FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (6)

One more day with you…

2020.01.25

category : Music Travel Love


You Tubeで見つけ、以前このブログでも紹介した”Endless Summer(エンドレス・サマー)”というデュオ。

世界の様々な場所に行き、様々な曲をカバーするアコースティックサウンドが心地よく、チャンネル登録をしていたのですが、いつの日からか…グループ名を"Endless Summer(エンドレス・サマー)"から”Music Travel Love(ミュージック・トラベル・ラブ)”に変更したとのこと。

そして今回の旅先ですが、フィリピンのタカル・タカル・フォールズという滝の前で、Diamond Rioというカントリーバンドの ”One More Day”という曲を演奏しています。

どことなく正月に行った西表島のピナイサーラの滝に似ていてつい思い出しちゃいますが、世界には素晴らしいところがまだまだいっぱいあるのだろうな。。


君ともう1日…
One more day with you



…そればっかりの今日この頃。。


One More Day from bobbyjean19710102 on Vimeo.



#625 One More Day / Music Travel Love (Diamond Rio Cover)

昨夜、おかしな夢を見た
Last night I had a crazy dream
願いが俺だけ叶えてもらえるという夢
A wish was granted just for me
それがどんな願いでも
It could be for anything
だけど俺は金なんか望まなかった
I didn't ask for money
マリブの豪邸もいらない
Or a mansion in Malibu
俺がとにかく願ったもの それは君と一緒に過ごすもう1日…
I simply wished for one more day with you!

あともう1日だけ あともう一度
One more day, one more time
夕日をもう1度だけ それで俺の心は満たされるはずだから
One more sunset, maybe I'd be satisfied
だけどそれがどういうことかは分かってる
But then again, I know what it would do
俺は永遠に願い続けることになる
Leave me wishing still for
君ともう1日だけと…
One more day with you

最初に望むことは、ゆっくりとした時間を過ごすこと
First thing I'd do is pray for time to crawl
電話線も抜いてTVも消して
I'd unplug the telephone and keep the TV off
1秒おきに君を抱きしめて
I'd hold you every second
”I Love You”を君に100万回伝えるんだ
Say a million I love you's
それがあと1日、君と一緒にしたいこと…
That's what I'd do with one more day with you

あともう1日だけ あともう一度
One more day, one more time
夕日をもう1度だけ それで俺の心は満たされるはずだから
One more sunset, maybe I'd be satisfied
だけどそれがどういうことかは分かってる
But then again, I know what it would do
俺は永遠に願い続けることになる
Leave me wishing still for
君ともう1日だけと…
One more day with you

あともう1日だけ あともう一度
One more day, one more time
夕日をもう1度だけ それで俺の心は満たされるはずだから
One more sunset, maybe I'd be satisfied
だけどそれがどういうことかは分かってる
But then again, I know what it would do
俺は永遠に願い続けることになる
Leave me wishing still for
君ともう1日だけと…
One more day with you

俺は永遠に願い続けることになる
Leave me wishing still for
君ともう1日だけと…
One more day with you
俺は永遠に願い続けることになる
Leave me wishing still for
君ともう1日だけと…
One more day with you

あともう1日…
One more day
もう一度…
One more time


スポンサーサイト



comment(0)  trackback(0)

地図なんかいらない。

2020.01.21

category : Jason Mraz





#624 Let's See What The Night Can Do / Jason Mraz

一緒に砂漠まで真夜中のドライブに出かけよう
Let's drive out to the desert at midnight
ヘッドライトが照らす砂埃の中で踊るために
To dance in the dust of our headlights
そして朝日が見える特等席を手に入れよう
And score some good seats for the sunrise
そこで着替えるんだ 汚れても気にしない服に
And dressed up in clothes we don't mind getting messed up
誰も僕らを見つけられないような場所で
Where no one will know how to get us
地図なんかいらない 
We don't need a map,
ただひたすらドライブしよう
we'll just drive, drive, drive

君と迷子になってしまいたいんだ
I wanna get lost with you
そして月明りの下に隠れて
And hide out, out under the light of the moon
君といなくなりたいんだ
I wanna get lost with you
知りたいんだ、君と朝まで過ごすのがどれだけ素敵か
And see what it's like to spend a whole night with you, just you
君と、君だけと二人っきりで…
You, just you

北を目指すのもいい
We can head north
ターコイズ色の海を越えて
Over the oceans of turquoise
しばらくすれば、何の音もしなくなる
Where after a while, there'll be no noise
僕ら二人の胸の鼓動以外は
Except for the sound of our heart beats beating on
そして二人だけで峡谷に立つんだ
And we'll stand in a canyon alone
僕らの大好きな歌を歌いながら
Singing our favorite songs
そして待つんだ、山びこになって返って来る言葉を…
And wait for the words to return in the echo-echo-echo-echo-echo

君と迷子になってしまいたいんだ
I wanna get lost with you
そして月明りの下に隠れて
And hide out, out under the light of the moon
君といなくなりたいんだ
I wanna get lost with you
知りたいんだ、君と朝まで過ごすのがどれだけ素敵か
And see what it's like to spend a whole night with you, just you
君と、君だけと…
With you, just you
君と、君だけと二人っきりで…
With you, just you
君と、君だけと…
With you, just you

そして僕は迷い込んでしまいたい…
And I... wanna get lost...

確かめよう 夜に何が起きるのか
Let's see what the night can do
夜に何が起きるのかを一緒に確かめよう
Let's see what the night can do
夜が持ってる力を見てみよう
Let's see what the night can do
迷い込んでしまいたいんだ…
I wanna get lo-o-o-o-o-ost

確かめよう 夜に何が起きるのか
Let's see what the night can do
夜に何が起きるのかを一緒に確かめよう
Let's see what the night can do
夜が持ってる力を見てみよう
Let's see what the night can do
迷い込んでしまいたいんだ…
I wanna get lo-o-o-o-o-ost

確かめよう 夜に何が起きるのか
Let's see what the night can do
夜に何が起きるのかを一緒に確かめよう
Let's see what the night can do
夜が持ってる力を見てみよう
Let's see what the night can do
迷い込んでしまいたいんだ…
I wanna get lo-o-o-o-o-ost

確かめよう 夜に何が起きるのか
Let's see what the night can do
僕らの思うままにしてみようよ
Let's see what our hearts wanna do
知りたいんだ、君と朝まで過ごすのがどれだけ素敵か
I wanna know what it's like to spend a whole night with you, just you
君と、君だけと…
With you, just you
君と、君だけと二人っきりで…
With you, just you



comment(0)  trackback(0)

ジャングル・ツアーへ。 其の三

2020.01.20

category : 未分類


この度の西表島旅行は3泊4日の旅程。✈️
しかし1日目と4日目は島と家との移動でまる1日消費してしまう。
よって自由に遊べるのは2日目と3日目の2日間のみ…ということになる。

そこで…3日目は”ピナイサーラの滝 カヤック&トレッキング1日ツアー”をチョイスしました!

2日目のシュノーケリング🤿はまったくの初心者でしたが、カヤック🚣‍♀️とトレッキング🧗🏻なら普段からやっているので、お任せ下さい!💪という感じ~。しかしながらそこは亜熱帯の未開の地🏞、西表島・・・なので今まで漕いだことのないようなリアル・ジャングルの川を抜け、手付かずの密林をトレッキングするという未知の世界。よってしっかりツアーに申し込み、ガイドさんに同行してもらいました。そしてこのことがまたしても大正解
とにかくこのガイドさんが素晴らしくよかったのです♡なんでもできて頼りになるし、何でも知ってるの?ってくらい知識もすごい。とにかく1日一緒にいていろんな話をしたのに、まだまだ話たりないくらいなのだから・・・要は気が合ったということかな♪まあ西表島の自然を愛しすぎて住み着いちゃったような人だから、自分と似た人種であることは間違いない。。人見知りの息子もすっかり懐くくらいナイスガイでした~
そして西表島のジャングルも神秘的✨で…なんだか自然のバイブス??、とにかく目に見えない圧倒的なパワーを感じました


このガイドさんもそうですが、島で出会った人のほとんどがみんな素晴らしかったですね。。
話も上手だし、何より充実した暮らしを送ってるようでみんな生き生きと輝いてる
憧れちゃいます~

2日目に出会ったパイナップル🍍売りのおじさんもホント親切でした。2日目だけはレンタカーを借りていたので、地元の人しか行かない居酒屋で夕食を食べました。するとそこに昼間のパイナップルおじさんが入って来て再会…なんて偶然もあったりして。
居酒屋で食べた沖縄料理はどれも絶品値段もリーズナブルで最高だったのですが、この居酒屋で食べたメニューに”ジーマーミ豆腐”というのがあります。ピーナッツが原料の豆腐で沖縄地方の郷土料理とのことですが、コレがあまりに美味しかったので、3日目のホテルでの夕食でも頼んだのです。

しかし・・・ここであの”マムシグサ”以来の事件が。。

もともと好き嫌いが多く、食わず嫌いも多い息子の口にこの”ジーマーミ豆腐”をひとくち🥄入れたのです。たぶんサイコロほどの少量を…。

するとさっきまでゴキゲンにしゃべってた息子が黙ってるのに気づく。

「ん?どうした?」と聞くと「のどのあたりが痛くて苦しい。。😖」と言い出した。

その時に思い出した!!!😱

「僕ピーナッツアレルギーなんだぁ」と息子が言ってたのは知ってたけど、どーせ息子の思い込みに過ぎないだろうと決めつけてしまっていた。

それが、このピーナッツ入りの”ジーマーミ豆腐”を口にした直後から明らかに苦しそうなのだ。。

見るみるうちに顔が青ざめて、「気持ち悪い。」と言い出した。

今にも吐きそうなのである。🤢

そのレストランからロビーの奥のトイレまでは結構な距離があったが、急いで息子を連れてレストランを飛び出した🏃💨

走るとなんだか危ない気がしたので、二人して競歩並みの早歩きで、「どうか間に合いますように🙏」と祈るような気持ちでロビーの奥のトイレに向かった💦

トイレのドアを開けて便器まで一直線…息子は倒れながら便器に辿り着いた瞬間…

(;´Д`);:*。・;:+`:;.・`;:..・+:;.・+`:;.・*.・:;+.・:;`:;+(間一髪、間に合った。。😣)


とにかく息子には平謝りでしたが、これで完全に息子の”🥜ピーナッツ・アレルギー”が証明されました。食べたものを全部吐き、しばらく休むとなんとか調子を戻してくれたのでひと安心。😔さらに休んだあと、すっかり冷めてしまったナポリタンも全部食べられたのでもうひと安心しましたが、ピーナッツアレルギーは重篤な症状を誘発する代表的な食品。もし万が一、嘔吐で済まなかったら…ここは離島の西表島なので、診療所はあるがきちんとした設備のある病院🏥となると隣の石垣島に行くしかない。それこそドラマのような”ドクターヘリ”出動🚁で。。

とにかく楽しい旅を台無しにしかねない事件ではありましたが、無事に回復してよかった~。😱
今では息子も「ピーナッツだけはもうやめてよ!!」なんて言いながら、土産話の1つが増えたくらいに思ってくれてます。


そしてついに夜🌅が明け、最終日…帰る日がやってきてしまいました。
いつもならホームシックで早く家に帰りたい〜なんて言い出す息子も島を離れるのが寂しそうです。🥺
西表島は関東と緯度も経度も違うので、日の出が7時過ぎで日の入りが18時過ぎ…つまり朝7時でも満天の星空🌌🌠が見えるのです。帰る朝もぎりぎりまで星を眺めていました。
ちょっぴりセンチな気持ちで西表島発の船🛥に乗り、離れていく島🏝を見ながら思った…またいつの日か、絶対に来ようと。👆
息子も成長して自力で来る日が来るかも…なんて想像しながら。

半袖で飛行機に乗り、羽田に戻って来るとそこはもちろん冬の寒さ。。❄️

素敵すぎる夢のような2020年の正月休みも終わり、いつもと変わらない日常が始まった。

でも胸の中では、しっかりと思い出たちが今も暖かいまま…。
あの空と海と山の色が鮮やかに蘇ってくるのです。(おわり)


P.S. イリオモテヤマネコは出会えなかったので次回、リベンジだ!!




comment(0)  trackback(0)

サンゴ輝くエメラルドグリーンの世界へ~ 其の二

2020.01.18

category : 未分類


西表島に船で渡る前に、羽田からの直行便のある石垣島を空港からフェリー乗り場まで、バスで30分ほど移動しました。

石垣島の景色を車窓から見ていると、大きなホテル・コンビニ・スーパー…それから居酒屋におしゃれなカフェなどがあり、自分の住んでいる街とほとんど変わらない風景がありました。人も車も多く、ドン・キホーテまであるのには驚いた!


ところが西表島に船で到着し、送迎車でホテルへ向かう車窓からの風景は石垣島とはまるで違うものでした。

コンビニは一軒もなくメインの港の周辺も全く観光地化していない。島にメイン道路は1本しかないとのことだが、その道路に車もほとんど走っていない。

いかにも南国といったアロハシャツ風の出で立ちで我々を迎えに来てくれたドライバーさんの運転で、海沿いの密林の間の抜けのんびりとホテルへ向かった。

道すがら朴訥とした口調でドライバーさんが西表島について色々話してくれたのだが、印象的だったのは「元々いる野生動植物の島に、人間が住まわせてもらっている。ここは動植物が中心の島なのです。」と教えてくれたことです。

特に世界で西表島だけに生息し、種の存続ぎりぎりの100頭ほどしか残っていないといわれる絶滅危惧種イリオモテヤマネコ。そのときに走っていた県道215号線では、近年、ヤマネコの交通事故が多発しているとのこと。よって道にはいたるところにヤマネコ注意の看板や標識が立てられているのです。

IMG_6174s.jpg


iriomote3.jpg


ドライバーさんの運転速度もやけに遅いなあ…と思ってましが、島の制限速度はすべて時速40km(集落など一部30キロ制限)、これもヤマネコを守るためとのこと。


ちなみに我々が3泊宿泊したホテルは”西表島ジャングルホテル パイヌマヤ”というところ。

沖縄の言葉で”南”は”パイ”、”の”は”ヌ”、”ネコ”は”マヤ”とのことなので、”パイヌマヤ”とは”南のネコ”という意味…実際にホテルの敷地内にイリオモテヤマネコが姿を現したこともあるとのことでした。

写真 2020-01-05 8 08 01


余談ですが、”西”は沖縄の言葉で”イリ”・・・なので、西表島(にしおもてじま)と書いて西表島(いりおもてじま)と読むのだそうです。

”東”は”アガリ”と言うらしく、これは太陽が東から上がり(アガリ)、西に入る(イリ)というのが語源だそうです。

”南”は”パイとかペー、フェー”と言うらしく、確かに石垣島空港は”南ぬ島(ぱいぬしま) 石垣空港”という名称で呼ばれています。

ちなみに”北”はなんと”ニシ”というらしく・・・現地の人に道を聞いて、北をさしながらニシと言われ、ワケが分からなくなり、大変なことになったとか。。



さて西表島ですが、年末年始はこの島で過ごす観光客や島出身者の帰省などで若干人が増えるらしいのですが、我々が滞在したのはその後の1月3日から6日まで・・・なので正直空いていて穴場シーズン

しかも超ラッキーなことに、滞在中は見事に晴天続き

現地の人に言われましたが、1月の西表島で晴れの日は珍しいらしく、1週間のうち5日は雨か曇りだそうです。海も荒れ、船が欠航することもよくあるらしく、本当にツイてると言われました。

いくら美しい島でも悪天候だと行くところもなく、どうしようもなかったところ・・・なので天気に恵まれて本当にラッキーでした

特に一番晴れて欲しい日は2日目の1月4日・・・なぜならば、その日は生まれて初めての”シュノーケリング🤿1日体験ツアー”を予約した日だったからです。沖縄では晴れれば気温は20度以上…ウェットスーツを着れば海に潜れてしまうので、海が荒れない限りはツアーはやるとのことでしたが、その日は見事に快晴で、滞在中一番暖かくポカポカ陽気の1日。

最初はシュノーケリングをやるつもりはなかったのですが、「せっかく美しい南の島に行くのだから…」と直前に予約。しかし今思えばコレをやらずして何をやる??というくらい
これほど素晴らしい夢のような世界を体験することになるとは…。。

どちらかと言えば海よりも山派の自分…その理由をここで告白すると、実は水が苦手なのです

なのでウェットスーツにシュノーケル🤿を装備し、内心ビビりながら、そーっと海に入る俺。😰

ところが

そんな俺と同様に人生初のシュノーケリングにビビるハズの我が息子。👦🏻
驚いたことにすんなりと海に入るや否や、いきなり躊躇なく水に顔をつけシュノーケルで呼吸しながら浮いてるぢゃない!❗️😱

しかも初めてなのに足ヒレを上手に使って泳ぎ出した❗️🏊🏻‍♂️🌊(か、かっこイイ~✨😭)

そんな息子の姿に影響され、これではマズい💦と頑張って泳いでいるうちに、こちらも段々慣れてきた👍😅🏊
すると…マスクの向こうにはサンゴ輝くエメラルドグリーンの世界が広がっているではないか❤️(感動✨😭)

サンゴの間を泳ぐ色鮮やかな魚たち🐡🐠…生まれて初めて見る海の世界はまるで現実とは思えない夢の世界のよう。。💫

ライフジャケットがあるので絶対に沈むことはないのですが、ときより海底が深く濃い青になるとちょっと恐ろしい~なんて思いながら、それでも夢中になって南国の海の世界🏝を堪能♪

一旦お昼休憩でドラマにもなった人口50人ほどの小さな鳩間島🏝へ上陸。
そこで1時間ほど散歩したり、誰もいない美しいビーチ⛱でのんびり過ごし、再び午後のシュノーケリング。

そこで…な、なんとウミガメ🐢に遭遇〜‼️😍しかも3回も‼️✨
このウミガメくんとの遭遇が一番感動しました✨

ガイドさんもたくさん撮影してくれましたが、慣れてきたので午後は自分でもiPhoneで水中撮影。(もちろん防水ケースで😅)息子も思いのままにシュノーケリングを楽しみ、大満足👍🥰‼️本当に最高の経験となったようです✨😊


ツアーの後はレンタカーでドライブ🚙💨〜パイナップル🍍おじさん👨🏼‍🌾と出会ったり、沈む夕日🌅を眺めたり…。

2日目もフルに西表島を大満喫し、ホテルのベランダから満天の星🌌🌠を眺めて素晴らし過ぎる1日を終えました。☺️


ジャングル・ツアー🌴🏞の3日目につづく…


comment(0)  trackback(0)

東洋のガラパゴス…西表島へ。 其の一

2020.01.15

category : Jack Johnson


早いもので1月も半ばになってしまいましたが、ようやく落ち着いたので…お正月に行った西表島旅行について記録しておこうと思います。

ちなみに今までの旅でいわゆる南の島と呼ばれる場所には行ったことがありませんでした。

学生のときにバイク一人旅で行った九州の最南端、佐多岬が自分の中での最南地。

写真 2020-01-14 13 34 11


なのでグアムやハワイはもちろん、沖縄にも行ったこともありませんでした。

そしてこの度、初めて沖縄県の西表島(いりおもてじま)へ行くことに・・・。

沖縄県と言っても西表島を地図で見ると、沖縄本島よりもかなり南西に位置し、ほぼ台湾・・・という場所。

スクリーンショット 2020-01-14

まったく初めてでほとんど沖縄の知識もなく、偶然に西表島を目的地に選んだのですが、どうやら沖縄初心者はまず沖縄本島や宮古島、石垣島などに行くみたい。

西表島は”東洋のガラパゴス”と呼ばれるくらいに手付かずの自然が残る美しい海とジャングルの島・・・観光地化された石垣島などに飽きた人たちが本格的な自然を求めて行き着く究極の場所・・・とのことなのです。

現地の人に、いきなりピンポイントで西表島に来て3泊する人は珍しいと言われましたが、自然大好きな我が家にとっては結果的に大正解

日本の亜熱帯の秘境、西表島・・・そこには太古の時代から変わらぬ美しい大自然がありました。。

canyoning.jpg


IMG_4453-1.jpg







しかしながら、日本の西の果て…西表島に行くにはほぼまる1日がかり。これでも昔よりは格段にアクセスがよくなっているようですが

西表島には空港がないので、まずは自宅から高速バスで羽田空港へ行き、羽田から石垣島行きの直行便で石垣島へ。石垣空港から離島ターミナルへバスで移動し、そこから高速フェリーで西表島へ。

船でようやく西表島に着くと、そこからホテルの送迎バスで30分ほど・・・1月3日の朝8時に家を出て、西表島のホテル・パイヌマヤに到着が夕方6時。

実に10時間の移動・・・なので、場所によっては海外のほうがアクセスがいいだろうね。



さて、小学2年の息子にとっての今回の旅。

それはそれは最高に楽しく貴重な体験を山ほどし、とてつもない財産を手に入れたことでしょう。。

そりゃそうだ、こちらは49歳で初めての南の島体験なのに、息子はたったの8歳なのだから。


もちろん島で実際に見たもの、やったことはとてもつなく素晴らしい経験に違いないのですが、自分が思うにこの1日目の長時間かけた移動。

この10時間、この距離が息子にとってとても意味があるように感じます。


行く前に家のトイレで毎日眺めていた日本地図では、自宅から西表島までたかだか30cmほどだけど、実際にバス、飛行機、船と乗り継いで自分の足で移動すると10時間もかかるということ。

飛行機の離陸の瞬間から見る見るうちに小さくなる地上。上空から見た雲や海。そして沖縄に近づくと写真でしか見たこともないようなキレイな海の色に変わる様子。飛行機に乗る前は気温10度の冬でダウンを着こんでいたのに、降りたときには気温24度…と半袖がちょうどでまるで夏のよう。

この移動で別世界に辿り着くという圧倒的なスケール感・・・地球の大きさを肌で感じることできたこの移動こそが、息子にとって一番の財産で、これ以上の勉強はないのではないでしょうか。

さらに世界地図では小さな日本…それでもこれだけの時間がかかるので、ましてや世界ともなるとどれほど大変なのだろう。
まさに世界の広さ、地球の大きさを感じることができた貴重な経験だったはず。


また、『飛行機はなぜ飛ぶのか?』なんていう疑問も必ず湧くと予想して、事前にお風呂でベルヌーイの定理の話もしました。(あんまり自分も分ってないけど)実際に離陸の瞬間は息子と二人で大興奮

とにかく全てが新鮮な体験で移動の10時間もあっという間・・・ずっとハイテンションで移動そのものを楽しんでました♪


3泊4日の旅程で西表島滞在中はとにかくアクティブにフル活動した我が家。

到着した1日目もホテルでささっと夕食を済ませ、PM8:00から島の動物を見に、ナイトツアーへ。

島の野生動物たちに出会えるかは運次第なのですが、カンムリワシ、リュウキュウコノハズク(フクロウ)、サキシマハブやヤエヤマアオガエルを見ることができたのはラッキーでした♡

残念ながらイリオモテヤマネコやヤシガニには出会えなかったですが。。

o0550037813484275613.jpg



それではまずはDay1・・・ほぼ移動の長すぎる動画です。

息子のお気に入り、パンダの”ぴー”も一緒に旅をしてマス♪











曲は動画BGMでジャック・ジョンソンの”Breakdown”です~



#623 Breakdown / Jack Johnson

この古い列車が止まってくれたらいいのに
I hope this old train breaks down
そうしたら街中を歩いて回れるのにな
then I could take a walk around
そこらにあるものを見て回りたいんだ
And, see what there is to see
時間はまるでメロディー
Time is just a melody

街を行き交う人たちと一緒に
With all the people in the street
できるだけ足早に歩いて行くんだ
Walking fast as their feet can take them
オレは街を駆け抜けていく
I just roll through town

窓には景色が映っているけど
And though my window’s got a view
そのフレームはどんどん流れていって
Well the frame I’m looking through
何の意味もないように思えるんだ
Seems to have no concern for now
だから今はね
So for now I

このオンボロ列車を一旦止めなきゃ
I need this old train to break down
ねえお願いだよ オレに止めさせておくれ
Oh please just let me please break down

このエンジンは唸りを上げて
Well this engine screams out loud
ムカデのように西へと這っていく
Centipede gonna crawl westbound
オレは音さえ立てない
So I don’t even make a sound
だってこの街を出ようとするとボクを刺そうとするんだから
‘Cause it’s gonna sting me when I leave this town

街を行き交う人たちはみんな
And all the people in the street
この先会うこともないだろう
That I’ll never get to meet
この道がどこかでカーブしていなければ
If these tracks don’t bend somehow

オレには時間がないよ
And I got no time
なるようになるさ
That I got to get to
別にオレがいなくたってね
Where I don’t need to be
だからさ
So I

このオンボロ列車を一旦止めなきゃ
I need this old train to break down
ねえお願いだよ オレに止めさせておくれ
Oh please just let me please break down

このオンボロ列車を一旦止めなきゃ
I need this old train to break down
ねえお願いだよ オレに止めさせておくれ
Oh please just let me please break down

オレは壊してしまいたいんだ
I wanna break on down
でも今は止められない
But I can't stop now

でも君にはなにも止めることなんてできないよ
But you can’t stop nothing
抑えることができなくなったなら
If you got no control
自分の頭の中で持ってる考えを
Of the thoughts in your mind that you kept and you know

わかるだろ
君は何もわかっちゃいない
You don’t know nothing
でも知る必要もないさ
But you don’t need to know
この教えは木々の中にあるんだ
The wisdom’s in the trees
ガラス窓じゃなくてね
Not the glass windows
君の願いは止められないよ
You can’t stop wishing
君が見つけて失くしたものをあきらめられないならね、わかるだろう
If you don’t let go of the things that you find
わかるだろ
And you lose, and you know
君は転がり続ける
You keep on rolling
その瞬間の気持ちを持ち続けるんだ
Put the moment on hold
このフレームはまぶしすぎるよ
The frame’s too bright
だからブラインドを下げてくれよ
So put the blinds down low

このオンボロ列車を一旦止めなきゃ
I need this old train to break down
ねえお願いだよ オレに止めさせておくれ
Oh please just let me please break down

このオンボロ列車を一旦止めなきゃ
I need this old train to break down
ねえお願いだよ オレに止めさせておくれ
Oh please just let me please break down

オレは壊してしまいたいんだ
I wanna break on down
でも今は止められない
But I can't stop now

comment(0)  trackback(0)

2020.01.07

category : 未分類

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2020年 スタート!!

2020.01.07

category : Bruce Springsteen


今年の正月は我が家始まって以来の本格的な野遊びのため…新年一発目のblogが遅いUPとなってしまいました

その様子は後日UPするとして、ともかく2020年も宜しくお願い申し上げます。。


↓こちらは年末の映像…大晦日に高尾山に登ってきました。


高尾山には薬王院という寺院がありますが、三が日にこの薬王院に参拝する方の数は約27万人にものぼるとのこと。

大晦日に高尾山に登って初日の出をみて、そのまま初詣に向かう人と初詣のみが目的の方とがひしめきあうため、特に元旦は混み合うらしいのですが、大晦日の午前に登ったので空いていて天気もよくポカポカ陽気…快適な登山を楽しめました♪

そのほかはのんびりと日常の映像です~










動画BGM曲、ボスの”Loose Ends”、2016年のライブヴァージョンを新年一発目にご紹介

それにしてもこの曲がアルバムから外されたボツ曲だなんてね。。



#622 Loose Ends / Bruce Springsteen & The E Street Band

俺たちは広々とした大通りで会った
We met out on open streets
どこにも行くところがないときは
when we had no place to go
心臓がドキドキしたのを覚えてるよ
I remember how my heart beat
”愛してるわ”とお前が言ってくれたとき
when you said "I love you so"
でもそれから少しずつ俺たちは息を詰まらせてしまった
Then little by little we choked out
愛を支えていた大切なものすべてに
all the life that our love could hold No no…

それはまるで止め具のない輪なわのよう 
It's like we had a noose and baby without check
俺たちはお互いの首が苦しくなるまで引っ張りあった
We pulled 'til it grew tighter around our necks
お互いに相手がこう言うのを待ちながら
Each one waiting for the other, darling to say when
ベイビー、今夜はなわの結び目のない方で会おう…
Well baby you can meet me tonight on the loose end

俺たちは明日のことなんか気にも留めなかった
We didn't count tomorrows,
自分たちが手に入れられるものだけをつかんで走った
we took what we could and baby we ran
悲しんでいる時間なんかなかった
There was no time for sorrow,
どこに行く時もお前の手を握って
every place we went I held your hand
そして夜が近づく頃、俺は確信していた
And when the night closed in I was sure
俺の知るべきことをお前のキスがすべて教えてくれると
your kisses told me all I had to know
でも、ああ…
But oh no

それはまるで止め具のない輪なわのよう 
It's like we had a noose and baby without check
俺たちはお互いの首が苦しくなるまで引っ張りあった
We pulled 'til it grew tighter around our necks
お互いに相手がこう言うのを待ちながら
Each one waiting for the other, darling to say when
ベイビー、今夜はなわの結び目のない方で会おう…
Well baby you can meet me tonight on the loose end

俺たちの愛がおかしくなってしまった
Our love has fallen around us
絶対にそうはならないと言っていたのに
like we said it never could
他の連中の別れをたくさん見てきたけど
We saw it happen to all the others
俺たちだけはそうならないと思っていた
but to us it never would
一体どうしたらこんなにひどくなるのだろう
Well how could something so bad, darling,
あんなに素晴らしかった二人が
come from something that was so good
俺には分からない…
I don't know

それはまるで止め具のない輪なわのよう 
It's like we had a noose and baby without check
俺たちはお互いの首が苦しくなるまで引っ張りあった
We pulled 'til it grew tighter around our necks
お互いに相手がこう言うのを待ちながら
Each one waiting for the other, darling to say when
ベイビー、今夜はなわの結び目のない端で会おう…
Well baby you can meet me tonight on the loose end
結び目のない端で
On the loose end
きつく縛り合うことをやめて
On the loose end
結び目を作らずに
On the loose end
結び目のない端で
On the loose end
きつく縛り合うことをやめて
On the loose end
結び目を作らずに…
On the loose end








comment(0)  trackback(0)

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.