺にあるはずなんだ 
Don't that give me the right 
君のハートを動かす権利は俺のもの 
To move around in your heart 
 確かに他の奴らも君を見ている・・・ 
Everyone was lookin..... 
でも俺が一番最初に君を見つけたんだ… 
But I saw you first 
最初に見つけたのは俺だぜ… 
I saw you first 

comment(0)  trackback(0)

#235 Harlem Shuffle / The Rolling Stones

2011.07.22

category : The Rolling Stones

海のような爽やかな夏の歌とは対照的な歌を1曲。

夏かどうかは分かりませんが、都会の蒸し暑い熱気ムンムンな感じの歌です。

まあ基本的には卑猥なことを歌っているのでしょう(笑)

さすがのストーンズ。

う~ん、実に黒っぽい。。







オリジナルのボブ&アール



#235 Harlem Shuffle / The Rolling Stones

左に体をよじりお前はひとりで楽しむ 
You move it to the left, yeah, and you go for yourself. 
体を右にくねらせる 一晩中時間をかけてゆっくり楽しもうぜ 
You move it to the right, yeah, if it takes all night. 
ゆっくり時間をかけるんだ 
Now take it kinda slow, 
魂の全部をこめて 
with a whole lot of soul. 
あんまり速く動いちゃダメさ 
Don't move it too fast. 
とにかく続けるんだ 
Just make it last. 
ひかっくお前 まるで猿みたいに 
You scratch just like a monkey. 
そうさ クールにキメるんだ 
Yeah ya do, real cool. 
リンボーダンスのように体を低くするお前 
You slide it to the limbo. 
ああ、どこまで下がれるんだ 
Yeah, how low can you go? 

さあ、もっとやってくれ、ベイビー。さあもっと。 
Now come on baby, come on baby! 
まだ俺の上にまたがらないでくれ。 
Don't fall down on me now. 
ハーレルシャッフルに合わせて、ここで動いてくれ 
Just move it right here to the Harlem Shuffle. 
ああ、そうだ ハーレルシャッフルをやってくれ 
Huh, yeah, yeah, yeah, do the Harlem Shuffle. 
ああ、そうだ ハーレルシャッフルをやってくれ 
Yeah, yeah, yeah, do the Harlem Shuffle. 

ヒッチハイクみたいに俺を乗せてくれ 床の上で 
Hitch me hitch hike baby, across the floor. 
おお もうこれ以上我慢できないぜ 
Whow, whow, whow, I can't stand it no more.  

さあ 来てくれ。 すべらせるように。 
Now come on, baby, now get into your slide. 
ただ乗りまくってくれ かわいいポニーにまたがるように 
Just ride, ride, ride little pony ride. 
ああ、そうだ ハーレルシャッフルをやってくれ 
Yeah, yeah, yeah, do the Harlem Shuffle. 
ああ、そうだ ハーレルシャッフルをやってくれ 
Yeah, yeah, yeah, do the Harlem Shuffle. 
そうだ、お前の尾羽を振ってくれ、ベイビー 
Yeah, yeah, yeah, shake your tail feather, baby. 
そうだ、お前の尾羽を振ってくれ、ベイビー 
Yeah, yeah, yeah, shake your tail feather, baby. 
ああ、そうだ ハーレルシャッフルをやってくれ 
Huh, yeah, yeah, yeah, do the Harlem Shuffle. 
ああ、そうだ ハーレルシャッフルをやってくれ 
Yeah, yeah, yeah, do the Harlem Shuffle. 
お前のママがお前に教えたように、やってくれ 
Yeah, like your momma told you how. 
ああ、そうだ ハーレルシャッフルをやってくれ 
Yeah, yeah, yeah, huh, do the Harlem Shuffle. 


comment(2)  trackback(0)

#234 If this is it / Huey Lewis & The News

2011.07.16

category : Huey Lewis & The News

夏の歌シリーズ第3弾も80年代の曲から、ヒューイ・ルイスで行ってみましょう。

アカペラやコーラスを得意とするヒューイ・ルイス&ザ・ニュース。

オールディーズや夏の海の匂いのするサウンドです。

それにしてもまた懐かしい。。

なんとこの曲を収録したヒューイの大ヒットアルバム『SPOTRS』は初めて買った洋楽LPレコードでした!


歌も上手く、ハーモニカも素晴らしいヒューイ。
たまに映画などに出てたりしたけど、今はどうしてるのでしょう?

高校のときにブルース・ホーンズビーを前座にし、後楽園球場(古っ!)でライブを見たけど良かったな~

またぜひ見たい!










#234 If this is it / Huey Lewis & The News

僕は電話をかけ続けてる 夜も朝も 
I've been phoning night and morning
でも“いないって言って。”と言うの、聞こえちゃったんだよ。 
I heard you say "tell him I'm not home"  
君は反省し謝るけど、僕は迷ってる。
Now you're confessing, But I'm still guessing
ずっと君にもてあそばれてるんじゃないかって。
I've been your fool for so so long
ウソはつかないでよ。ただ僕をつなぎとめるために
Girl don't lie, just to save my feelings
泣かないで。何も問題ないと言ってくれよ。
Girl don't cry, and tell me nothing's wrong
ウソの言い訳をでっちあげようとなんてしないで。
Girl don't try to make up phony reasons
信じることができないなら、別れたようがマシだよ。
I'd rather leave than never believe

もしこれが本当の愛なら
If this is it
僕にはっきり言ってくれよ。
Please let me know
もしこれが愛じゃないなら、僕をほっといて。
If this ain't love you'd better let me go
もしこれが本当の愛かどうか
If this is it
僕は知りたいんだ
I want to know
もしこれが本当の愛じゃないなら、そう言ってよ。
If this ain't love baby, just say so

君はなんか考え続けて
You've been thinking
僕はお酒を飲み続けて
And I've been drinking
でも二人ともわかってる これじゃあダメだってこと
We both know that it's just not right
君はまだ終わりじゃないという素振りし
Now you're pretending that it's not ending
ケンカをさけるためなら、君はどんなことでも言う
You'll say anything to avoid a fight
ウソはいわないで。ただ僕が必要だと言ってくれ。
Girl don't lie, and tell me that you need me
泣かないで。何も問題ないと言ってくれよ。
Girl don't cry, and tell me nothing's wrong
僕ならなんとか大丈夫だから
I'll be alright one way or another
だから僕をほっとくのか、一緒にいたいのかはっきりしてくれよ
So let me go, or make we want to stay

これが本物の愛かどうか
If this is it
僕にはっきり言ってくれよ。
Please let me know
もしこれが愛じゃないなら、はっきりするべきだよ。
If this ain't love you'd better let me know
これが本物の愛かどうか
If this is it
僕は知りたいんだ
I want to know
もしこれが本当の愛じゃないなら、そう言ってよ。
If this ain't love baby, just say so

これが本物の愛かどうか
If this is it
僕にはっきり言ってくれよ。
Please let me know
もしこれが愛じゃないなら、はっきりするべきだよ。
If this ain't love you'd better let me know
これが本物の愛かどうか
If this is it
僕は知りたいんだ
I want to know
もしこれが本当の愛じゃないなら、そう言ってよ。
If this ain't love baby, just say so


スポーツスポーツ
(1999/07/28)
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

商品詳細を見る

comment(0)  trackback(0)

#233 The Boys Of Summer / Don Henley

2011.07.15

category : Don Henley

夏の曲特集第2弾は80年代の名曲、ドン・ヘンリーの“The Boys Of Summer ”です。

ご存知の通り、イーグルスのボーカル兼ドラムであるドン・ヘンリーの2ndソロアルバム"Building The Perfect Beast"からのシングル。

I saw a DEADHEAD sticker on a Cadillac

の”DEADHEAD”は「回送中」などが通常の意味ですが、「廃車」と訳してみました。
でも人によると、1960年代のヒッピー文化を代表する米ロックバンド“グレイトフル・デッド(Grateful Dead)”のスッテカーでは?という説もあるそうです。

夏の歌というよりは、夏の終わりの歌ですが・・・ドン・ヘンリーの声好きです。。

フーターズのアコースティック・カバーヴァージョンもUPしました!









#233 The Boys Of Summer / Don Henley

通りには誰もいない 
Nobody on the road 
ビーチにも人影がない 
Nobody on the beach 
夏ももう終わり…そんな空気が漂っている 
I feel it in the air the summer's out of reach 
誰もいない湖 誰もいないストリート 
Empty lake, empty streets 
孤独に沈みゆく太陽 
The sun goes down alone 
君の家のそばを車で走らせている 
I'm drivin' by your house 
君がもういないのは分かっているけど 
Though I know you're not at home 

でも君の姿が目に浮かぶ…太陽の下で輝く小麦色の肌 
But I can see you your brown skin shinin' in the sun 
髪をうしろになでつけ、サングラスを頭にのせる君の姿 
You got your hair combed back and your sunglasses on, baby 
君への愛はいまだに強まるばかりなんだ 
And I can tell you my love for you will still be strong 
少年たちの夏が終わってしまった後も… 
After the boys of summer have gone 

あの夏の夜のことは決して忘れなれない。 
I never will forget those nights 
ひょっとして夢だったのだろうか。 
I wonder if it was a dream 
僕をどれほど夢中にさせたか覚えてる? 
Remember how you made me crazy? 
君をどれほど感じさせたか覚えてる? 
Remember how I made you scream 
分からないよ、僕らの愛に何が起きたのか。 
Now I don't understand what happened to our love 
でも、僕は君を取り戻すつもりだよ。 
But babe, I'm gonna get you back 
僕がどんな男なのか、君に教えてあげるんだ。 
I'm gonna show you what I'm made of 

君の姿が目に浮かぶ…太陽の下で輝く小麦色の肌 
I can see you your brown skin shinin' in the sun 
そっと歩き、みんなに微笑みかける君の姿 
I see you walkin' real slow and you're smilin' at everyone 
君への愛はいまだに強まるばかりなんだ 
And I can tell you my love for you will still be strong 
少年たちの夏が終わってしまった後も… 
After the boys of summer have gone 

今日路上で、“廃車”のステッカーを貼られたキャデラックを見た 
Out on the road today I saw a DEADHEAD sticker on a Cadillac 
頭に小さな声がささやいた 
A little voice Inside my head said,  
“振り返るな。決して振り返ってはいけないんだ。” 
"Don't look back. You can never look back." 
愛が何かを分かっているつもりだった。
I thought I knew what love was 
でも一体何を分かってたんだ? 
What did I know? 
あの日々は永遠に終わりを告げた  
Those days are gone forever 
全部忘れ去るべきなのは分かっている、でも… 
I should just let them go but 

君の姿が目に浮かぶ…太陽の下で輝く小麦色の肌 
I can see you your brown skin shinin' in the sun 
オープンカーの幌を開け、カーラジオをかける君の姿 
You got that top pulled down and that radio on, baby 
君への愛はいまだに強まるばかりなんだ 
And I can tell you my love for you will still be strong 
少年たちの夏が終わってしまった後も… 
After the boys of summer have gone 

君の姿が目に浮かぶ…太陽の下で輝く小麦色の肌 
I can see you your brown skin shinin' in the sun 
髪をなびかせ、レイバンのサングラスを頭にのせた君の姿 
You got that hair slicked back and those Wayfarers on, baby 
君への愛はいまだに強まるばかりなんだ 
And I can tell you my love for you will still be strong 
少年たちの夏が終わってしまった後も… 
After the boys of summer have gone 

comment(0)  trackback(0)

#232 Wild Night / John Mellencamp ft. Me'Shell Ndegeocello‏

2011.07.13

category : John Mellencamp

梅雨が明け、毎日本当に暑い

そんな日に合う夏の歌はないか・・・

で頭の中に流れてきたのは、ジョン・メレンキャンプの“Wild Night”。
オリジナルはヴァン・モリソンですが、メレンキャンプ・ヴァージョンがクール

マルチに活躍しているアーティスト、Me'Shell Ndegeocello‏(ミシェル・ンデゲオチェロ)という人とのデュエットです。
それにしても難しい名前~





#232 Wild Night / John Mellencamp ft. Me'Shell Ndegeocello‏

靴をピカピカに磨きながら、鏡の前に立つ
As you brush your shoes and stand before your mirror
そして髪をバッチリきめ、上着と帽子をつかみ取る
And you comb your hair and grab your coat and hat
通りを歩く 思い出そうとしながら・・・
And you walk the streets trying to remember
あの時の嵐の夜がお前の記憶を駆け抜ける
All those wild nights breeze through your mind

何もかもが完璧に見える
And everything looks so complete
お前が通りを歩き出すと
When you´re walking out on the street
風がお前の足を取り
And the wind catches your feet
宙に浮かせ、叫ばせる
And sends you flying, crying
Oooh, oo-ooh wee
ワイルドな夜が呼んでいる…
the wild night is calling

少女たちはみな、着飾って街を歩く
All the girls walked by dressed up for each other
男たちは街角で、ブギウギでノっている
And the boys do the boogie woogie on the corner of the street
通りを過ぎ去る人々がそのワイルドな奇跡をじっと見る
And the people passing by just stare with the wild wonder
身体の中のジュークボックスが雷のようにうなり出す
And the inside jukebox roars just like thunder

何もかもが完璧に見える
And everything looks so complete
お前が通りを歩き出すと
When you´re walking out on the street
風がお前の足を取り
And the wind catches your feet
宙に浮かせ、叫ばせる
And sends you flying, crying
Oooh, oo-ooh wee
ワイルドな夜が呼んでいる…
the wild night is calling
ワイルドな夜が呼んでいる…
The wild --------- night is calling
さあ、出てきて踊るんだ
Come on out and dance
さあ、出てきて恋をするんだ
Come on out and make romance
さあ、出てきて踊るんだ
Come on out and dance
さあ、出てきて恋をするんだ
Come on out and make romance

何もかもが完璧に見える
And everything looks so complete
お前が通りを歩き出すと
When you´re walking out on the street
風がお前の足を取り
And the wind catches your feet
宙に浮かせ、叫ばせる
And sends you flying, crying
Oooh, oo-ooh wee
ワイルドな夜が呼んでいる…
the wild night is calling
Oooh, oo-ooh wee
ワイルドな夜が呼んでいる…
the wild night is calling


comment(0)  trackback(0)

#231 A Sight for Sore Eyes / Tom Waits

2011.07.09

category : Tom Waits

完全にお酒の歌、つまりバーソングです。(笑)

まさにトム・ウェイツの真骨頂とも言うべき歌で、曲は“蛍の光”から始まるシンプルなピアノ。
詩はバーに集まるろくでもない常連たちによる酔っ払いの会話。
まずは互いの近況や車を買ったなどの話をし、その後お互いの知り合いの情報を交し合う。
そして話題も尽きると、ピンボールでもやらないか・・・という話になる。
まさにどこのバーにもありそうな風景が浮かんできます。

ディマジオ、ドライスデール、マントル、ホワイティ・フォードは往年のメジャーリーグで大記録を作った選手とのこと。

古き良き時代と若かりし時の自分たちに乾杯しているのでしょう。

この哀愁がたまらない~


トム・ウェイツと酒好きな人、この曲を聴きながら一緒に乾杯!


untitled.jpg       5765379410_881fc9b30a_o.jpg







#231 A Sight for Sore Eyes / Tom Waits

ヘイ、これは珍しいヤツが来てるじゃないか。 
hey sight for sore eyes  
本当に久しぶりだな。 
it's a long time no see 
仕事があったりなかったりだが、この俺のこと覚えてるだろ? 
workin hard hardly workin hey man you know me 
いろんなことがあったが、ところで俺の新車見たかい? 
water under the bridge did ya see my new car 
もう支払いは全部終って、車は完全に俺のものよ。 
well it's bought and it's payed for
バーの外に止まってるぜ。 
parked outside of the bar  

ヘイ、バーテンよ、グズグズしてないで
早く俺達みんなに酒をついでくれ。 
and hey barkeeper what's keepin you keep pourin drinks 
ここにいる間抜けどもみんなにだよ、分かるだろ? 
for all these palookas hey you know what i thinks 
みんなで乾杯するんだよ、懐かしい日々とディマジオにも 
that we toast to the old days and Dimagio too 
ドライスデール、マントルとホワイティ・フォード、
それにあんたに乾杯だ… 
and old Drysdale and Mantle, Whitey Ford and to you  

もうここには、昔の仲間はいねえ。みんな町から出てったさ。 
no the old gang ain't around everyone has left town 
そう、サムとジャーディナの二人以外はな。 
奴等もそのうちこの店に来るだろうよ。 
'cept for Thumm and Giardina said they just might be down 
俺はいつも半分酔っぱらって、あとの半分は完全酔っちまってるけど。 
oh half drunk all the time and i'm all drunk the rest 
そうさ、モンクはチャンピオンだ。だけどこの俺様が1番さ。 
yea Monk's till the champion but i'm the best

ヘイ、バーテンよ、グズグズしてないで
早く俺達みんなに酒をついでくれ。 
and hey barkeeper what's keepin you keep pourin drinks 
ここにいる間抜けどもみんなにだよ、分かるだろ? 
for all these palookas hey you know what i thinks 
みんなで乾杯するんだよ、懐かしい日々とディマジオにも 
that we toast to the old days and Dimagio too 
ドライスデール、マントルとホワイティ・フォード、
それにあんたに乾杯だ… 
and old Drysdale and Mantle, Whitey Ford and to you  

ナッシュの奴が交通事故で死んだってのは聞いただろ? 
i guess you heard about Nash he was killed in a crash 
もう、たしか2年か3年前のことさ。 
hell that must of been two or three years ago now 
奴の車は道からそれて、ぐるぐる回って電柱に激突 
yea he spun out and he rolled he hit a telephone pole 
奴はラジオをつけっぱなしで死んじまったのさ。 
and he died with the radio on 
知ってるかい?あの女は結婚して子供を作って 
最後にシドと別れちまったらしいぞ。 
no she's married and with a kid finally split up with Sid 
奴は間抜けなコソ泥をやらかして、北の刑務所に入ってるよ。 
he's up north for a nickle's worth for armed robbery
ヘイ、ピン・ボールやらねえか? 
勝負は俺の勝ちよ、あんたにゃ負けねぇ。
hey i'll play you some pin ball hell you ain't got a chance 
やらねえなら、あっち行ってあの女にダンスでも申し込めや…。 
well then go on over and ask her to dance 

ヘイ、バーテンよ、グズグズしてないで
早く俺達みんなに酒をついでくれ。 
and hey barkeeper what's keepin you keep pourin drinks 
ここにいる間抜けどもみんなにだよ、分かるだろ? 
for all these palookas hey you know what i thinks 
みんなで乾杯するんだよ、懐かしい日々とディマジオにも 
that we toast to the old days and Dimagio too 
ドライスデール、マントルとホワイティ・フォード、
それにあんたに乾杯だ… 
and old Drysdale and Mantle, Whitey Ford and to you  

comment(0)  trackback(0)

#230 I Will / The Beatles

2011.07.08

category : The Beatles

2分にも満たないけど、シンプルで優しい曲をどうぞ。






#230 I Will / The Beatles

どれだけ長い間君を愛してきたか、誰も知らない
Who knows how long I've loved you
今でも君を愛しているんだよ
You know I love you still
僕は一生寂しく待つことになるんだろうか
Will I wait a lonely lifetime
君が望むなら 僕は待つよ
If you want me to--I will

君を見かけたとはいえ
For if I ever saw you
名前を知ることすらなかった
I didn't catch your name
けれど、それはどうでもいい
But it never really mattered
いずれにせよ、僕の気持ちは変わらないよ
I will always feel the same.

いつまでも永遠に君を愛そう
Love you forever and forever
僕の想いのすべてで君を愛そう
Love you with all my heart
一緒にいるときはいつでも
Love you whenever we're together
そして君を愛そう 離れていても 
Love you when we're apart.

いつか僕が君を見つけ出すときは
And when at last I find you
君の歌声があたりに響いているだろうな
Your song will fill the air
よく聞こえるように大きな声で歌って
Sing it loud so I can hear you
僕を君のもとへ行きやすいようにしてよ
Make it easy to be near you
君の一挙一動が僕を惹きつけてやまないんだ 
For the things you do endear you to me
約束するよ きっとだ
You know I will
きっとだよ…
I will 

comment(0)  trackback(0)

現在の庭。

2011.07.06

category : 栽培

夏野菜が順調に育ってマス!

大玉トマトもかなりの大きさ。

1_20110706000145.jpg


ミニトマトは鈴なりに。

2_20110706000145.jpg




3_20110706000145.jpg


中玉ミディトマトもぷりっぷり!


4_20110706000145.jpg




5_20110706000144.jpg


キュウリはすでに何本も収穫しました。


6_20110706000144.jpg




7_20110706000213.jpg


ブルーベリーもたくさん実がつき、大きくなってます。

8_20110706000212.jpg


楓がほんのり色づき、いい緑です~

9_20110706000212.jpg

comment(2)  trackback(0)

ジャンク・マンに耳を傾けろ・・・

2011.07.04

category : Bruce Springsteen

しばらく特集していたブルースとクラレンス、ブラッドブラザーズの物語は10分近いこの曲を最後にいったん終わりにします。

ビッグマンは天国でジャズマン、バイブスマン、ジャンクマンとなりサクソフォンを自在に操り歌を歌っていることでしょう。







#229 New York City Serenade / Bruce Springsteen & The E Street Band (1973)

ビリー・・・奴は線路のそばまで逃げ車を停めた 
Billy he's down by the railroad tracks  
キャデラックの後部座席にもぐり身を隠す 
Sittin' low in the back seat of his Cadillac  
ダイアモンド・ジャッキー・・・彼女も無事だ 
Diamond Jackie, she's so intact  
ビリーの横で静かに息をひそめてる
As she falls so softly beneath him  
ジャッキーのヒールは山のように積まれてる 
Jackie's heels are stacked  
ビリーは底に金具がついているブーツを手に入れた 
Billy's got cleats on his boots  
彼らはいっしょにブロードウェイを陽気に下り 
Together they're gonna boogaloo down Broadway  
盗んだブツをもって家へ帰るんだ・・・ 
and come back home with the loot 
 
マンハッタンの真夜中・・・
It's midnight in Manhattan,
キュートになる時間じゃあない
this is no time to get cute
狂った犬の行列だ
It's a mad dog's promenade
だから堂々と胸を張って歩くんだ・・・
So walk tall
そうじゃなければ、歩くのはやめとけ。
or baby don't walk at all
 
 
路上に立ってる女達、ああ路上に立ってる女達・・・
Fish lady, oh fish lady
アパートの壁で誘惑する
She baits them tenement walls
彼女達はチンピラを相手にしない 
She won't take corner boys
だから金も入らないけど、連中は気楽さ
They ain't got no money And they're so easy
俺は言った。“ヘイ、ベイビー。俺の腕をとって
I said "Hey, baby Won't you take my hand
一緒にブロードウェイを歩かないか。″
Walk with me down Broadway
さあママ、俺の腕をとって
Well mama take my arm
一緒にブロードウェイをぶらつこうぜ。“
and move with me down Broadway"
俺は若造、大声でしゃべってやる 
I'm a young man, I talk it real loud
そうさベイブ、お前を自慢しながら歩くんだ
Yeah babe I walk it real proud for you
だから放っておけよ、そんな街角の生活なんか
Ah so shake it away So shake away your street life
都会の生活なんかほっぽりだせ 
Shake away your city life
そして汽車にしっかりつかまって 
Hook up to the train
夜汽車につかまるんだ
And hook up to the night train
つかまるんだ 汽車につかまるんだ
Hook it up Hook up to the train


けど彼女が汽車に乗らないことはわかっている
But I know that she won't take the train,
乗りはしないだろう
no she won't take the train
いや、彼女は汽車には乗らないさ そう絶対に乗らない
Oh she won't take the train, no she won't take the train
いや、彼女は汽車には乗らないさ そう絶対に乗らない
Oh she won't take the train, no she won't take the train
いや、彼女は汽車には乗らないさ そう絶対に乗らない
Oh she won't take the train, no she won't take the train
彼女は線路に飲み込まれるのが怖いんだ・・・
She's afraid them tracks are gonna swallow her down
そして彼女が振向いた時・・・この少年は行ってしまうだろう
And when she turns this boy'll be gone
“さよなら・・・。”
So long,
時には歩き続けなきゃならない。
sometimes you just gotta walk on, walk on

ヘイ、ヴィブスマン!ヘイ ジャズマン!
Hey vibes man, hey jazz man,
俺のためにセレナーデを演ってくれ。
play me your serenade
もっと深いブルースを あんたは自分の墓のなかでプレイしてるんだ
Any deeper blue and you're playin' in your grave
無駄な音はいらない 
Save your notes,
ガキっぽい音楽はいらないんだ
don't spend 'em on the blues boy
無駄な音はいらないんだ 
Save your notes,
流行りだけのうるさい音楽は止めてくれ
don't spend 'em on the darlin' yearlin' sharp boy
教会で鳴っている音に耳を傾けろ
Straight for the church note ringin',
ヴィブスマンはゴミ缶を打ち鳴らす
vibes man sting a trash can
ジャンク・マンに耳を傾けろ
Listen to your junk man
ジャンク・マンに耳を傾けろ・・・
Listen to your junk man
ジャンク・マンに耳を傾けろ・・・
Listen to your junk man

奴は歌ってる・・・
He's singin', he's singin', he's singin'
みんなサテンを着こんで 裏道を歩く・・・
All dressed up in satin, walkin' past the alley
奴は歌ってる・・・
He's singin', he's singin', he's singin'



追記

WRECKING BALLツアー、2013.7.11 ローマ公演でのオフィシャル映像が発表されました!!


comment(0)  trackback(0)

“学校よりも、3分間のレコードから多くを学んだ。”

2011.07.01

category : Bruce Springsteen

“学校よりも、3分間のレコードから多くを学んだ。”
We learned more from a three-minute record than we ever learned in school
.

ロックの名言とも言われるこの言葉・・・たったの1行の歌詞で全てを言い尽くしてしまったかのように、世界中のロックキッズの衝撃を表現した見事なフレーズ。

このフレーズで始まるこの“ノーサレンダー(No Surrender)”は1984年の大ヒットアルバム、“Born in the USA”に収録されていますが、特にシングルカットされたわけでもないので、ファンでなければあまり耳にしたことはないかもしれません。

ただ先ほどの1行の他にも、思いが凝縮されたラインがあります。

たとえば

決して退かず、決して諦めないということを 
No retreat, baby, no surrender 
死守することを誓い合った冬の夜の兵士達のように・・・ 
Like soldiers in the winter's night with a vow to defend
 

やはりこの曲もバンドのメンバー、つまり長年同じ夢を追い、あきらめなかったEストリートバンドに対しての歌であり、特に朋友のギタリスト、リトル・スティーブン(Steve Van Zandt) への歌だとブルースは↓2つ目の映像の弾き語りの前に語っています。

スティーブは84年に一時Eストリートバンドを脱退し、ソロ活動を始めました。
同じ思いを持つ、古き友へのエールがこの歌になったということです。


嵐の夜に死守することを誓い合った、血を分けた兄弟たちよ 
Blood brothers in the stormy night with a vow to defend 




絶対に後戻りはしない 絶対にあきらめないと… 
No retreat, baby, no surrender 
















#228 No Surrender / Bruce Springsteen & The E Street Band

俺たちは授業を抜け出した 
Well we busted out of class 
あのくだらん連中とはつき合いきれなかった 
Had to get away from those fools 
俺たちは3分間のレコードからより多くのことを学んだ 
We learned more from a three-minute record 
学校で学ぶことよりも 
Baby, than we ever learned in school 
今夜、どこからかドラムの音が聞こえてくる 
Tonight I hear the neighborhood drummer sound 
俺は自分の心臓がドキドキするのを感じる 
I can feel my heart begin to pound 
お前は言う、「もうウンザリなんだ。ただ目を閉じて 
You say you're tired and you just wanna close your eyes 
夢だけを追いかけたいんだ。」と・・・ 
And follow your dreams down 

俺たちは約束し誓い合った いつまでも忘れないと 
Well we made a promise we swore we'd always remember 
決して退かず、決して諦めないということを 
No retreat, baby, no surrender 
死守することを誓い合った冬の夜の兵士達のように 
Like soldiers in the winter's night with a vow to defend 
絶対に後戻りはしない 絶対にあきらめないと 
No retreat, baby, no surrender 

今では若かった見た目も年をとり、悲しげになり 
Well now young faces grow sad and old 
燃えるような想いも冷めてしまう 
And hearts of fire grow cold 
俺たちは世の中に逆らって、永遠の友情を誓い合った 
We swore blood brothers against the wind 
今、俺はもう一度あの頃の若さを取り戻してやる 
I'm ready to grow young again 
俺たちを家に呼ぶ姉妹たちの声に耳をすますんだ 
And hear your sister's voice calling us home 
広い平原を越えて 
Across the open yards 
俺たちはきっと自分たちだけの場所を
切り開くことができるかもしれない 
Well maybe we could cut someplace of our own 
この俺たちのドラムとギターで 
With these drums and these guitars 

俺たちは約束し、いつまでも忘れないと誓い合ったから 
'Cause we made a promise we swore we'd always remember 
決して退かず、決してあきらめないということを 
No retreat, baby, no surrender 
嵐の夜に死守することを誓い合った、血を分けた兄弟たちよ 
Blood brothers in the stormy night with a vow to defend 
絶対に後戻りはしない 絶対にあきらめないと 
No retreat, baby, no surrender 
Hey!
(Lalala...)
(Lalala...)
(Lalala...)
(Lalala...)

今夜、通りの灯りが薄暗くなり 
Now on the street tonight the lights grow dim 
部屋の壁が追ってくるようだ 
The walls of my room are closing in 
外では戦いがまだ激しく続いている 
There's a war outside still raging 
おまえは言う、俺たちにはもう勝目はないと 
you say it ain't ours anymore to win 
俺は眠りたい、穏やかな空の下 愛する人のベッドの中で 
I wanna sleep beneath peaceful skies in my lover's bed 
目の前には広大な大地を抱き 
With a wide open country in my eyes 
美しいロマンティックな夢を抱きながら・・・  
And these romantic dreams in my head 

俺たちは約束し、いつまでも忘れないと誓い合った 
Because we made a promise we swore we'd always remember 
決して退かず、決してあきらめないということを 
No retreat, baby, no surrender 
嵐の夜に死守することを誓い合った、血を分けた兄弟たちよ 
Blood brothers in the stormy night with a vow to defend 
絶対に後戻りはしない 絶対にあきらめないと 
No retreat, baby, no surrender 
絶対に後戻りはしない 絶対にあきらめないと 
No retreat, baby, no surrender 

comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.