FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

HBD!!!

2019.06.29

category : Jason Mraz



2019062815522922f.jpeg









愛溢れる映像と歌を贈ります。。



Love is Still The Answer from bobbyjean19710102 on Vimeo.



#578 Love is Still The Answer / Jason Mraz

聞きたいのはなぜ…
The question is why,
なぜ僕らはここにいるのかってこと。
why are we here?
「こんにちは」と「さよなら」を言った後姿を消すため?
To say our hellos and goodbyes, then disappear
この美しい人生…
This beautiful life,
いったい何のためにあるの?
what is it for?
平和を身に付ける方法を学ぶのか
To learn how to master peace
それとも戦争で支配する方法か
or master war?

この問題に対する答えは一つだけさ
There's only one answer that matters
たとえ君の心が粉々になったとしても
Even if your heart has been shattered
君が何を望んでも
Whatever you want,
君が何を欲しがったとしても
whatever you are after
それでも愛が答えなんだよ
Love is still the answer
愛がその答えなんだ
Love is still the answer

Love, love, love, love
Love, love, love, love

誰だって間違えを犯すときはある
We all make mistakes,
そう、完璧な人なんていないさ
no, we're not perfect yet
きっと神さまは間違って僕らを作り出したのかもね
Maybe God made us all from an accident
そして誰が口をつぐんでいる問題
And the question that sits on everyone's lips
僕らはどうしてくじけずに立ち上がり、また最初からやり直すのだろう?
Is why should we pick ourselves up and start over again?

この問題に対する答えは一つだけさ
There's only one answer that matters
たとえ君の心が粉々になったとしても
Even if your heart has been shattered
君が何を望んでも
Whatever you want,
君が何を欲しがったとしても
whatever you are after
それでも愛が答えなんだよ
Love is still the answer
愛がその答えなんだ
Love is still the answer

Love, love, love, love
Love, love, love, love

1日の終わりに僕が聞きたいのは
The question I'll ask at the end of my days
僕は何を与えて
Is what did I give
何を受け取ったのだろう?
and what will I take?

この問題に対する答えは一つだけさ
There's only one answer that matters
たとえ君の心が粉々になったとしても
Even if your heart has been shattered
君が何を望んでも
Whatever you want,
君が何を欲しがったとしても
whatever you are after
それでも愛が答えなんだよ
Love is still the answer
愛がその答えなんだ
Love is still the answer
愛がその答えなんだ
Love is still the answer

Love, love, love, love
Love, love, love, love

やっぱり愛がその答えさ…
Love is still the answer
スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

一日中、ヒッチハイクさ。

2019.06.27

category : Bruce Springsteen


SICP-6183.jpg


さて、ブルース・スプリンスグティーン19作目の新作『ウエスタン・スターズ』発売から2週間ほど経ちましたが、全英アルバム・チャート初登場1位を獲得…というニュースがさっそく入りました。

一方、米ビルボード・アルバム・チャートでは同日発売のマドンナの新作『マダムX』が全米首位、『ウエスタン・スターズ』は2位とのこと。

むう、マドンナめ。まだいたのか…。(お互い様ですが)


まあ、とにかく各評論家たちがこぞって絶賛しており、ボスのアルバムの中で過去最高作品の1つ・・・などと評しているじゃない。


ところが、実際に聴いてみてのワタクシの感想はというと、正直言って・・・んん??っという感じ。

ストリングスを多用してドラマチックにシネマチックなサウンド・・・とか言われてもコード進行というか、一番大事な曲のメロディ自体がんん??っという感じ。


そりゃそうだ、コレがボスなんだから。

今までだって一度たりとも、第一印象の最初からイイと思ったことなどないことを思い出した!

・・・そうだ、そうだそうだった。。


思い切り期待し過ぎたけど、これからじっくりと聞きこんでよくなるんだった。


実際に10日間毎日聞き続けてだんだんよくなってきましたよ~♪(そこまで難しいのか?って声が聞こえてきそうですが)


とくにこのblogのために、歌詞を訳して字幕動画にすると、俄然良さが分かってきます。。




そこで本日の1曲は、アルバム『ウエスタン・スターズ』の1曲目を飾る”Hitch Hikin' ”です。

ボスも若い頃は運転免許がなくお金もなかったので、実際によくヒッチハイクをしたそうです。

時代が変わったので最近はアメリカでもあまりヒッチハイカーを見ないとのこと。

ましてやこの日本でヒッチハイクをする人なんていないよなー。


…と思ったら、思い出した出来事が2つほどあるのでここに書くことにします。



たぶん20歳頃のことだから、いまから30年ほど前のこと。

当時いくつかのバイトを掛け持ちでやっていたが、アイスクリーム屋のバイトの後はそのまま相棒と夜中まで遊ぶコースが日常だった。
アイスクリーム屋の相棒は、Mという俺と唯一音楽の趣味が合う男。一度だけミニライブを一緒にやったあのMだ。

ギターは俺の遥か先をいっていたMだが、車の運転はアイス屋のバイトきっかけで免許をとったので、彼のほうがその点は遅れていた。

ようやく免許をとって白のポンコツ・カローラを手に入れたMは車を運転したくて仕方がない。

それで、バイトが終わった夜10時頃からよく二人で当てもなくドライブにでかけた…カーステでお気に入りのカセットテープをかけながら。

さすがにその頃のカーステはCDだったはずだが、そのオンボロカローラにはカセットしかついておらず、Mはそのカセットデッキにカセットをガシャ!っと入れ込む動作を随分気に入っていたのを覚えている。たぶん古い映画で見た場面のマネかなんかのつもりだったのだろう。

とにかくよく二人でドライブにでかけた。

たしかエアコンもなかったので、いつも窓全開で夜の道を走った。

そして人気のないところで車をとめ、二人でギターを弾き歌ったりもした。


もしも今、俺かMのどちらかがビッグなミュージシャンになっていたら、その原点…完璧な若き青春の1ページだが、もちろんどちらもなっていないので、ただの思い出…というか、よくいる時間をもてあましている若者といったところだ。




そんな俺たちはある日、浦所バイパスを走り、秋ヶ瀬公園へ車を走らせた。

秋ヶ瀬公園は荒川の河川敷だ。


その土手でMはオンボロカローラを走らせだのだ。

土手なので斜めの勾配があるのだが、そんな無茶なところを4WDでもなんでもないオンボロのカローラの車体を傾けながら行ったり来たり、登ったり下りたり。

無茶が大好きな若者(バカ者)だからしょうがない。


そして案の定、溝か何かにスタックし、タイヤだけが空回り・・・二度と脱出できなくなったのだ。


ナナメになったままのオンボロカローラの車内で呆然とする俺とM。


このような状況になると、通常はロードサービスを呼んで助けてもらうのだろうが、俺たちは決してそれをしない。

だって救出してもらったあとの法外な請求額を俺たちに払えるとはとても思えないじゃない!


だからこういった危機はいつだって必ず自力で回避してきた。

例えば今回の場合はもう1台自分たちの車をここまで持ち込み、引き上げなくては・・・という発想になる。


しかし秋ヶ瀬公園は俺の家から20km…車で1時間弱のところ。

さて、どうする?


そう、まさにその通り~。


この場面でヒッチハイク…ということになるのだ。

あんまり覚えてないのだが、最初はとにかく歩いた。

真夜中に浦所バイパスをひたすら歩いたのを覚えている。


だって夜中の浦所バイパスなんて猛スピードの車やトラックしかいないもの。

そして空がうっすら明るくなってくると徐々に車の量が増え、ヒッチハイク・・・というか、信号待ちでとまった車を呼び止め「乗せてもらえませんか?」と声をかけるだけ。

しかし・・・結果はほとんどアウト。

そりゃそうだ、明け方に疲労困憊姿の汚れた得体の知れない男二人を誰が乗せてくれるというのだろう。

浦所バイパスなので、確実に所沢方面に行くというのに、みんな気味悪がって誰一人助けてくれる人などいない。

通勤途中の忙しいときに、そんなバカたちをかまってくれる人などいないのだ。


それでも散々断られながら、最終的に親切な1台に乗せてもらったような気がします。(なぜだか、そこの記憶があまりない)

若い営業マン風の男性か、はたまたおばさんだったような・・・。


とにかくこの日本で見知らぬ人の車に乗せてもらうことの大変さを痛感したのだった。





そしてもう1つの出来事はそれから数年たったあとの事。


今度は逆にヒッチハイカーを乗せてあげた話です。

確か保養所のバイト(いわゆる旅館バイトみたいに食事の準備をしたり、部屋の掃除をしたり)のために、一人で長野に行ったときだったと思う。


これも偶然だが浦所バイパスを走っていた。そこから関越にのり高速で長野へ・・・というところ、関越所沢ICの手前の路上に、段ボールを手にした外国人の女性が立っていたのが見えた。

段ボールに何と書いてあったかは一瞬で通り過ぎてしまったので分からなかったが、おそらく行先が書いてあったのだろう。

明らかに、ヒッチハイカーと分かった。


そして所沢IC入口の手前で立っているということは、そこからどこかへ乗せて欲しい…ということも想像できた。

一瞬で通り過ぎてしまった俺は、こう考えた。



海外では珍しくないヒッチハイクという文化・・・しかしこの日本ではかなり難しいことを知っている俺。

幸いこの車には同乗者がいないので、スペースは十分ある。


どうせ一人ドライブだし、俺が乗せなきゃいったい誰が乗せる???



・・・そして俺はUターンをし、ヒッチハイカーが立っている前で車をとめた。

本当は心臓がバクバクだった。

かなり勇気と気合が必要だったが、ときどき変な肝が座るときがあるのだ。


さらに女性1人…と思っていたらもう1人男がいたのには意表を突かれたが、この男女2人組を乗せて車を走らせた。

人生2度目のヒッチハイク体験。


女性が助手席に乗り、男性が後ろに座った。

もし突然後ろから男にナイフでも出されたら、ヤバいな…とは思ったが、二人とも日本好きの善良なバックパッカーで助かった。

覚えていないけど、二人はヨーロッパの出身と言っていた気がする。


でも男性と女性の出身国が違ったので、カップルだかたまたま旅を一緒にしているのか・・・それすら不明だったが、確か段ボールに”NIIGATA”と書いてあり、長岡の花火を見に行きたいと言っていた記憶があります。

こちらは長野なので、途中の藤岡SAまで1時間ほどのドライブ、なにせこちらの英語力が乏しいのと当時はまったくコミュニケーション力がなかったので何を話していいのやら・・・さっぱり盛り上がらない車内でした。


それでも目的地まで近付くことができた二人は感謝の言葉を言って、藤岡SAで降りて行きました。

サービスエリアにはたくさんの乗用車やトラックがいたが、はたして彼らは次の車を見つけて長岡の花火を見ることができたのだろうか。



ヒッチハイクという言葉で思い出した、少しだけ旅と心の冒険をした若いころのエピソードでした~


by-hitch-hiking-2842972_1280-e1555075366831-730x410.jpg







#577 Hitch Hikin' / Bruce Springsteen

行く先々で親指を突き上げ
Thumb stuck out as I go
俺はこの道を旅しているのさ
I'm just travelin' up the road
地図はあんまり役に立たないさ、友よ
Maps don't do much for me, friend
天気と風に従って進むのさ
I follow the weather and the wind

一日中、ヒッチハイクをしてるんだ
I'm hitch hikin' all day long
持てるだけの荷物と歌だけを携え
Got what I can carry and my song
俺は転がり続けるローリング・ストーン
I'm a rolling stone just rolling on
俺を乗せるなら今、だって明日はもういないから
Catch me now 'cause tomorrow I'll be gone

乗せてくれたのは家庭的な男
Family man gives me a ride
助手席にはサリーという妊婦の奥さん
Got his pregnant Sally at his side
子供は授かり物…ホントにそうですね
Yes indeed, sir, children are a gift
乗せてくれてありがとう
Thank you kindly for the lift
一日中、ヒッチハイクさ
I'm hitch hikin' all day long

トラック運転手がギアを落とし近づいて言う
Trucker gears his engine down
「さあ、上がって来て乗り込みな 高速を飛ばすぞ!」
Says, "Climb on up, son, I'm highway bound"
ダッシュボードには美女の写真
Dashboard picture of a pretty girl
俺は今走っている 最高の気分で
I'm ridin' high on top of the world
一日中、ヒッチハイクさ
I'm hitch hikin' all day long

パワーアップした72年製に乗ったカーマニア
Gearhead in a souped-up '72
若造に性能を見せてやろうとぶっ飛ばす
Wants to show a kid just what this thing'll do
電柱や木々がビュンビュン流れていく
Telephone poles and trees go whizzin' by
サンキュー、兄弟 確かにスゴいよ
Thank you pal, she sure can fly
一日中、ヒッチハイクをしてるんだ
I'm hitch hikin' all day long
一日中、ヒッチハイクさ
I'm hitch hikin' all day long
一日中、ヒッチハイクをしてるんだ
I'm hitch hikin' all day long

comment(0)  trackback(0)

梅の最終収穫☆

2019.06.22

category : Sheryl Crow


16日の日曜日に最終的な梅の収穫をしました。

今年は当たり年なのか、いろいろな果物が大豊作。

特に梅はやたらに採れましたね。。

例年よりも風で落ちることが少なかったせいか、お店で売っているのよりも大きく立派な梅が200kgくらいは収穫できたんじゃないかな。

とにかく捌ききれないので、それこそ庭の前を通りかかった見知らぬ人にも声をかけて、もらって頂きました


今回の収穫祭はいつも以上にゲストがバラバラ。

息子の保育園時代の担任ツバサ先生を筆頭に、お互い無関係なメンバーが集まりみんなで梅を収穫…そしてBBQへ。

息子の友達が呼んでもいないのに乱入したり、それは賑やかな1日でした。


子供たちはツリーハウスと焚火にテンション上がりまくりでしたが、今回は特に珍しいゲスト・・・リコーダーを何十年も吹いてるという嫁のいとこがリコーダー持参で参加!

ツリーハウスから贅沢な生演奏をしてくれました~♪









さてこちらも新作の話題。

シェリル・クロウが2017年の『Be Myself』以来通算11作目ニューアルバム『Threads』を8月30日に発売とのこと。

今回は全曲有名アーティストとのコラボがテーマらしく、錚々たるメンバーが名を連ねています。

ボニー・レイット(Bonnie Raitt)、メイヴィス・ステイプルズ(Mavis Staples)スティーヴィー・ニックス(Stevie Nicks)、キース・リチャーズ(Keith Richards)、エリック・クラプトン(Eric Clapton)、スティング(Sting)、ジェイムス・テイラー(James Taylor)、セイント・ヴィンセント(St. Vincent)、ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)、チャックD(Chuck D)、アンドラ・デイ(Andra Day)、ゲイリー・クラーク・Jr(Gary Clark Jr.)、エミルー・ハリス(Emmylou Harris)、ヴィンス・ギル(Vince Gill)、ブランディ・カーライル(Brandi Carlile)らとのコラボレーションをフィーチャーしています。

threads_crow480.jpg



アルバムからすでに数曲公開されていて、先日イーグルス(Eagles)のジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)をフィーチャーした新曲「Still The Good Old Days」のミュージックビデオが公開されました。

イントロのギター・リフからシビれちゃいますね~

ゴキゲンなロックサウンド、いいね~




#576 Still The Good Old Days / Sheryl Crow

私は好きよ、あなたがラジオをかけて
I like it when you turn the radio on
お気に入りの曲が流れると今でもノリノリになるところ
You still get worked up to your favorite song
歌詞を間違って歌っていても
Even when you sing the wrong words
しかも大声でね
At the top of your lungs
私は好きよ、あなたが気づかないふりをするのを
I like the way you're able to ignore
もう何回も同じジョークを話しちゃって
You've told the same joke ten times before
オチを言う前に
Before you say the punchline
全部説明されちゃうの
You're laid out on the floor
期待通りのあなた
One thing I can count on
飽きることがないわ
I never get bored

あなたがクレイジーなのかも
Well you might be crazy
私がのんき過ぎるのかも
I might be lazy
でもその感じが好きよ
But I like it that way
とても楽しい日々だと思うの
I think it's high time
いいワインを準備して
We break out the good wine
グラスを上げて言うのよ
Raise a glass and say
いまだに古き良き時代に乾杯
These still are the good old days

俺は好きだよ、君が懸命に思い出そうとするところが
Well, I like the way that you try to explain
その男が誰で何て名前だか出てこない
You don't know who it is or what is his name
でもその男はあの映画に出てたとか
But he was in that movie
あの芝居の人だとか
The one about The Show
そしてキレ出すんだ
Then you get mad 'cause
俺なら答えを知ってるはずって…
I'm supposed to know, oh

俺はクレイジーかもしれない
'Cause I might be crazy
そして君がのんきなのかも
And you might be lazy
それで問題なしだよ
Just fine that way
とても楽しい日々だと思うよ
I think it's high time
いいワインを準備して
We break out the good wine
グラスを上げて言うんだ
Raise a glass and say
いまだに古き良き時代に乾杯
These still are the good old days

私たちはクレイジーかもしれない
We might be crazy
私たちはのんきなのかも
We might be lazy
それでも問題なしよ
It's just fine that way
歩き続けている限り
Oh and as long as we're walking
私たちは今でもロックしてる
We'll still be rocking
そう、俺たちは揺れている
Yeah we're rocking away
最高に楽しい毎日さ
I think it's high time
いいワインを準備して
We break out the good wine
グラスを上げて言うのよ
And raise a glass and say
私たちは長い道のりを歩んできた
We've come a long, long way
でもいまだに古き良き時代が続いてる
But these still are the good old days
古き良き日々…
Good old days

comment(0)  trackback(0)

ようやく・・・

2019.06.18

category : Bruce Springsteen


昨日届いた。。


先週の金曜14日発売なのに土日は配送が止まるのか、着いたのは月曜日。

その間、何度ポストを見に出たことか


完全にショップの選択を誤ったので、今後は早めに予約しよっと。


IMG_1919.jpg





発売日の14日午後1時、突然パソコン上でYou Tubeのページが勝手にカウントダウンを始めた。

ニューアルバムからの新曲MVが解禁になり、世界中の言語でコメントが入り続ける…


ボスのアルバムでこんなのは初めてだな。






結局CDが届く前に、You Tube でアルバム全ての曲が聞けてしまったという・・・なんとも妙な時代になりましたが、CDがようやく届き対訳を見ながら現在じっくり聞いているところ。

感想と曲紹介を順次していきたいと思います。

それでは発売日にMVが解禁されたアルバムタイトル曲『ウエスタン・スターズ』をどうぞ!


西部劇の大スター、ジョン・ウェインに役で撃たれたことがある・・・

それだけが自慢の老いた売れない役者の悲哀を描いた曲で、渋めのMV・・・



#575 Western Stars / Bruce Springsteen

朝、目覚めた瞬間にひと安心だ
I wake up in the morning
ちゃんとブーツを履いていて
Just glad my boots are on
そよぐ草むらに放り出されていなくて
Instead of empty in the whispering grasses
フォレストローン墓地の第5区画の草むらに
Down the Five at Forest Lawn
撮影現場でメイクの女の子が俺に持って来る
On the set the makeup girl brings me
生卵2つと1杯のジン
Two raw eggs and a shot of gin
でも俺はもうあの青色の錠剤に頼る事にしたんだ
Then I give it all up for that little blue pill
飲めば必ず若い頃みたいに戻ることを約束してくれるからな
That promises to bring it all back to you again

お手柔らかに頼むぜ、そっとやってくれ
Ride me down easy, ride me down easy, friend
今夜はウエスタン・スターが再び輝いている…
Tonight the western stars are shining bright again

ここサンセット通りの上の渓谷では
Here in the canyons above Sunset
砂漠は容赦しない
The desert don’t give up the fight
誰かの飼い犬のチワワをくわえたコヨーテが
A coyote with someone’s Chihuahua in its teeth
夜中、ベランダをさっと横切る
Skitters ‘cross my veranda in the night
オクラホマ出身という迷える子羊の彼女
Some lost sheep from Oklahoma
ウイスキーバーでモヒートを飲みながら
Sips her Mojito down at the Whiskey Bar
微笑みながら言う、あなたを覚えてるわと
Smiles and says she thinks she remembers me
クレジットカードのCMに出てたわよね?…
From that commercial with the credit card

クソ、このところは言われずに済んでいたが
Hell, these days there ain’t no more
また同じ場面か
Now there’s just again
今夜は西部の星が再び輝いている…
Tonight the western stars are shining bright again

日曜日、シボレーのトラック”エルカミーノ”を転がし
Sundays I take my El Camino
鞍を積んで東へと向かう
Throw my saddle in and go
カウボーイたちがいる砂漠へ
East to the desert where the charros
今も馬に乗って投げ縄をしている連中さ
They still ride and rope

俺達のアメリカの兄弟達は金網を抜け
Our American brothers cross the wire
昔ながらの習わしを持ち入れる
And bring the old ways with them
今夜は西部の星が再び輝いている…
Tonight the western stars are shining bright again

その昔、ジョン・ウェインに撃たれたことがあるよ
Once I was shot by John Wayne
ああ、映画の終わりの方の場面さ
Yeah, it was towards the end
あのワンシーンのおかげで何杯もの酒が飲めたよ
That one scene’s brought me a thousand drinks
1杯おごってくれたら、その話をしてやるぜ、友よ
Set me up and I’ll tell it for you, friend
カウボーイに乾杯、旋風の中を駆る馬乗り達に
Here’s to the cowboys, riders in the whirlwind
今夜はウエスタン・スターが再び輝いている…
Tonight the western stars are shining bright again
そして西部の星々が再び輝いている…
And the western stars are shining bright again

今夜サンセット通りの馬乗りたちは
Tonight the riders on Sunset
サンタアナの強風に息もできない
Are smothered in the Santa Ana winds
そして西部の星々が再び輝いている…
And the western stars are shining bright again

頼むぜ、お手柔らかに頼むよ
C’mon and ride me down easy
そっとやってくれ、友よ
Ride me down easy, friend
今夜は西部の星々が再び輝いているんだから
‘Cause tonight the western stars are shining bright again
今朝、目覚めたら
I woke up this morning
ちゃんとブーツは履いていて良かったよ…
Just glad my boots were on

comment(0)  trackback(0)

2019.06.12

category : 未分類

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

あと2日だけど…

2019.06.12

category : Bruce Springsteen


ボスの新作『ウエスタン・スターズ』発売まであと2日だけど…

もたもたしてAmazonで注文し損なったので、初めてNeowingというネットショップで予約しました。

果たして、発売日に届くのでしょうか??


SNSでは未だかつてないような煽り方~

毎日少しずつCDの情報なんかをUPしちゃったりなんかしてね。。

写真 2019-06-12 15 43 54


写真 2019-06-12 15 44 48


写真 2019-06-12 15 44 14


写真 2019-06-12 15 45 12





You Tube でも『Bruce Springsteen - Western Stars (Official Video)』!!!

なんてあるから「おっ、アルバムタイトル曲の新作MVか?!」なんて早速再生しようとしたら、2日後にプレミアム公開だって。。(そりゃないぜ、ボスよ)

写真 2019-06-12 15 42 11


まあとにかく、楽しみ楽しみ♪







さて、本日は最近見た映画とボスの曲を紹介します。

まずは『リバー・ランズ・スルー・イット』。

1993年公開 ロバート・レッドフォード監督作品で主演は若きブラッド・ピット。

古き良き時代のアメリカと美しい自然の映像美が素晴らしいお気に入りの映画です。

若きブラピのみずみずしさもパーフェクト、ブルーレイで見てみたい作品です。






もう1作はこちらも1998年ロバート・レッドフォード監督兼主演作品『モンタナの風に抱かれて』です。

こちらも絵画のような美しい自然…それだけで感動です。。


それにしてもロバート・レッドフォードとブラッド・ピッドは親子か?ってくらい似てますね。







『リバー・ランズ・スルー・イット』の美しい映像にボスの曲をつけて編集しました~


Shenandoah / Bruce Springsteen from daitaro on Vimeo.



#574 Shenandoah / Bruce Springsteen

シェナンドー、お前の娘を愛してる
Oh Shenandoah, I love your daughter
遥か遠くを流れ行く川よ
Away you rolling river
彼女を連れて水面を渡り
I'll take her across the water
遠くへ、二人で行こう 遠くへ
Away, bound away
広いミズーリ河を越えて
Across the wide Missouri

僕のシェナンドー、お前に会いたい
My Shenandoah, I long to meet you
遥か遠くを流れ行く川よ
Away you rolling river
僕はお前を裏切らない
I'll not deceive you
遠くへ行こう 遠くへ
Away, bound away
広いミズーリ河を越えて
Across the wide Missouri

7年間もさまよってきた
For seven years I've been a roller
遥か遠くを流れ行く川よ
Away you rolling river
7年間もさまよってきた
Seven years I've been a roller
遠くへ行こう 遠くへ
Away, bound away
広いミズーリ河を越えて
Across the wide Missouri

シェナンドー、お前の娘を愛してる
Shenandoah, I love your daughter
遥か遠くを流れ行く川よ
The way you rolling river
彼女を連れて水面を渡り
I'll take her across the water

遠くへ、二人で行こう 遠くへ
Away, bound away
広いミズーリ河を越えて
Across the wide Missouri








comment(0)  trackback(0)

This is paradise to me…

2019.06.07

category : Bryan Adams


Instagramをマメに更新してくれるブライアン・アダムス。


気軽に弾き語りをUPしてくれるのですが、これがシビれるのです。。









こうして今この瞬間
and right here and right now
僕にはパラダイスなんだ…
this is paradise to me





#573 Where Angels Fear To Tread / Bryan Adams

そう、君の手の中に絡めとられて
well i'm wrapped around your finger
僕はすっかりおとなしくなってしまっている
i'm never letting go
一緒にダラダラと過ごし
you know i'm happy just to linger
感情をあふれさせるだけで僕は満足なんだ
and let the feeling flow

これは錯覚に違いない
this must be an illusion
これが現実の訳がないよ
i know this can't be real
だけどこうして今この瞬間
but right here and right now
僕はパラダイスにいる気分だよ
this is paradise i feel

僕の心を動かす誰かを見つけるとは思っていなかった
i never thought i'd find someone to move me
僕の心の内を見通せる人
someone who could see right thru me
君は僕の頭の中へどんどん入り込む
you found your way into my head
天使でさえ踏み込むのを恐れていると言うのに…
where even angels fear to tread

歩いて外へ出て行きたくない
don't wanna go out walkin
車にも乗りたくもない
don't wanna take a drive
こんな素敵な場所から動きたくないんだ、ベイビー
don't wanna move from this sweet spot baby
この感情がまだ残るうちは…
while this feelin's still alive

僕らのピッタリそろった息の合い方は
the way we fit together
まるで運命みたい
it's like we're meant to be
こうして今この瞬間
and right here and right now
僕にはパラダイスなんだ…
this is paradise to me

僕の心を動かす誰かを見つけるとは思っていなかった
i never thought i'd find someone to move me
僕の心の内を見通せる人
someone who could see right thru me
君は僕の頭の中へどんどん入り込む
you found your way into my head
天使でさえ踏み込むのを恐れていると言うのに…
where even angels fear to tread
君は僕の頭の中へどんどん入り込む
you found your way into my head
天使でさえ踏み込むのを恐れていると言うのに…
where even angels fear to tread

comment(0)  trackback(0)

最近の我が家。

2019.06.07

category : John Prine


最近の我が家の様子です。

ツリーハウスのせいで、だんだん子供が集まって来た







本日の曲は1991年のジョン・プライン『The Missing Years』収録曲、”Take A Look At My Heart”です。


…と言っても誰も知らないだろうけど~


実はさりげないバックコーラスはブルース・スプリングスティーン

作曲はジョン・プラインとなんと…ジョン・メレンキャンプ


間接的ではあるけど、俺の中では奇跡のコラボ~




#572 Take A Look At My Heart / John Prine

昔の女の彼氏を見た
I seen my old lady's boyfriend
俺にちっとも似てやしない
He don't look nothing like me
無理難題に参っているのを除いては
'cept for a bit of confusion
俺がふっかけられたのと同じように
Same kind she laid on me

これからどんな風になるのか知らないだろう
You don't know what you're getting into
彼女お前はバラバラに切り裂いててしまうのさ
She's gonna tear you apart
俺が昔されたように
You're going places I've been to
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart

おそらく花でも送ったんだろう
You're pro'bly sending her flowers
それで電話でしゃべったはずだ
And talking to her on the phone
話し合わせようとして
You're gonna get it together
それで自分が全く孤独だったことに気づくんだ
And find yourself all alone

これからどんな風になるのか知らないだろう
You don't know what you're getting into
彼女お前はバラバラに切り裂いててしまうのさ
She's gonna tear you apart
俺が昔されたように
You're going places I've been to
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart

自分が彼女の恋人になれるって思うのかい
Do you think you can be her lover
彼女の道化師になれるって思うのかい
And not become her fool
自分だけは例外だって思ってるのかい
Do you think that you are the exception to the rule

彼女の女友達全員を憎むようになるだろう
You're gonna hate all her girlfriends
連中のしゃべることの全てが嫌いになるだろう
And everything that they say
どうして俺がこんなことを知ってるかって
You ask me how do I know this
連中が毎日周囲をうろついてるからさ
They come around every day

これからどんな風になるのか知らないだろう
You don't know what you're getting into
彼女お前はバラバラに切り裂いててしまうのさ
She's gonna tear you apart
俺が昔されたように
You're going places I've been to
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart

昔の女の彼氏を見た
I seen my old lady's boyfriend
俺にちっとも似てやしない
He don't look nothing like me
無理難題に参っているのを除いては
'cept for a bit of confusion
俺がふっかけられたのと同じように
Same kind she laid on me

これからどんな風になるのか知らないだろう
You don't know what you're getting into
彼女お前はバラバラに切り裂いててしまうのさ
She's gonna tear you apart
俺が昔されたように
You're going places I've been to
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart
俺のハートを見なよ
Take a look at my heart





comment(0)  trackback(0)

トゥーソン行きの列車に乗って …

2019.06.04

category : Bruce Springsteen


先週の土曜参観の振替で、昨日の月曜は平日の学校休み。

普通はディズニーランドなどへ行くのでしょうが、我が家は逆方向~秩父の自然を満喫しに♪


作り物なんかには負けるはずもない、スケールの大きな景色を堪能してきました♡


…でも確かに若い人には一人も出会わなかったな。。















SICP-6183.jpg




さて、ブルース・スプリングスティーンの5年ぶりオリジナル・ニュー・アルバム『ウェスタン・スターズ』発売までいよいよ10日。

SNSで少しづつその全貌が明らかになってきた。


もうワクワクが止まらない。

だってこの新しいアルバムからすでに先立って発表された曲たちが旅心をくすぐる自分好みで最高の曲なので☆


・・・そして先週公開された3曲目の”Tucson Train”。


これが実に渋くてイイ


ああ・・・楽しみすぎる。。



IMG_1859.jpg


IMG_1860.jpg




#571 Tucson Train / Bruce Springsteen

サンフランシスコでどん底の暮らし
I got so down and out in Frisco
人間関係と雨にウンザリの俺
Tired of the pills and the rain
心機一転、日の当たる場所を目指した
I picked up, headed for sunshine
よかった事も全部捨てて
I left a good thing behind
俺たちの愛は全部空しく思えたから
Seemed all of our love was in vain
でもまもなく俺の彼女がトゥーソン行きの列車でやって来るんだ…
My baby’s coming in on the Tucson train

新しい人生を求めてここにやって来た
I come here lookin’ for a new life
説明不要の人生を求めて
One I wouldn’t have to explain
夜中に俺を眠らせないあの声に
To that voice that keeps me awake at night
ささやかな平穏で万事うまくいくというのに
When a little peace would make everything right
脳のスイッチを切れたらどんなにいいか
If I could just turn off my brain
そろそろ俺の彼女がトゥーソン行きの列車でやって来るんだ…
Now my baby’s coming in on the Tucson train

俺達は無意味に激しくケンカをして
We fought hard over nothin’
何も残らなくなるまで言い争った
We fought till nothin’ remained
俺はその無意味を長い間引きずって来た
I’ve carried that nothin’ for a long time
今の俺は操縦士免許を持ち
Now I carry my operator’s license
このクレーンをただ操縦して暮らしている
And spend my day just runnin’ this crane
俺の彼女がトゥーソン行きの列車でやって来るんだ…
My baby’s coming in on the Tucson train

キツい仕事は心と体をきれいにし
Hard work‘ll clear your mind and body
強い日差しは苦痛を燃焼してくれる
The hard sun will burn out the pain
もしも俺を探しているのなら、伝えてくれ
If they’re lookin’ for me, tell ‘em buddy
俺が駅で待っていると
I’m waitin’ down at the station
ただ5時15分まで祈りながら
Just prayin’ to the five-fifteen
神が創り出すすべてを待っている
I’ll wait all God’s creation
人は変わることができることをただ彼女に証明するために
Just to show her a man can change
彼女がトゥーソン行きの列車できっと来てくれるはず…
Now my baby’s coming in on the Tucson train

トゥーソン行きの列車に乗って
On the Tucson train
トゥーソン行きの列車を…
On the Tucson train
5時15分着の列車を待っているんだ
Waitin’ on the five-fifteen
さあ、来るぞ。
Here she comes

comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.