FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2016年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

我が家のチャック・ベリー♪

2016.11.30

category : 未分類

息子が5歳になったので、ちょっとした洋画が見れるようになってきた。

「グーニーズ」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見せたら、さっそく食らいついてきた♪



どうやらこのシーンは5歳の子でも面白さが分かるようで、何度も見て真似し始めた


にしてもこの歳で”ゴージョニゴーゴー♪”とは・・・


ノリノリです~



2016-11-30 16 57 32 from Bobby Jean on Vimeo.






何度も紹介しているこちらが、元映像




スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

~東京運河カヤックツーリング~

2016.11.29

category : アウトドア


昨日Baobab's・cafeのマスター、Kさんからお誘い頂き二人でスカイツリーを見てきました。


・・・というと怪しいデートみたいな響きがしますね。


もちろん、カヤックで。


運河を通ってスカイツリーのふもとまで行く、”東京運河カヤックツーリング”です。


ファイル 2016-11-29 12 31 24



お昼過ぎに集合でしたが、お店でお客さんと朝9時まで飲んでいてほとんど寝てないKさん。

しかも雲が多く、すでに風が強いのでカヤックの条件としてはやや厳しめ・・・。


「ど、どうする??」


「と、とりあえず、行ってみましょうか?」



ってな感じのやや消極的なスタート。



2時頃に大島小松川公園に到着。


さっそく組み立てて出発時間は2時半。



漕ぎだすと、風は向かい風になったり追い風になったり・・・


ちょっと出だしが遅すぎたか?果たして日没までにスカイツリーに間に合うのか??




またまた動画でまとめたので、こちらをどうぞ~♪



comment(0)  trackback(0)

#374 Desperado / The Eagles

2016.11.26

category : The Eagles


英語の授業の教材として学校で習いそうなくらい有名な洋楽曲ですが、やはり名曲です。


1973年の作品なので、すでに43年も経っていますが、最近のライブでもこのクオリティ


当時とまったく変わらないドン・ヘンリーのヴォーカル、見事としか言いようがありません。



今年の1月にメンバーのグレン・フライが亡くなってしまい、ついに解散。

でも永遠に残る名曲の中の1つだと思います。。





Desperado The Eagles from masaru99 on Vimeo.






#374 Desperado / The Eagles

ならず者よ
Desperado
そろそろ目を覚ましたらどうだい?
why don't you come to your senses?
そうやって塀の上に腰掛けてるけど
You been out ridin' fences
もうずっと長いこと
for so long now
本当に頑固なヤツめ
Oh, you're a hard one
お前にも言い分はあるだろうが
I know that you got your reasons
喜んでやっている事が
These things that are pleasin' you
本当はお前自身を傷つけているのに
Can hurt you somehow

ダイヤのクイーンを引くのはやめておけ
Don't you draw the queen of diamonds, boy
場合によっては痛い目にあうぞ
She'll beat you if she's able
ハートのクイーンが一番いい手なのを知っているだろ?
You know the queen of hearts is always your best bet

俺にはいいと思うカードが
Now it seems to me, some fine things
テーブルに並んでいるのに
Have been laid upon your table
手に入らないようなのしか、お前は狙わないんだな
But you only want the ones that you can't get

ならず者よ
Desperado
お前はもう若くないから
oh, you ain't gettin' no younger
痛みや飢えが家を恋しくさせてるはず
Your pain and your hunger, they're drivin' you home
”自由 自由”と
And freedom, oh freedom well,
人々はよく口にするけれど
that's just some people talkin'
君はこの世をたった一人で歩いている囚人さ
You're prisoner walking through this world all alone

冬になると足が凍えるのを感じないか?
Don't your feet get cold in the winter time?
雪も降らないし太陽も輝かない
The sky won't snow and the sun won't shine
だから夜も昼も区別がつかなくなっている
It's hard to tell the night time from the day
喜ぶことも悲しむことも失いかけてる
You're losin' all your highs and lows
おかしいだろう?感情までを失くしちまったら…
Ain't it funny how the feeling goes away?

ならず者よ
Desperado
もう目を覚ましたらどうなんだい?
why don't you come to your senses?
さあ,塀の上から降りて
Come down from your fences,
心の扉をひらくんだ
open the gate
雨が降っているかもしれないけど
It may be rainin',
お前の頭上には虹が現れるさ
but there's a rainbow above you
愛されるようになれよ
You better let somebody love you
誰かに愛してもらうのさ
You better let somebody love you
手遅れにならないうちに…
before it's too late

comment(0)  trackback(0)

#373 Gravity / John Mayer

2016.11.24

category : John Mayer


ファイル 2016-11-24 16 35 13



近頃、街路樹が美しく紅葉しているので、夕方に車を走らせるだけで気持ちいい。



あまり人に知られていないイチョウ並木が近所にあるので、思わず撮影



ファイル 2016-11-24 16 34 39




ファイル 2016-11-24 16 34 57








・・・と秋を満喫していたら、なんと本日は雪が・・・。


ファイル 2016-11-24 15 50 30



11月の雪はなんと54年ぶりとのこと。

さすがに子供は嬉しそう

ファイル 2016-11-24 15 53 00










本日はジョン・メイヤーの極上のブルースを~


魂のこもったギタープレイをどうぞ




Gravity John Mayer from masaru99 on Vimeo.



#373 Gravity / John Mayer

重力は僕の想いに反して
Gravity is working against me
僕を落ち込ませようとするよ
And gravity wants to bring me down
僕には分からない 何がこの男にそうさせるのか
Oh I'll never know what makes this man
このハートが耐えられるだけの愛情があるのに
With all the love that his heart can stand
全てを捨てる夢を見させるなんて
Dream of ways to throw it all away

重力は僕の想いに反して
Gravity is working against me
僕を落ち込ませようとするよ
And gravity wants to bring me down
2倍の量でもいいワケじゃない
Oh twice as much ain't twice as good
半分も持ちこたえられないよ
And can't sustain like a one half could
もっと求められても
It's wanting more
僕は跪いてしまうよ
That's gonna send me to my knees

2倍の量でもいいワケじゃない
Oh twice as much ain't twice as good
半分も持ちこたえられないよ
And can't sustain like a one half could
もっと求められても
It's wanting more
僕は跪いてしまうよ
That's gonna send me to my knees

重力よ
Oh gravity,
僕から離れてくれないか
Stay the hell away from me
そして重力は僕より相応しい男を選ぶんだ
And gravity has taken better men than me
どうしてそうなんだ?
now how can that be?
光の当たる場所に僕をいさせてくれ
Just keep me where the light is
光の当たる場所に僕をいさせてくれ
Just keep me where the light is
光の当たる場所に僕をいさせてくれ
Just keep me where the light is



comment(0)  trackback(0)

#372 Vincent(Starry, starry night) / Don McLean

2016.11.22

category : Don McLean

G002.jpg



本日はドン・マクリーンが巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの伝記を読んでゴッホに捧げた曲です。




出だしの”Starry Starry Night・・・”はゴッホの「The Starry Night(邦題:星月夜)」という絵に由来するとのことです。



Vincent-van-Gogh-Starry-Night_1920x1200.jpg











#372 Vincent(Starry, starry night) / Don McLean

降ってくるような星空の夜
Starry, starry night.
パレットにブルーとグレーの絵具をのばして
Paint your palette blue and grey,
夏の日を見渡している
Look out on a summer's day,
心の闇を見透かす眼差しで
With eyes that know the darkness in my soul.
丘に落ちる影 
Shadows on the hills,
木々や水仙をスケッチして
Sketch the trees and the daffodils,
そよ風や冬の寒さをとらえて描き
Catch the breeze and the winter chills,
雪のように白いキャンパス地に彩をそえる
In colors on the snowy linen land.

今ようやく わかるような気がする
Now I understand
あなたが私に伝えようとしたこと
what you tried to say to me,
どれほど闘っていたか 自分の正気を保つために
How you suffered for your sanity,
どんなに自分の心を解き放とうとしていたのか
How you tried to set them free.
みんな耳を傾けなかった 
They would not listen,
みんなどうしていいのか分からなかったのだろう
they did not know how.
たぶん今ならみんな、耳を傾けてくれるかもしれない
Perhaps they'll listen now.

降ってくるような星空の夜
Starry, starry night.
眩しく輝く燃えるような花たちや
Flaming flowers that brightly blaze,
すみれ色のもやの中で渦巻く雲が 
Swirling clouds in violet haze,
ヴィンセントのチャイナブルーの瞳に映る
Reflect in Vincent's eyes of china blue.
色合いをかえていく
Colors changing hue,
朝の畑の黄金色の穀物
morning field of amber grain,
苦痛がシワに刻まれ風雨にさらされた顔も
Weathered faces lined in pain,
画家の愛情のある筆でやわらかくなっていく
Are soothed beneath the artist's loving hand.

今ようやく わかるような気がする
Now I understand
あなたが私に伝えようとしたこと
what you tried to say to me,
どれほど闘っていたか 自分の正気を保つために
How you suffered for your sanity,
どんなに自分の心を解き放とうとしていたのか
How you tried to set them free.
みんな耳を傾けなかった 
They would not listen,
みんなどうしていいのか分からなかったのだろう
they did not know how
たぶん今ならみんな、耳を傾けてくれるよ
Perhaps they'll listen now.

みんなはあなたを愛することができなかった  
For they could not love you,
それでもあなたの愛は真実だった
But still your love was true.
だから希望がすべて消え去ってしまった
And when no hope was left inside
星降るあの夜に
On that starry, starry night,
あなたは命を絶った 恋人達がよくするように
You took your life, as lovers often do.
でも私ならあなたに言えたと思う ヴィンセント
But I could have told you, Vincent,
この世界は決して意味を持たなかったと
This world was never meant
あなたのような心の美しい人のためにあるのではなかったと…
for one as beautiful as you.

降ってくるような星空の夜
Starry, starry night.
空っぽのホールに飾られた肖像画
Portraits hung in empty halls,
名もなき壁の体のない顔
Frameless head on nameless walls,
世界を見つめている忘れることのできない瞳
With eyes that watch the world and can't forget.
あなたが出会った見知らぬ人のよう
Like the strangers that you've met,
ボロボロの服をまとったみすぼらしい男
The ragged men in the ragged clothes,
血のように真っ赤なバラに銀の棘
The silver thorn of bloody rose,
初雪の上で、押しつぶされ折られて横たわっている
Lie crushed and broken on the virgin snow.

今ならわかる気がする
Now I think I know
あなたが私に伝えようとしたこと
what you tried to say to me,
どれほど闘っていたか 自分の正気を保つために
How you suffered for your sanity,
どんなに自分の心を解き放とうとしていたのか
How you tried to set them free.
みんな耳を傾けないだろう
They would not listen,
彼らは傾けていない 今でもまだ
they're not listening still.
たぶん いつまでもしないのだろう…
Perhaps they never will...






comment(0)  trackback(0)

ニュービートルでドライブ☆

2016.11.16

category : Bruce Springsteen


ファイル 2016-11-17 10 21 07


さて、納車から2週間ほど経ったので、我が家に新しくきた”ニュービートル”の感想をまとめました!


一言でいうと・・・



とにかくカワイくてしょうがありません!(笑)


今までクルマをこれほど愛したことがあったでしょうか??

そのくらいぞっこんなのです!!


そして乗ってみるとめちゃくちゃ運転しやすく、とにかく今のところ最高♪♪




いつもはカスタマイズなんてしないのですが

さっそくこの車種特有の内装のプラスチックのベトベト・・・

上から張るだけのパーツがあるので、即装着。


そしてトランクが小さく、荷物が載らないので中古のキャリアを装備。


音が割れていてひどかったスピーカーを交換。



さあ、さっそくドライブだ~




おもわずまとめた動画を作成しちゃいました!


ニュービートルがきた! from Bobby Jean on Vimeo.





”夢のカブトムシ号”はとにかく夢が広がる楽しいクルマでした


やっぱクルマはこうじゃなくっちゃね。。









・・・そういえば、今年の3月にロサンゼルスに行ったときにレンタカーで借りたのもビートルだった


今思えば、あれは現行の”ザ・ビートル”だったのか・・・。


懐かしい思い出なので、ボスのドライブ・ソング、”ダーリントン・カウンティ”にのせて、動画を作成!!


全て”マイ iPhone”での写真・動画で作ってみました







#371 Darlington County / Bruce Springsteen & The E street Band

ダーリントン郡へ車で出かける
Driving in to Darlington County
俺とウェインで独立記念日に
Me and Wayne on the Fourth of July
ダーリントン郡へ行くところ
Driving in to Darlington County
郡境近くで仕事を探しに
Looking for some work on the county line
ドライブしてきたぜ、ニューヨーク・シテイから
We drove down from New York City
ニューヨークの女はイカしているが名前をきく以上の関係は望まない
Where the girls are pretty but they just want to know your name
ダーリントン・シティへ行くところ
Driving in to Darlington City
ウェインの伯父さん、ユニオンとコネがある
Got a union connection with an uncle of Wayne's
800マイルもドライブして来た、オマワリには一度も会わず
We drove eight hundred miles without seeing a cop
ロックンロールを聞いてきた、屋根が吹き飛ぶくらいにボリューム上げて
We got rock and roll music blasting off the T-top singing
シャララララララララ
Sha la la la la la la la la
シャララララララ
Sha la la la la la la

ヘイ、そこに立ってる可愛い娘ちゃん
Hey little girl standing on the corner
今日はあんたには本当にラッキーな日だよ
Today's your lucky day for sure all right
俺たち ニューヨークからやって来た
Me and my buddy we're from New York City
200ドルも持ってるから一晩中ロックしようぜ
We got two hundred dollars we want to rock all night
あんたの目の前には、金払いのいい二人の男
Girl you're looking at two big spenders
俺とウエインのやることは、とてつもないデカイこと
Why the world don't know what me and Wayne might do
俺たちの親父はそれぞれ世界貿易センターを持ってるのさ
Our pa's each own one of the World Trade Centers
キスと微笑みと交換に、全部あんたにあげちゃうよ
For a kiss and a smile I'll give mine all to you
カモン・ベイビー、俺の助手席に座れよ
Come on baby take a seat on my fender
夜も長いし他にすることがあるかい?
It's a long night and tell me what else were you gonna do
俺とおまえの二人っきりで
Just me and you we could

あの娘は窓辺にすわってる
Little girl sitting in the window
俺の相棒にはもう一週間も会ってない
Ain't seen my buddy in seven days
郡のおまわりさんも同じことを言う
County man tells me the same thing
ヤツは働かないんだから金が入るわけがない
He don't work and he don't get paid
可愛い娘ちゃん、あんたは若くて美しい
Little girl you're so young and pretty
一緒に来れば、思い通りにさせてあげるよ
Walk with me and you can have your way
ダーリントン・シティから抜け出して
And we'll leave this Darlington City
ディキシー・ハイウェイを下ってドライブしよう
For a ride down that Dixie Highway
ダーリントン郡から出て行く時
Driving out of Darlington County
俺の目が見たものは、信じられない光景…
My eyes seen the glory of the coming of the Lord
ダーリントン郡を出て行く時
Driving out of Darlington County
俺が見たのは、パトカーのバンパーに手錠でつながれているウェインの姿…
Seen Wayne handcuffed to the bumper of a state trooper's Ford

Sha la la la la la la
Sha la la...




こちらは今年の6月、ポルトガル リスボンで行われたRock in Rio 2016での演奏。




comment(0)  trackback(0)

#370 Old Love / Eric Clapton

2016.11.12

category : Eric Clapton

街路樹も紅葉してきて秋真っ盛り。

そんな夜に極上のブルースをどうぞ。



90年代のMTVアンプラグド・ブームの火付け役になった名作” Eric Clapton MTV Unplugged”より。




Old Love 日本語 from Bobby Jean on Vimeo.




#370 Old Love / Eric Clapton

お前の体のぬくもりを感じてしまう
I can feel your body
ベッドに横になると
When I'm lying in bed
あまりに多くの混乱が
There's too much confusion
俺の頭を駆け巡る
Going around through my head

それは俺をいらだたせる
And it makes me so angry
まだ恋の炎が燃えていることが分かるから
To know that the flame still burns
なぜ忘れられない?
Why can't I get over?
いつになったわかるんだ
When will I ever learn

過去の恋よ
Old love,
俺を放っておいてくれ
leave me alone
過去の恋よ
Old love,
さっさと消え去ってくれ
go on home

お前の顔が浮かんでくる
I can see your face
でもそれが現実でないことも分かってる
But I know that it's not real
それはただの幻
It's just an illusion
昔の想いによって引き起こされた
Caused by how I used to feel

それは俺をいらだたせる
And it makes me so angry
まだ恋の炎が燃えていることが分かるから
To know that the flame still burns
なぜ忘れられない?
Why can't I get over?
いつになったわかるんだ
When will I ever learn

過去の恋よ
Old love,
俺を放っておいてくれ
leave me alone
過去の恋よ
Old love,
さっさと消え去ってくれ
just go on home

過去の恋よ
Old love,
さっさと消え去ってくれ
just go on home

過去の恋よ
Old love,
過去の恋
Old love,
過去の恋よ
Old love,
過去の恋
Old love,
過去の恋よ
Old love,
過去の恋
Old love,


こちらはエレキヴァージョン。

comment(0)  trackback(0)

夢のカブトムシ♪

2016.11.05

category : The Beatles

さて今日の記事は新たなクルマ探しから手に入れるまで・・・です。


候補としてまずはキャンプなどアウドドアでガシガシ使える車種・・・ということで浮かんだのが”日産 エクストレイル”。

最近のは丸くなってしまったので、初期型の角ばってるヤツがいいな。

885196.jpg



あるいは、このSUVの路線で、もっとハードでクールな車種はないか・・・


本場の外車で高年式なら、手に入るかも・・・たとえば~



イギリス ランドローバー社の"レンジローバー"。

RRC_20120420.jpg


あるいはアメ車で”ジープ チェロキー”。

55202503_198912.jpg


もっと本気でいくと”ジープ ラングラー”。

55142504_200311.jpg



どれも迫力満タン、ハードでクール♪


・・・でもこのちっぽけな日本で果たしてこれだけの大きさとパワー、排気量がいるのだろうか???

エコの現代社会に完全に逆行しているような車種だろっ、確かに憧れるけど。。


そのへんの町を走るには、無駄が多すぎる気がするので今回は却下




前回の記事でこれまでのクルマ変遷を書きましたが、通っていた小学校の気になる2台のクルマ。


1台は担任Y先生の”日産ガゼール”。こちらはスポーツカータイプ。

ns_gazelle01b.jpg


もう1台は妹の担任K先生の”ホンダ シティ”。遊び心満載の丸目ライトがキュートなクルマ。

01-52d69.jpg



どうやら自分は後者のキュートな丸目ライトのほうが、ワクワクするのです。




そこで、”ホンダ シティ”の元のようなクルマがあるじゃない


そう、長年憧れていて本当に宝くじが当たったら乗りたい車・・・


それは”フォルクスワーゲン・タイプ2(Volkswagen Type 2 )”。


いわゆる”ワーゲンバス”なのです。

エアコンがないので、暑いときはフロントガラスを↓のように開ける・・・なんて考えただけでもファンキーぢゃない

65t2_13W100614_001.jpg


いろいろ改造したりして、楽しさいっぱい夢いっぱいのクルマ。

3月にロスの海辺でも見かけたので、思わす写真を撮りました。

ファイル 2016-11-05 12 25 10




でもあくまで夢、現実的にはよほどの余裕がないと無理です、ハイ。

”フォルクスワーゲン・タイプ1”、いわゆるビートルも同様です。

img_4.jpg


まるで映画のワンシーンのように、途中で故障しても楽しめそうな感じ。






・・・この素晴らしくキュートなデザインを踏襲しつつ、現代の機能を持ったクルマ。


そんなクルマがあれば、理想と現実の両方兼ね備えた最適なクルマと言えるではないか!




そこで最終的に選んだのが”フォルクスワーゲン ニュービートル”です。。


20351506_200909.jpg


現在は新しいモデル”ザ・ビートル”になっているので、”ニュービートル”はすでに”ニュー”ではなく、中古市場に山ほど出回っているのです。しかも格安価格で!

20351520_201401.jpg




電動オープンの”ニュービートル カブリオレ”とも迷いましたが、とにかくこの車種もやはり壊れやすいとの評判。

20351512_200504.jpg







よって年式は古いが、距離が1.9千キロの低走行車のシックな紺色を見つけたので、ついに購入しました


息子も「あお びーとるだぁ♪」と喜んでいます~

ファイル 2016-11-05 12 48 33



ファイル 2016-11-05 12 48 20



ファイル 2016-11-05 12 48 06




ということで、ついに”夢のカブトムシ”を手にすることが、できました!(ちょっとシャレすぎてますが)


実際の感想はまた後ほど記事にします~


以前”フォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレ”に乗ったときは故障に悩まされ、「これからは国産!二度と外車には乗らない!」と誓ったはずなのにねえ。

これからどんなことが起きるのか・・・

「ハプニングよ、来やがれ!!」(今のところは恐れを知らず、威勢はいいです。)




本日の1曲はもちろん、世界のカブトムシバンド。”ザ・ビートルズ”です!!

1965年と今から50年も前の曲なのに、グルーブ感が最高にクール♪









#369 Drive My Car / The Beatles

「何になりたい?」ってあの娘に尋ねたら
Asked a girl what she wanted to be
こう言ったよ「ベイビー、分からない?」
She said baby, "Can't you see
「有名な映画スターになりたいのよ」
I wanna be famous, a star on the screen
「あなたにだって、できることはあるのよ。」
But you can do something in between"

ベイビー、私の車を運転させてあげる
Baby you can drive my car
そうよ、私はスターになるの
Yes I'm gonna be a star
ベイビー、私の運転手にしてあげる
Baby you can drive my car
そうしたら愛してあげられるかも
And maybe I love you

「俺にも将来がある」と言うと
I told a girl that my prospects were good
「そんな事、分かってるわ」と彼女
And she said baby, "It's understood
あくせく働くのも悪くないけど
Working for peanuts is all very fine
私ならもっといい思いをさせてあげるわ
But I can show you a better time"

ベイビー、私の車を運転させてあげる
Baby you can drive my car
そうよ、私はスターになるの
Yes I'm gonna be a star
ベイビー、私の運転手にしてあげる
Baby you can drive my car
そうしたら愛してあげられるかもね
And maybe I love you

ブブー ブブー イェー
Beep beep'm beep beep yeah

ベイビー、私の車を運転させてあげる
Baby you can drive my car
そうよ、私はスターになるの
Yes I'm gonna be a star
ベイビー、私の運転手にしてあげる
Baby you can drive my car
そうしたら愛してあげられるかもね
And maybe I love you

「何なら今すぐ始めてもいいぜ」と言ったら
I told that girl I can start right away
「でも聞いて欲しいことがあるの、ベイビー」
And she said, "Listen baby I got something to say
「実は私まだ車を持っていないのよ、残念だけど」
I got no car and it's breaking my heart
でも運転手だけは見つかったから、これが始まりよ」
But I've found a driver and that's a start"

ベイビー、私の車を運転させてあげる
Baby you can drive my car
そうよ、私はスターになるの
Yes I'm gonna be a star
ベイビー、私の運転手にしてあげる
Baby you can drive my car
そうしたら愛してあげられるかも
And maybe I love you

「ベイビー、私の車を運転させてあげる
そうよ、私はスターになるの
ベイビー、私の車を運転させてあげる
そしたらあなたを好きになるかも」
ブブーッ、ブブーッ、イェイ

ブブー ブブー イェー
Beep beep'm beep beep yeah
ブブー ブブー イェー
Beep beep'm beep beep yeah
ブブー ブブー イェー
Beep beep'm beep beep yeah
ブブー ブブー イェー
Beep beep'm beep beep yeah

comment(0)  trackback(0)

愛車の55年型

2016.11.03

category : Tom Waits

さて今回は秋のアコースティック特集ではなく、クルマについての記事です。

今まで乗っていたクルマが不調なのと車検が近いので、次なる車種を・・・といろいろ模索していました。


そしてたまたま気に入ったイイ車両に出会えたので、即決で決めました。

そのことは次回の記事にするとして、それまでのクルマ変遷とクルマへの想いを振り返ってみました。




1970年代後半、小学校低学年の頃、スーパーカーブームがあり展示会に行ったりプラモデルなどを作ったりしてました。


スーパーカークイズなんて番組もあったな。

その当時の一番人気はランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ・365GT4BBなどだった。


20130317192519223.jpg



img_0.jpg




しかし、そのようなスーパーカーなど我が街で見ることは皆無だったので、小学校の高学年になると身近なクルマに興味を持ち、友達と一緒によく自転車で近所のディーラーに出かけ、パンフレットをもらいに行った。そのうちに買いもしないガキに渡してもらえなくなりましたが。

そしてその当時の男の担任の先生がなかなかクールな車で毎日我が小学校に乗りつけていた。

それがこの”日産ガゼール”という車。↓(シルビアの姉妹車とのこと)

ns_gazelle01b.jpg


男子生徒なんて単純なもんで、それだけでこの先生を尊敬し「先生に一生ついて行きます!!!」ってな感じだった。



そして我が小学校にもう1台、一際目立つクルマで乗りつけていた先生がいた。


デザインもそれまでのスポーツカータイプとは一線を画した、なんとも愛らしい形と派手な色。

それが”ホンダ シティ”でした。

01-52d69.jpg



その先生は派手な黄色のシティに乗っていました。


当時のCMも楽し気で非常にインパクトがあり流行りました~。






遊び心満載のクルマで、モトコンポという50ccのバイクがぴったりトランクに収納できる・・・なんて、こんなファンキーなコンセプトは後にも先にも見たことがありません!

モトコンポは、今でもマニアに人気があり、高値で取引されてるみたいですね。








そして時は流れ・・・


大人になり、いざ自分でクルマを購入・・・という歳になる。


誰でもそうだろうけど、免許とりたての頃はとにかく乗りたくてしょうがない。

クルマも動きさえすればいい、自分の足になりどこへでも行きたいところに運んでくれる・・・それだけで充分だった。

自分のクルマを持つということは、それまでの自分の世界を簡単に壊し、無限の可能性をついに手にした・・・そんな気分だったな。



若者とはバカモノ・・・のセオリー通り、出所はいかにも怪しい人づてに買ったボロボロの”日産・グロリア”。

それが自分の初めてのクルマでした。



2万円だか、5万円だか忘れましたが、とにかくひと昔前の高級感のある高年式・・・マジボロ車でした!(笑)


139894409703004166226_140501001.jpg



あるとき、友達が派手にぶつけたので、解体屋に行き、同じ車種のフェンダー部を格安で購入、スプレーで塗って自分たちで取り付けたなんてことがあったな。


でもその解体屋のグロリアはタクシー・・・だったので、左前のフェンダー部には、↓この写真のように○○タクシーとばっちり入ってた!!

面白いからそのままでしばらく乗ってました~。


20140824_2291.jpg




その次も妹の知り合いから話が来た。

それがなんと、子供の頃大好きだった”ホンダ シティ”。


色はビックリするような見たこともない色。

例えるなら”バケツの色”?ってくらい目立つのです。

広い駐車場に停めても一発で見つけられました~。


しかも屋根がオープンするカブリオレで、たしか10万くらいだったかな。


ファイル 2016-10-25 17 59 04


この車は楽しかったなぁ。


電動ではなく手動で幌をオープンするので、壊れる心配もなく、気持ちのいい天気のときは走行しながら屋根を開けてました♪

ここから大のオープンカー好きになったのです。

ハンドルはパワステじゃなかったので、めちゃ重いオモステでした。


どうやら自分はかっこいいスポーツカータイプよりかわいく楽し気なクルマの方が好きなのです。


ファイル 2016-10-25 17 58 52




その次は”スズキ エスクード”というクルマ。

やや小さめの四駆でジープのようなタイプ。

これも幌が外れるのですが、ちょっと手間がかかりました。


ファイル 2016-10-25 17 59 19

基本的にいつも高年式の格安車なので3~5年で調子が悪くなり、乗り換える・・・というペースでした。

ファイル 2016-10-25 17 59 11





エスクードの次は”フォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレ”です。

やはりフルオープンの楽しさが忘れられず、しかしオープンカーで探すと非常に車種が限定されてしまうのです。


ファイル 2016-10-26 9 12 34


ついに国産車ではなく、いわゆる外車。


やはりデザインや独特の雰囲気が外車はいいネ~

見た目は最高なのです!!


で、でも・・・・


中身の方は・・・



後半は実に、スリル満点である意味楽しめました。

交差点や踏切の途中で急にエンジンが止まっちまうのですから。


心底思いました、「日本車って凄いのだな。」「今度は国産車にしよー。」と・・・



1426471691082386.jpg



124014901115416217675_hiro02.jpg





外車に懲りてしまったので、次は国産の軽自動車、”ダイハツ オプティ クラシック”という車。

めちゃ小さくてカワイイ車でした~

助手席がもの凄く近く、これもハンドルは重かったな。。

ファイル 2016-10-26 9 11 51

変わってるかもしれませんが、皆さんが言うスピードや乗り心地に全くこだわりがなくどうでもいいのです。

だからオプティでもまったく問題なく、アクセルベタ踏みで楽しく乗っていました!!


DSCN0437.jpg




そしてつい今の今まで乗っていたのが、”ホンダ モビリオ”です。

一番個性がないです、ハイ。

でも荷物はたくさん載るので、やはり便利でした。

キャンプ道具を満載していろいろ出かけた乗りやすい車でした。

しかし、ホンダ特有のジャダーという異音がしてしまい、車検も近いのでこの度、サヨナラすることにしました。

ずっと乗っていて思い出のつまったクルマとの別れはさびしいですよね。。


ファイル 2016-10-26 9 12 52



ファイル 2016-10-26 9 12 43





さて、ここで本日の一曲はクルマにちなんでこの曲をどうぞ〜


トム・ウェイツのデビューアルバムにして名盤『クロージング・タイム』の1回目の名曲です!


クロージング・タイム
トム・ウェイツ
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-01-26)
売り上げランキング: 150,989










#368 Ol' 55 / Tom Waits

時はすぐ過ぎ去っていくから
Well my time went so quickly,
俺は急いで愛車の55年型に飛び乗った
I went lickety-split out to my old '55
ゆっくりと車を出すと、ものすごく神聖な気分になった
As I drove away slowly, feeling so holy,
本当に生きている感じがしたのさ
God knows, I was feeling alive.

今 太陽は昇り
Now the sun's coming up,
俺は幸運の女神を乗せて走る
I'm riding with Lady Luck,
高速道路 車とトラック
freeway cars and trucks,
星は消えはじめ
Stars beginning to fade,
俺がパレードを先導する
and I lead the parade
少しでも長くこの場にいたい…
Just a-wishing I'd stayed a little longer,
神様、そんな気持ちが胸にひろがっていくよ
Oh, Lord, let me tell you that the feeling's getting stronger.

6時になったら
And it's six in the morning,
警告は無視するぜ、とにかく俺は帰らなきゃならない
gave me no warning; I had to be on my way.
トラックはみんな俺を追い越して行き
Well there's trucks all a-passing me,
ライトがまぶしかった
and the lights are all flashing,
こうして俺はお前の所から帰る
I'm on my way home from your place.

今 太陽は昇り
Now the sun's coming up,
俺は幸運の女神をのせて走る
I'm riding with Lady Luck,
高速道路 車とトラック
Freeway cars and trucks,
星は消えはじめ
Stars beginning to fade,
俺がパレードを先導する
and I lead the parade
少しでも長くこの場にいたい…
Just a-wishing I'd stayed a little longer,
神様、そんな気持ちが胸にひろがっていくんだ
Oh, Lord, let me tell you that the feeling's getting stronger.

時はすぐ過ぎ去っていくから
And my time went so quickly,
俺は急いで愛車の55年型に飛び乗った
I went lickety-split out to my old '55
ゆっくりと車を出すと、ものすごく神聖な気分になった
As I drove away slowly, feeling so holy,
本当に生きている感じがしたのさ
God knows, I was feeling alive.

今 太陽は昇り
Now the sun's coming up,
俺は幸運の女神を乗せて走る
I'm riding with Lady Luck,
高速道路 車とトラック
freeway cars and trucks,
高速道路 車とトラック
freeway cars and trucks,
高速道路 車とトラック…
freeway cars and trucks,


comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.