FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

#265 Rocky Ground / Bruce Springsteen

2012.05.31

category : Bruce Springsteen

バイクシリーズからちょいとはずれて、ボスの新着PVが発表されたので、ご紹介


現在ヨーロッパツアー中ですが、この曲は後半のハイライトの位置づけで、ほぼセットリストのレギュラー曲になっているよう。


3月28日のタンパ公演の感動のパフォーマンスとともにどうぞ















#265 Rocky Ground / Bruce Springsteen

(I'm a soldier!)

俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground

さあ、起きるんだ。羊飼いよ
Rise up shepherd, rise up
お前の羊たちが丘から遠く離れてさまよっている
Your flock has roamed far from the hills
星は消え、空は静まり
The stars have faded, the sky is still
天使は叫んでいる、「栄光あれ、ハレルヤ。」と…
The angels are shouting "Glory hallelujah"

俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground

40日40夜降り続いた雨は、この土地を洗い流し
Forty days and nights of rain have washed this land
イエスは両替商に言った、この神殿には立ち入るなと
Jesus said the money changers in this temple will not stand
お前の羊たちの群れを探し、高台の丘に連れ戻しなさい
Find your flock, get them to higher ground
洪水の水かさが増してくる、わたしたちはカナンの地をめざすのだ
The floodwater's rising, we're Canaan bound

俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
(I'm a soldier!)

お前の羊たちの群れに気を配るのだ、さもないと迷子になってしまうだろう
Tend to your flock or they will stray
我々は審判の日に他者への献身を問いただされる
We'll be called for our service come judgment day
あの大河を渡る前に
Before we cross that river wide
俺たちの手についた血は、自分たちに倍になってかえって来るだろう
The blood on our hands will come back on us twice

(I'm a soldier!)

さあ、起きるんだ。羊飼いよ
Rise up shepherd, rise up
お前の羊たちが丘から遠く離れてさまよっている
Your flock has roamed far from the hills
星は消え、空は静まり
Stars have faded, the sky is still
空に陽がのぼり、新しい一日が始まる…
Sun's in the heavens and a new day's rising

お前たちは筋肉と心で最上の祈りを捧げる
You use your muscle and your mind and you pray your best
お前たちの祈りが届けば、あとは神のご加護があるだろう
That your best is good enough, the Lord will do the rest
お前たちは子供も育て、真っすぐしっかり歩むことを教える
You raise your children and you teach them to walk straight and sure
お前たちは祈る、厳しい時代が二度と来ないように
You pray that hard times, hard times come no more
眠ろうとするけど、寝返りを打ち眠れず最悪の状態に
You try to sleep, you toss and turn, the bottom's dropping out
かつて信じていたことが、今では疑いばかり
Where you once had faith now there's only doubt
助言を求めて祈る、ただ沈黙だけが祈りをかなえる
You pray for guidance, only silence now meets your prayers
夜が明けて、目が覚める。でもそこには誰一人いない
The morning breaks, you awake but no one's there

俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
新しい一日が始まる…
There's a new day coming
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
(I'm a soldier!)
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
ああ、新しい一日が始まる…
Oh, a new day's coming
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
(I'm a soldier!)
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
ああ、新しい一日が始まる…
Oh, a new day's coming
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
(I'm a soldier!)
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
There's a new day coming
俺たちは旅を続ける 石ころだらけの土地を
We've been traveling over rocky ground, rocky ground
スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

#264 Battleship Chains / Georgia Satellites

2012.05.27

category : The Georgia Satellites

骨太ロック、やはりバイクにはジョージア・サテライツだろう

…と思って曲を探してたら、PVにしっかりバイクが写ってるじゃない!

ということで、強引にこの曲にキマリ

コードをCとGの2つしか使ってない、ストレートでどシンプルなこの曲をどうぞ






#264 Battleship Chains / Georgia Satellites

お前は俺を縛りつける、戦艦の鎖で
You got me tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long and a two ton anchor
戦艦の鎖で縛りつけられちまった
tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long with a two ton anchor

俺の腕は動かせない 誰かを抱こうとしても
I can't move my arms to hold nobody
誰も抱けない お前以外には
hold nobody but you
足も動かせない 誰かを追いかけようとしても
I can't move my legs to chase nobody
お前を蹴とばすしかないよ
to kick nobody but you

お前は俺を縛りつける、戦艦の鎖で
You got me tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long and a two ton anchor
戦艦の鎖で縛りつけられちまった
tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long with a two ton anchor

俺の目は動かせない 誰かを見ようとしても
I can't move my eyesto see nobody
見れるのはお前だけ
see nobody but you
舌も動かせない 誰かを味わおうとしても
I can't move my tongueto taste nobody
お前をひと舐めするしかないよ
to lick nobody but you

お前は俺を縛りつける、戦艦の鎖で
You got me tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long and a two ton anchor
戦艦の鎖で縛りつけられちまった
tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long with a two ton anchor

俺の唇は動かせない 誰かにキスしようにも
I can't move my lipsto kiss nobody
キスできるのはお前だけ
kiss nobody but you
心も動かせない 誰かを愛そうとしても
I can't move my heart to love nobody
お前を愛するしかないよ…
to love nobody but you

お前は俺を縛りつける、戦艦の鎖で
You got me tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long and a two ton anchor
戦艦の鎖で縛りつけられちまった
tied down with battleship chains
50フィートの鎖に重量2トンの錨で
fifty foot long with a two ton anchor

comment(0)  trackback(0)

#263 Hurts So Good / John Cougar

2012.05.25

category : John Mellencamp

早くも手詰まり感がでてきましたが(汗),バイクソング・シリーズ第3弾は、ジョン・クーガー(当時)の"青春の傷あとHurts So Good”で行ってみましょう。

なぜバイクソングかというと、PVでメレンキャンプがハーレーに乗っているから~

1982年発表3rdアルバム、”アメリカン・フール”からの1stシングル曲。

この曲と以前紹介した2ndシングル"Jack & Diane"が2曲同時にTOP10シングルになるという快挙で大ブレイク…以来、骨太アメリカン・ロック歌手の代表的な地位を築きました。


それにしても、この曲もド田舎丸出しのダサさ満点

バイクソングのチョイスはどうしても男臭くなってしまうのは仕方ないのか







#263 Hurts So Good / John Cougar

俺がガキだったころは
When I was a young boy,
若さなんて、クソくらえって言ってたけど
Said put away those young boy ways
今じゃ、俺も歳をとったよ、ずいぶんとね。
Now that I'm gettin' older, so much older
あの青春の日々を懐かしく思う
I long for those young boy days
君みたいな女の子といるとね
With a girl like you,
君みたいな女の子と一緒にいると
With a girl like you,
俺たち二人にもやれることがあるのは神様にもバレてる
Lord knows there are things we can do, baby,
俺と君の二人だけで
Just me and you.
さあ、かまそうぜ。二人で一緒に・・・
Come on and make it

いい感じの痛みだ
Hurt so good.
さあ、ベイビー。痛みをいい傷にするのさ。
Come on baby, make it hurt so good.
ときどき愛はうまくいかなかったりするけど
Sometimes love don't feel like it should.
…それをいい傷にしようぜ。
You make it hurt so good.

そんなに興奮するなよ。
Don't have to be so exciting.
ちょっとだけ楽しむ感じでいけばいいのさ。
Just tryin' to give myself a little bit of fun, yeah.
前はいつも俺をその気にさせるけど
You always look so invitin'
若い子みたいに世間知らずでもないだろ
You ain't as green as you are young
ヘイ、ベイビー。お前のことだよ。
Hey baby, its you.
ほら、ねえ、お前のことさ。
Come on, girl, now, its you.
俺という男をマジで味わってみないかい
Sink your teeth right through my bones, baby.
俺たち二人に何ができるか、みてみようぜ
Let's see what we can do.
さあ、かまそうぜ。二人で一緒に・・・
Come on and make it

いい感じの痛みだ
Hurt so good.
さあ、ベイビー。痛みをいい傷にするのさ。
Come on baby, make it hurt so good.
ときどき愛はうまくいかなかったりするけど
Sometimes love don't feel like it should.
…それをいい傷にしようぜ。
You make it hurt so good.

たいそうな事を言ってるんじゃない
I ain't talkin' no big deals
別に悪だくみをしてるわけでもないし
I ain't made no plans myself.
束縛しようってことでもないぜ
I ain't talkin' no high heels
朝から晩までうろうろするって感じかな・・・
Maybe we could walk around all day long,
一日中、二人でうろうろするだけさ・・・
walk around all day long.

いい感じの痛みだ
Hurt so good.
さあ、ベイビー。痛みをいい傷にするのさ。
Come on baby, make it hurt so good.
ときどき愛はうまくいかなかったりするけど
Sometimes love don't feel like it should.
…それをいい傷にしようぜ。
You make it hurt so good.

Hey, hey

comment(0)  trackback(0)

#262 Bad To The Bone / George Thorogood

2012.05.19

category : George Thorogood

さてバイクソング特集第2弾

こちらもコテコテ、めちゃ男臭いジョージ・サラグッドの“Bad to the bone”です。

この曲は映像を見れば一目瞭然、映画「ターミネーター2」でシュワちゃんがババンと登場するシーンでの挿入歌。

サラグッドお得意のスライド・ブギーなギターが炸裂した、ド迫力男気ソングをどうど






#262 Bad To The Bone / George Thorogood

俺がこの世に生まれたその日
On the day I was born
看護婦たちがみんな集まって来て
The nurses all gathered 'round
驚嘆して見つめたよ
And they gazed in wide wonder
その奇跡の赤ん坊のことを
At the joy they had found
でも婦長が大きな声でこう言った
The head nurse spoke up
「この赤ん坊は放っておきなさい。」
Said "leave this one alone"
婦長にはすぐ分かったんだな
She could tell right away
俺が本物のワルだってことが…
That I was bad to the bone

そうさ、本物のワルさ。
Bad to the bone
骨の髄からワルがしみついてるんだ。
Bad to the bone
B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
正真正銘のワルだぜ。
Bad to the bone

俺は千人の女の心をもて遊んだぜ
I broke a thousand hearts
お前に会う前は
Before I met you
あと千人また、もて遊ぶつもりだ
I'll break a thousand more, baby
俺があの世に行くまでに
Before I am through
俺はお前のものになりたいぜ、かわいいベイビー
I wanna be yours pretty baby
お前の、お前だけのものに
Yours and yours alone
でもこれだけは言っておくぜ、ハニー
I'm here to tell ya honey
おれは骨までワルだぜ。
That I'm bad to the bone

骨の髄までワルがしみついてるんだ。
Bad to the bone
B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
正真正銘のワルだぜ。
Bad to the bone

俺は金持ちの女に物乞いさせるし
I make a rich woman beg
俺は真面目な女に盗みもさせる
I'll make a good woman steal
俺は年老いた女を赤面させるし
I'll make an old woman blush
俺は若い女に悲鳴もあげさせる
And make a young girl squeal
俺はお前のものになりたいぜ、かわいいベイビー
I wanna be yours pretty baby
お前の、お前だけのものに
Yours and yours alone
でもこれだけは言っておくぜ、ハニー
I'm here to tell ya honey
おれは骨までワルだぜ。
That I'm bad to the bone

B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
正真正銘のワルだぜ。
Bad to the bone

俺様が通りを歩けば
And when I walk the streets
王も王妃も俺に道を譲る
Kings and Queens step aside
俺が出会うどの女も
Every woman I meet
みんな俺に満たされちまう
They all stay satisfied
教えてやろう、かわいいベイビー。
I wanna tell ya pretty baby
欲しいものは必ず手に入れるぜ
Well Ya see I make my own
お前に言っておくぞ。
I'm here to tell ya honey
俺は本物のワルなんだよ。
That I'm bad to the bone

そうさ、本物のワルさ。
Bad to the bone
B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
B-B-B-B-Bad
正真正銘のワルだぜ。
Bad to the bone

comment(1)  trackback(0)

#261 Born To Be Wild / Steppenwolf

2012.05.17

category : Steppenwolf

だいぶ暑くなってきたので、ここらでバイクに似合うバイク・ソング特集~第1弾


前回の”The Weight”の映画「イージー・ライダー」つながりでベタですが、まずこの曲を







#261 Born To Be Wild / Steppenwolf

モーターを作動させて
Get your motor running
ハイウェイに飛び出すんだ
Head out on the highway
冒険を探そうぜ
Looking for adventure
俺達の行く先に何が来ようと
In whatever comes our way
そうさ、ダーリン 何が起きようと
Yeah, darling gonna make it happen
愛の抱擁でこの世界を受けとめてやる
Take the world in a love embrace
すぐにお前ら全ての銃を撃つんだ
Fire all of your guns at once
そして宙に向けて爆発させるのさ
And explode into space

俺は煙と稲妻が好きなんだ
I like smoke and lightning
ヘビーメタル級の雷
Heavy metal thunder
風とレースをして
Racing with the wind
自然の凄まじさを感じる
And the feeling that I'm under
そうさ、ダーリン 何が起きようと
Yeah, darling gonna make it happen
愛の抱擁でこの世界を受けとめてやる
Take the world in a love embrace
すぐにお前ら全ての銃を撃つんだ
Fire all of your guns at once
そして宙に向けて爆発させるのさ
And explode into space

本当の野生児のように
Like a true nature child
俺達は生まれた、ワイルドになるために
We were born, born to be wild
どこまでも昇りつめるぜ
We can climb so high,
くたばったりは絶対にしないぜ…
I never want to die
ワイルドになるために生まれたんだ
Born to be wild
ワイルドになるために生まれたのさ
Born to be wild

モーターを作動させて
Get your motor running
ハイウェイに飛び出すんだ
Head out on the highway
冒険を探そうぜ
Looking for adventure
俺達の行く先に何が来ようと
In whatever comes our way
そうさ、ダーリン 何が起きようと
Yeah, darling gonna make it happen
愛の抱擁でこの世界を受けとめてやる
Take the world in a love embrace
すぐにお前ら全ての銃を撃つんだ
Fire all of your guns at once
そして宙に向けて爆発させるのさ
And explode into space

本当の野生児のように
Like a true nature child
俺達は生まれた、ワイルドになるために
We were born, born to be wild
どこまでも昇りつめるぜ
We can climb so high,
くたばったりは絶対にしないぜ…
I never want to die
ワイルドになるために生まれたんだ
Born to be wild
ワイルドになるために生まれたのさ
Born to be wild

comment(0)  trackback(0)

#260 The Weight / The Band

2012.05.11

category : The Band


さて、本日も前回に引き続き、“ザ・バンド”です。

詞の内容は意味不明ですが、アメリカン・ロックの代表曲でとにかくバイクで出かけたくなるような・・・旅心をくすぐる名曲です。

映画「イージー・ライダー」の挿入歌なのでしょうか。
あまり詳しくないのにとりあえずのUPになりますが、ご容赦下さい~。

また、この曲をUPしたのは、つい先日の5/2 ニューアーク公演のライヴでブルース・スプリングスティーンが亡きレヴォン・ヘルムに捧げるため、この“The Weight”を演奏したからでもあります。

観客の一人が「PLAY 1 FOR LEVON(レヴォンのために1曲)」というリクエスト・ボードを掲げていました。
そのボードをブルースは手にとり「まだすごく若かった頃、この曲はよく演奏したよ…。レヴォン・ヘルムは、ザ・バンドの偉大なドラマーで、カントリー、ロカビリー、そしてロックンロールの世界において、最も優れた声の持ち主の1人だった。ドラムを叩きながら、目を瞠るような声を聴かせるんだよ!それで俺も、オーディションの時にマックスに歌わせたんだ」と言って、ギター1本で“The Weight”歌い始めました。

リハーサルをしたのかどうかは定かではありまぜんが、それに合わせるように静かにバックバンドの演奏が加わる。
それと共にほとんど全ての観客が一斉に歌いだし、大合唱となる・・・

なんと感動的なトリビュートなのだろう。
(ちなみにギターのラインはブルースの“ My City Of Ruins”とそっくりです)























#260 The Weight / The Band

ナザレの町へとたどり着いた
I pulled into Nazareth,
俺は半分死んだような状態で
was feelin' about half past dead;
どこか横になって休める場所がただ必要だった
I just need some place where I can lay my head.
「ヘイ、そこの旦那。教えてくれないか?」
"Hey, mister, can you tell me
「このあたりの宿の場所を。」
where a man might find a bed ?"
言ったのは一言、「そんな所はねえさ。」
and "No!", was all he said.

荷物を降しなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
背負ってる荷物を降ろして楽になりな
take a load for free;
荷物を降ろしなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
そして俺にその荷物を背負わせていいんだぜ。
And … you can put the load right on me.

俺はバッグを手に取り
I picked up my bag,
どこか身を隠す場所を探しに行った
I went lookin' for a place to hide
するとカルメンとデビルの奴が
When I saw Carmen and the Devil
並んで歩いているのが見えたから
walkin' side by side.
俺は、「ヘイ、カルメン。」
I said, "Hey, Carmen,
「一緒にダウンタウンに行こうぜ」と誘うと
come on, let's go downtown."
彼女が言う「行きたいけど…」
She said,"I gotta go,
「このデビルがくっついて、私のそばを離れないのよ。」
but my friend can stick around."

荷物を降しなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
背負ってる荷物を降ろして楽になりな
take a load for free;
荷物を降ろしなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
そして俺にその荷物を背負わせていいんだぜ。
And … you can put the load right on me.

さがれ、ミス・モーゼス。
Go down, Miss Moses,
お前には、話す余地なんて何もありゃしない。
there's nothin' you can say
そこにいるのは 老いぼれルークじゃないか。
It's just old Luke,
ルークは 最後の審判の日を待ってるんだろう。
and Luke's waitin' on the Judgement Day.
「なあ、ルーク、俺の友よ。」
"Well, Luke, my friend,
娘のアナ・リーはどうしてる?」
what about young Anna Lee?"
「お前に頼みがあるんだよ。」老いぼれルークは言う
He said, "Do me a favor, son,
「ここにいて アンナ・リーと付き合ってやってくれないか?」
woncha stay and keep Anna Lee company?"

荷物を降しなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
背負ってる荷物を降ろして楽になりな
take a load for free;
荷物を降ろしなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
そして俺にその荷物を背負わせていいんだぜ。
And … you can put the load right on me.

気違いチェスターが、俺を後をついてきて
Crazy Chester followed me,
そして霧の中で俺を捕まえた
and he caught me in the fog.
奴が言う、「俺はお前をひどい目にあわせてやる。」
He said, "I will fix your rack,
「お前が俺の愛犬ジャックを 連れて行こうとするなら。」
if you'll take Jack, my dog."
「ちょっと待ってくれよ、チェスター。」
I said, "Wait a minute, Chester,
「俺が争いを好まない男だってことは知ってるだろ?」
you know I'm a peaceful man."
「それならいいんだ、坊や。」
He said, "That's okay, boy,
「都合のいい時に、俺の犬に食い物をあげてくれ。」
won't you feed him when you can."

荷物を降しなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
背負ってる荷物を降ろして楽になりな
take a load for free;
荷物を降ろしなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
そして俺にその荷物を背負わせていいんだぜ。
And … you can put the load right on me.

さあ、特急列車に飛び乗るのさ
Catch a cannon ball, now,
町の方へと向かうために
to take me down the line
俺のバッグは重い荷物でつぶれちまって
My bag is sinkin' low
今がその時だって思ったんだ
and I do believe it's time.
ミス・ファニーのところに帰る時
To get back to Miss Fanny,
彼女こそ俺の唯一人の女
you know she's the only one.
皆への挨拶のために俺をここへ使いにやった彼女のもとへ…
Who sent me here with her regards for everyone?

荷物を降しなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
荷物を降ろしなよ、Fanny,
Take a load off, Fanny,
そして俺にその荷物を背負わせていいんだぜ。
And … you can put the load right on me.

comment(0)  trackback(0)

#259 The night they drove old Dixie down / The Band

2012.05.10

category : The Band

さて、全動画消失から8ヶ月の後、完全復活を遂げたのですが・・・

終えた途端に、達成感と共に目標を失うという事態に陥りました~



ということで、しばらく空いてしまいましたが、また今後もゆっくり新規UPしていこうと思います




さて今日は“ザ・バンド”というバンドです(笑)

実は、正直あまり詳しくありません!

ただ先月の終わり頃に「ザ・バンドのドラマー、リヴォン・ヘルムさん死去」というニュースを目にし、やや時間が経ってしまいましたが、UPすることにします。


告白しますと、二十歳前に彼らの音楽を聞いたときは、どうにも難しすぎたのか、心にまったく響きませんでした。

ところがどうでしょう。。
先日改めて聞いてみると、凄いすごい

サウンドも味のあるボーカルもおっさんになった自分に響きまくるじゃない

ジャック・ダニエルが合いまくるじゃない~



ちなみにこの曲の詞は日本では幕末真っ只中のアメリカ南北戦争(The Civil War, 1861年 - 1865年)を歌った歌とのことです。


あ~、渋い!!









#259 The night they drove old Dixie down / The Band

俺の名はヴァージル・ケイン
Virgil Caine is the name
ダンヴィル鉄道で働いていた
And I served on the Danville train
ストーンマン少将の騎兵隊が現れて
Till Stoneman's cavalry came
再び線路を破壊されるまで
And tore up the tracks again
1865年の冬
In the winter of '65
俺たちは飢えて、なんとか生きてるザマだった
We were hungry, just barely alive
5月10日までには、リッチモンドは陥落しちまった
By May the tenth, Richmond had fell
忘れやしないさ あの時のことは…
It's a time I remember, oh so well

北軍が南軍を追いやったあの夜…
The night they drove old Dixie down
鐘の音が鳴り響いてた
And the bells were ringing
北軍が南軍を追いやったあの夜…
The night they drove old Dixie down
みんな歌っていたよ、こんなふうに
And all the people were singin', they went
Na na na na na na

妻とテネシーに戻ったある日のこと
Back with my wife in Tennessee
彼女が俺に向かって言った
When one day she called to me
ヴァージル早く、こっちに来て見て。
Virgil, quick, come see
ロバート・E・リー将軍よ!|There goes Robert E. Lee
材木を切る仕事は苦じゃないし
Now I don't mind choppin' wood
金にならなくても俺は構わない
And I don't care if the money's no good
最低限必要な分だけ貰って、残りは置いておけばいい
You take what you need and you leave the rest
でも北軍のヤツらは俺たちの一番大切なものを持って行っちまった…
But they never should have taken the very best

北軍が南軍を追いやったあの夜…
The night they drove old Dixie down
鐘の音が鳴り響いてた
And the bells were ringing
北軍が南軍を追いやったあの夜…
The night they drove old Dixie down
みんな歌っていたよ、こんなふうに
And all the people were singin', they went
Na na na na na na

俺の前には親父がそうだったように、俺もよく働いた
Like my father before me, I'm a workin' man,
俺の前には兄貴がそうだったように、反乱軍として戦うことを決めたんだ
Like my brother before me, who took a rebel stand.
兄貴はまだ18歳で、誇り高く勇敢
He was just eighteen, proud and brave
でも北軍兵士の手で葬られたよ
But a Yankee laid him in his grave
この足元の土に染み込んだ血に俺は誓う
I swear by the blood below my feet
怒りをぶつける場所もない 敗軍の兵となってしまっては…
You can't raise a Caine back up when he's in defeat

北軍が南軍を追いやったあの夜…
The night they drove old Dixie down
鐘の音が鳴り響いてた
And the bells were ringing
北軍が南軍を追いやったあの夜…
The night they drove old Dixie down
みんな歌っていたよ、こんなふうに
And all the people were singin', they went
Na na na na na na



comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.