FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

#457 If I Die Young / The Band Perry

2017.08.29

category : The Band Perry


この曲は以前にアップしたのですが、カバーの方だったので、こちらは本家…オリジナルでございます。

バンドペリーはこの曲について「理由が何であれもしこの瞬間に命が全て終わってしまうならば私たちは若い頃からすべきことをしっかり見つめ、日々全力で懸命生き、そして愛していくこと」の大切さを謳ったもので「与えられた命の長さがどれ程であっても、最善を尽くす限り、それは充実した充分な人生である」ということを伝えたかったと話しているとのことです。






#457 If I Die Young / The Band Perry

もし私が若くして死んだら サテンの布でくるんで
If I die young bury me in satin
バラのいっぱいのベッドに寝かせて欲しい
Lay me down on a bed of roses
そして夜明けごろに 川に沈めて
Sink me in the river at dawn
私を見送ってほしい 愛の歌を口ずさみながら…
Send me away with the words of a love song

神様、私を虹にして下さい お母さんのために輝くから 
Lord make me a rainbow, I'll shine down on my mother
鮮やかな虹の色を見て、私が天国で幸せにやってるって分かるように
She'll know I'm safe with you when she stands under my colors, oh and
人生って必ずしも思ってた通りにはならないのね
Life ain't always what you think it ought be, no
まだ白髪にもなっていないのに、自分の子を先に見送らなきゃならないなんて
Ain't even gray, but she buries her baby
短い命はまるで鋭いナイフのよう…
The sharp knife of a short life, well
でも、私はもうじゅうぶんに生きたわ
I've had just enough time

もし私が若くして死んだら サテンの布でくるんで
If I die young bury me in satin
バラのいっぱいのベッドに寝かせて欲しい
Lay me down on a bed of roses
そして夜明けごろに 川に沈めて
Sink me in the river at dawn
私を見送ってほしい 愛の歌を口ずさみながら…
Send me away with the words of a love song
短い命はまるで鋭いナイフのよう…
The sharp knife of a short life, well
でも、私はもうじゅうぶんに生きたわ
I've had just enough time

白い服に身を包んで
And I'll be wearing white
神様のところへ行くときは
when I come into your kingdom
冷たい小指にはめたリングみたいに私はまだ幼く
I'm as green as the ring on my little cold finger
大人の男性の愛を知ることもなかった
I've never known the lovin' of a man
でも彼が手を握ってくれたときは、すごく素敵だって感じたわ
But it sure felt nice when he was holding my hand
この街に一人だけ
There's a boy here in town
「永遠に愛してる」と言ってくれた男の子がいたの
says he'll love me forever
でも”永遠”が突然終わるなんて、一体誰が思っただろう?
Who would have thought forever could be severed by
短い命はまるで鋭いナイフのよう…
The sharp knife of a short life, well
でも、私はもうじゅうぶんに生きたわ
I've had just enough time

とっておきの服で決めて 私は真珠の飾りをつけるから
So put on your best, boys, and I'll wear my pearls.
私 最初で最後のことをするの
What I never did is done

私が考えてること、1ペニーで買うって? 
A penny for my thoughts
いやダメ、1ドルなら売るわ
Oh no, I'll sell them for a dollar
私が死んだ後、すごい価値になるかも
They're worth so much more after I'm a goner
みんなはきっとそのときになって、私が歌ってた言葉を耳にする
And maybe then you'll hear the words I been singing'
でもおかしいね 死んでから私の言葉に耳を傾けるなんて…
Funny when you're dead how people start listenin'
 
もし私が若くして死んだら サテンの布でくるんで
If I die young bury me in satin
バラのいっぱいのベッドに寝かせて欲しい
Lay me down on a bed of roses
そして夜明けごろに 川に沈めて
Sink me in the river at dawn
私を見送ってほしい 愛の歌を口ずさみながら…
Send me away with the words of a love song

鳩のバラードが
The ballad of a dove
安らぎと愛を運んでいく
Go with peace and love
あなたから溢れる涙は 集めてポケットにしまっておいて
Gather up your tears, keep 'em in your pocket
本当に必要な時のためにとっておくのよ 
Save 'em for a time when you're really gonna need 'em, oh

短い命はまるで鋭いナイフのよう…
The sharp knife of a short life, well
でも、私はもうじゅうぶんに生きたわ
I've had just enough time

だから とっておきの服で決めて
So put on your best, boys,
私は真珠の飾りをつけるから…
I'll wear my pearls.




ギターでカバーしてみましたが、UPするのをやめようかと思ったくらいツマらない映像です。。

スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

#456 Gentle On My Mind / The Band Perry

2017.08.26

category : The Band Perry


もはや師匠と呼ぶしかあるまい・・・


またしても新たなアーティストを教えてもらいました~


姉弟3人で構成されたカントリーバンド、”The Band Perry”。

姉キンバリー・ペリーと二人の弟リード・ペリー 、ニール・ペリー で「ザ・バンド・ペリー(ペリー家のバンド)」って・・・シンプル過ぎるだろ!!

と思わずツッコミ入れちゃいましたが、聞きこむほどにいいですね~。

何と言ってもバンジョーやマンドリンなどの楽器が醸し出すアコースティックサウンドが心地よく、広い大地に吹くそよ風のごとく爽やか♪


そしてYouTubeで”The Band Perry”の動画を探してみて・・・


出会ったのが、今日紹介する”Gentle On My Mind”です。。


恐らく自分的には今年イチバンの1曲じゃないかな。


なんと言ってもアウトドア・野遊びを愛する自分の旅心くすぐりまくりの名曲、ワクワクが止まらない最高のトラベリング・ソングなのです!!(訳詞はI、Youがどちらの立場なのか難しく、なんとなく雰囲気で訳してマス)


とくにこのMVが最高。

彼氏のほうは荒野を見つめ、旅に出たい気持ちを抑えきれない。

そんな気持ちを理解し、優しく送りだす彼女。

離れていてもお互いのことを常に想い合っている二人・・・す、素敵すぎる



とにかくこれを見たらアドベンチャーなアウトドア旅に出かけずにはいられない!!





#456 Gentle On My Mind / The Band Perry

分かってるのよ、あなたの心の扉はいつも開いていて
It's knowing that your door is always open
自由に歩き出す生き方があるってことは
And your path is free to walk
だから私の寝袋は気を使って隠してるのよ
That makes me tend to leave my sleeping bag
ソファの裏に丸めた状態で
Rolled up and stashed behind your couch
分かってるわ、忘れられた言葉や絆に縛られるワケじゃない
And it's knowing I'm not shackled by forgotten words and bonds
手紙に滲んで乾いたインクの染みが
And the ink stains that are dried upon some line
あなたを脇道に引き留めている
That keeps you on the backroads
私の記憶の川のそばで
By the rivers of my memory
いつも穏やかなあなたの姿が浮かんでくるの
That keeps you ever gentle on my mind

岩にはりついたり柱にからみつくアイビーのように
It's not clinging to the rocks and ivy
思い出に縛られているわけじゃないわ
Planted on their columns now that bind me
誰かにかけられた言葉でもない
Or something that somebody said
二人が似合いのカップルだからって
Because they thought we fit together walking

世界は私を罵倒もしなければ許すこともないと分かってる
It's just knowing that the world will not be cursing or forgiving
線路づたいに歩きながら気づいたの
when I walk along some railroad track and find
あなたはわき道を進んでいるのね
That you're moving on the backroads
私の記憶の川のほとりで
By the rivers of my memory
そうして何時間も私の事をただ穏やかに心に思い浮かべるあなた
And for hours you're just gentle on my mind

麦畑や物干しロープ
Though the wheat fields and the clothes lines
廃品置き場やいくつもの道が私たちの間に邪魔に入っても
And the junkyards and the highways come between us
どこかの女が母親に向かって泣いている
And some other woman's cryin' to her mother
振り返ったら私がいなかったから
'Cause she turned and I was gone
でも私は沈黙したまま走り、喜びの涙が顔に跡を践すかも
I still might run in silence tears of joy might stain my face
そして夏の太陽が目がくらむほど私を照らしても
And the summer sun might burn me 'til I'm blind
見失いはしないわ あなたがわき道を歩く姿を
But not to where I cannot see you walkin' on the backroads
私の心に流れる 緩やかな川縁の道で
By the rivers flowing gentle on my mind

グツグツと煮えたスープを鍋からカップにとる
I dip my cup of soup back from a gurglin' cracklin' caldron
どこかの鉄道操車場で
in some train yard
伸びた髭 冷たいタオル
My beard a rustling, a cold towel, and
汚れた帽子を目深にかぶり顔を覆う
A dirty hat pulled low across my face
ブリキの缶を両手に包みながら
Through cupped hands 'round the tin can
胸に君を抱き寄せるふりをして
I pretend to hold you to my breast and find
脇道で君が待っていてくれることを知る
That you're waiting from the backroads
記憶の中の川のほとりで
By the rivers of my memories
どんなときもやさしく僕に微笑みながら
Ever smilin' ever gentle on my mind
穏やかに 僕の心に…
Gentle on my mind
穏やかな君が僕の心にいるよ…
You're gentle on my mind




ちなみにこの”Gentle on My Mind”は、ジョン・ハートフォードが1967年に作詞作曲し発表した楽曲ですが、以来たくさんのアーティストにカバーされています。

ザ・バンド・ペリーもこのカバーで2015年にグラミー賞を受賞したとのことです。

グレン・キャンベルのカバー・バージョンが最も知られているとのことですが、なんとグレンは今月8日に81歳で亡くなったとのこと。

ジョン・メイヤーはグレン・キャンベルが亡くなった同日にグレンが晩年を過ごしたナッシュビルをライブで訪れており、ライブの中で「世界で一番好きな歌」と紹介し“Gentle on My Mind”をアコースティック・バージョンで披露している。↓
(なぜかスクリーンは桜散る日本の風景ですが。。)

ジョン・メイヤーも放浪の旅人だもんね。

俺もこの曲を人生のテーマ曲にして、50か60になったらバイクか自転車で放浪の旅にでよ~っと♪

まずは日本をくまなく旅して、そのあとは世界にでも出るかな










追記

毎週金曜 夜9時54分にテレビ東京で放送している番組があります。

”LIFE in the Outdoors.~PACIFIC NORTHWEST”という2分半ほどのアウトドアドキュメンタリー番組なのですが、これがまたシビれちゃう素敵すぎる番組。

毎回番組HPやYouTubeに公開されるので、いつでも見れるという太っ腹♪

すでに8話まで放送していますが、どれも美しい映像にいいBGMで野遊び好きにはたまらない映像です~





comment(0)  trackback(0)

長野旅行 2017

2017.08.21

category : 未分類


キャンプから帰り1日あけて、今度は2泊3日の長野旅行に行ってきました。

この長野旅行も3年目…毎年恒例のパターンです。


なぜ長野かというと…お盆なので墓参りと、蓼科に妹の会社の保養所があるので、両親に妹、そして自分と息子の5人で1台の車に乗り行ってきました。

自分の両親が長野育ち…ということで、自分も子供の頃からお盆と正月は毎年長野に帰省して過ごしていました。

今では高速道路も開通し2時間半くらいで行けますが、当時は下道、しかも山道で5時間ほど…倍はかかっていました。しかも親父ときたら遊び心ゼロなので子供3人を乗せ寄り道一切なし。しかも山道で煙草スパスパ運転なので、よく道端で吐いてましたね。。

当時はそれが当たり前だったのであまり不満には感じませんでしたが、それに比べれば自分の息子は恵まれてますよ、ホント。

とにかく大人中心で子供に合わせることのない時代なのか環境だったので、長野での夏休みの思い出はどこかへ出かけるでもなく、ばあちゃん家の庭や近くの知らない小学校なんかでただ遊んでたのを思い出すな。まあ、何もない→でも子供は遊ぶ→なにか工夫して遊ぶ・・・と子供ってのは想像力があるので、ほっといても自分で遊びをあみだすんだよね。

ひょっとしたらこの環境が自分の原点なのかも知れないな。

とにかく親父は野沢菜つまみながら扇風機の風にあたり横に寝そべり延々と高校野球を見ている。

その庭先や縁側でなにやら地味に遊ぶ俺たち兄弟・・・ってな思い出しか浮かばない。

ごくたま~に途中の高原や牧場に寄ったりはあったけどほぼ素通りで(通り道にたくさんあるので寄るだけなのになあ)、食事なんかも子供の好きな店には入らずすべて親父の好きな蕎麦屋でしたね。当時ファミレスが出たてで、長野にも”チーズドール”というファミレスが途中にあったのですが、そこで食べた経験は1,2回くらい。・・・憧れてましたね、ファミレスに。。


そんな環境で育ち、遊び好きな大人になっちまった俺。

そして反面教師なのか、自分が楽しいからか親になり暇さえあれば息子を連れ出し遊びまくっているのですが、時々やりすぎかな?って思う。与えすぎというか・・・息子が受け身になってしまい能動的に遊べなくなるのでは?と考えることもあるのです。・・・と思いつついっさい手を緩めず遊んでしまっていますが。。


そんなことで、息子とたっぷり遊んだ長野旅行の動画↓、長くなってしまいました

親孝行にもなったかな・・・と思ったけど、息子のパワーに圧倒され3日が限界といった様子。

”孫は来てよし帰ってよし”とは本当のようですネ♪



comment(0)  trackback(0)

Mockin’Bird Camp in 道志村 2017

2017.08.16

category : Bon Jovi


今年も山梨県道志村のキャンプ場”ネイチャーランド・オム”に2泊3日で行ってきました☆

去年も同じお盆の時期に行ったので、今年で2回目…毎年の恒例行事になりつつあります♪


このキャンプ場”ネイチャーランド・オム”の受付で

「去年は息子が”毒の実”を食べて救急車騒ぎを起こし、ご迷惑をお掛けしました!


「お~、あの子ですか!覚えてます覚えてます!」

「今年は気をつけて下さいね!」

なんて言われましたが、だいぶ成長したのか、今年はとくにな~んにも事件が起こらなかったのでよかったのですが・・・

そうなるとblogネタになるようなオモシロ話がまったくないのです。。


でもとにかく楽しかったなぁ。。

友人の子供たち3兄弟がとにかくイイ子たちで、息子の面倒を見てくれ一緒に遊んでくれたので、すっかり仲良し・・・あんなに楽しそうに他の子と遊ぶ息子を初めて見ました♪

兄弟たちが優しく聞いてくれるので、人見知りの息子が一人でずっとしゃべってる・・・なんてレアな光景を見ることができました。

本当に感謝だな。。


川遊びをしたり、スイカ割りをしたり、花火をしたり、釣りをしたり・・・

大人も子供も大満喫することができました~


今回導入のスラックライン↓。なかなか難しいですネ。

でも根気よく乗り続ければ、体幹が鍛えられできるようになりそうです!

b0199109_1494119.jpg


そして8月13日は、ペルセウス座流星群の活動が最も活発になるとのことだったので、大人と友人の長男君で夜遅くに夜空を眺めたところ…見れました、流れ星

流れたのは3,4個でしたが、みんなで横方向にスーっと流れる同じ流れ星を見ることができたのもいい思い出になりました☆

では、こちらがまとめ動画です↓







さて今回動画のBGMはBon Jovi の” I Love This Town”です。

カントリー調のこの曲は、世界中を街を訪れるコンサートツアーでオーディエンスを間違いなく盛り上げる1曲になっています♪



#455 I Love This Town / Bon Jovi

常に感じてる この地への想い
I always knew, that I'd like this place.
仲間の顔を見るのに遠くまで探しに行く必要なんかないさ
You don't have to look too far, to find a friendly face.
この街の通りを歩くと元気になれるんだ
I feel alive when I'm walkin' on the street.
足元から街の鼓動が伝わってくるんだよ
I feel the heart of the city poundin' underneath my feet.

さあ、世界を回し続けようぜ
Yeah let the world keep spinning round 'n' round.
ここは何かが起こる場所
This is where it's goin' down, down, down.
だから俺はこの街が大好きなんだ
That's why I, love this town.
だからなんだよ、俺がこの街に戻って来るのは
That's why I, keep co-min' round.
Say hey! say yeah!
どういうワケだか、来ればすぐにくつろげる街
You make me feel at home some how, right, now.
だから大好きなんだよ、この街が…
That's why I, love this town.

ここには親友が何人かいるけど、ケンカ別れしたヤツもいる
I've got some good friends here, I might have broke a heart or two.
向うの方が騒がしいな、ガキどもが何かやらかしたに違いない
It's gettin' loud over there, they boys must have had a few.
街角にいるオマワリ、悪ガキたちの名前は全員知ってる
And hey the cop on the corner, he knows everybody's name.
夢を抱いた少年が小銭を稼ぐために歌ってるよ
And a kid with a dream singin' for some spare loose change.

さあ、世界を回し続けようぜ
Yeah let the world keep spinning round 'n' round.
ここは何かが起こる場所
This is where it's goin' down, down, down.
だから俺はこの街が大好きなんだ
That's why I, love this town.
だからなんだよ、俺がこの街に戻って来るのは
That's why I, keep co-min' round.
Say hey! say yeah!
どういうワケだか、来ればすぐにくつろげる街
You make me feel at home some how, right, now.
だから大好きなんだよ、この街が…
That's why I, love this town.

屋根に登って叫ぶ奴がいる
There's shoutin' from the rooftops.
バーで踊り出す奴もいる
Dancin' on the bars.
車の窓から身を乗り出す奴 高級車を乗りまわす奴
Hangin' out the window. Drivin' in their famous cars.
欲しいなら、手に入れな!
You want it? You got it.
準備はいいか?俺ならバッチリだ
You ready? I'm on it.
さあみんな、一緒に行こうぜ…
Come on now, here we go again....

だから大好きなんだよ、この街が
That's why I, love this town.
俺はこの街が大好きなのさ
That's why I, love this town.

お前がどこから来たなんてどうでもいい
No matter where you're from,
今夜はここにいるじゃないか
tonight you're from right here.
ここは何かが起こる場所さ
This is where it's goin' down, down, down.
だから俺はこの街が大好きなんだ
That's why I, love this town.

Say hey! say yeah!
ここは俺の愛する街なんだ
I love this town.
Say hey! say yeah!
ここは俺の愛する街なんだ
I love this town.
Say hey! say yeah!
ここは俺の愛する街なんだ
I love this town.
Say hey! say yeah!
ここは俺の愛する街なんだ…
I love this town.



comment(0)  trackback(0)

#454 Runaround Sue / Human Nature

2017.08.14

category : Human Nature


さて、突然の英会話授業です。

通りすがりの人に
「Do you have the time?」と尋ねられたらどう答えるべきか…という問題です。

”time”はご存じ”時間”…ということなので
「アナタ、今お時間ありますか?」なんて解釈してしまい、仮に相手が超イケメン外国人だとしたら「やだ~、ナンパかしら?どうしましょう~♪」とドギマギしちゃうあなたは…とんだ勘違いさんになってしまいます。

「Do you have time?」であれば「お時間ありますか?」の意味になりますが

「Do you have the time?」はじつは「あなたは時計か何か時間を確認できるものを持っていますか?」という意味なのです。

よって通りすがりの人に「Do you have the time?」と尋ねられた場合は「今、何時ですか?」と時間を尋ねているので、「い、いえ。ちょっと今急いでいるので…」とかモジモジなどせず、時計を見て時間を教えてあげるのが正解…ということなので気をつけましょうネ。。



ちなみに昔中学校で「掘ったイモいじるな~ぅ」という言い方を習った記憶があります。

上手に言えば「掘ったイモいじるな~ぅ」は「What time is it now?(ホワッタイムイズイッナ~ゥ)」と聞こえ「今何時ですか?」とネイティブスピーカーに伝わるとか伝わらないとか。

でも実際にネイティブの方々が時間を尋ねるときは「What time is it now?」とは言わずに「What time is it ?」あるいは「Do you have the time?」と言うそうです。



さらに…海外旅行で入国審査を通る場合、『斎藤寝具店です(さいとうしんぐてんです)』と答えるべし!という逸話も有名ですね。

「入国の目的は何ですか?ビジネスですか、それとも観光ですか?」なんて必ず聞かれるので
”斎藤寝具店です”と言えば”Sightseeing ten days(サイトシーイング・テン・デイズ)”と聞こえ「観光で10日間の滞在です。」…とこうなるワケです。実際にはいろいろ訊かれるのでそう簡単にはいかないですけどね~




さて、去年アメリカのLAへ一人旅をしたことは以前の記事で書きましたが、実はその前にも一度アメリカを訪れたことがあります。

それは2002年・・・今から15年前も前のことです。


名目としては”新婚旅行”…だったのですが、真の目的はまたしても…ブルース・スプリングスティーンです。

2001年の9.11テロで絶望の淵に立たされたアメリカを癒すように発売された2002年アルバム『ザ・ライシング』。それに合わせて行われた『ザ・ライジング・ツアー』が発表され北米で50か所近くの公演が決定した。

170px-TheRisingTourStockholm.jpg



15年前ということで、だいぶ記憶がおぼろげですが、恐らく新婚旅行とボスのコンサートの両方を満たせるように、フロリダ州タンパでの公演に狙いをつけたんだったかな。当時のパソコンは回線速度も遅くなんとかネットでチケットを取ったのですが、実際に会場に入るまで不安でいっぱいでした。だってメールをプリントアウトしたものしか手元になかったのだから。

フロリダ州タンパ公演に決めたのは、アメリカで行ってみたい所を考えたとき、ニューヨークなどの街やディズニーなどに食指が動かない自分は…

①グランドキャニオン

1400-grand-canyon-national-park-hiker.jpg


②ブルース、ソウル、ロックンロールの発祥地メンフィス

beale-street.jpg



③ジャズ発祥地として名高いルイジアナ州最大の都市ニューオリンズ

src_10382930.jpg


④フロリダ半島マイアミのさらに南に連なる島々の先端、アメリカ最南端のキーウエスト

143.jpg


などを候補にあげた。しかし4、5日の日程だったので③のニューオリンズと④のキーウエストの2か所で観光しその中間にあるタンパでボスのコンサートを観る計画を立てたということです。

写真 2017-07-31 17 19 47



旅全体としては去年の一人旅のようにリラックスして楽しむ・・・という余裕があんまりなかったな。若かったしね。もしもう一度行けるなら同じコースでも当時よりずっと楽しい旅になるだろうに。。

ボスのコンサートもあまりにもステージに遠い座席で…もちろん感動はしたのですが、これも去年のLAの方が圧倒的によかったですね。

なぜだか当時の写真が探しても見つからずで、あまり覚えてないのですが…とにかく一番印象に残り、よかった場所はニューオリンズです。

ミシシッピ川がメキシコ湾に注ぐ河口の周囲に広がるルイジアナ州ニューオリンズ。

20150311110618_1421170521_10088_8.jpg


メインストリートを路面電車が走り、川には蒸気船が浮かぶエキゾチックな街で、フランス・スペインの植民地時代の街並みを残すフレンチ・クオーターでは、ブラスバンドやストリートミュージシャンが街角でジャズを奏でている。

そう、ニューオーリンズはジャズ界の巨匠、あのルイ・アームストロングもこの街に生まれたという音楽の都なのです。


R1160406-625x507.jpg


500_10416480.jpg


本当に街のあちこちで歌声や演奏が聞こえ、またそれぞれが皆プロ級に上手い!

今でも忘れないのは、普通のショッピングモール内のとあるファストフード店での出来事。その店員3,4名が突然アカペラで”スタンド・バイ・ミー”を歌い出したのです!まるで映画のワンシーンみたいに店の制服姿でモップの柄の部分をマイクのように持って・・・これまたプロ級にうまいのなんのって~

つくづくアメリカという国のエンターテイメント性に感動したのを覚えています。



この動画はファストフード店に来たお客が店員にアカペラの”スタンド・バイ・ミー”を歌っています。自分のときとは逆ですが、雰囲気はこんな感じでした♪




また次回の記事にニューオリンズの話の続きを書くとして、ここらで本日の1曲です。

1961年のDIONのヒット曲”Runaround Sue"のHuman Nature というグループによるカバーヴァージョンです♪

「へっへっ ぼんでへれへれ」というバックコーラスが楽しい(^▽^)





#454 Runaround Sue / Human Nature

これは僕の物語、悲しいけど本当の話
Here's my story, sad but true
僕がかつて知る女の子についての
It's about a girl that I once knew
彼女は僕の愛を奪い去りそして浮気した
She took my love then ran around
町中のあらゆる男と…
With every single guy in town

はじめから知っておけばよかった
Ah, I should have known it from the very start
この娘は僕のハートをボロボロにして去ってしまうことを
This girl will leave me with a broken heart
みんな聞いてくれ、君に話してるんだ
Now listen people what I'm telling you
浮気者のスーには近づかないほうがいい
A-keep away from-a Runaround Sue

彼女の唇、あの笑顔が恋しいよ
I miss her lips and the smile on her face
彼女の髪の感触と抱擁の温かさ
The touch of her hair and this girl's warm embrace
僕のように泣きたくないなら
So if you don't wanna cry like I do
浮気者のスーには近づかないほうがいいぞ
A-keep away from-a Runaround Sue

Ah, 彼女はあちこち歩き回るのが好き
Ah, she likes to travel around
彼女は君を愛した後、どん底に落とすだろう
She'll love you but she'll put you down
みんなに伝えさせてくれ
Now people let me put you wise
スーは他の男たちとデートするんだから
Sue goes out with other guys

これは知ってる男の物語の教訓
Here's the moral and the story from the guy who knows
僕は恋に落ち、僕の愛はまだ成長する
I fell in love and my love still grows
彼女が知る馬鹿ものに聞いてみな、みんな言うよ
Ask any fool that she ever knew, they'll say
浮気者のスーには近づかないほうがいいぞって
Keep away from-a Runaround Sue

Ah, 彼女はあちこち歩き回るのが好き
Ah, she likes to travel around
彼女は君を愛した後、どん底に落とすだろう
She'll love you but she'll put you down
みんなに伝えさせてくれ
Now people let me put you wise
スーは他の男たちとデートするんだから
Sue goes out with other guys

これは知ってる男の物語の教訓
Here's the moral and the story from the guy who knows
僕は恋に落ち、僕の愛はまだ成長する
I fell in love and my love still grows
彼女が知る馬鹿ものに聞いてみな、みんな言うよ
Ask any fool that she ever knew, they'll say
浮気者のスーには近づかないほうがいいぞって
Keep away from-a Runaround Sue

Keep away, keep away, keep away from that girl

comment(0)  trackback(0)

#453 Working On The Highway / Bruce Springsteen

2017.08.09

category : Bruce Springsteen


今日も激暑ですネ。。

さて、こんな暑い日にみなさんならどう過ごすでしょうか?


A 大人しく涼しいクーラーの効いた部屋にいる ⇒ そうめんや冷し中華など冷たくてさっぱりしたものを頂く ⇒ 涼し気なジョン・メイヤーのアコースティックサウンドでも聞く。


B 炎天下の中あえてロードバイクに乗り汗をかく ⇒ あえて激辛カレーを食べて汗をかく ⇒ あえて暑苦しいブルース・スプリングスティーンのロックンロールサウンドを聞いてさらに汗をかく



少し前なら確実にAしかあり得ないだろ!って答えてました。(聞く音楽はあんまし変わらないかも)

でも40半ば過ぎてなぜか夏の暑さに強くなり、最近ではBを選んでしまう自分がいます~


先日もお祭りで息子の保育園友達に偶然出会い、いつの間にか大きな集団になったので、自分はビールでも飲んでゆっくりし、子供たちは若いお父さんお母さんに任せよ~なんて思ったのが甘い考え。あんなかわいい子供たちと遊ばずにはいられず、結局走しり回って戦いまくり
いつものように息子の腰を持ち上げてクルっと1回転させたら、次の子は「オレ2回転ね!」「ずるい、オレは3回転!!」と気が付けばバッチリと列を作って並んでるではないか~!!保育園の先生たちのしつけ方も見事だが、20キロ近い子供たちを持ち上げるだけでもヘトヘト・・・全員1人1回はやってあげた後、汗だくになって倒れこむとすかさず一人ずつ馬乗りで俺の体に乗っかってくる子供たち・・・。大人の力をなめるな~と言わんばかりに立ち上がり、「待ぁて~!!!」とまた追いかけまわす。。こんなことを延々やってましたただでさえ暑いのにこんなことができるくらい暑さに強くなり体力がついたのは、普段から子供と真面目に遊んでいるからでしょうか??母親軍団はおしゃべりに夢中だし、他のお父さんたちも自分より10歳くらい若く、自分が最年長なのにねえ。

まあ、楽しくてしょうがないのだけれど♪



…ということで、本日も超名盤『Born in the USA』から夏の暑さを吹き飛ばすロックンロールを!!

Born in the U.S.A.Born in the U.S.A.
(2000/07/17)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る





2016年3月6日、ブルース・スプリングスティーンのセントルイスでのライブで、またもや奇跡が起きました。

ラ・サール大学?の学生トム・イングランド君の夢がその日叶ったのです。

ステージから4列目にいたトムは、誰よりも大きなボードを作ってリクエストのコーナーでブルースに見えるようにボードを掲げました。

「僕はEストリートバンドと一緒に”Working On The Highway”の仕事ができますか?」

england-estreet-band.jpg


ステージにいたボスはそれに気づき

「君はギターを弾くのかい?」

「…もし弾けるんなら”Working On The Highway”のキーはなんだか知ってるかい?」


すると大きな声で客席から

「キーはC!!」とトム。


バンドのみんなに確認するボス。

「Cで合ってるっけ?」

うなずくバンドのメンバーたち。



ボスはトムに向かってこう言った。

「ステージに上がってきなよ!」



そのときの映像↓です。

またしても驚異的な適応力で打ち合わせ一切ナシとは思えないパフォーマンス、トム君も感激の一幕でした♪





#453 Working On The Highway / Bruce Springsteen

金曜の夜、給料日で仕事を終えたばかり
Friday night's pay night guys fresh out of work
みんな週末の話をしている 汚れを洗い落としながら
Talking about the weekend scrubbing off the dirt
家族のところへもどるヤツもいるし、ケンカを探しているヤツもいる
Some heading home to their families some gone looking to get hurt
ストーヴェルまで暴れに行くヤツもいる
Some going down to Stovell wearing trouble on their shirts

俺は郡に雇れ、ルート95で働いている
I work for the county out on 95
1日中赤い旗を振り、車が通過するのを見ている
All day I hold a red flag and watch the traffic pass me by
頭の中はカワイイ女の子のことばかり考えている
In my head I keep a picture of a pretty little miss
こんな生活からはいつかはおさらばだぜ
Someday mister I'm gonna lead a better life than this

ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、アスファルトをしいて
Working on the highway laying down the blacktop
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、一日中休む間もなく
Working on the highway all day long I don't stop
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、床岩を打ち砕き
Working on the highway blasting through the bedrock
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ!
Working on the highway, working on the highway

彼女とはユニオン・ホールのダンス会場で出会った
I met her at a dance down at the union hall
彼女は壁に背を向けて、兄貴たちと立っていたんだ
She was standing with her brothers back up against the wall
二人で時々線路づたいに散歩したりして
Sometimes we'd go walking down the union tracks
ある日、彼女を見つめたら、彼女も見つめ返した
One day I looked straight at her and she looked straight back, i say

ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、アスファルトをしいて
Working on the highway laying down the blacktop
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、一日中休む間もなく
Working on the highway all day long I don't stop
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、床岩を打ち砕き
Working on the highway blasting through the bedrock
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ!
Working on the highway, working on the highway
俺は無駄使いせず、できるだけ貯金した
I saved up my money and I put it all away
彼女の親父に会いに行ったが、話すことは互いにあまりなかった
I went to see her daddy but we didn't have much to say
 「分からんかね、娘はまた若過ぎるんだ。」
"Son can't you see that she's just a little girl
「世の中の厳しさについて何もわかっちゃいないんだよ。」
She don't know nothing about this cruel cruel world"

俺たちはフロリダヘ逃げ、二人で仲良くやっていた
We lit out down to Florida we got along all right
ある日、彼女の兄責たちがやってきた彼女を奪われ、俺はパトカーに乗せられた
One day her brothers came and got her and they took me in a black and white
検察官はあの日の言葉通りに事を進め
The prosecutor kept the promise that he made on that day
裁判長は怒って、すぐに俺をぶち込んだ
And the judge got mad and he put me straight away
毎朝、俺は合図の鐘の音で目が覚める
I wake up every morning to the work bell clang
俺と看守はシャーロッテ郡の道路工事現場へ急ぐ
Me and the warden go swinging on the Charlotte County road gang

ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、アスファルトをしいて
Working on the highway laying down the blacktop
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、一日中休む間もなく
Working on the highway all day long I don't stop
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ、床岩を打ち砕き
Working on the highway blasting through the bedrock
ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ ワーキン・オン・ザ・ハイウェイ!
Working on the highway, working on the highway

comment(0)  trackback(0)

#452 Turn Loose the Horses / Garrett Hedlund

2017.08.06

category : Garrett Hedlund


お気に入りの音楽をiPhoneにテキトーに入れていて、ふだん自転車など乗るときに聴いています。

その中で「ハッとしてグッ!」ときた曲を訳してこのblogに紹介したりしているのです。


本日の曲は映画『カントリーストロング』のサントラからお気に入りのGarrett Hedlundの曲ですが・・・

『カントリーストロング』のサントラはどうやら2枚あるらしく、この”more”の方の収録曲とのことです。

Country Strong (More Music from the Motion Picture)
Madison Gate Records, Inc. (2014-11-11)





ちょっと歌ってみましたが、あまりにも声が出てないのでビートルのネタと子猫ちゃん動画に差し替えました。。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ニュービートルでワイパーがうるさくてお困りの方!!

PIAAの型番SUW70Eを買って切ってつけ換えれば静かになりますよ~(そう言う自分もネットで知ったのですが)



20170805172959d94.jpg


あとウチに2日だけきた1ヶ月の子猫ちゃんにメロメロ。。

その後はお祭りとプールと仮面ライダーショーで、フラフラになるほど遊び倒しの週末でございました〜









ド下手な歌はさて置き、本物をどうぞ〜✋️✨





#452 Turn Loose the Horses / Garrett Hedlund

曲がりくねった道を見下ろす
I look down that winding road
休息と目指すべき場所が必要だった
I needed rest and a place to go
走り回ることにうんざりして
Sick and tired of running round
舞い上がっては落ちる日々
Flying high and falling down

憂鬱な気持ちはここに捨てていこう
I'm gonna leave these blues behind
名声なんてバカな人にあげる
For some other fool to find
奴は気にしないし俺もどうだっていい
He won't care and I won't mind
失うものは何もないさ
I can't lose what was not mine

全ての馬たちを解放してやり走るのを見るんだ
Turn loose all the horses and watch them run
夕日が沈むのをのんびり眺めるんだ
Take time to take in the setting sun
捕まえた魚を逃がして泳ぐのを見てろよ
Throw back a keeper just to watch them swim
敵を許して友達を愛すのさ
Forgive your enemies and love your friends

まるでボコボコにされたように生きる道を誤ったよ
Life goes wrong it feels like too much bang
でも壊れた心も必ず愛で再び満たされる
Surely broken hearts are gonna love again
もし君の心が縫い目のあたりで破られたのなら
I guess if your heart's torn around the seams
お気に入りの色褪せたブルージーンズのことを思い出せよ
Just think about your favorite pair of faded blue jeans

延々と失敗が続き
And on and on about the things gone wrong
毎日が古く同じ歌のよう
Every day it feels like the same old song
でも気をつけてばかりのひどく悩ましい心持ちじゃあ
Poor tortured souls trying to pay their dues
夢なんか叶わないし、面白くもなんともない生き方さ
But life's no fun when dreams don't come true

全ての馬たちを解放してやり走るのを見るんだ
Turn loose all the horses and watch them run
夕日が沈むのをのんびり眺めるんだ
Take time to take in the setting sun
捕まえた魚を逃がして泳ぐのを見てろよ
Throw back a keeper just to watch them swim
敵を許して友達を愛すのさ
Forgive your enemies and love your friends

全ての馬たちを解放してやり走るのを見るんだ
Turn loose all the horses and watch them run
夕日が沈むのをのんびり眺めるんだ
Take time to take in the setting sun
捕まえた魚を逃がして泳ぐのを見てろよ
Throw back a keeper just to watch them swim
敵を許して友達を愛すのさ
Forgive your enemies and love your friends

comment(0)  trackback(0)

Ride, ride, ooh...

2017.08.02

category : ZZ Ward


まずは最近の我が家動画↓

このところ、成長目覚ましい息子でございます~






そして本日は、先日観た映画『カーズ3 クロスロード』の感想を書き、曲をご紹介します。

まあ、恐らく子供がいなければ観ていなかっただろうなぁ…ディズニーの子供映画とバカにして。

でも『カーズ』の1作目を初めて観たときに、映像や音楽が非常に素晴らしく、自分の好きな古き良きアメリカがしっかりと描かれていて大人も楽しめる作品だと感じました。

『カーズ2』は完全に子供向けの内容でしたが、今回の『カーズ3 クロスロード』もなかなか渋い感じでとてもよかったです。


o0400057013988548995.jpg


ネタバレになってしまいますが、CMでもやってるシーンで、主人公マックイーンがレース中にクラッシュしてしまう・・・という場面が映画の割と前半にでてきます。あの陽気で強気なマックイーンがスリップしてコントロールを失いスローモーションで宙を舞い何回転もして一瞬にしてボロボロになってしまうというシーン。そのシーンを見て何かを感じたのか、横で観ている息子がそわそわ…手を顔に当てたり、膝の上のブランケットを頭からかぶったりしている。暗くて見えづらかったのですが、よく見ると口がへの字に・・・。どうやら悲しくて泣いてしまったようなのです。まあ確かにあのシーンは自分も泣けてきたので親子二人してヤラレてしまったということですネ。。

1作目『カーズ』の挿入歌シェリル・クロウの”Real Gone”はモーレツにかっこよかったですが、今回もエンディングでクールなロックンロールが流れました!

それが本日紹介する”ZZ Wardズィーズィーワード”の"Ride"という曲です。

ゲイリー・クラーク・ジュニアという有名な黒人ギタリストがギターを弾いているのですが、この曲も劇場で聴くと迫力満点でした~


詞の内容は車とエロティックな意味の両方がかかっているのでしょうか・・・


乗って さあ、乗ってきて
Ride, ride, ooh...


…ってどこに???



とにかくドライブしながら大音量で聴きたい曲ですね~♪


あっ、日本用に作られた曲、奥田民生さんの”エンジン”も渋いですケドね♪





#451 Ride / ZZ Ward ft. Gary Clark Jr.

風が髪を駆け抜けるのを感じる
I feel the wind run through my hair
太陽が上から下まで降り注ぎ先導する
Top down, the sun's gonna lead us there
レイバンとこの'64'さえあればいい
Ray Bans and this '64's all we need

頭で考えるはよくないわ
Don't let your head get in the way
ただハートを自由にワイルドにさせるのよ
Just let your heart beat wild and free
ドアを開け飛び乗ってキーをひねるだけよ
Open the door, jump in, and turn the key

私はギリギリの人生を生きてきた
I live my life out on the edge
そう、だから赤信号だからって止まらない
Yeah, I don't stop just 'cause it's red
このままのやり方でいくわ、その姿を見ていて
Let's push this thing, see what we get

この黒い車道 黄色いラインが
This black pavement, these yellow lines
私たちを夜へと引き寄せる
Are pulling us into the night
自分の体温が上がっていくのを感じる
I feel my temperature rise

乗って 乗ってよ
Ride, ride, ooh...
乗って さあ、乗ってきて
Ride, ride, ooh...
乗って 乗って
Ride, ride, ooh...
乗って そう、乗って一緒に行きましょう…
Ride, ride, yeah we gon' ride

昔はよく、自分の部屋で座り込んで
I used to sit inside my room
叶ったらいいのにと夢ばかり見てた
Dreamin' of things that I could do
恐れてばかりでハンドルを握ることすらしなかった
Too scared to put my hands up on the wheel, oh

今ではあなたと一緒にいて、振り返る暇すらない
Now I'm with you, and I can't look back
私たちの展開が速すぎて、あまりにも目まぐるしいから
It's such a rush when we're moving fast
あなたが私をその気にさせるのを拒否できそうにないわ
I can't deny the way you make me feel, whoa

私はギリギリの人生を生きてきた
I live my life out on the edge
そう、だから赤信号だからって止まらない
Yeah, I don't stop just 'cause it's red
このままのやり方でいくわ、その姿を見ていて
Let's push this thing, see what we get

この黒い車道 黄色いラインが
This black pavement, these yellow lines
私たちを夜へと引き寄せる
Are pulling us into the night
自分の体温が上がっていくのを感じる
I feel my temperature rise

乗って 乗ってよ
Ride, ride, ooh...
乗って さあ、乗ってきて
Ride, ride, ooh...
乗って 乗って
Ride, ride, ooh...
乗って そう、乗って一緒に行きましょう…
Ride, ride, yeah we gon' ride

乗ってよ
Ride
思いっきりアクセル踏んで
Pedal to the floor
ほら乗って
Ride, ride,
いったい何を待ってるの?
What you waitin' for?

乗ってよ
Ride
思いっきりアクセル踏んで
Pedal to the floor
ほら乗って
Ride, ride,
いったい何を待ってるの?
What you waitin' for?

乗って 乗ってよ
Ride, ride, ooh...
乗って さあ、乗ってきて
Ride, ride, ooh...
乗って 乗って
Ride, ride, ooh...
乗って そう、乗って一緒に行きましょう…
Ride, ride, yeah we gon' ride

私はギリギリの人生を生きてきた
I live my life out on the edge
そう、だから赤信号だからって止まらない
Yeah, I don't stop just 'cause it's red
このままのやり方でいくわ、その姿を見ていて
Let's push this thing, see what we get

乗って 乗ってよ
Ride, ride, ooh...
乗って さあ、乗ってきて
Ride, ride, ooh...
乗って 乗って
Ride, ride, ooh...
乗って そう、乗って一緒に行きましょう…
Ride, ride, yeah we gon' ride
一緒に行きましょう
we gon' ride
一緒に乗りましょう
we gon' ride
一緒に行きましょう
we gon' ride
そう、乗一緒にって行きましょう…
yeah we gon' ride

comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.