FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (4)

いろいろ…

2017.11.21

category : Bruce Springsteen


昨日から4日間(東京3日間 大阪1日)、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの日本公演が始まりました。

伝説の後楽園球場公演から30周年とのことですが、何を隠そう30年前に後楽園球場で観ました!東京ドームができる前の話です。

その時高校1年生で人生初のコンサート。

暑い夏の夜の野外コンサート(屋根なし球場なので)はとっても気持ちがよかったのを覚えています。


今日か明日の公演に行こうかな~と悩みながらチケットキャンプを閲覧してるのですが。。


↓動画のようなアカペラをもう少し演ってくれたらいいのにぃ。






話題変わって珍しくテレビの話~

我が家のTVはほとんど子供番組メインなのですが、先日たまたま放送していた『奇跡体験!アンビリバボー』を見て感動
鳴き声だけで排水溝にいるだろうと思われる子猫を救出する老夫婦のドキュメンタリーだったのですが、救出できた最後の瞬間にはまんまと感動させれてしまいました。。


あとはドラマ『陸王』…熱いですネ。

先日の放送では意地悪な銀行員大橋がついに味方に〜

この手のドラマにはおじさんの涙腺が崩壊します!



そして深夜帯でこちらもたまたま見た

『陸海空 地球征服するなんて』のナスDには度肝を抜かれました

アマゾンに住む原住民たちの研ぎ澄まされた野性的能力にもひたすら感心してしまう。。




ファイル 2017-11-21 10 29 49

またまた話題変わり、ここ最近の我が家動画です。

相変わらずばっちり野遊びしているのですが、後半にややショッキングな映像があります。

我が家ではお馴染みになってしまった息子の”夜驚症”のシーンです。

夜驚症(やきょうしょう)は幼児や子供によく見られる睡眠障害で、その症状は、夜中にとつぜん目を覚まして、激しい恐怖感とともに泣いたり叫んだりするというものです。


3,4歳の頃に初めて発症したときは、ホントに親が驚きました。

だって何もない壁の方の1点を見て、脂汗書きながら恐怖で震え大泣きし続けるのだから。

こちらがいくら「大丈夫!なにもないから安心して!」といっても発狂するくらいに怯え、汗びっしょりの息子。

本当に悪霊にでも憑りつかれちゃったと思いました、”夜驚症”という症状を知るまでは。



少しづつ慣れてくると、この”夜驚症”にはパタ-ンがあることが見えてきた。


”夜驚症”になる夜は日曜日や祝日で保育園に行かずウチで過ごした夜になることが多い。

それは昼寝もせずに1日遊びまくったあと、ぐっすりと深い睡眠に落ちたあと、1時間くらいしてからなります。

とにかく何かに怯えて汗だくで泣きながら、ワケのわからない言葉を発する。

その間、こちらが何を言っても通じない。

でも長くても5分程度でおさまる。

最後に大きなあくびをしてストンとまた眠り出すことが多い。

翌朝、本人はまったく覚えていない。


とこんな感じです。

また成長するにつれて自然となくなるらしいので、今は余裕で撮影などしていますが、当初は本当にビビりました

動画ではかなり軽いパターンの夜驚症です。

夜驚症で終わると恐ろしいので、可愛い寝言を最後にしました。

よくしゃべります、はい。。










なんだか盛沢山すぎましたが、本日の曲~


今回は本家のボスで行ってみましょう。

1942年の労働者ソングをシーガーセッションズバンドでカバーした1曲。

ボスの農場に集まり、お酒を飲みながらワイワイと楽し気に一発録りした様子が最高です♪





#468 Pay me my money down / Bruce Springsteen

船長がこう言うのが聞こえた気がした
Well, I thought I heard the captain say
俺の金を払え
Pay me my money down
明日は出航日だから
Tomorrow is our sailing day
先に俺の取り分を払
|Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down

すぐにあの船が港を出ていく
Soon as the boat was clear of the bar
俺の金を払え
Pay me money down
ヤツはマストで俺を殴り倒した
He knocked me down with a spar
俺の取り分をよこせ|Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え|Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ|Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ|Pay me my money down

もし俺が金持ちの息子なら|Well if I'd been a rich man's son
俺の金を払え|Pay me my money down
川岸にすわり、ぼーと川の流れでも眺めてるだろう|I'd sit on the river and watch 'er run
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down

One two!

俺がゲイツ氏だったらよかったのに
Well I wish I was Mr Gates
俺の金を払え
Pay me my money down
札束をいくつもの箱に入れて運ぶだろう
They'd haul my money in in crates
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down

そう、40日も昼も夜も海の上
Well fourty nights, nights at sea
俺の金を払え|Pay me my money down
船長は俺の有り金をくすねた
Captain worked every last dollar out of me
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down

よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ
Pay me my money down
よこせ、よこすんだ。俺の取り分を払え
Pay me, pay me Pay me my money down
払わなけりゃ牢屋行きさ
Pay me or go to jail
俺の取り分をよこせ…
Pay me my money down



しつこいですが、ライブもイイです☆

スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.