FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

街にうもれそうな 小さなわすれな草…

2019.08.31

category : 尾崎 豊


o0402042814176644244.jpg


ワスレナグサ(勿忘草)と言う名前は、ドイツに古くから伝わる悲恋物語に由来しているそうです。


ある春の日
ドナウ河畔を
騎士ルドルフと美しい乙女ベルタが
散策をしていました。

すでに親の許しも得て
結婚式を真近に控えていました
そんな二人は幸せな毎日を送っていたのです。

ふとベルタが水辺に目をやると
鮮やかな青色の小花が咲いていました。

「なんて優しいお花なんでしょう」
ルドルフは
愛するベルタの為に河岸の花を摘もうと
手を伸ばしました。

その瞬間
ルドルフは足を滑らせて
急流の中に落ちてしまいます。

花を握ったまま彼は必死にもがいたけれど
重い鎧のせいで泳げない・・・・・
「僕を忘れないで!」
最後の力を振り絞って
ルドルフは花を岸に投げました。
そして彼はドナウの底に沈んでしまったのです。

ドナウの岸辺に咲いていた青い小さなお花
その花こそ・・・・・ワスレナグサ。

悲しい恋の思い出を秘めて
ワスレナグサは・・・・・今も・・・・・
騎士の瞳のような青い花を咲かせていると言います。








#593 Forget-me-not / 尾崎豊

小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて
流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人
窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた

幸せかい 昨晩のぬくもりに
そっとささやいて 強く君を抱きしめた

初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの
空をいつまでも さがしてた
君がおしえてくれた 花の名前は
街にうもれそうな 小さなわすれな草

時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど
僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ
愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど

幸せかい ささやかな暮らしに
時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた

時々僕は無理に君を 僕の形に
はめてしまいそうになるけれど
二人が育くむ 愛の名前は
街にうもれそうな 小さなわすれな草

行くあてのない街角にたたずみ
君に口づけても

幸せかい 狂った街では
二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる

初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの
空をいつまでも さがしてた
君がおしえてくれた 花の名前は
街にうもれそうな 小さなわすれな草



スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

冒険者たちの夏の終わり…

2019.08.28

category : The Eagles


ようやく息子の夏休みが終わり、今日から2学期が始まった。

親子共々、徐々に日常に慣れていかないとだな、



それにしても、今年の夏もよく遊んだなー。

夏休み最終週の動画です↓

最後にいくつかのイベント、それにサマーランドに行ったり。

子供のイベントは学童で毎年恒例の流しそうめん。
全面的に保護者として竹を切るところから参加し、例年通り余った竹をもらって自宅”流しそうめん”もやりました。

そして住んでいる地区の子供会のイベント、キャンプレク。
以前から誘われていた青年部に正式に加入?して、こちらもフル参加…焼きそば・かき氷・綿あめ・じゃがバターなどの屋台村でフランクフルトをひたすら焼いていました。その後スイカの種飛ばし大会、そして花火大会でも打ち上げ係りを担当。
低学年が帰ったあと、高学年は公園に設営したテントに宿泊。よって青年部が見守りながら、一晩中飲み会

・・・さすがに疲れたなぁ。。


次々と脱落する中、一睡もしないで呑み続けた3人に残りましたが、久しぶりの完徹は胃にキますね。

それでも新メンバーとして快く迎い入れてもらい、いろいろな話をして住んでいる地区にたくさんの知り合いを作ることができました。


こちらは初めましてだったのに、「”ツリーハウスの〇〇さん”として、みんな知ってますよ!」と言われたのには、ビビりましたが。








今回は手抜きでニコ動からの添付~

イーグルスのボーカルのドン・ヘンリー。

声が大好きだけど、顔も好きだな。



#592 The Last Resort / Eagles

She came from Providence,
the one in Rhode Island
Where the old world shadows hang
heavy in the air
She packed her hopes and dreams
like a refugee
Just as her father came across the sea

She heard about a place people were smilin'
They spoke about the red man's way,
and how they loved the land
And they came from everywhere
to the Great Divide
Seeking a place to stand
or a place to hide

Down in the crowded bars,
out for a good time,
Can't wait to tell you all,
what it's like up there
And they called it paradise
I don't know why
Somebody laid the mountains low
while the town got high

Then the chilly winds blew down
Across the desert
through the canyons of the coast, to
the Malibu
Where the pretty people play,
hungry for power
to light their neon way
and give them things to do

Some rich men came and raped the land,
Nobody caught 'em
Put up a bunch of ugly boxes, and Jesus,
people bought 'em
And they called it paradise
The place to be
They watched the hazy sun, sinking in the sea

You can leave it all behind
and sail to Lahaina
just like the missionaries did, so many years ago
They even brought a neon sign: "Jesus is coming"
Brought the white man's burden down
Brought the white man's reign

Who will provide the grand design?
What is yours and what is mine?
'Cause there is no more new frontier
We have got to make it here

We satisfy our endless needs and
justify our bloody deeds,
in the name of destiny and the name
of God

And you can see them there,
On Sunday morning
They stand up and sing about
what it's like up there
They call it paradise
I don't know why
You call someplace paradise,
kiss it goodbye

comment(0)  trackback(0)

俺が聴いた邦楽 ③

2019.08.24

category : 尾崎 豊


1980年代前半、偏差値・学歴偏重の時代…教師による体罰が当たり前で、それに反発した10代の若者が校内をバイクで走り、ガラスを割りまくるなんて言うニュースがよくブラウン管で流れた。

体罰禁止の今では考えられないようなそんな時代に、高校在学中にデビューし、10代のうちに立て続けに3枚のアルバムを発表、たちまち若者たちの心をとらえて一気にメジャー・アーティストになった尾崎豊。

その歌詞は

”盗んだバイクで走り出す”

”夜の校舎 窓ガラス壊してまわった”

など強烈で刺激的な言葉が並ぶ。


さらには自分ではうまく言葉にすらできない純粋な若い恋人たちの心情を見事に歌ったラブソングの数々。

そんな名曲をわずか17、8歳で書き上げているのだから、天才としか言いようがない。







しかしながら、その心をストレートに鷲掴みにされた若者、特に十代のファンやマスコミたちに、”10代のカリスマ・教祖”というレッテル・イメージをつけられ、そのことで悩み苦しむことになる。


20歳になり方向性を見失い突然無期限活動休止を宣言し単身渡米。

その後曲作りや精神的に苦悩し、覚せい剤取締法違反で逮捕。

再起をかけてニューアルバムを発表やツアーを行ったが、1992年4月25日…26歳の若さで突然この世を去った尾崎豊。


まさに苦悩しながら純粋に真実や愛を歌にし、太く短い人生を駆け抜けた伝説のアーティスト…。


しかも・・・


イケメンなんだな~。

D47T1JtVUAAKQy1.jpg




中3になり受験勉強の憂さを晴らすように、塾の仲間とその当時尾崎を聞いていた。

歌を聞いた友達は、その歌詞に共感を覚え、すぐにファンになった。

でもある日、俺の家に来てビデオで初めて尾崎豊の姿形、その顔を見てこう言った。

「なんだよー!!かっこイイじゃんかよー!!」

「俺と一緒だと思ってたのに、全然違うじゃんかよー!!騙されたあー!!」

と憤慨していたのを覚えている。

gfgfghhhhh





・・・つい先日、尾崎の死後27年たった今だから語れる対談動画をYou Tubeで見た。

高校生だった尾崎豊というダイヤモンドの原石を”伝説のアーティスト”に創り上げたと言っても過言ではないプロデューサーやアートディレクター達の対談番組だ。

まだまだ言えないことがたくさんあるようだが、一番近くにいてデビュー前から尾崎豊を支えてきた同志たちの言葉は、本当の人間”尾崎豊”について語っており、妙に納得できる動画でした。


ファーストアルバムではプロデューサーの戦略で、あえてイケメン尾崎の顔写真を一切出さずにシルエットのみ…しかも日本語が一切なし全て英語表記のアーティスティックなデザイン。


off.jpg



家にあった当時のツアーパンフもとにかくハイセンスでカッコいい!


写真 2019-07-26 10 48 07



写真 2019-07-26 10 48 57



このように…まわりの裏方のクリエーターたちが考え作りだしたメージに近づくように、本人も一緒に虚像である”伝説のアーティスト 尾崎豊”を自分で演出し創り上げていったところがあるのだという。

日比谷野音のライブ中、7メートルの高さの照明台から飛び降り骨折、スタッフに支えられながら失神寸前状態で熱唱・・・この事件も”尾崎豊伝説”を自ら演じた1つの例と言えよう。


しかし本当の”尾崎豊”は屈託のない笑顔で、周りを楽しませるのが大好きなピュアな人間だという・・・。


飲んだ帰り停めてあるバイクに突然またがり

「盗んだバイクは走らない~♪」

「盗んだバイクはカギがないから走らないっすよ!」

とおどけてまわりのスタッフを笑わせた…そんなエピソードがあるそうです。


”彼が彼であるために”、虚像と実像の狭間でもがき苦しみながら戦い続けた伝説のアーティスト。

こんな人はもう二度と現れないであろう・・・。




#591 僕が僕であるために / 尾崎豊

心すれちがう悲しい生き様に
ため息もらしていた
だけど この目に映る この街で僕はずっと
生きてゆかなければ
人を傷つける事に目を伏せるけど
優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる

別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ
こんなに愛していた
誰がいけないとゆう訳でもないけど
人は皆わがままだ
慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ
こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから

君が君であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
君は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる



comment(0)  trackback(0)

冒険者たちの夏②

2019.08.21

category : U2


キャンプから帰った翌日午後、休む暇もなく息子をふくめ仲良し3人組の”夏の思い出”作りのお手伝い~

巾着田の河原で遊び、メッツアビレッジでプラネタリウム見て、宮沢湖温泉に入り、食事して帰りました♪


息子や親友Tに比べ、少し大おとなし目のRくん。

まっさきに服のまま川の水につかる二人に対して、なかなか勇気が出ないRを誘うシーンが微笑ましい~











さて、本日の1曲は動画BGMとは関係なく、U2です。

今年の12月に13年ぶりの来日公演するU2。

main_pc.jpg


行きたい~と思いながら、チェックするとチケットはもうほぼ完売。。

また直前で頑張ろうと思うが、果たして手に入るだろうか??



ボーカル・ギター・ベース・ドラムという最小限の4ピース・バンドなのになんとダイナミックでスリリングなサウンド…

さらにドラマチックで感動的なパフォーマンス。


もちろんEストリートバンドを贔屓しているが、それにおいても世界最高のロックバンドと言わざるを得ないカッコよさ。

このライブ映像も感動の演出と観客との一体感が伝わってきます。


しかしながら、詞は難解と言われているU2なので、本日の”With Or Without You”も単純なラブソングではなく、歴史・宗教・政治などを踏まえた様々な解釈があるらしい。

ネットでも様々な見解・解釈でそれぞれ違った訳詞がUPされています。

・・・でもそれでいいのではないのでしょうか。


とくに母国語ではない洋楽の詞であるし、最終的には書いたボノ本人にしか分からないことなので、聞き手がそれぞれの解釈で聴くのが正しい聴き方だと・・・こうでなければいけないということはないハズ。


…ということで、こちらではあえてできるだけシンプルかつ深読みのない訳でいっていました。。

いずれにせよ、神曲であること間違いない1曲です。



#590 With Or Without You / U2

君の瞳の中に浮かぶ冷たいものが見える
See the stone set in your eyes
君をがんじがらめにしているトゲが見える
See the thorn twist in your side.
僕は待っている 君のことを…
I wait for you.

巧妙な手品と運命のいたずらか
Sleight of hand and twist of fate
つらい状況で僕を待たせる彼女
On a bed of nails she makes me wait
それでも僕は待つ 君なしで…
And I wait without you

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても…
With or without you.

嵐を乗り越えて、僕らは岸辺に辿り着く
Through the storm, we reach the shore
君はすべてをくれるけど、僕はもっと欲しいんだ
You gave it all but I want more
そして僕は君を待っている…
And I'm waiting for you

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても
With or without you.

そして君はすべてをさらけ出す
And you give yourself away
君自身をさらけ出すんだ
And you give yourself away
君は 君は…
And you give, you give
すべてをさらけ出す君…
You give yourself away.

僕の手は縛られ
My hands are tied,
僕の体は傷だらけ、君を思い悩む
my body bruised she got me with
未来などない そして失うものも何もない
Nothing to win and nothing else to lose.

そして君はすべてをさらけ出す
And you give yourself away
君自身をさらけ出すんだ
And you give yourself away
君は 君は…
And you give, you give
すべてをさらけ出す君…
You give yourself away.

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても
With or without you.
僕は生きていけない…
I can't live with or without you.

君がいても 君がいなくても
With or without you
君と一緒にいても 一緒にいなくても
With or without you.
僕は生きていけない…
I can't live with or without you.

君がいても 君がいなくても…
With or without you


comment(0)  trackback(0)

Mockin’Bird Camp in 道志村 2019

2019.08.17

category : Florida Georgia Line


さて、”夏の思い出作り”と言う名目で、全力で遊びに励み中の我が家ですが、まずは恒例のお盆キャンプに行ってきました♪

場所は今年で4年目、山梨県道志村のネイチャーランドオムというキャンプ場。

日程は12・13・14の2泊で、1泊目だけ高校時代の友人Aファミリーが参加しました。

今回は圏央道が渋滞していたので、下道で高尾山ICまで行き、そこから相模湖ICまで1区間圏央道に乗って現地まで…ぼぼ渋滞なしで行くことができました。それでも2時間以上はかかりましたが。

台風接近で不安だった天候も2日目の午後の突然の雨のせいで、友人一家とずぶ濡れで別れるまでは、奇跡的にもってくれました。

気温も暑すぎず、夜は涼しいくらいの快適さ。

ただ2泊目はほぼ雨だったのでやることもなく、早めの撤収でなんと3日目の午前中には帰宅してました!


そして年に2回ペースしか会わない友人一家ですが、4年目ともなるとすぐに打ち解けることができ、初めから子供たちはめちゃ楽しそう♡

とくに息子は長男のUくんにべったりで、ずーと離れない。。

小2に中1が合わせるのは大変だと思うが、文句も言わずにずっと面倒を見てくれたUくん、ありがとう~

とにかく、みんなが楽しく喜んでいたキャンプ。

大きなトラブルもなく、素晴らしい”夏の思い出作り”ができました


あとキャンプ前に『ライオンキング』も観に行って来たので、2曲目はトーケンズの”ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)”。

ちょっと雑ですが、編集動画です↓










今回も引き続きフロリダ・ジョージア・ラインで”シンプル”という曲です~



#589 Simple / Florida Georgia Line

君の指が僕の手のひらに収まるのは
The way your fingers fit in mine
5+5のようなもの 難しいことじゃない
It’s five plus five, not rocket science
でもこんな日を見つけることは難しい、それも事実
This day in time, that’s hard to find, it’s true
僕らのいる渋滞などない道路
The road we’re on ain’t a traffic jam
それは同じ場所での日曜日のドライブのよう
It’s a Sunday drive on a piece of land
君と一緒にいる限り、ここは楽園なんだ
It’s paradise as long as I’m with you

1、2、3と数えたら、できるだけ簡単に
It’s like one, two, three Just as easy as can be
ただ僕を見つめるだけでいい
Just the way you look at me
君が僕を笑顔にしてくれる
You make me smile
複雑なことなんてない、お互い考えすぎさ
Ain’t no need to complicate it, we both know that’s overrated
僕らはここに一緒にいる、それが例え僕らのやり方じゃないとしても大丈夫さ
We’ve been there, it’s safe to say it ain’t our style

ただ簡単にすればいい ただシンプルに
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be
そう、ただ簡単に ただシンプルにね
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be

よくインスタグラムばかりやっていた
We used to live on Instagram
不安だったんだ 誰が興味を持ってくれて
Worry ‘bout who all gives a damn
俺たちが向かう方向や、最後にはどうなるのかを
‘Bout where we’ve been and where we ended up

そして僕は君に出会い、君も僕に出会った
Then I met you and you met me
その続きは言うまでもないね
And all the rest is history
突然ひらめいたんだ 必要だったのはお互いの存在
An epiphany that all we need is us

1、2、3と数えたら、できるだけ簡単に
It’s like one, two, three Just as easy as can be
ただ僕を見つめるだけでいい
Just the way you look at me
君が僕を笑顔にしてくれる
You make me smile
複雑なことなんてない、お互い考えすぎさ
Ain’t no need to complicate it, we both know that’s overrated
僕らはここに一緒にいる、それが例え僕らのやり方じゃないとしても大丈夫さ
We’ve been there, it’s safe to say it ain’t our style

ギターの弦のようにただ簡単に
We’re just simple like a six string
それがこの世界でのルールだったんだ
The way this world was meant to be
笑い合い愛し合えば、小さなことから多くのモノが生まれる
Like laughin’ love, make a lot out of a little

ただ簡単にすればいい ただシンプルに
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be
そう、ただ簡単に ただシンプルにね
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be

複雑なことなんてない、お互い考えすぎさ
Ain’t no need to complicate it, we both know that’s overrated
僕らはここに一緒にいる、それが例え僕らのやり方じゃないとしても大丈夫さ
We’ve been there, it’s safe to say it ain’t our style

1、2、3と数えたら、できるだけ簡単に
It’s like one, two, three Just as easy as can be
ただ僕を見つめるだけでいい
Just the way you look at me
君が僕を笑顔にしてくれる
You make me smile
複雑なことなんてない、お互い考えすぎさ
Ain’t no need to complicate it, we both know that’s overrated
僕らはここに一緒にいる、それが例え僕らのやり方じゃないとしても大丈夫さ
We’ve been there, it’s safe to say it ain’t our style

ギターの弦のようにただ簡単に
We’re just simple like a six string
それがこの世界でのルールだったんだ
The way this world was meant to be
笑い合い愛し合えば、小さなことから多くのモノが生まれる
Like laughin’ love, make a lot out of a little

ただ簡単にすればいい ただシンプルに
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be
そう、ただ簡単に ただシンプルにね
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be

ただ簡単にすればいい ただシンプルに
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be
そう、ただ簡単に ただシンプルにね
It’s just that simple, S-I-M-P-L-E Simple as can be

comment(0)  trackback(0)

フロリダ・ジョージア・ライン

2019.08.10

category : Florida Georgia Line


またまた教えてもらった~



#588 Women / Florida Georgia Line ft. Jason Derulo

そう、人生の始まり 愛する唯一の存在はママ
Well, starting out, the only one you love is mama
そして成長して疑問に思うのさ
Then you start growin' up and wonderin'
何が女の子を可愛くするのだろうって
What made the girls start gettin' pretty
そして自分のカッコが気になり出す
Then you start carin' 'bout how you're lookin'
カッコつけるためならどんな事でも
Anything it takes to get 'em lookin'
「くそ、あの子と一緒にいたいよ」って思いながら
Thinkin', "Damn, I gotta get one with me"

女性…神が与えし女性
Women, God-given women
この人生を生き、この人生を愛する理由 ハレルヤ
The reason we're livin' and lovin' this life, hallelujah
女性…美しい女性よ
Women, beautiful women
そんな女性の側にいられれば、これ以上の幸せはないさ
We're all better off with 'em right by our side

16歳の時、車の鍵を手に入れ
16, you get them keys to the ride
ピカピカに輝くまで磨いたよ
Clean it up, gotta make it shine
彼女を初めて助手席に乗せるために
Just to pick her up for the first time, yeah yeah, yeah
女の子って来てはすぐに去ってしまうから
Some girls come and go before you know it
もっと経験から学ばなきゃ
Learn more with every hand you holding
いい相手と出会ったときのためにね
Just to getcha ready for the one that's right

女性…神が与えし女性
Women, God-given women
この人生を生き、この人生を愛する理由 ハレルヤ
The reason we're livin' and lovin' this life, hallelujah
女性…美しい女性よ
Women, beautiful women
そんな女性の側にいられれば、これ以上の幸せはないさ
We're all better off with 'em right by our side

ああ、とても美しい
Oh, so beautiful
とっても美しいよ
Oh, oh, so, so beautiful

女性、なんて甘く素敵な女性
Women, sweet, sweet women
君が世界を回して僕たちをとりこにする
You keep the world spinnin' and love in our eyes
それが君のすること
That's what you do
女性…美しい女性よ
Women, beautiful women
そんな女性の側にいられれば、これ以上の幸せはないさ
We're all better off with 'em right by our side


comment(0)  trackback(0)

冒険者たちの夏

2019.08.08

category : 未分類


og.png


劇場で是非見たかったのですが、いつの間にか公開が終了してしまっていた映画『グリーンブック』。


あきらめていたその『グリーンブック』が期間限定で隣町の川越で見れるというじゃない~

ということで、今日行ってきました♪


100年以上前の明治38年に開業した埼玉最古の劇場”川越スカラ座”という小さな映画館へ、炎天下の中自転車で。

レトロで雰囲気のある映画館で見る映画は、それだけで優雅な感じ♪


さらにBGMからすべて自分好みの『グリーンブック』は文句なしに素晴らしい映画でした~♡

とにかくクラッシックなキャデラックでのロードムービー…それだけでGoodです

10d03c66c55ecdad00a8e7f31f37ca5f880cb7dc.jpg












さて、こちらは冒険少年たちの夏真っ盛りの動画です~

5年前の息子の映像も一瞬出てきます!!









本日BGMのザ・ハイロウズ”日曜日よりの使者”のHONDAキャンペーン動画なのかな?

バイクに乗りたくなっちゃうね~







comment(0)  trackback(0)

俺が聴いた邦楽 ②

2019.08.06

category : 尾崎 豊


前回に続き尾崎豊についてもう少し書こうと思います。


尾崎豊の音楽に出会ったのは、多分14歳頃だったと思う。

尾崎豊の2枚目のアルバム『回帰線』が出たのが中3の頃なので、かなり早くから偶然にも尾崎豊を知っていました。

その理由は…自分の2つ上の兄がその当時通っていた都内渋谷にあった私立A高校。

そのA高校は尾崎豊が通っていた高校だったからです。


兄は尾崎豊の3歳下なので、実際に同じ校舎にいたことはないのですが、世の中ではそこまで知られていないその当時に、伝説的なA高校の先輩として名を馳せていたとのこと。

後輩だった兄は尾崎豊のレコードを愛聴し、コンサートも早くから行っていたのです。


つい先日、倉庫にしまってあった古いレコードを入れた段ボールを探したら、当時のモノが出てきた!

3作目『壊れた扉から』のレコードとコンサートのパンフレット、そしてそのパンフの中にチケットの半券まであるじゃない!

1985年の11月15日 代々木オリンピックプール第一体育館 でなんと2500円!!

今考えると激安ですが、当時はこのくらいが相場。これも自分ではなく、兄が行ったコンサートです。


IMG_2172.jpg


IMG_2173.jpg


とにかくお金がまったくない中ボウの俺は、ちょっと小金を持っている高校生の兄の陰に隠れて、兄が買った尾崎豊のレコードやビデオをこっそり聞いたり、カセットテープに落としたりしていたのを思い出す。


さて尾崎豊と言えば、『I Love You』、『15の夜」、『卒業』などがメジャーですが、本日は3枚目のアルバム『壊れた扉から』から、”Freeze Moon”という曲を紹介します。

中3のときにこのPVを見て、びっくりの衝撃を受けました。。

尾崎が上から何度もペンキをかけられ、それを逆再生してるだけの映像ですが…斬新すぎてびびったのを覚えています~




#587 Freeze Moon / 尾崎豊

キャデラック・メイン・アベニューでは 
今ウブなあの娘のhip bangで俺達はメロメロになる
そして腹ペコをかかえた俺達は
バーガー・ショップに駆けこんでポテトをコーラで流しこむ
みんないい気持ちになりたくて 何度も
息を止めてみるけどそのたび 
金網にへばりついては 転げ落ち
いつでもさみしい思いをしている

俺は風を感じる
風を求めて wow oh
風がどこへ行こうとしてるか 俺は知りたい
胸をはるんだ

今夜は朝が来るまで 走り続けているから
君はエンジンの音の中で眠ればいい

oh oh…. 翼をひろげ
oh oh…. 風を求めて
俺達の真夜中の翼は ぼろぼろになっちまう
どうしようもなく また街に戯れる
俺達の終わりなき dance

フェンスに腰かけ ビクビクしていた
あの頃と似たような顔つきでみんなだまりこくっちまう
彼女は今夜も ドラッグにいかれて
昔みたいなドラッグ・クィーンになろうとしている
もうガラスをひっかく音は聞こえないけれど
今でもストリートにはガラスの破片が星のようにちらばっている
それはまるで まるであの頃の俺達の夢みたいに

みんな風を感じる
風を求めて wow oh
風がどこへ行こうとしてるか みんな知りたくないかい
胸をはるんだ

まだ まだ 何か足りないから
通りに出て 夜を買えばいい
誰も“どうして?”なんて聞かないから

oh oh…. 翼をひろげ
oh oh…. 風を求めて
俺達の真夜中の翼は ぼろぼろになっちまう
どうしようもなく また街に戯れる
俺達の終わりなき dance

夜はいつでも 凍りついていて
置きっぱなしのバイクにまたがると
昔みたいな気持ちになっちまう
ボンネットに寝転んだやつらは
この街で一番さみしい 星をみつけ
誰にもわからないような 一人言をつぶやいている

いったいなんだったんだ こんな暮し
こんなリズム いったいなんだったんだ
きっと 何もかもがちがう
何もかもがちがう
何もかもがちがう

oh oh…. 翼をひろげ
oh oh…. 風を求めて

comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.