FC2ブログ

洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar

Bar "Bobby Jean"で音楽のココロと日々の戯言を・・・。

プロフィール

Bobby Jean

Author:Bobby Jean
Bar "Bobby Jean"へようこそ!

つたない英語力でお気に入りの洋楽をテキトーに訳し、字幕動画を作製しています!
また所沢の自宅でこれまたテキトーに野菜など栽培して食している40代。

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
梅 (25)
Adele (1)
ELO (1)
Jet (1)
KEANE (1)
KISS (1)
Oasis (1)
Queen (1)
Sting (1)
Train (1)
U2 (3)

iPhone X

2018.08.06

category : John Mellencamp


いろいろあって、かなり久しぶりの更新に~


そのいろいろあっては、携帯が壊れたことと遊びまりくの夏・・・のせいですが


書くネタがいろいろたまりすぎて追い付かない状況ですが、編集してひとつひとつUPしていきたいと思います。



まずは前回の続きで携帯水没の件を記録しておこうと思います。

復活を願って分解しましたが、結論から言うと復活しませんでした。。


《症状》
電源は入るが、1%から充電されない。

一応目で確認して基板のショートが見当たらなかったので、バッテリーを新しくして充電コネクターを新しく交換すれば復活するのでは?と期待し、Amazonで部品を注文。さっそく届きました。(合計4900円)

写真 2018-07-27 9 33 42


専用の工具も付属していたので、いよいよ分解作業。

超丁寧にひとつひとつ分解手順を説明したサイトがあるので、あとはその通りに分解していくだけ~


といっても異常なくらい細かい作業。

全部で50弱の1mmほどのビスを1個づつ外して、分かりやすく両面テープに並べて貼り付けておきます。

写真 2018-07-27 12 28 51


写真 2018-07-27 11 50 15

バッテリーも交換し、あとは分解したのと逆の手順で組み上げていき、ケースを閉じた。

そして緊張の瞬間・・・


充電コードを差してみたが、結局症状変わらず。。


そんなに甘くはありませんでした



おそらくはメインの基板がショートしてしまったのであろう。

残念ながら復活を諦めるしかありません。

少し前にiTunesにデータのバックアップをとってあったので、あとなんとか残したいのは壊れる直前のキャンプ旅行の写真だけ。

でも奇跡的に最後に1回だけ電源が入ったのでAir Dropで写真を移動することができました!!

それを最後に、二度と動かなくなったiPhone 7 Plus。



最初は携帯が動かなくなったのでな~んにもする気が失せてしまったのですが、数日携帯のない生活を送るとそんな生活も悪くないか?…なんて思ったり。

それでもそうもいかないので、結局ソフトバンクショップへ。

結局機種変更という形でその場でiPhone Xになりました。(あと数か月で2年でしたが)

スマホ・マスターとかいう店員でしたが、法人契約となるとミスばかりで、3時間くらいかかりました。

そして電源の入らないiPhone は下取りにならないとのこと。

チャンスをみて、なんとか修理したいところですが。。


大きすぎてポケットに入れるのが大変だった7 Plusに比べると、iPhone Xはコンパクトでちょうどいいサイズ。

写真 2018-08-03 8 50 39

写真 2018-08-03 8 51 28


Amazonで買った木目調のワイヤレス充電器(1900円)で置くだけで充電ができる♪

写真 2018-08-03 16 46 45


今度こそ防水を過信せずに気をつけて使おうっと~








こちらはなんとなくたまった夏休みの日常の動画です。↓





そしてしつこいですが、これがメレンキャンプ特集の最後の曲…

2004年のベスト盤収録曲。

PVはストーリー仕立の映像になっています。


Walk Tall from Masaru 99 on Vimeo.



#517 Walk tall / John Mellencamp

頭の弱い者たちと無知な者たちは
The simple minded and the ill informed
簡単に惑わされ道を誤る
Can be easily led astray
点と点を結び大きく見れない者たち
And those that cannot connect the dots
ヘイ、目をそらすんじゃない
Hey look the other way
人々は信じたいものだけを信じようとする
People believe what they want to believe
そんなの全く意味がないのに
When it makes no sense at all
世の中のみんなに望む 遠くまで見通せる視野の広さと
And I wish you all a long sightline
そして胸を張って歩く強さを
And the strength to walk tall

胸を張って歩け
Walk tall
そうさ、歩き続けるんだ
Yeah walk on
この世界の中を
Through this world
胸を張って歩くんだ
Walk tall

遠くのどこかに俺とお前の死が待っている
Somewhere out in the distance is the death of you and me
そのことについてあまり考えないけれど
Even though we don't think of it much
死は見える位置にずっとあるのさ
It's still out there for us to see
人生を酒場の喧嘩のようにあしらうと
If you treat life like a bar room fight
ジンの匂いを漂わせながら死ぬことになる
You'll die stinking of gin
酔っ払いは天国には迎え入れられない
No drunkards are allowed in heaven
罪人も中には入れないさ
No sinners will get in

胸を張って歩け
Walk tall
そうさ、歩き続けるんだ
Yeah walk on
この世界の中を
Through this world
胸を張って歩くんだ
Walk tall

だから何を信じるか気をつけるんだ
So be careful in what you believe in
お前を混乱させる事は山ほどある
There's plenty to get you confused
そして楽園と呼ばれるこの土地でも
And in this land called paradise
お前は多くの同じような経験を強いられる
You must walk in many men's shoes
偏見と憎悪は誰にとっても敵
Bigotry and hatred are enemies to us all
寛大さと慈悲と人を許すことで
Grace, mercy and forgiveness
人は胸を張って歩けるようになるんだ
Will help a man walk tall

だから胸を張って歩け
So walk tall
そうさ、歩き続けるんだ
Yeah, walk on
胸を張って歩け
Walk tall
この世界の中を
Through this world
この世界の中を
Through this world
そうさ、胸を張って歩け
Yeah, walk tall
そして歩き続けるんだ
Then walk on
胸を張って歩け
Walk tall
そして歩き続けるんだ
Then walk on
この世界の中を
Through this world
この世界の中を
Through this world
この世界の中を
Through this world
この世界の中を
Through this world
胸を張って歩け
Walk tall
そして歩き続けるんだ
Then walk on
胸を張って歩け
Walk tall
そして歩き続けるんだ
Then walk on
この世界の中を
Through this world
この世界の中を
Through this world
この世界の中を
Through this world
この世界の中を
Through this world
胸を張って歩け
Walk tall
そして歩き続けるんだ
Then walk on





さらに・・・おまけ

バルミューダの電子レンジの操作音をギターで完全コピーしてみた!

と言ってもEコード、Dコード、Aコードしか使ってないので超簡単~(チューニングがずれてるのでそこだけ注意)

買えないからその都度生演奏だな。




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード

Copyright ©洋楽のココロ イイカゲン訳詞Bar. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad