FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

次の世代に託す…愛と正義の剣。

2019.02.27

category : Bruce Springsteen


地元にある遊園地、西武園のチケットが格安で手に入るので、毎年イルミネーションの季節に行っている。

イルミネーションと言えば、クリスマスや年明けのイメージだが、混んでそうだし寒いじゃない

よってだいぶ暖かくなってきたこの前の日曜日に、息子の親友T君たちと一緒に行ってきた。



テーマパークとしての西武園は、動いているアトラクションがほとんどなく、かなり残念な状況。。

そのせいでか、日曜日だと言うのにガラガラ・・・大丈夫??と心配になりましたが、子供たちはそんなことお構いなし

じっとなんかしてられない

片っ端から乗りまくり、大いに楽しんでました










さて本日動画のBGMですが、ボスの”This Is Your Sword”です。

オリジナル・スタジオ・アルバムとしては最新の2014年『High Hopes』収録曲ですが、実はあんまり聞いてないので、今回訳すまでどんな曲か知りませんでした


しかし歌詞を見て、感動・・・


前の世代から次の世代へ。

大切だと思うことを”剣”と”盾”に込めて託し、受け継いでゆく…

なんて壮大な歌なのだろう。



我が子の心の”剣”と”盾”に一体何を託せるだろう。

まずは己が誇れるような人間にならなきゃだな。




#556 This Is Your Sword / Bruce Springsteen

兄弟姉妹よ、俺の言うことをよく聞くんだ
Brothers and sisters listen to me
わずかだが、これらをお前たちに託す
These are the few things that I leave to thee
困難から得た教訓が染み付いた先祖伝来のこの剣と
This sword of our fathers with lessons hard taught
多くの戦いをくぐり抜けてきた強靭な盾を
This shield strong and sturdy from battles well fought

これがお前の剣、これがお前の盾だ
This is your sword, this is your shield
そこには愛の力が宿っているから
This is the power of love revealed
どこへ行くにもそれらを携え
Carry them with you wherever you go
お前の魂の中にある全ての愛を捧げるのだ…
And give all the love that you have in your soul

時代は暗く、闇が地を覆っている
The times they are dark, darkness covers the earth
でもこの世界は神が創造した美しさに満ちている
But this world’s filled with the beauty of God’s work
約束を固く守り、いつも正義で強くあれ
Hold tight to your promise, stay righteous, stay strong
奇跡が起こる日々がやってくるから
For the days of miracles will come along

これがお前の剣、これがお前の盾だ
This is your sword, this is your shield
そこには愛の力が宿っているから
This is the power of love revealed
どこへ行くにもそれらを携え
Carry them with you wherever you go
お前の魂の中にある全ての愛を捧げるのだ…
And give all the love that you have in your soul

絶望の日々の中、お前は頑なになるかもしれない
In the days of despair you can grow hard
心を閉ざし、空っぽのまま
Till you close your mind and empty your heart
もし奈落の底ばかり見つめるようになってしまったら
If you find yourself staring in the abyss
愛する者たちをしっかりと抱きしめ、このことを忘れてはいけないよ
Hold tight to your loved ones and remember this

この盾はお前の神聖な心を守ってくれる
This shield will protect your sacred heart
この剣は暗闇がもたらすのものから守ってくれる
This sword will defend from what comes in the dark
たとえ戦いの場で疲れ果てたとしても
Should you grow weary on the battlefield
絶望してはならない 我らの愛がそこにあるのだから…
Do not despair our love is real

これがお前の剣、これがお前の盾だ
This is your sword, this is your shield
そこには愛の力が宿っているから
This is the power of love revealed
どこへ行くにもそれらを携え
Carry them with you wherever you go
お前の魂の中にある全ての愛を捧げるのだ…
And give all the love that you have in your soul
お前の魂の中にある全ての愛を捧げるのだ…
And give all the love that you have in your soul



スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

ONE OK ROCK

2019.02.25

category : ONE OK ROCK


さて4月~5月に日本公演も含み予定されているエド・シーランのアジア・ツアー。


このツアーに”ONE OK ROCK”がサポートアクトとして出演することが決定…というニュースが飛び込んできた。






しかしながら・・・ファンの方々には申し訳ないが、”ONE OK ROCK”に関して正直全く知りません


ちょうど”一体誰なんだ?”


曲を探して”このblogで紹介するか?”


・・・と思ってたところに、エド・シーランとの共演。



朝の「スッキリ」でエドがワンオクのTakaと友人と語っていたのは覚えていますが、そのTakaは森 進一&森 昌子の息子さん・・・ということもごく最近知ったところ。


しかも、ワンオクの誰でも知ってる最も有名な曲・・・


そう言われている曲を聞いても、ピンとこない俺。(マジで初めて聞きました


↓これでしょうか??

はっきり言って、今までにない毛色の曲ですが、どうぞ~~



#555 Wherever You Are / ONE OK ROCK

(今伝えるよ)
I'm telling you
(そっと囁くように)
I softly whisper
(今夜 今夜…)
Tonight tonight
(君は僕の天使なんだ)
You are my angel

愛してるよ
2人は一つに
(今夜 今夜…)
Tonight tonight
(ただ伝えたいんだ…)
I just say...

(君がどこにいても)
Wherever you are,
(僕がいつも君を笑顔にしてあげる)
I always make you smile
(君がどこにようと)
Wherever you are,
僕がいつもそばにいるから)
I'm always by your side
(君が何と言おうと)
Whatever you say,
君を思う気持ち
(ここに誓うよ 二人の”永遠”を…)
I promise you "forever" right now
Oh yeah...

(理由なんていらない)
I don't need a reason
(ただ君が欲しいんだ)
I just want you baby
(それで十分なんだ)
Alright alright
(ずっと いつまでも)
Day after day

この先長いことずっと
どうかこんな僕とずっと
死ぬまで
(一緒にいて)
Stay with me
(二人で共にいこう)
We carry on...

(君がどこにいても)
Wherever you are,
(僕がいつも君を笑顔にしてあげる)
I always make you smile
(君がどこにようと)
Wherever you are,
僕がいつもそばにいるから)
I'm always by your side
(君が何と言おうと)
Whatever you say,
君を思う気持ち
(ここに誓うよ 二人の”永遠”を…)
I promise you "forever" right now

(君がどこにようと)
Wherever you are,
(絶対に君を泣かせたりはしない)
I never make you cry
(君がどこにようと)
Wherever you are,
(さよならなんて言わない)
I never say goodbye

(君が何を言っても)
Whatever you say,
君を思う気持ち
(ここに誓うよ 二人の”永遠”を…)
I promise you "forever" right now

僕らが出逢った日は
2人にとって一番目の記念すべき日だね
そして今日という日は
2人にとって二番目の記念すべき日だね

心から愛せる人 心から愛しい人
この僕の愛の真ん中には
いつも心(きみ)がいるから

(君がどこにいても)
Wherever you are,
(僕がいつも君を笑顔にしてあげる)
I always make you smile
(君がどこにようと)
Wherever you are,
僕がいつもそばにいるから)
I'm always by your side
(君が何と言おうと)
Whatever you say,
君を思う気持ち
(ここに誓うよ 二人の”永遠”を…)
I promise you "forever" right now

(君がどこにようと)
Wherever you are,
(絶対に君を泣かせたりはしない)
I never make you cry
(君がどこにようと)
Wherever you are,
(さよならなんて言わない)
I never say goodbye

(君が何を言っても)
Whatever you say,
君を思う気持ち
(ここに誓うよ 二人の”永遠”を…)
I promise you "forever" right now

(君がどこにいようと ... )
Wherever you are...
(君がどこにいようと ... )
Wherever you are...
(君がどこにいようと ... )
Wherever you are...




comment(0)  trackback(0)

2月の恒例 ~ ヨコハマ・ステイ♡

2019.02.21

category : John Mayer


先週末ですが、横浜のホテルに滞在してきました~


去年は行かなかったのですが、妻の仕事上の学会が毎年この時期に横浜であるため、自分と息子も便乗・・・という恒例行事になっています。

でもヨコハマ・シティはおしゃれな都会過ぎるので・・・車に自転車を積んで、湘南の海で遊んだり、横浜の公園で闘いごっこしたり。

結局、いつのもの近所の公園ような遊びになってました



そして夏のキャンプ以来ですが、横浜在住の友人一家と合流!

わずかの時間でしたが、大人も子供たちも楽しいひとときを過ごしました♡










さて本日の1曲はBGM曲、ジョン・メイヤーの”Roll It On Home ”。

エレキとアコギで弾いてみた♪




#554 Roll It On Home / John Mayer

希望的観測に最後の1杯を
One last drink to drink wishful thinkin'
そしてもう1杯
And then another again
バーはだんだん明るくなり
The bar is getting brighter
だんだん追い詰められてゆく
And the walls are closin' in

ジュークボックスにはジャーニーが
Journey on the jukebox singin'
”信じることをやめるな”と歌っているけれど
Don't let the believin' end
自分が想う相手が
The one that you had eyes for
親友のことを想っていたなんて
Had their eyes for your best friend

誰もちゃんと愛してくれやしないし
Nobody's gonna love you right
夜に受け入れてくれる相手なんて誰もいない
Nobody's gonna take you in the night
だからボトルを飲み干し、朝陽の中に足を踏み入れて
Finish out the bottle or step into the light
そしてさっさと家に帰るんだな
And roll it on home

さっさと帰るんだ
Roll it on home
さっさと家に帰るんだ
Roll it on home
孤独にならない新たな明日がやって来るさ
Tomorrow's another chance you won't go it alone
直ちに家に帰るならね
If you roll it on home

最新10通は元カノ宛のメール
The last ten texts were with your ex
そのすべてはお前が送った送信メール
And all of 'em were sent by you
なのにお前は電話をじっと見つめたまま
何かが届くのを待つように
But you keep starin' at your phone like something's comin' through
思い通りにものごとが運ばなくても、現実を見て結果を受け入れなきゃ
Come to grips and take your chips when the cards aren't goin' your way
お前はここに長く居過ぎた
今夜はもうすでに昨日になってるのに…
You've been here so long tonight's already yesterday

誰もちゃんと愛してくれやしないし
Nobody's gonna love you right
夜に受け入れてくれる相手なんて誰もいない
Nobody's gonna take you in the night
だからボトルを飲み干し、朝陽の中に足を踏み入れて
Finish out the bottle or step into the light
そしてさっさと家に帰るんだな
And roll it on home

さっさと帰るんだ
Roll it on home
さっさと家に帰るんだ
Roll it on home
孤独にならない新たな明日がやって来るさ
Tomorrow's another chance you won't go it alone
直ちに家に帰れるならね
If you roll it on home

誰もお前のことなんてちゃんと愛してくれやしない
Nobody's gonna love you right
夜に受け入れてくれる相手なんて誰もいない
Nobody's gonna take you in the night
数ドル使って、気が紛れたら
Drop a couple dollars, bum yourself a light
さっさと家に帰るんだな
And roll it on home

さっさと帰るんだ
Roll it on home
さっさと家に帰るんだ
Roll it on home
孤独にならない新たな明日がやって来るさ
Tomorrow's another chance you won't go it alone
直ちに家に帰れるならね
If you roll it on home

さっさと帰るんだ
Roll it on home
さっさと家に帰るんだ
Roll it on home
直ちに家に帰るんだよ…
Roll it on home












comment(0)  trackback(0)

SPRINGSTEEN ON BROADWAY 4 ―母―

2019.02.16

category : Bruce Springsteen


さて、"Springsteen On Broadway"の4番目のエピソードは”母”についてです。



この動画は年末のクリスマス特集にも公開しましたが、やはり字幕を差し替えたので、少しですがよりリアルな訳になっていると思います。



おだて、わめき、嘆願し、命令して、荒れ狂いふつうの家庭持ちのような社交生活をする意欲も、金も、健康もなかったブルースの”父”。


その父とは対照的に、仕事を持ち、堅実に、正直に、責任感を持ち、愛情を持って子育てをし、その上更に”鬱”状態の”父”を見捨てることなく献身的に尽くしてきたのがブルースの”母”とのこと。



自伝にこうある―

「おふくろは…常に俺を助けてくれた。俺が様々な軽い違反で警察にしょっぴかれる度、もらい下げに来てくれた。野球の試合にも数えきれないほど来てくれた。俺がベンチでくすぶっているときも、あるシーズンにどうしたはずみか守備とバッティングの選手になって、新聞に名前が載ったときも。最初のエレキギターを買ってくれ、俺の音楽を応援してくれ、創作意欲をかき立ててくれた。おくふろは親であり、親こそはまさに、自分の世界がはじけようとしている俺に必要なものだった―。」




闇を抱え葛藤の対象だった”父親”。


対して、愛情深く育て、応援してくれた”母親”。



なるほど、このプラスとマイナスのような両親に育てられたからこそ、ブルース・スプリンスグティーンという人物ができあがったということなのだろうか。





ちなみにこの”Springsteen On Broadway"で演奏している曲は、ヒット曲というよりテーマによって選曲されている。

よって今回の"The Wish"という曲もアルバムから外された未発表曲です。(後に未発表録音集『トラックス』に収録)




#546 The Wish / Bruce Springsteen

雨と雪でぬかるんだ汚れたストリートで
Dirty old street all slushed up in the rain and snow
小さな男の子と母親 古びた楽器店の窓の外で震えながら
Little boy and his ma shivering outside a rundown music store window
その晩、クリスマスツリーのてっぺんにひとつの星が輝き
That night on top of a Christmas tree shines one beautiful star
ツリーの下には新しい日本製のギター
And lying underneath a brand-new Japanese guitar

母さん、覚えているよ 朝になり目覚ましが鳴ると
I remember in the morning, ma, hearing your alarm clock ring
僕は布団の中から、あなたが仕事に出掛ける身支度をする音に耳を傾けていたのを
I'd lie in bed and listen to you gettin' ready for work
流しから聞こえる化粧箱を閉じる音
The sound of your makeup case on the sink
リップと香水をつけスカートをなびかせて颯爽と歩くオフィス・レディの母
And the ladies at the office, all lipstick, perfume and rustlin' skirts
仕事を終え帰るときあなたは、なんと誇らしげで幸せに見えたことだろう
And how proud and happy you always looked walking home from work

父さんの目は厳しい現実を映す窓
If pa's eyes were windows into a world so deadly and true
僕がその世界をのぞくのは止められなかったけど、もぐり込まないようにしてくれた
You couldn't stop me from looking but you kept me from crawlin' through
この奇妙な世界 でもママ、小さな男の子の願い事も叶う世界
And if it's a funny old world, mama, where a little boy's wishes come true
僕のポケットにはまだ叶ってない願い事があるんだ
Well I got a few in my pocket
その1つはお母さん、あなたに対する願い事…
and a special one just for you

それは日曜日の電話でも花束でも母の日のカードでもなく
It ain't no phone call on Sunday, flowers or a mother's day card
素敵な庭や花壇のある丘の上の家を贈ることでもない
It ain't no house on a hill with a garden and a nice little yard
ボンド通りに僕のカスタムカーが止めてある
I got my hot rod down on Bond Street,
僕も歳をとったけど、昔とちっとも変わってないさ
I'm older but you'll know me in a glance
小さなロックンロール・バーに行って
We'll find us a little rock 'n roll bar
ただあなたと一緒に踊りたいのさ
and baby we'll go out and dance

僕はビートル・ブーツを履き、母さんは髪にピンクのカラーをつけ闘牛士風のズボン
Well it was me in my Beatle boots, you in pink curlers and matador pants
叔父や叔母のためのツイストを踊ろうと僕をソファーから起こした
Pullin' me up of the couch to do the twist for my uncles and aunts
母さん、今僕は大切な女性に出会い
Well I found a girl of my own now, ma,
あなたの誕生日にプロポーズしたよ
I popped the question on your birthday
ポーチに立って待つ彼女の横で、あなたは言ってくれました
She stood waiting on the front porch while you were telling me
「さぁ、行って彼女にお前の気持ちを伝えるのよ」と
to get out there and say what it was that I had to say
昨晩みんなでただ笑って楽しく過ごした ギターが僕らにもたらした事を
Last night we all sat around laughing at the things that guitar brought us
僕は寝付けないままギターが僕らにもたらした別の事を考えていた
And I layed awake thinking 'bout the other things it's brought us
今夜はこの台所でみんなのリクエストに応えるよ
Well tonight I'm takin's requests here in the kitchen
最初のリクエストは母さん、あなたからにさせておくれ
This one's for you, ma, let me come right out and say it
でも悲しい歌なんかリクエストしたら歌わないからね
If you're looking for a sad song, well I ain't gonna play it

それは日曜日の電話でも花束でも母の日のカードでもなく
It ain't no phone call on Sunday, flowers or a mother's day card
素敵な庭や花壇のある丘の上の家を贈ることでもない
It ain't no house on a hill with a garden and a nice little yard
ボンド通りに僕のカスタムカーが止めてある
I got my hot rod down on Bond Street,
僕も歳をとったけど、昔とちっとも変わってないさ
I'm older but you'll know me in a glance
小さなロックンロール・バーに行って
We'll find us a little rock 'n roll bar
あなたと一緒に踊りたいのさ
we'll go out and dance
小さなロックンロール・バーに行って
We'll find us a little rock 'n roll bar
一緒に踊ろうよ…
And we'll go out and dance

comment(0)  trackback(0)

初雪と初梅。

2019.02.13

category : John Mayer


2月に入り、寒さが本格的になってきた。

3連休の初日は関東でも大雪・・・の予報でしたが、結果的にはほとんど降らず庭や空き地に薄っすらと積もる程度。

楽しみにしていた息子は残念がっていましたが、それでも少し積もった雪を肌で感じようと、ゴキゲンに遊んでました♪



そして随分前からチケットをとっていた”米村でんじろう サイエンス・ショー”に行ってきました!

これも数日前から楽しみにしていた息子♪


1時間20分ほどの科学ショーでしたが、アッと驚くマジックのようなパフォーマンスの数々で、会場にいる子供たちの心をガッチリ掴んでました。

もちろん、息子もすっかり魅了され、感動していました。。


でんじろう先生曰く、このような感動不思議体験がのちに科学への興味のきっかけになるとのことです。













さて、本日の1曲はジョン・メイヤーの”XO"という曲です。(動画のBGM曲)


最近You Tubeで偶然聞き、そのアコースティックサウンドの響きとメロディの良さで一発で気に入ったのですが、どうやらビヨンセのカバー曲とのこと。

記事の最下部にオリジナルのビヨンセ・ヴァージョンをのせましたが、やはりジョン・メイヤーのアコギ版の方が好きですね。


ビヨンセ版の冒頭で

”管制室では慎重に状況を見極めています。明らかに重大な事故のように思えます”というサンプリング音声が入っている。

この曲は1986年に打ち上げの直後に空中で爆発事故を起こし、乗組員7名が全員死亡したスペース・シャトル・チャレンジャー号をテーマにした曲とのこと。

NASAや遺族から批判の声が上がったそうだが、これに対しビヨンセは「わたしの気持ちはチャレンジャー号事故の遺族の皆様とともにあります。“XO”は愛する者を失った人たちを癒せるように、さらに思いもよらなかったようなことが起きるものなのだから、愛する者との時間は一分ごとにありがたく享受するべきなのだということを心を込めて制作した楽曲なのです。この曲のソングライターたちは、チャレンジャー号乗組員の利他的な偉業を称えてこの音声を使っていて、彼らが忘れられることがないようにと願ってのことなのです」という声明を出しました。





ちなみに・・・”XO”の意味がハグ&キスだって???

若モノには常識なのでしょうか??



・・・恥ずかしながら、オジさんは初めて知りました~




#553 XO / John Mayer

キミの愛は今までになく輝いている
Your love is bright as ever
たとえ闇の中であろうと
Even in the shadows
ベイビー、キスしておくれ
Baby kiss me
光が消えてしまう前に
Before they turn the lights out

キミのハートはますます光輝き
Your heart is glowing
そしてますますキミに惹かれていく
And I’m crashing into you
ベイビー、キスしておくれ
Baby kiss me, kiss me
光が消えてしまう前に
Before they turn the lights out
光が消えてしまう前に
Before they turn the lights out
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out

夜の深い闇の中でも
In the darkest night hour
人ごみの中でも探し出すよ
I’ll search through the crowd
僕が見えるのはキミの顔だけ
Your face is all that I see
僕のすべてをあげるから
I’ll give you everything
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out


永遠なんてないって分かってる
We don’t have forever
ベイビー、陽の光がもったいないから
Baby daylight’s wasting
今僕にキスしておくれ
You better kiss me
僕らの時間が無くなる前に
Before our time is run out
僕らには見えるよ 誰も見えない世界が
Nobody sees what we see
みんなはただ絶望的な気持ちで眺めてるけど
They’re just hopelessly gazing
ベイビー、連れていっておくれ
Baby take me, take me
光が消えてしまう前に
Before they turn the lights out
時間がなくなる前に
Before time is run out
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out

夜の深い闇の中でも
In the darkest night hour
人ごみの中でも探し出すよ
I’ll search through the crowd
僕が見えるのはキミの顔だけ
Your face is all that I see
僕のすべてをあげるから
I’ll give you everything
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out
僕の光を消してもいいから
Oh, You can turn my lights out

キミを愛すんだ キスとハグして
I love you like XO
僕を愛して キスとハグして
You love me like XO
キミに夢中なんだ キスとハグして
You kill me girl XO
僕を愛して キスとハグして
You love me like XO
それが僕にあるすべて
Is all that I see
僕のすべてをあげるから
I'll give you everything
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out
僕の光を消してもいいから
You can turn my lights out

夜の深い闇の中でも
In the darkest night hour
人ごみの中でも探し出すよ
I’ll search through the crowd
僕が見えるのはキミの顔だけ
Your face is all that I see
僕のすべてをあげるから
I’ll give you everything
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out
ベイビー、最後の明かりが消えるまで愛しておくれ
Baby, love me lights out
僕の光を消してもいいから
Oh, You can turn my lights out





comment(0)  trackback(0)

SPRINGSTEEN ON BROADWAY 3 ―父―

2019.02.10

category : Bruce Springsteen


"Springsteen On Broadway"の3番目のエピソードは”父”についてです。



ブルースの自伝にこうある―

「俺は親父のお気に入りではなかった。父というのはそういうものだと、子供心に思っていた。よそよそしくて、打ち解けず、大人の世界のことで忙しいのだと。子供のころは、親の好みに異を唱えたりしない。受け入れるだけだ。話かけてもらえないのなら、そんな値打ちがないのだ…。」


そんな父親との関係が、当然ブルースの人格形成の核になっており、その重いテーマが問いとして長い間ブルースの心の中にあったのだろう。

自分の父親が”鬱病”に冒されている…という事実を理解するときまで。



そして父親との関係のストーリーはこのエピソードから飛んで、11曲目のエピソードで完結する。





#552 My Father's House / Bruce Springsteen

昨夜俺は夢を見た 俺が子供の頃の夢を
Last night I dreamed that I was a child
外は松の木が高くおい茂っていた
Out where the pines grow wild and tall
俺は林を抜けて家へと急いでいた
I was trying to make it home through the forest
暗闇が
Before the darkness
暗闇が訪れる前に…
darkness falls

俺は聞いた 風が木々の間を吹き抜け
I heard the wind rustling through the trees
野原から微かに聞こえる気味の悪い声を
And ghostly voices rose from the fields
俺は心臓が激しく打ちながら荒れた道を必死に走った
I ran with my heart pounding down that broken path
かかとにしがみつく悪魔を感じながら
With the devil snapping at my heels

林を抜けると夜の闇の中に
I broke through the trees and there in the night
父の家が眩しく光輝いて立っているのが見えた
My father's house stood shining hard and bright
俺の服と両腕は枝やイバラでボロボロになっていた
The branches and brambles tore my clothes and scratched my arms
でも俺は走った 父の腕の中で倒れ抱きかかえられるまで…
But I ran till I fell shaking in his arms

俺は夢から覚め、父と俺を引き裂いたつらかった出来事を考えた
I awoke and I imagined the hard things that pulled us apart
互いの心を引き離すようなことはもう二度としないと
Would never again, tear us from each other's hearts
俺は服を着てあの家へ車を走らせた
I got dressed, and to his house I did ride
道路からあの家の窓が明るく輝いているのが見えた
From out on the road I could see its windows shining in light

でも玄関の階段を上がり、ポーチで待っていると
But I walked up the steps and I stood on the porch
知らない女性が出て来てチェーンドア越しに話しかけて来た
And a woman I didn't recognize, she came and spoke to me through a chained door
俺は理由を話して、誰に会いに来たかを伝えると
Well, I told her my story and who I'd come for
彼女は言った。「申し訳ないけど、そのような名前の人はもうここには住んでいないわ。」|She said "I'm sorry, son but no one by that name lives here anymore"

父の家は眩しいほどに光り輝き
My father's house shines hard and bright
まるで夜の闇の中で俺を導く灯台のよう
It stands like a beacon calling me in the night
光はとても冷たく孤独に 何度も何度も俺を呼ぶ
Calling and calling so cold and alone
この暗いハイウェイのこちら側まで輝いている
Shining 'cross this dark highway
俺たちの罪がまだ償われていないここまで…
where our sins lie unatoned

comment(0)  trackback(0)

トム・ソーヤーとハックルベリー・フィン…

2019.02.06

category : The Georgia Satellites


息子を寝かしつけるときに、未だに毎晩本を読み聞かせている。

本来ならそろそろ自分で読める年齢だし、やや過保護すぎ…というのは否めないが、夜のこの時間が毎日幸せなのだ。

できるだけゲームやテレビなどと対極にある”本”の素晴らしさを知ってもらいたいし、実際に息子もこの時間が大好きなようだ。

ワクワクするような物語を目をきらきらさせて聞いている。

そしてその夢の世界に浸りながら、毎日眠りに就くのだ。


かれこれ何年も毎晩読んできたので、いったい通算何冊読んだだろうか?

図書館から大量に借りてくるので、ネタには尽きない。


始めの頃は、いわゆる絵本だったけど、小学生ともなるとなかなか分厚い内容のある物語を数回に分けて読むようになってきた。

中にはこちらの方が感動してしまうような素晴らしい本に出合うこともよくあるのだ。



そして昨夜から”トム・ソーヤーの冒険( The Adventures of Tom Sawye)”を読み始めた。

言わずと知れたマーク・トウェインの名作・少年冒険小説で、初版はなんと1876年…

今から150年近くも前の作品だ。(西郷どんの西南戦争の前じゃん)



しかしながら、いつの時代も少年の心というのは変わらない…

いたずら心に満ちていて、好奇心と恐怖心の狭間に生き、日々成長していく。

そしてやはり…少年は何より”冒険”が大好きなのだ。



eee.jpg




Tom-and-Sawyer-and-his-Friends-770x355.jpg


近頃、息子と親友が遊ぶのを遠くで眺めていると、まるでトム・ソーヤーとハックルベリー・フィンのように見える。

そんな理由で、”トム・ソーヤーの冒険”を読み始めた。



しかし実を言うと…

そんな二人の面倒を見る…というフリをして、一番楽しませてもらっているのは、何を隠そうこの俺~

トムとハックの仲間に入れてもらって、最高に楽しんじゃってマス♪












さて本日BGMの陽気な曲は、大好きなバンド”ザ・ジョージア・サテライツ”の”アナザー・チャンス”です。

骨太で土臭く男子校的な硬派R&Rバンド”ザ・ジョージア・サテライツ”。

516MWOPSe3L.jpg

アルバムたった3枚で解散してしまったのがホント、惜しくてたまらない

そう思っている人間は数少ないけど、いるね…確実に。




#552 Another Chance / The Georgia Satellites

追い詰められて背水の陣で生きてる
Livin' with my back against the wall
もう前のめりに倒れるしか他にない
nowhere but forward to fall
俺は瞳を閉じ、息をのむ
well I close my eyes, somebody will catch my breath
ああ、神さま さあ、一緒に船に乗り込もう
oh my lord let's get on board
怖くて勇気がいるけど
the rides gonna scare me to death

自分の出番が来てもないのに、退くのはゴメンだ
I don't wanna leave before my time is done
まだレースが終わってないのに、こんなことしてられない
don't wanna stick around when my race is run
俺のダンスの順番が呼ばれてもないのに、消えたくない
I don't wanna go before they call my dance
もう一度チャンスが欲しいと思いながら、死ぬなんてゴメンだぜ
don't wanna die asking for another chance

俺を助けてくれ、哀れなリチャード
come help me Poor Richard
グラスを持って一緒に祝杯をあげようぜ
and won't you help me raise the glass
俺に、そして君に乾杯
here's to me and here's to you
俺たちの夢が全て叶うようにって
may our dreams all come to pass
でも時間の残酷なトリックは一瞬のうちに
cruel trick of time, is played in the wink of an eye
なんてこった 漕ぎだす間もなく
well heaven's above you don't need no shove
月日はあっという間に過ぎて去って行くよ
the years go sailing bye, oh

自分の出番が来てもないのに、退くのはゴメンだ
I don't wanna leave before my time is done
まだレースが終わってないのに、こんなことしてられない
don't wanna stick around when my race is run
俺のダンスの順番が呼ばれてもないのに、消えたくない
I don't wanna go before they call my dance
もう一度チャンスが欲しいと思いながら、死ぬなんてゴメンだぜ
don't wanna die asking for another chance


もうー度運まかせの勝負
another game of chance
人生は浮き沈みの繰り返し
a lifetime come and gone
それも自分次第なのさ
I guess it's up to me
他人の歌なんか、歌うのはゴメンだよ
if I don't want to sing another man's song
死ぬまぎわにベッドでおばあちゃんが言ったコトバさ
I wanna say what Grandma said, lying on her dying bed
騙されたことも酷い扱いを受けたこともない
I ain't been cheated, no mistreated,
だからそんなセリフ言う必要も無いのさ
and I don't have to say that yet, oh

自分の出番が来てもないのに、退くのはゴメンだ
I don't wanna leave before my time is done
まだレースが終わってないのに、こんなことしてられない
don't wanna stick around when my race is run
俺のダンスの順番が呼ばれてもないのに、消えたくない
I don't wanna go before they call my dance
もう一度チャンスが欲しいと思いながら、死ぬなんてゴメンだぜ
don't wanna die asking for another chance

another chance
no not another chance
no no another chance

comment(0)  trackback(0)

SPRINGSTEEN ON BROADWAY 2  故郷…ニュージャージー州フリーホールド

2019.02.02

category : Bruce Springsteen


さて、”Springsteen On Broadway"にハマりすぎて…時間があれば、毎日何度も見てしまいます♪


ブルースの奏でるギターとピアノ。

そして語りを聞いているだけで、たまらなく気分良く癒されるのです。



あまりに繰り返し見たし、和訳もしたのでセリフを丸暗記してしまうほど!


とにかくセリフの1つひとつが素晴らしく、詩的で美しい。

それを穏やかに、ときに情熱的に、そして面白おかしく語る声に魅了されずにはいられません




今回は2つめのエピソード・・・

生まれ育った町、ニュージャージー州フリーホールドがテーマです。



ブルース曰く、フリーホールドはド田舎・・・

しかしながら地図で確認すると、海までは30分だし、ニューヨークまで100kmで車に乗れば1時間のところ。

そこまで田舎とは思えないけど、どうなんだろうか?



日本で例えると・・・神奈川の横浜や湘南はイメージが違うようなので、千葉や茨城の土浦あたりと同じイメージなのであろうか。


201902021611330c7.jpeg







そして生まれ育った最初の家をブルースの語りの通りにグーグルマップで検索してみると(もはやストーカーじゃん、俺)、確かにランドルフ・ストリートのすぐそばに小学校と教会があるじゃない!

IMG_0322.jpg










そして少し離れたところにあるTVで初めてエルヴィスを目撃したという2番目の家は…インスティテュート通り 39 1/2という住所。(だってブルースが前回のエピソードではっきり言ってる)



39-And-A-Half-Institute-Street-Freehold-New-Jersey-07.jpg



その家をグーグルマップのストリートビューで確認してみると、随分と綺麗な街並みじゃないか。

この家は実際にブルースが少年時代を過ごした家としてよく知られ、たくさんのファンが訪れているらしい。








これが少年時代のお父さんと妹と映っているブルースの写真。

IMG_0323.jpg




さて、それではこちらも期間限定公開で、エピソード2の映像です~



#525 My Hometown / Bruce Springsteen

俺は8歳、10セントを手に持ち
I was eight years old and running with a dime in my hand
親父の使いで新聞を買いに、バスストップヘ走った
Into the bus stop to pick up a paper for my old man
親父のひざの上に座り、デカくてボロのビュイックのハンドルを握り、町をよくドライブした
Id sit on his lap in that big old buick and steer as we drove through town
親父は俺の頭を手荒くなでながら言った「よく見ておくんだ
Hed tousle my hair and say son take a good look around
これがおまえのホームタウン だ」
This is your hometown
これがおまえのホームタウン
This is your hometown,
これがおまえのホームタウン
This is your hometown,
これがおまえのホームタウン
This is your hometown,

65年、俺の行ってた高校で、緊張が高まり
In `65 tension was running high at my high school
黒人と白人の間にケンカが絶えなかった
There was a lot of fights between the black and white
でもどうすることもできなかった
There was nothing you could do
ある土曜の晩、信号で二台の車が止まった。バックシートにはショットガン
Two cars at a light on a saturday night in the back seat there was a gun
言い争いの際中に、ショットガンが火を吹いた
Words were passed in a shotgun blast
苦しい時代がやってきた、俺のホームタウンに
Troubled times had come to my hometown
俺のホームタウンに
My hometown,
俺のホームタウンに
My hometown,

大通りの建物の窓には水しっくいが塗られ、店は閉じられ
Now main streets whitewashed windows and vacant stores
誰もいないし、もう誰もここへはやって米ない
Seems like there aint nobody wants to come down here no more
線路のむこうの織物工場も閉鎖される
Theyre closing down the textile mill across the railroad tracks
工場長が言う、この仕事はどこかへ行き、戻ってこない、
Foreman says these jobs are going boys and they aint coming back to
おまえたちのホームタウンには
Your hometown
おまえたちのホームタウン
Your hometown
おまえたちのホームタウン
Your hometown
おまえたちのホームタウン
Your hometown

昨夜、俺とケイトはベッド中で、この町を出て行く話をした
Last night me and kate we laid in bed talking about getting out
荷物をまとめて、南部へでも行こうか
Packing up our bags maybe heading south
俺は35歳で、息子がひとりいる
Im thirty-five we got a boy of our own now
昨夜、俺はハンドルのところに息子をすわらせて言った「よく見ておくんだ
Last night I sat him up behind the wheel and said son take a good look around

これがおまえのホームタウン
This is your hometown









comment(0)  trackback(0)

クラプトンも来日!!

2019.02.01

category : Eric Clapton


なんと、エド・シーラン、ジョン・メイヤーに続いてエリック・クラプトンまで4月来日とのニュース!!

まとめるとこんな感じ↓

4月9日  東京ドーム エド・シーラン
4月10日 武道館 ジョン・メイヤー
4月11日 武道館 ジョン・メイヤー
4月13日 武道館 エリック・クラプトン
4月15日 武道館 エリック・クラプトン
4月17日 武道館 エリック・クラプトン
4月18日 武道館 エリック・クラプトン
4月20日 武道館 エリック・クラプトン
4月23日 京セラドーム大阪 エド・シーラン




IMG_0304.jpg







しかし、クラプトンさん・・・よほど日本が好きなのか、しょっちゅう来てます


今度で22回目、特に日本武道館公演は外国人アーティストとしては最多公演回数91回公演なのだそうです。




しかし、しかし!!!!


この3人が同時期に日本にいるということは・・・


勝手ながら詳しく調べると、クラプトンは4月13日から20日までの公演の前後1週間以上は日本にいる。
ジョン・メイヤーは10日と11日の2日間だけど、次のアメリカ公演が5月末なので、公演後に日本に滞在の可能性はあるよね。
エド・シーランは4月9日からずっと日本にいる・・・と勝手に思っていました・・・が、残念ながら調べると13日からマレーシア・香港・韓国とまわって23日に日本に戻って大阪公演とのこと。でもマレーシア公演は13日なので、際どいけど、3人が同時にいる確率は高いのでは??


だって~

ジョン・メイヤーもエド・シーランもギターの神様エリック・クラプトンを崇拝しているのだから

実際に2016年のクラプトンの武道館公演にエドシーランが飛び入りで競演したので、一体誰のどの公演に誰が出る??

・・・なんて勝手に想像してます♪






さて、ギターの名手エリック・クラプトンですが、ソロを弾きまくる曲よりも地味なこんな曲が好きです。

これは1977年 発表の『スローハンド 』に収録されていますが、1978年 の『バックレス』あたりは最高ですね~


うなるようなギターを弾けるのに、あえて弾かない・・・この感じがたまらない。。



comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.