FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

パパ先生👨‍🏫

2017.09.30

category : Bon Jovi


…昨日は久しぶりに疲労困憊のヘトヘトになりました。

なぜかというと、パパ先生…つまり息子の保育園で1日保育士体験をやったからです。

数日前の夕食時に息子から、「お父さん、パパ先生やって~!」と突然懇願されました。

去年は腰痛でそれどころではなく、ずっとやっていなかったし、時期的に運動会前で気候も涼しくなったのきたので、「おっしゃ、分かった!」と急遽やることになったのです。

しかし過去の経験から覚悟はしていましたが、なにせ子供たちのパワーがすごい!

いきなり顔見知りの子に「持ち上げてグルっと回転して~」とせがまれ調子に乗ったが最後、いつの間にか10人ぐらいがきれいに列を作って「次わたし~!その次オレ~!」と人間アトラクション状態。

だいたい1人20キロくらいの体重があるのでかなりのヘビーワークなのだが、1回やったあとすぐにまた列に並んでニヤニヤされるのだからたまったもんじゃない!

さらにリレーの練習ということで小さなトラックで競争しようと言うので、大人の凄さを分からせようと全力でぶっちぎっていたのですが、それを何週もさせられると流石に汗だくのフラフラになってしまいました。。

お昼ごはんも机を並べ子供たちと一緒に同じものを食べ、食後の絵本読み聞かせも一緒に聞きました。

あぐらをあいて座るとみんな近くに座りたいらしく、気づけば俺の膝の上に5人くらい乗って先生の話を聞いていました。

ホントに子供たち、可愛い過ぎマス。。

人生で最高潮に大人気になった瞬間・・・こんなおじさんにみんなして争ってくっついてくるのですから♪



しかし体力的にはすでにヘトヘトでこんなことを毎日してるのか?・・・と保育園の先生方には本当に頭が下がります。

子供たちのお昼寝タイムだけは脱出してコンビニのコーヒーを飲み、一時の安らぎを得ましたが、午後また保育園に戻り後半戦です。


主に午前も午後も間近に迫る運動会の練習だったのですが、子供たちも先生もみんなヤル気満々でなかなか気合いが入っている。小さな子供たちが全力で頑張る姿はそれだけで感動しちゃいますね。

全員リレーの練習ではさらに感動的な場面がありました。

3チームに分かれての全員リレーですが、負けの続く息子の赤チーム。

今度こそは勝つぞ!とパパ先生も円陣に加わり気合いを入れたのですが、第3走者のあゆ〇ちゃんが勢い余ってなんと転倒。。

手足を擦りむきながらも落としたバトンを拾い泣きながら走り続けなんとか次の走者にバトンをわたすことができましたが、当然結果は3位。

傷を治療して戻って来たあゆ〇ちゃんがもう1回やりたいというので、みんなも承知し気合いを入れる。

2回目のレースでの赤チームは、2位につけて息子からさきほど転倒してしまったあゆ〇ちゃんへバトンを渡す。

するとあゆ〇ちゃんは怪我しているにもかかわらず、前を走る黄色チームを抜き去りなんと赤チームが1位に!!


そのまま赤チームが逃げ切り、見事逆転1位となりました~


・・・とこんな感じで練習のリレーでも泣けてくるくらいのドラマと感動があります。


来週土曜日が本番の運動会なのですが、保育園最後の運動会・・・

いったいどんなドラマが待ち受けているか、今から楽しみです♪

感動して泣くだろうよ、きっとね。。



しかし、めちゃ疲れたけど楽しい1日だったなあ~

5、6歳にもなるといっちょ前に会話するのですが、その内容がいかんせん幼くて本当に可愛い。

お昼食べながらクイズ出し合ったりしたんだけど、全然クイズになってない

それを真剣にみんなで出し合ったり・・・そんな場面を思い浮かべてニンマリとしちゃうぜ。。






さて本日の1曲はなんの関連性もないボン・ジョヴィです(笑)

今から30年ほど前のボン・ジョヴィ初期の作品ですが、今でもライブでは定番の”I'll Be There For You ”をどうぞ!!






初期の作品に多いボン・ジョヴィ得意のロッカバラードですが、ギターを弾いてみました♪

様々なフレーズが弾いてて楽しい1曲、さすがリッチーと言う感じ!!




#459 I'll Be There For You / Bon Jovi

今度こそお前は本気で出て行くんだね
I guess this time you're really leaving
お前のスーツケースも別れを告げている
I heard your suitcase say goodbye
俺の引き裂かれた心は血を流しているというのに
And as my broken heart lies bleeding
真実の愛は自滅するだけだとお前は言う…
You say true love is suicide
お前が流した涙は千の河となり
You say you've cried a thousand rivers
今岸辺めざして泳いでいると言う
And now you're swimming for the shore
俺だって置き去りにされ涙の中で溺れているよ
You left me drowning in my tears
お前はもう助け出そうとはしてくれない
And you won't save me anymore
神様、もう一度俺にチャンスを与えてくれますように
Now I'm praying to God you'll give me one more chance, girl

君のそばにいるよ
I'll be there for you
この5つの言葉をお前に誓う
These five words I swear to you
お前が呼吸する時、俺は空気になりたいんだ
When you breathe I want to be the air for you
お前のそばにいるよ
I'll be there for you
俺はお前のために生きてそして死ぬんだ
I'd live and I'd die for you
お前のためなら大空から太陽だって盗むよ
Steal the sun from the sky for you
愛を言葉で言い表わすことはできないさ
Words can't say what a love can do
お前の前に俺はいつだっている…
I'll be there for you

俺たちうまく行っていた時もあったじゃないか
I know you know we've had some good times
いったいあの頃の思い出はどこに隠しちまったんだ
Now they have their own hiding place
俺はお前に明日を約束してやる
I can promise you tomorrow
でも過ぎた昨日は取り戻すことなどできないよ
But I can't buy back yesterday
俺の手は汚れてしまっている
And Baby you know my hands are dirty
でもお前だけに命を捧げる恋人になりたかったんだ
But I wanted to be your valentine
お前ののどが渇いた時は俺が水になってやろう
I'll be the water when you get thirsty, baby
酔っ払っらうなら俺がワインになるよ
When you get drunk, I'll be the wine

君のそばにいるよ
I'll be there for you
この5つの言葉をお前に誓う
These five words I swear to you
お前が呼吸する時、俺は空気になりたいんだ
When you breathe I want to be the air for you
お前のそばにいるよ
I'll be there for you
俺はお前のために生きてそして死ぬんだ
I'd live and I'd die for you
お前のためなら大空から太陽だって盗むよ
Steal the sun from the sky for you
愛を言葉で言い表わすことはできないさ
Words can't say what a love can do
お前の前に俺はいつだっている…
I'll be there for you


お前が幸せだった時、俺はそばにはいなかった
And I wasn't there when you were happy
お前が落ち込んでいた時、俺はそばにいてやれなかった
I wasn't there when you were down
お前の誕生日を忘れていたわけじゃないんだ
I didn't mean to miss your birthday, baby
お前がキャンドルの火を吹き消すところだって見たかったさ
I wish I'd seen you blow those candles out

君のそばにいるよ
I'll be there for you
この5つの言葉をお前に誓う
These five words I swear to you
お前が呼吸する時、俺は空気になりたいんだ
When you breathe I want to be the air for you
お前のそばにいるよ
I'll be there for you
俺はお前のために生きてそして死ぬんだ
I'd live and I'd die for you
お前のためなら大空から太陽だって盗むよ
Steal the sun from the sky for you
愛を言葉で言い表わすことはできないさ
Words can't say what a love can do
お前の前に俺はいつだっている…
I'll be there for you

君のそばにいるよ
I'll be there for you
この5つの言葉をお前に誓う
These five words I swear to you
お前が呼吸する時、俺は空気になりたいんだ
When you breathe I want to be the air for you
お前のそばにいるよ
I'll be there for you
俺はお前のために生きてそして死ぬんだ
I'd live and I'd die for you
お前のためなら大空から太陽だって盗むよ
Steal the sun from the sky for you
愛を言葉で言い表わすことはできないさ
Words can't say what a love can do
お前の前に俺はいつだっている…
I'll be there for you




最後にリッチー・サンボラのボーカルによる”I'll be there for you”をどうぞ!




スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

Ain't it funny how some things don't change?

2017.09.27

category : Southside Johnny & The Asbury Jukes


1960年代末、ニュージャージー州アズベリーパークに”アップステージ”という伝説的なクラブがあった。

そこでは、何とかチャンスを手にしようとたくさんの若きミュージシャンたちが毎晩朝まで続くジャムセッションを楽しんで腕を磨き、仲間たちとの交友を深めた。

その中でも飛びぬけて存在感のある一人の若者がいた…彼の名は”ブルース・スプリングスティーン”である。
そして今現在もEストリートバンドのメンバーで、右腕的存在としてブルースを支える”スティーヴ・ヴァン・ザント”。もちろん他のEストリートバンドのメンバーもこの中にはいたのだが、とにかくこのメンバー間で、様々なバンドが結成・脱退や解散を繰り返しお互いの音楽性を高めていったのだという。

そしてもう一人、スティーヴともバンドを組んでいた時期もあるというR&Bやソウル・ミュージックの申し子が、”サウスサイド・ジョニー”である。


そのサウスサイド・ジョニー&ジ・アズベリー・ジュークスの30年ぶりの来日公演が先日、大阪と東京で行われたのだ。

170829.jpg

同じニュージャージー出身のジョン・ボン・ジョヴィが最も敬愛するジャージー・ショア・サウンドの兄貴分サウスサイド・ジョニー。唯一無二の情感豊かな歌声を武器に史上最高のバー・バンドと愛されるまでになったニュージャージー発の生粋ロッカーのステージは、観客との距離も近く、まるで場末のBARのようなソウルフルなショーだったようです。

ボスと同じ空気感を持つ熱いステージ・・・行きたかったなあ。。




さて本日はその旧友サウスサイド、スティーヴそしてブルースが1つのマイクを順に分かち歌う”Bobby Jean”の続編のような友情の歌・・・大好きです。。


やっぱボスのボーカルが最高ですケドね~♪




#460 It's Been A Long Time / Southside Johnny & The Asbury Jukes

俺たちは俺たちの時代と世界を生きてきた
We lived in a time and a world of our own
自分達のルールに従って
Making up the rules as we went along
皆でたった1枚のコートで寒さから身を守り
Just one coat between us and we never felt cold
決して老いぼれないつもりでいた
We were never gonna get old

夜明けまでカードに興じ、ダイスを転がした
Playing cards 'till the sun came up, rollin' dice
クラブに行って夜通しブルースを聞いた
Down to the club and listen to the blues all night
時には街角の女に寂しい思いをさせた
Girls out on the corner get lonely now and then
あの自由な日々にはもう二度と戻れない
We'd never be that free again

長い歳月が過ぎた 共に笑ってから
It's been a long time since we laughed together
長い歳月が過ぎた 共に泣いてから
It's been a long time since we cried
乾杯しよう 失った友のために
Raise your glass for the comrades we've lost
友よ、思えば長い歳月だった
My friend it's been a long, long time

家賃を払うのが精一杯だった
Workin' just enough to pay the rent
稼いだ端から金は消えていった
Money got made, baby, money got spent
何もやることがないときにはごろごろ寝てたな
Sleeping when we had nothin' left to do
ボードウォークの下や屋根の上で…
Under the boardwalk and up on the roof

枠の中におさまって、行儀よくなんかできなかった
We never quite fit, baby, we never played the game
突っ走ってたよ まるで暴走列車みたいに
Came out explodin' like a runaway train
一晩中、夢や将来について語り合った
Up all night talkin' about dreams of better days
いまだに変わってないものがあるなんて面白いじゃないか…
Ain't it funny how some things don't change?

長い歳月が過ぎた 共に笑ってから
It's been a long time since we laughed together
長い歳月が過ぎた 共に泣いてから
It's been a long time since we cried
乾杯しよう 失った友のために
Raise your glass for the comrades we've lost
友よ、思えば長い歳月だった
My friend it's been a long, long time

俺たちは俺たちの時代と世界を生きてきた
We lived in a time and a world of our own
自分達のルールに従って
Making up the rules as we went along
皆でたった1枚のコートで寒さから身を守り
Just one coat between us and we never felt cold
決して老いぼれないつもりでいた
We were never gonna get old

長い歳月が過ぎた 共に笑ってから
It's been a long time since we laughed together
長い歳月が過ぎた 共に泣いてから
It's been a long time since we cried
乾杯しよう 失った友のために
Raise your glass for the comrades we've lost
友よ、思えば長い歳月だった
My friend it's been a long, long time




2012年のパフォーマンス。久しぶりに3人そろって同窓会みたいに楽しそうに歌っています♪






こちらは1978年の映像なので今から39年ほど前の若き3人のステージ!!






comment(0)  trackback(0)

Happy Birthday!!

2017.09.25

category : 未分類


土曜日23日は秋分の日。

そう、9月23日はザ・ボスことブルース・スプリングスティーンの誕生日です!

今年で68歳・・・と70が近づいてきましたが、まだまだ衰えることを知らないバリバリの現役でございます。

現在はややオフでポール・マッカートニーやジャクソン・ブラウンのショーに飛び入り演奏などしているようですが、恐らく来月からのブロードウェイ公演のリハーサルなどをやっているのでしょう。

来月あたりからまた本格的な活動開始で、また新たな伝説を届けてくれると期待しております。。


(最近の雑誌のボスの写真!こんなクールな68歳がいるのか~!!)

写真 2017-09-28 22 18 20


写真 2017-09-28 22 18 30


ともあれ、ハッピー・バースデイ、ブルース!!


21766798_10156237245598797_5191585092863784218_n.jpg



さて先日の記事にもありましたが

9月21日・・・息子の誕生日
9月22日・・・母の誕生日
9月23日・・・ブルースの誕生日

という流れになっております。

よって今年は秋分の日の9月23日に我が家で息子と母の誕生日会をやりました。

例によって6歳と76歳なので、”7”と6本のローソクでお祝い♪

ファイル 2017-09-25 10 59 41

ファイル 2017-09-25 10 59 52

息子は子供なのに甘すぎて生クリームのケーキが苦手・・・なので、今年は地味ですがチーズケーキにしたらバクバク食べてくれました~

6歳にして初めてバースデイケーキを食べたことになります!

ファイル 2017-09-25 11 00 04




そして待ちに待ったプレゼントですがこれも毎年恒例、簡単な宝探しシステム。

枕の上あたりのカーテンに最初の手紙をセロテープで前夜息子が寝た後につけておきます。

朝起きて気づいた息子はその手紙を読み同封されていた一枚のカードに目をやる。

そのカードにはハロウィンのでかいカボチャの絵。

「お、これは1階にあるハロウィンのお菓子の入れ物だ!」とダッシュで1階へ向かう息子。

素早くハロウィンのお菓子の入れ物を見つけ開けるとまた次のカードが入っている・・・とこんな感じで7,8枚仕込みました。


ファイル 2017-09-25 10 58 51


ファイル 2017-09-25 10 59 01


これまではすべてイラストを描いていたのですが、今年からは字が読めるようになったので「うしさん」とか「かいだんのうえ」とか言葉のカードも数枚入れました。でも難なく次々とカードを発見し最後のカードには「あうとばっくのなか」。

玄関から外にでて、庭に停まっているスバル・アウトバックのハッチバックを開けるとついに・・・自作電動ゴーカートとご対面


前回の映像を再編集し、新たな映像を加えました。。




実際のところは、いくつか課題が見つかり若干の手直し調整が必要です。

しかしうまくやればなかなかのスピードで走ることが分かりました♪


早く直して近所の公園で走らせるのが楽しみです。

この自作電動ゴーカートを息子にプレゼントした理由は・・・もちろんYouTubeでとある外国のダディが息子のために自作した動画に感銘を受けた・・・というのが始まりなのですが。。



来年から小学校に通う息子。

しかしこれまで6年間通った保育園は自宅から遠く学区が違うため、今までのお友達とは離れ離れで同じ小学校に一緒に通うことができないのです。

最近特にお友達と友情を深めている息子は「どうしてボクだけ違う小学校なの?」と非常に悲しそうにつぶやくのです。

そして実際に通う小学校は親も含めて誰一人知り合いのいない場所・・・

分かってはいたことなのですが、これではあまりにも不憫。

どうにか入学前に1人でもお友達ができれば・・・


そこで”電動ゴーカート”の出番です!!

これを近所の公園で乗り回していれば、確実に子供たちが集まってくるでしょう。

そこで入学前に仲良くなっちゃおうぜ!・・・という作戦なのであります(*・`ω´・)ゞ



ちょっと手を差し伸べすぎな感はありますが、日々成長している息子を信じてやればこれからもいろいろと乗り越えていってくれるでしょう。

あらためて・・・Happy Birthday, My Son!!


いよいよ少年期の冒険のはじまりだ~!!



comment(0)  trackback(0)

#458 On the Way Home / John Mayer

2017.09.20

category : John Mayer


気が付けば9月ももう半ば過ぎ後半・・・あっという間に10月を迎えようとしていますが、我が家は相変わらずイベントがいっぱい。

9月21日の息子の誕生日の前に、毎年やってくる空手の昇級試験。

今年は17日の日曜日に行われました。


ギャラリーも多くいつもと違った厳格な雰囲気の昇級審査なので、去年は会場で一人泣き出してしまった息子。

しかし1年経って成長したのか、今年は少し緊張した表情ではあったが、落ち着いている様子。

そしていよいよ審査が息子の番になり・・・演技が始まった。


気合十分、大きな声も出ており、動きもキビキビしていいじゃない!

最後まで集中を切らさず、見事な演技を見せてくれました~


こちらの方が固唾を飲み緊張してしまいましたが、なぜか自分と違って本番に強い息子。

結果は明後日の金曜日に出ますが、恐らく昇級し青帯になれると思います。


写真は審査後のリラックスした同じ級の仲間との一枚。

ファイル 2017-09-20 16 52 58


1つ年上のAじ君とは入った時期も近く、何度か一緒に食事に行ったりする仲なのですが、最近やたらに息子を可愛がってくれる5年生のMなちゃん。息子を抱っこしたくてしょうがないのだそうだ。

年上キラーの我が息子・・・うらやましいぞ、自分はモテた試しがないので



そして翌日月曜日は敬老の日の祝日・・・ということで地元航空公園にて待ちに待ったイベント、”DINO-A-LIVE(ディノアライブ)”に行ってきました。(空手仲間のAじくんと一緒に)

kyouryu-title-768x735.jpg


”さかなくん”ならぬ”恐竜くん”・・・はさておき、このパフォーマンスに出てくる恐竜が本当に凄い!!

我々の子供の頃のこの手の恐竜と言えば、いかにもニセモノ、作りモノ感たっぷりで、どちらかと言えば微笑ましい雰囲気になるのだが、最新の技術を駆使した現代の恐竜は見てびっくり!!

まるで本物のようにリアルな作りで本物のように歩いたり口を大きく開けたり・・・CGかと思うくらいの見事な作り!!

それで小さい子供に嚙みつこうとするのだから、そりゃ泣くよねえ。


この恐竜を作っているベンチャー会社が所沢にあり、注目されている・・・・というニュースをテレビで見たことがあったが、ここまでリアルだとは思いませんでした。

全国でイベントをやってるようですが、地元の航空公園で見ることができ、息子もAじくんも大満足の様子、そのあとも一緒に仲良く遊んでいました~









さて本日の曲はジョン・メイヤー。


夏が終わり日に日に秋めいていくこの頃…

そんな今の季節にぴったりのこの曲をどうぞ♪





PARADISE VALLEY
PARADISE VALLEY
posted with amazlet at 17.09.19
JOHN MAYER
COLUM (2013-08-16)
売り上げランキング: 6,064




#458 On the Way Home / John Mayer

夏が過ぎ去り この街も静かになって
The summer's over. This town is closing.
海の季節ももう終わろうとしている
They're waving people out of the ocean.
僕たちはまるで海に浮かんでいるような気分だった
We have the feeling like we were floating.
僕たちは気づかなかった 時間がどこに行くかなんて
We never noticed where time was going.

覚えているかい?ここに来た最初の日を
Do you remember when we first got here?
昼が今よりも長く 暑かったあの夜
The days were longer the nights were hot here.
気がつけばもう9月 エンジンは動き出した
Now, it's September the engine's starting.
何も抱えていないのに、心は重い君
You're empty-handed and heavy-hearted.

ただ帰り道に思い出して欲しい
But just remember on the way home, oh oh oh
君は一人ぼっちじゃないことを
That you were never meant to feel alone.
少し時間はかかるけど きっと大丈夫
It takes a little while, but you'd be fine
またそのうち楽しいことがやってくるから
Another good time coming down the line.

君は君を待つ人のもとに戻り
You'll go back to love that's waiting.
僕はアパートで荷ほどきをする
I'll unpack in a rented room.
うんざりだと言っていた生活はどう?
How's that life you swear you're hating?
まわりばかりがよく見えるけど、それは僕も同じ
Grass is greener that makes two.

ただ帰り道に思い出して欲しい
But just remember on the way home, oh oh oh
君は一人ぼっちじゃないことを
That you were never meant to feel alone.
最後にちらっと僕を見て、バスに乗り込んだ君
Just look me up get back on the bus.
来週にでも会いに行くよ もし僕の力が必要なら
I'll see you next week if you need my trust.

人生は短くないけど ちっぽけなのは確か
Life ain't short, but it sure is small.
永遠を手にしたところで、誰かを自分のものにはできない
You get forever but nobody at all.
人生は短くないけど ちっぽけなのは確か
Life ain't short, but it sure is small.
永遠を手にしたところで、誰かを自分のものにはできない
You get forever but nobody at all.
めったにやってこないし すぐにいなくなってしまう
It don't come often, and it don't stay long.

ただ帰り道に思い出して欲しい
But just remember on the way home, oh oh oh
君は一人ぼっちじゃないことを
That you were never meant to feel alone.
ただ流れに身をまかせ、好きなように生きてごらん
Just stay on the run; get off the grid.
逃げたっていい 僕がそうしたように
Hide yourself out like you know that I did,
気が済むまで そうしても
And if you might find that you're running is done,
ささやかな幸せが誰かを傷つけることはないから
A little bit of Heaven never hurt no one.







comment(0)  trackback(0)

コールマンColeman 製冷蔵庫

2017.09.16

category : 未分類


買っておいたアイスでも食べよっと事務所の冷凍庫を開けると・・・


なんと!袋の中のアイスが全部溶けて液体になってる!!

冷蔵庫の飲み物も完全にぬるくなってる。。


そう、冷蔵庫が壊れたのです、突如。

いや、待てよ。

今思えば、最近耳慣れない異音を発していたような気がする・・・


そうか、不調を訴えていたのか。

気づいてやれなくてごめんよ。


聞けば先代が人から譲ってもらった古いモノらしく、いよいよ寿命だったのだろう。

テレビやエアコンなどの家電は当然ながら使うときにスイッチを入れ、それ以外はスイッチを切る。

ところが冷蔵庫ってのはそこにきてコンセントを入れた瞬間から”モノを冷す”という使命を全力で全うするのだ・・・ひと時も休むことなくその命が尽きるまで。

事務所の冷蔵庫は飲み物くらいしか冷やすものはないが、この夏最後の仕事を終え夏の終わりとともに静かに息を引き取ったのだろう。

今まで本当にありがとう。

俺もそのうちそちらの世界に行くので、冷たいビールをたくさん冷やして待っててくれ。




・・・といことで、近所のリサイクルショップへ新たな冷蔵庫くんを探しに行きました。

傷や汚れも全く気にしないのでなんでもよかったのですが、小型の137Lが8000円だったので即決し自分で搬入・設置完了。


さてタイトルの”コールマンColeman 製冷蔵庫”・・・


もちろん、そんなモノはあるはずありません。


そう、得意の改造・・・というかシールを貼っただけで、勝手にコールマンの冷蔵庫の出来上がりです~


ファイル 2017-09-16 8 37 21


ファイル 2017-09-16 8 36 52


ファイル 2017-09-16 10 31 24







さて話は変わりますが、明日日曜日は息子の空手の昇段試験です。

それを頑張ると来週は息子6歳の誕生日会が待っている・・・という段取りです。



4歳の誕生日にはボルダリングの壁↓

ファイル 2016-09-20 8 52 27


5歳の誕生日には竹登り棒↓

ファイル 2016-09-20 8 45 25


・・・と毎年父による手作りDIY作品を誕生日プレゼントにあげてるのですが、6歳今年のDIY作品はというと、もうずいぶん前から決まっています。

数年前にYouTubeでこの動画を見て衝撃を受けました。

「こんなものをこんな工夫をして手作りで作ってしまう人がいるなんて~!!」と。

本当に世の中には面白き人がたくさんにいます。

そして今までは息子にはちょっとまだ早いかな~と思っていたのですが、いよいよ満を持して今年のプレゼントに決めました!





これを参考にして忠実に再現し(パクり)、なんとかついに完成しました!!!

くだらないですが、予告動画を作ったのでご覧ください。。




あとは誕生日にお披露目、実際に息子が乗って動くかどうか。。

もちろん公道では走れないので、公園で調整しながらの初ドライブの予定。

その模様はまたレポートしたいと思います~

comment(0)  trackback(0)

BBQとカヤック・キャンプ

2017.09.13

category : アウトドア


さてこの前の日曜日はBBQ、月曜日と火曜日はキャンプと忙しくしておりました~


どちらも遊びですが


BBQは我が家にて息子の保育園のお友達とその親御さんたちで総勢20名くらい・・・だんだん増えてきてます。。












そして月曜日はKさん、Mくんと共に西伊豆カヤックキャンプに行ってきました!!

6月にも同じメンバーで西伊豆の松崎のあたりでキャンプしましたが、今回はその手前の”キャンプ黄金崎”というキャンプ場でキャンプ。

今回こそは、「魚を釣るぞ~!」と掛け声をあげましたが・・・コレ、毎回言ってます。。(笑)


その6月以来カヤックに乗っていなかったのですが、組み立てようとしてびっくり!!

カヤックのフレームが1本足りないのです。

ファイル 2017-09-13 17 09 34


今回乗るのは無理か~と思いましたが、1本足りない状態でもなんとか組み立てられ、無事出航することができてよかった~。


キャンプ場は平日ということもあり、我々以外誰もおらず貸し切り状態♪


月曜日は暑いくらいの天気で海水も温かくカヤックを漕いだり釣りをしたり潜ったりで充分楽しめました。

しかし夜から急に雨が降り出し、テントで寝ているとまるで台風のように強風が吹き始めました


今にもタープやテントが吹っ飛んでしまいそうでしたが、なんとか朝を迎え早めの撤収。

せっかくなので沼津漁港で鮮魚を堪能し帰ってきました~

こちらが動画です↓


海のギャング、ウツボの撮影に成功☆したのでご覧下さい!






comment(0)  trackback(0)

夏の落し物…

2017.09.07

category : 未分類


…と題して、蔵出し映像?をまとめました♪


この夏に撮った動画ですが、とくに記事にするまでもない映像をいくつかまとめ編集し、2017年の夏を締めくくりたいと思います。

また来年の夏を楽しみに待ちながら。。








《予告!》

9月になったので息子の誕生日と運動会が近づいてきた。


運動会の種目の1つなのに、まだできない・・・という息子のために、とりあえず竹馬を作ってみた

あとは練習あるのみ~

ファイル 2017-09-07 12 33 37



そして再来週の息子6歳の誕生日プレゼント・・・


ほぼ完成したコレ↓については、時期が来たら詳しく書きたいと思います♪


写真 2017-09-07 12 48 16




comment(0)  trackback(0)

Ten Holes Harmonica

2017.09.02

category : Billy Joel


昔少し吹いていたハーモニカを久しぶりに吹こうと、家中を探してみた。

しかしいくつかは見つかったが、いくつかは見つかりませんでした。



そう、この穴が10個あるテンホールズハーモニカはキーが決まっていて、あの曲もこの曲もまねして吹いてみたい・・・となると何本か必要になってくるのです。




初めて買ったのは確かドイツのホーナー社のハーモニカだったかな。

小さいけどちゃんとしたケースにはいっており、中からとりだした新品のハーモニカの輝きと美しさにとても感動したのを覚えています。


写真 2017-09-02 16 09 32




ホーナー社は”ブルースハープ”や”マリンバンド”などどれも見た目がかっこいいですね~


↓ブルースハープ
91H_.jpg


↓マリンバンド
imgrc0070634110.jpg




値段は楽器屋で1本3500円~4500円くらいでしょうか。ネットだとそれから1000円くらい安いようですが、なかなか何本も買うとうわかにはいきませんね。。ちなみに全部そろえると12本になります。

しかしラッキーなことに地元の楽器屋でセールをやったときがあって、チャンスとばかり数本まとめ買いをしたのです、もう何十年も前のことですが。

そのとき買ったのが日本メーカー、トンボ社の”メジャーボーイ”です。


写真 2017-09-02 16 10 08


ハーモニカという楽器は小さくてジーンズのポケットに入れて簡単に持ち運びができます。

写真 2017-09-02 16 53 31

そして穴が10個空いているだけ、あとは吸って吐くだけで誰でも簡単に音が出せるという最高の楽器じゃないですか~♪

昔の西部劇などでもカウボーイが荒野の中焚き火を囲みハーモニカを奏でる・・・なんてシーンを見たことがあります。


単音(1つの音)だけを吹いてメロディーを奏でるもよし、複音(2つ以上の音)を吹けば自然にコードになるのでキーさえ合っていればテキトーに吹いても自然に曲に合うので、初心者でも簡単に楽しむことができちゃう楽器なのです。

こんな最初のハードルが低い楽器が他にあるでしょうか??


し、しかーし!!!

最初のハードルが低い分、奥が深いのがこのハーモニカ。

なんせ穴が10個しかないので、出ない音がたくさんある。

それをテクニックで補わなければならないのでございます。。


YouTubeなどで検索すると恐ろしく上手い人が次々にでてきます。

あんなに小さく穴が10個しかない楽器からこんなにも様々な音色がいったいどうやったら出るのだろう・・・と不思議で仕方ないのですが、とりあえずの初心者でも楽しめる楽器であることは間違いありません。


ちなみにハーモニカですが、個人的な感想を言いますと、ドイツのホーナー社はかっこいいです。

でも吹きやすいのは日本のトンボ社のほうだと思います。

ホーナー社は木製なので劣化しますが、トンボ社はプラスチック製なので劣化しにくいし口当たりがなめらかです。

日本メーカースズキ社の”マンジ”もなかなか評判がいいみたいですね。↓

もし今度買う機会があったら”マンジ”を買ってみようかな。

img63526044.jpg




さて、こちらは以前にUPしたジョン・メイヤーの”Born and raised (Reprise)”です。

曲のキーがGなので、ハーモニカのキーもGです。01:00あたりの間奏でハーモニカのパートがあります。


Born And Raised (Reprise) from BobbyJean on Vimeo.






ボスの曲にもたくさんのハーモニカ演奏があります。

この”プロミスト・ランド”もGのハーモニカで演奏しています。イントロ部分と間奏03:05あたり、そしてエンディングの04:57あたりです。


The Promised Land Bruce Springsteen from BobbyJean on Vimeo.







こちらはCのハーモニカ演奏ですが、ハーモニカとピアノで有名なビリージョエルの”ピアノ・マン”です。

当ブログの2曲目紹介曲ですが、タバコの煙と酒のにおいのプンプンするバーソング・・・いわゆる名曲ですね。





#002 Piano Man / Billy Joel

土曜の夜9時
It's Nine o'clock on a Saturday
となりに座ってる一人の老人が
そろそろいつもの常連客が集まってくる時間だ
The regular crowd shuffles in
There's an old man sitting next to me
ジントニックのグラスと愛し合っている・・・
Making love to his tonic and gin
若いの、“思い出”とゆうヤツを弾いてくれないか。
He says," Son can you play me a memory
どんな曲だったか、よくは覚えちゃいないが
I'm not really sure how it goes
ちょいと切なくて甘いヤツさ、昔は完璧に覚えてたんだ
But it's sad and it's sweet and I knew it complete
これでも若くて、洒落っ気があった頃にはな
When I wore a younger man's clothes'
ラ、ラ、ラ・・・
La la la, de de da

歌っておくれよ ピアノ・マン。 
Sing us a song, you're the piano man
今宵は歌っておくれよ あの歌を
Sing us a song tonight
俺たちみんな、歌いたい気分なのさ
Well we're all in the mood for a melody
ああ 今宵はなんて素敵な夜だろう。
And we've got us feeling alright

バーテンのジョンは俺の友達 
Now John at the bar is a friend of mine
いつも酒をおごってくれるんだ
He gets me my drinks for free
気の利いたジョークを言ったり、タバコに火をつけたり
And he's quick with a joke or to light up your smoke
けど彼がいるべき場所は、どこか他の場所・・・
But there's someplace that he'd rather be
“なぁ、ビリー。このままじゃ俺はダメになっちまう。”
He says, "bill, I believe this is killing me."
そう言うと彼の顔からは笑顔が消えた
As the smile ran away from his face
“俺は映画スターにだってなれるのに。
"Well I'm sure that I could be a movie star
もしこの生活から抜け出せるんならな・・・。”
If I could get out of this place"

ラ、ラ、ラ・・・
La la la, de de da

ポールは不動産のブローカーさ
Now Paul is a real estate novelist
嫁さんをもらう暇もないくらいに忙しい
Who never had time for a wife
それでしゃべってるのはデイヴィ 彼は今も海軍の隊員
And he's talkin' with Davy, who's still in the navy
たぶんヤツは死ぬまでああやってるんだろうな・・・
And probably will be for life
 
酔った客をあしらうウェイトレスと 
And the waitress is practicing politics
ビジネスマンたちは徐々に酔っぱらってゆく
As the businessmen slowly get stoned
みんなで“孤独”という名の酒を飲み交わす 
Yes, they're sharing a drink they call loneliness
それでも一人で飲むよりはずっとマシさ
But it's better than drinkin' alone
 
歌っておくれよ ピアノ・マン。 
Sing us a song, you're the piano man
今宵は歌っておくれよ あの歌を
Sing us a song tonight
俺たちみんな、歌いたい気分なのさ
Well we're all in the mood for a melody
ああ 今宵はなんて素敵な夜だろう。
And we've got us feeling alright

土曜日とはいえ 賑やかな店内を見渡して 
It's a pretty good crowd for a Saturday
マネージャーが僕に微笑みかける
And the manager gives me a smile
彼は知っているのさ 客はこのピアノを聞きに来てるってことを…
'Cause he knows that it's me they've been comin' to see
みんな現実をほんの一瞬忘れるためにね。
To forget about life for a while
ピアノはまるでカーニバルのような音を出し 
And the piano, sounds like a carnival
ビールの匂いがマイクにまでしみている
And the microphone smells like a beer
彼らはカウンターに座り、チップを入れながら言う
And they sit at the bar and put bread in my jar
“どうしてこんな所で演奏してるんだい?”
And say, "Man, what are you doin' here."

ラ、ラ、ラ・・・
La la la, de de da

歌っておくれよ ピアノ・マン。 
Sing us a song, you're the piano man
今宵は歌っておくれよ あの歌を
Sing us a song tonight
俺たちみんな、歌いたい気分なのさ
Well we're all in the mood for a melody
ああ 今宵はなんて素敵な夜だろう。
And we've got us feeling alright





おまけ

オリジナルにはハーモニカなんてないライアン・アダムスの曲にテキトーなハーモニカをつけて弾き語ってみた!










comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.