FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (5)

It's magic once in a while…

2019.03.30

category : Bryan Adams


いよいよ桜も満開へと花開く時期になり、新元号発表まであと2日。

つまり平成も残りわずかということか。


新元号発表後は印刷関係を始め、慌ただしくなると思われ、今から準備に忙しいことでしょう。

更には、その日が4月1日…エイプリルフール。


よって新元号にまつわるフェイクニュースが巷に溢れる予感~


ともわれ、目下春休み中の我が息子。

毎日、学童中心に遊びに励み中です。。


最近すっかり息子の体力がついてきたようで、、なぜか春休みになった途端、朝ランが始まりました。

朝もぱっと目覚めて着替え、「お父さん、行くよ!!」とやる気満々。

こちらはついて行くのがやっとなのですが、毎朝息子主導で2kmほど走っています。。


そして、空手。

審査の結果は合格💮!、5級になり紫帯になりました。

少しずつ成長し変化のある春…。



自分も息子にならい、成長しなければ。










さて本日動画のBGM曲は今月アタマに発売されたばかりのブライアン・アダムス3年半ぶり14枚目の新スタジオアルバム『シャイン・ア・ライト』の1曲、”Don't Look Back”です。

さすがのブライアン~♪

いい曲…いいメロディー~



ずっとツアーしているイメージだけど、やはりまた日本に来て欲しいし、来たら行きたいな♡


シャイン・ア・ライト
ブライアン・アダムス
ユニバーサル ミュージック (2019-03-01)
売り上げランキング: 1,163



アコギとエレキで弾きました。。




#561 Don't look back / Bryan Adams

子供の純粋な瞳を覗いてみなよ
Look into the eyes of a child
それは魔法だよ…時々ね
It's magic once in a while
君は何も言葉が出ず
You don't know what to say
すべてを投げ出そうとしてるけど
You throw it all away

もし夢を見つけたら、しっかりと掴むんだ
Hold onto your dreams if you find them
よく周りを見て
Take a look around
自分を見失っちゃっダメだ
Remember who you are
そんなに遠くを探さなくたっていい
You don't have to look that far

俺はハッピーエンドに見切りをつけたよ
I've given up on happy endings
それがずっと続くわけじゃないから
I know that it won't last

過去なんて振り返らないで
Don't look back
振り返らなくていい
Don't look back
過去なんて振り返らないで
Don't look back
振り返らなくていい
Don't look back

自分の心に手を伸ばせば、そこには驚きがあるよ
Reach into your soul, it’s amazing
両眼をしっかり開いて
Open up your eyes
新たな1日に顔を向け
And face another day
よりよい方法を見つけ出そう
And find a better way

気持ちをしっかり持っていれば、思いもよらず
Hang on to your heart, it's surprising
たやすく信じられるようになる
It's easy to believe
結局失ってしまっても
If you lose it in the end
きっとまた見つけられるさ
Find it on again

僕は悪夢を夢に変えているんだ
I’m turning nightmares into dreams
そしたら恐れはスッと消えていく
And fear is fading fast

過去なんて振り返らないで
Don't look back
振り返らなくていい
Don't look back
過去なんて振り返らないで
Don't look back
振り返らなくていい
Don't look back

自分を偽ってどうやって生きていける?
How can I go on pretending?
過去ばかりを見て…
Living in the past

過去なんて振り返らないで
Don't look back
振り返らなくていい
Don't look back
過去なんて振り返らないで
Don't look back
振り返らなくていい
Don't look back

自分を偽ってどうやって生きていけるの?
How can I go on pretending?
ハッピーエンドに見切りをつけて
Giving up on happy endings
たとえ心が打ち砕かれても
Even though your heart is breaking
愛がそこにあるよ、すぐ手の届くところに
Love is there, it's for the taking

自分を偽ってどうやって生きていけるの?
How can I go on pretending?
ハッピーエンドに見切りをつけて
Giving up on happy endings
たとえ心が打ち砕かれても
Even though your heart is breaking
愛がそこにあるよ、すぐ手の届くところに
Love is there, it's for the taking




スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

必ず行くからそこで待ってろよ…。

2019.03.24

category : 真島昌利


さて先日の3月21日春分の日、我が家でバーベキューをしました。

メンバーは息子の保育園時代の仲間。

天気予報では曇りと雨で春の嵐とのこと。延期した方が?…と言う話も出ましたが、「ダメ!てるてる坊主作るから!」と息子。

結果はなんと、風は強かったけど時より晴れ間も見えるほど・・・楽しみにしていた子供たちの願いが叶ったような1日になりました。


嬉しいことに、声を掛けたほぼ全員が参加してくれ、保育園の担任の先生まで合わせて総勢23人。

卒園後にやったBBQからほぼ1年後の再会となりました。


子供たちはだいたい保育園で0歳から6年と言う月日を共にしたメンバー。

1年ぶりの再会でも、すぐに昔のように大はしゃぎ・・・というか、小学生になりよりパワフルになっていました。

今後も毎年恒例行事になりそうです~









そして本日の曲ですが、動画のBGMは既に紹介済みなので、全然関係ない曲〜


ひょっとしたら近藤マッチのバージョンの方が知られてるかもですが、オリジナルの”マーシー”こと真島昌利の”アンダルシアに憧れて”です。


ドラマチックな歌詞は、まるでB級のギャング映画のよう。

ちなみに歌詞中のボルサリーノとはイタリアの帽子ブランド。こんなマフィアさん達がかぶっているやつ。

ECH21897049_1.jpg


そして、コルトは拳銃のことです。

250px-Colt_Python (1)





#560 アンダルシアに憧れて / 真島昌利

アンダルシアに憧れて バラをくわえて踊ってる
地下の酒場のカルメンと 今夜メトロでランデブー
ダークなスーツに着替えて ボルサリーノをイキにきめ
いかすクツをはいた時に電話がオレを呼び止めた
受話器の向こうがわでボス声をふるわせながらボス
ヤバイことになっちまった トニーの奴がしくじった
スタッガーリーは言うのさ 今夜港で決着を
立ち入り禁止の波止場の 第三倉庫に8時半

誰か彼女に伝えてくれよ
ホームのはじでまってるはずさ
ちょっと遅れるかもしれないけれど
必ず行くからそこで待ってろよ

がくぶちのウラの金庫にかくしたコルトをとりだす
オレの手がふるえてるのは 何もこわいわけじゃないさ
コルトはオレのパスポート 黒くてかたいパスポート
スタッガーリーの頭に こいつをぶち込んでやるさ
タクシーで港に着くと ボス達は青ざめていた
怪しい気配に気づくと オレ達は囲まれていた
暗闇からマシンガンがあざけるように 火を吹いた
ボルサリーノははじけ飛び コンクリートにキスをした

誰か彼女に伝えてくれよ
ホームのはじでまってるはずさ
ちょっと遅れるかもしれないけれど
必ず行くからそこで待ってろよ

激しい 痛みが体を電光石火につらぬき
はみだし者の赤い血がカラッポの世界を染める
うすれていく意識の中 オレはカルメンと踊った
アンダルシアの青い空 グラナダの詩が聞こえた

誰か彼女に伝えてくれよ
ホームのはじでまってるはずさ
ちょっと遅れるかもしれないけれど
必ず行くからそこで待ってろよ

必ず行くからそこで待ってろよ

comment(0)  trackback(0)

2019 春…晴れた空に種を蒔こう。

2019.03.19

category : 未分類


世の中は卒業シーズンですね。



ちょうど一年前の今頃…

息子の保育園の卒対委員の仕事と卒園式を無事に終え、ほっと一息ついていたのを思い出します。


古巣の保育園時代を忘れられず、新たな小学校という場所に馴染めないのでは?…なんていう不安も今となっては夢のよう。2年生に向かって日々成長し、小学校生活を満喫している息子の姿に頼もしさすら感じるこの頃です。

明日の21日、春分の日に久しぶりに保育園時代の仲間と先生を我が家に呼び、BBQの予定です。

1年ぶりに会う子供たちの成長を見るのが、今からみんな楽しみ。

天気がちょっと心配だけど、てるてる坊主パワーでなんとか雨に降られないように祈るばかり。




さて、こちらの動画は最近の息子の様子、日曜日は年2回ある空手の昇級審査があったので、ちょっと長いですが。。


種を蒔き、せっせと水をあげ、春がきて徐々に芽が出てきた…

そんな成長を感じる感動作?です。








さて本日紹介するこの曲は〈NHK〉2020応援ソング プロジェクト」による応援ソングで”パプリカ”という曲です。

息子の授業参観で子供たちが歌ってくれた曲なのですが、広く知られているのでしょうか?

作詞・作曲米津玄師とのこと…

まあ、よく分からないけど、振り付けで踊っていた子供たちがやたらにカワイかったです(ウチの息子は仁王立ちでまったく踊ってなかったけど)






#559 パプリカ / Foorin

曲りくねり はしゃいだ道
青葉の森で駆け回る
遊び回り 日差しの街
誰かが呼んでいる

夏が来る 影が立つ あなたに会いたい
見つけたのはいちばん星
明日も晴れるかな

パプリカ 花が咲いたら
晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら
心遊ばせあなたにとどけ

雨に燻り 月は陰り
木陰で泣いていたのは誰
一人一人 慰めるように
誰かが読んでいる

喜びを数えたら あなたでいっぱい
帰り道を照らしたのは
思い出のかげぼうし

パプリカ 花が咲いたら
晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら
心遊ばせあなたにとどけ

会いに行くよ 並木を抜けて
歌を歌って
手にはいっぱいの 花を抱えて
らるらりら
会いに行くよ 並木を抜けて
歌を歌って
手にはいっぱいの 花を抱えて
らるらりら

パプリカ 花が咲いたら
晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら
心遊ばせあなたにとどけ
かかと弾ませこの指とまれ




comment(0)  trackback(0)

SPRINGSTEEN ON BROADWAY 6 ― 西へ―

2019.03.16

category : Bruce Springsteen


さて、今回で6回目の"Springsteen On Broadway"。


一番のお気に入り、20歳になったブルースとバンド仲間で3000マイル離れた西海岸のサンフランシスコへ、チャンスを求めて旅立つエピソードです。



まさに"Coast to Coast"、東海岸から西海岸までのアメリカ大陸横断の旅。

スクリーンショット 2019-03-15


3日間でアメリカ横断という、言ってみれば無謀な旅…。

このような無茶は若いときにしかできないよね。


スケールはずいぶんコンパクトですが、自分もバイクで日本の北から南までの旅を若いときに経験している。

そして今になり思う。本当にあのときに行ってよかったと…。


そして旅には当然トラブルがつきものですが、トラブルが起きた方が圧倒的に後々の思い出になります。

ブルースも、そんなトラブルを面白おかしく語っています。


4c5a861754c1c3e8225f89d11ad9777f.jpg



どこまでも続く一直線のハイウェイに広い空。


そんな美しく雄大な景色を身体で感じ、自分の目で見たという経験は何ものにも代えがたい宝ものだろう…。


5f979f2e03b9cd14745ea45c3c089ab7.jpg











#542 The Promised Land / Bruce Springsteen

ユタの砂漠のガラガラヘビが出るサーキットで 
On a rattlesnake speedway in the Utah desert 
俺は賞金を手にして、町へと戻って行く 
I pick up my money and head back into town 
ウェインズボロの郡境を車で越え 
Driving cross the Waynesboro county line 
俺はラジオをつけ、ただ時間をつぶしてる 
I got the radio on and I'm just killing time 
昼間は親父の修理工場で働き 
Working all day in my daddy's garage 
夜は幻影を追い求め一晩中車を転がす 
Driving all night chasing some mirage 
もう間もなくさ、ダーリン 俺はこんな生活から抜け出してやる 
Pretty soon, little girl, I'm gonna take charge 

メイン・ストリートの犬達が遠吠えしている 奴等には分かってるんだ 
The dogs on Main Street howl 'Cause they understand 
ほんの一瞬だけでもこの手につかむことができるなら 
If I could take one moment into my hands 
ミスター 俺はもうガキじゃない、俺は一人前なんだ 
Mister, I ain't a boy, no I'm a man 
そして俺は“約束の地”があると信じている
I believe there's a promised land

俺は真っ当に生きようと精一杯がんばってきた 
I've done my best to live the right way 
毎朝きっちり起きて、仕事に出かける 
I get up every morning and go to work each day 
けどいつの間にか周りが見えなくなり、血が冷めてゆく 
But your eyes go blind and your blood runs cold 
時々俺はくじけそうになり…
Sometimes I feel so weak
くじけそうになり、爆発したくなっちまう
so weak I just want to explode 
爆破して引き裂きたくなるんだ、この街ごと全部 
Explode and tear this whole town apart 
ナイフを手に取り、心臓からこの苦痛を切り取ってしまいたい 
Take a knife and cut this pain from my heart 
何かをおっ始めたくてウズウズしてる誰かに出会いたいんだ 
Find somebody itching for something to start 

メイン・ストリートの犬達が遠吠えしている 奴等には分かってるんだ 
The dogs on Main Street howl 'Cause they understand 
ほんの一瞬だけでもこの手につかむことができるなら 
If I could take one moment into my hands 
ミスター 俺はもうガキじゃない、俺は一人前なんだ 
Mister, I ain't a boy, no I'm a man 
そして俺は“約束の地”があると信じている
I believe there's a promised land

砂漠の地表から黒い雲が巻き上がっている 
There's a dark cloud rising from the desert floor 
俺は荷物をまとめ、嵐のど真ん中へと突っ込んでいく 
I packed my bags and I'm heading straight into the storm 
竜巻となり、何もかも吹き飛ばしてやる 
Gonna be a twister to blow everything down 
しっかりと地に足がついていなく信念を持ってない奴らを 
That ain't got the faith to stand its ground 
吹き飛ばすんだ お前を苦しめる悪い夢を 
Blow away the dreams that tear you apart 
吹き飛ばすんだ お前の心を引き裂いてしまう悪い夢を 
Blow away the dreams that break your heart 
吹き飛ばすんだ お前に空しさと絶望感しかもたらさない嘘を 
Blow away the lies that leave you nothing
but lost and brokenhearted 

メイン・ストリートの犬達が遠吠えしている 奴等には分かってるんだ 
The dogs on Main Street howl 'Cause they understand 
ほんの一瞬だけでもこの手につかむことができるなら 
If I could take one moment into my hands 
ミスター 俺はもうガキじゃない、俺は一人前なんだ 
Mister, I ain't a boy, no I'm a man 
そして俺は“約束の地”があると信じている
I believe there's a promised land
そして俺は“約束の地”があると信じている
I believe there's a promised land 
そして俺は“約束の地”があると信じている… 
I believe there's a promised land 




comment(0)  trackback(0)

2019 梅満開☆

2019.03.12

category : Chris Stapleton


しばらくの間、肌寒い日と暖かい日を繰り返しながら、ようやく春らしくなってきました。


今年も無事に我が家の梅が咲き、今現在はもう徐々に散っています。

今年の開花は2月10日くらい。

そして満開になったのは3月5日くらいかな。



梅の花の甘い香りに誘われて、たくさんの鳥たちがやってきます。

3年前に作ったシジュウカラの巣箱が古くなったので、新しく作り直しました。

そんな動画です。↓
















さて、本日の1曲は動画のBGMではなく、激シブのカントリー・ソングです!

こちらもたまたまYou Tubeで知ったのですが、”クリス・ステイプルトン”というアーティスト。


なんと37歳でソロ・デビューを果たした実力派カントリー・シンガーです。

シェリル・クロウのアルバム『Feels Like Home』収録曲、”Homesick”はこのクリス・ステイプルトンと共作とのこと。




グラミー賞ベストカントリーアルバムに選ばれた『Traveller』の中から” Tennessee Whiskey ”という曲をどうぞ。




#558 Tennessee Whiskey / Chris Stapleton

夜のバーが俺の居場所だった
Used to spend my nights out in a barroom
酒こそが俺が愛する唯一のものだと思ってた
Liquor was the only love I'd known
でもお前が助けてくれたんだ どん底にいる俺を
But you rescued me from reachin' for the bottom
そして俺を連れ戻してくれた 手遅れになる前に
And brought me back from being too far gone

お前はテネシーウィスキーのようになめらかで
You're as smooth as Tennessee whiskey
ストロベリーワインのように甘い
You're as sweet as strawberry wine
グラス1杯のブランデーのように心が温かく
You're as warm as a glass of brandy
ハニー、俺はお前の愛に酔いしれてるんだ いつだって…
And honey, I stay stoned on your love all the time

俺は相変わらずの古ぼけた場所で愛を探してた
I've looked for love in all the same old places
いつもボトルの底は乾ききってるのを知りながら
Found the bottom of a bottle always dry
でもお前がその心を注いでくれた瞬間を俺は逃さなかった
But when you poured out your heart I didn't waste it
お前の愛ほど俺をハイにさせてくれるものは他にないから
'Cause there's nothing like your love to get me high

お前はテネシーウィスキーのようになめらかで
You're as smooth as Tennessee whiskey
ストロベリーワインのように甘い
You're as sweet as strawberry wine
グラス1杯のブランデーのように心が温かく
You're as warm as a glass of brandy
ハニー、俺はお前の愛に酔いしれてるんだ いつだって…
And honey, I stay stoned on your love all the time

お前はテネシーウィスキーのようになめらかで
You're as smooth as Tennessee whiskey
ストロベリーワインのように甘い
You're as sweet as strawberry wine
グラス1杯のブランデーのように心が温かく
You're as warm as a glass of brandy
ハニー、俺はお前の愛に酔いしれてるんだ いつだって…
And honey, I stay stoned on your love all the time

お前はテネシーウィスキーのようになめらかさ
You're as smooth as Tennessee whiskey
テネシーウィスキーのように
Tennessee whiskey
テネシーウィスキーのように…
Tennessee whiskey
お前はテネシーウィスキーのようになめらかさ
You're as smooth as Tennessee whiskey
テネシーウィスキーのように
Tennessee whiskey
まるでテネシーウィスキーのように…
Tennessee whiskey





あまりにいい雰囲気だったので、弾いてみた~






comment(0)  trackback(0)

SPRINGSTEEN ON BROADWAY 5 ― 19歳 旅立ち ―

2019.03.07

category : Bruce Springsteen


さて、1エピソードづつ紹介している"Springsteen On Broadway"も今回で5回目。

ブルースは19歳の青年となり、いよいよ生まれ育った町を旅立つエピソードです。


ただせっかくなのでその前に、少年期~青年期のところを自伝から抜粋し紹介したいと思います。

1959年、ブルース少年は10歳になり、冷蔵庫の上の小型ラジオから流れるトップ40の音楽を浴びるように聴き、体に染み込ませていった。

その当時ブルースが聞いていたと自伝にあった曲の再生リストをYou Tubeで作ってみた。どんな感じでラジオにかぶりついていたのだろう・・・雰囲気だけでも感じたいじゃない♪












そしてときは1964年・・・ブルース少年は14歳。

8歳のときにエルヴィスを電波にのせ衝撃を与えたあのTV番組『エド・サリバン・ショー』がまたしても、新たな革命を起こした。


”レディーズ・アンド・ジェントルメン!・・・ザ・ビートルズ!!”

そう、ついにイギリスから海を渡ってビートルズがやって来たのだ!!




”ビートルズ”を耳にしたその瞬間、ブルース少年の全身に一万ボルトの電撃が走り、一瞬で虜となったという。


自伝にこうある。

”発売されるすべてのビートルズのレコードのために生き、雑誌売り場をあさり、見たことのない写真が載っている雑誌はすべて手に入れ、それが・・・それが自分だと夢想した。

そしてまもなくわかった。

俺はビートルズに会いたいんじゃない・・・ビートルズになりたいんだ!”




ちなみに…ブルースがTVで『エドサリバン・ショー』の”ビートルズ”を見て衝撃を受けたのが、14歳。

奇しくも、自分がTVで見ていた『ベストヒットUSA』と言う番組で、初めて”ブルース・スプリングスティーン”を見たのも、同じ14歳。

14歳…その多感な時期に、それこそ全身に雷が落ちたような衝撃で、ブラウン管の中でシャウトする”ブルース・スプリンスグティーン”を食い入るように見たあの瞬間を、今でもはっきりと覚えている。



さて、ブルース少年に、一度諦めていたギターに再挑戦するときがついにくる。

叔母の家の庭の芝刈りと向かいの家のペンキ塗りのバイトで稼いだ金で、中古のアコースティック・ギターを手に入れる。今度はレンタルではなく、正真正銘自分のギターだ。
そして教本を見ながらいくつかのコードをマスターし、最初のロックンロール曲”Twist & Shout”を弾けるようになる。


やがて指先が硬くなりある程度弾けるようになった5か月後、次のステップはエレキ・ギターに移るとき。

店で一番安い日本製の”ケント”というエレキギターだが、値段は69ドル。持っていたビリアード台を35ドルで売り、残りは母親に出してもらい何とか手に入れた。ブルースの母は金融会社から35ドルを借金して工面してくれたとのこと。

このことは既に記事にしましたが、母への感謝を込めた"The Wish"という曲で”クリスマス・ツリーの下には新しい日本製のギター ”と歌になっています。


↓ケントのギターを手に若きブルース少年の写真

a-bruce1.jpg



そして高校生となったブルースは”ザ・キャスティールズ”というバンドを結成する。

maxresdefault.jpg


地元の住民向けの夏の午後のバーベキュー親睦会で、初めてのギグ。

見事にトレーラーパークは熱狂に包まれ、大成功に終わる。

未熟で、初歩的で、局地的なものではあっても、たしかに”魔法”をかけることができたのだ。

”Twist & Shout”を熱唱して…。




このときにいったい誰が予想できただろうか。

永遠の憧れだった"ザ・ビートルズ"のポール・マッカートニーと”Twist & Shout”を同じステージでプレイする日が来ることを…。







その後、バイク事故を起こし救急車で運ばれたり(まるで誰かと同じ♪)、高校の卒業式をすっぽかし、一人バスに乗ってニューヨークの街をさまよったり、家に電話がないため、毎晩のように新聞売店の前にある電話ボックスで何時間も思いを寄せる相手に愛の言葉をささやいたり…。

バンド活動のかたわらで、そんな青春時代を過ごしながら、家族の勧めで大学に通っていたブルース。


そんなブルースが19歳になり、大学を中退し、西海岸へ引っ越す家族と離れ、音楽の道でやって行くという夢を叶えるために、いよいよ育った町から旅立つ…


そんな若き日の青春時代を懐かしく思い出しながら語っています。


”そして俺は勝利を求めてこの街を出てゆく…”
という歌詞で終わる、曲はもちろん”涙のサンダーロード”。



語りから曲に入るその瞬間が、とてつもなくかっこいい。。





#557 Thunder Road / Bruce Springsteen

網戸が風でばたつき
The screen door slams
マリーのドレスがゆれる
Mary's dress waves
ラジオが流れると彼女は幻のようにポーチで踊る
Like a vision she dances across the porch As the radio plays
ロイ・オービソンが孤独な人のために歌ってるよ
Roy Orbison singing for the lonely
ヘイ、それは俺のことさ。そして俺が欲しいのはお前だけ
Hey that's me and I want you only
だから俺を家に帰さないでくれ
Don't turn me home again
また一人孤独なんて俺はもう耐えられないよ
I just can't face myself alone again
家の中へ戻らないでくれよ
Don't run back inside
ダーリン、俺がここにいる理由は分かってるだろ
darling you know just what I'm here for
お前は臆病になって、もうそんなに若くはないからなんて考えてるかもしれないけど
So you're scared and you're thinking That maybe we ain't that young anymore
ほんの少しだけ俺を信じてくれ、夜の魔法が起こるから
Show a little faith, there's magic in the night
お前は美人じゃない けど最高に素敵だよ…
You ain't a beauty, but hey you're alright
うん、俺にはもったいないくらいさ。
Oh and that's alright with me
お前は自分の殻に閉じこもって、過去の傷にとらわれることだってできる
You can hide 'neath your covers and study your pain
昔の恋人たちの十字架をつくり、雨の中で薔薇を投げることだってできる
Make crosses from your lovers Throw roses in the rain
むなしく祈りながら夏を無駄にしてしまうつもりなのか
Waste your summer praying in vain
このストリートから救い出してくれる誰かを待つだけで
For a savior to rise from these streets
俺はもうヒーローなんかじゃない、それは承知してる
Well now I'm no hero That's understood
俺が果たせる約束は全部この汚れたボンネットの真下にあるんだ
All the redemption I can offer, girl Is beneath this dirty hood
なんとかうまくやれるかもしれないチャンスと一緒にね
With a chance to make it good somehow
他に俺たちにできることなんてあるかい?
Hey what else can we do now
窓を全開にしてぶっ飛ばし、お前の髪をなびかせること以外に
Except roll down the window And let the wind blow back your hair
夜が口を開け、この2車線の道が俺たちをどこへでも連れて行ってくれるさ
Well the night's busting open These two lanes will take us anywhere
俺たちは最後のチャンスを手にしたんだ
We got one last chance to make it real
このタイヤを翼に取り換えるチャンスを
To trade in these wings on some wheels
うしろに乗り込みな!
Climb in back
天国がこの道の先に待っているんだから
Heaven's waiting DOWN ON the tracks
さあ、俺の手をとりなよ
Oh oh come take my hand
今夜走り出す 約束の地を求めて
Riding out tonight to case the promised land
オー、雷鳴の轟く道よ
Oh oh Thunder Road, oh Thunder Road
オー、サンダー・ロード
oh Thunder Road
太陽の殺人者みたいにそこに横になり
Lying out there like a killer in the sun
遅れをとってるのは分かってる、けどまだ走ればきっと間に合うさ
Hey I know it's late we can make it if we run
オー、サンダー・ロード さあ、席についてしっかりつかまれ
Oh Thunder Road, sit tight take hold
サンダー・ロード…
Thunder Road
俺はこのギターってヤツを手に入れて
Well I got this guitar
世の中に思いをぶつける術を得た
And I learned how to make it talk
そして俺の愛車は裏庭に停めてにあるけど
And my car's out back
もしお前が俺と一緒に長い旅に出かける準備ができているなら
If you're ready to take that long walk
お前の家のポーチから俺の隣のシートへ
From your front porch to my front seat
ドアは開けてある、でもタダじゃ乗れないぜ
The door's open but the ride it ain't free
お前が孤独なのは分かってる 俺が口にしていない言葉のせいで
And I know you're lonely For words that I ain't spoken
でも今夜俺たちは自由で
But tonight we'll be free
すべての約束は破られるだろう…
All the promises'll be broken
お前が追い払った過去の男たちのゴーストが
There were ghosts in the eyes Of all the boys you sent away
焼け焦げてフレームだけの廃車になったシボレーの中で
They haunt this dusty beach road In the skeleton frames of burned out Chevrolets
やつらは夜道でお前の名前を呼び
They scream your name at night in the street
お前の卒業式のガウンはやつらの足元でボロボロになっている
Your graduation gown lies in rags at their feet
夜明け前の孤独な冷気の中で
And in the lonely cool before dawn
やつらのエンジンのうなり声をお前は聞くだろう
You hear their engines roaring on
でもお前の家のポーチまで戻ってくれば、やつらは風に消えていなくなる
But when you get to the porch they're gone On the wind,
だからメアリー、乗れよ。
so Mary climb in
そこは負け犬たちの町
It's a town full of losers
そして俺は勝利を求めてここを出てゆくんだ…
And I'm pulling out of here to win




comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.